LIFESTYLEMAR.28.2019

静電気の対策って?自分でできる対策やおすすめグッズをご紹介

ドアや人に触れた際に起きる静電気ですが、実は色々な対策をすることで予防できます。そこで今回は、静電気が起こる理由や、自分でできる静電気対策、おすすめグッズなどをご紹介します。
ドアや人に触れた際に起きる静電気ですが、実は色々な対策をすることで予防できます。そこで今回は、静電気が起こる理由や、自分でできる静電気対策、おすすめグッズなどをご紹介します。

対策が必要!静電気が起こる理由

静電気
■静電気とは

「静電気」とは、ドアノブや車のドア、人の手に触れた際などに、バチっとなる電気の流れのことです。


■静電気が起こるのはなぜ?

電気にはプラスとマイナスがあり、普段は安定した状態を保っています。しかし、摩擦のような刺激が加わると、安定していた電気の状態に乱れが生じて、電気に偏りが生まれてしまいます。

不安定になった状態の電気は、ドアノブや車のドア、人の手に触れた場合などに、他のものから電気を得て安定しようとするので、バチっと電気が流れてしまいます。


■静電気が起きやすい条件

静電気の原因になる電気のバランスが崩れる条件は、

・乾燥
・素材
・体質

の三つが関係しているといわれています。

したがって、電気のバランスが崩れ、静電気が起きやすい環境にならないよう工夫したり、体質を改善することが、静電気対策になります。

おすすめ静電気対策方法&グッズ【1】いつでもできる!壁や床を触る

静電気対策で壁を触っている女性
ドアノブや車のドアなど、静電気が起きやすい場所を触る前に手軽にできる静電気対策は「壁や床を触る」ことです。

静電気除去グッズがなくても、壁や床を触るだけで、体内の静電気を放電することができ、電気の状態を安定させることができますので、手軽に静電気対策をすることができます。

ただし、金属部分やプラスチック部分、ガラスに触ってしまうと、静電気が起きてしまいます。木や土、コンクリートのような素材にしましょう。

おすすめ静電気対策方法&グッズ【2】服装に注意する

冬物衣料
素材によって静電気が起こりやすいかどうかに違いがありますので、服装を工夫することも静電気対策になります。

例えば、

プラスの電気が帯びやすい素材:毛皮やウール、ナイロン、絹、レーヨンなど
マイナスの電気を帯びやすい素材:ポリウレタン、アクリル、ポリエステルなど

などが電気が帯びやすい素材です。プラスの電気が帯びやすい素材とマイナスの電気が帯びやすい素材が触れると、電気の差があるので、電気が流れやすく、より静電気が起きやすくなってしまいます。

実際、スカートの下にストッキングを着用した場合や、ウールのコートとアクリルのニットを着た場合に静電気が起きやすいという経験をしたことがある方は多いと思います。

静電気対策として、プラスの電気が帯びやすい素材とマイナスの電気が帯びやすい素材が触れないようにするのがおすすめです。

また、電気のバランスが崩れる原因の一つとして、摩擦による刺激もありますので、重ね着を控えるようにして洋服同士の摩擦が起きにくくするのも有効な静電気対策です。

おすすめ静電気対策方法&グッズ【3】乾燥させないようにする

静電気対策の保湿
手軽にできる静電気対策として、乾燥を予防するのもおすすめです。水分があることで、電気が流れ、安定しやすくなるので、電気の偏りが出にくくなります。


■肌や髪を保湿

肌や髪の毛などを水分で保湿し、潤わせることは、体内の静電気除去に効果的です。

水分だけでなく、ハンドクリームでハンドケアをしたり、トリートメントでヘアケアをして潤わせておくのも良いですね。


■部屋を加湿

静電気は、気温20℃以下で、湿度20%以下の場合に起きやすくなります。

したがって、髪や肌だけでなく、お部屋も加湿して湿度を上げるようにしたり、気温を上げるようにするのもおすすめの静電気対策ですね。


■静電気防止スプレーを使う方法も

その他にも、「静電気防止スプレー」で衣類に水分を含ませるようにするのも、おすすめの静電気対策です。

衣類を洗濯する際に、静電気防止効果のある洗剤や柔軟剤を使用するのも有効ですよ。

おすすめ静電気対策方法&グッズ【4】静電気対策グッズを活用する

静電気対策アイテム
静電気除去グッズは、色々な種類があります。静電気対策グッズを携帯するのも、静電気予防に効果的です。

例えば、静電気除去キーホルダーや静電気除去ブレスレットは、100均でも購入できる静電気対策グッズです。

また、静電気が気になるパソコンやドアなどに貼ることができる静電気除去シートも良いですね。

静電気にお悩みの方は、静電気対策として工場でも使用されている手袋を活用するのもおすすめです。

その他にも、鍵のような金属アイテムも、自作の静電気除去グッズになります。
やり方は簡単で、金属を持って、ドアノブや車のドアなどの静電気の起きやすい場所に触れるだけです。持っている金属の先で静電気を起こしてから、自分の手でドアノブや車のドアを触ると、最初に金属で触った時に放電されているので、静電気が軽減されますよ。

おすすめ静電気対策方法&グッズ【5】体質を改善する

生活習慣を改善している女性
静電気が起きやすい人は、肌や髪の毛が乾燥しやすい人や、血液がドロドロになってしまっていて、電気のバランスが崩れやすい人です。

その他にも

・冷え性
・運動不足
・喫煙
・飲酒
・暴飲暴食
・生活が不規則
・睡眠不足

などの条件に当てはまる人は、静電気が起きやすい体質になっている可能性がありますね。

生活習慣を改善することも、静電気対策としておすすめです。
静電気は、こまめに保湿をしたり、洋服の組み合わせを変えるだけでも、対策することができます。静電気にお悩みの方は、ぜひ実践してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAY.24.2019

PROPORTION BODY DRESSING
堀田茜が着る大人のサマールック6