FASHIONOCT.02.2018

観劇はどんな服装がいい?ミュージカルなどの観劇におすすめのコーデ

ミュージカルやバレエ、ジャニーズの舞台などに行く際の服装はどんな感じにすればいいのでしょうか?非日常の空間をおしゃれに快適に楽しむために選ぶ服装について、またNGな服装についても合わせてご紹介します。
ミュージカルやバレエ、ジャニーズの舞台などに行く際の服装はどんな感じにすればいいのでしょうか?非日常の空間をおしゃれに快適に楽しむために選ぶ服装について、またNGな服装についても合わせてご紹介します。

観劇の服装マナーとは

観劇をする人々
観劇というとミュージカルやバレエ、演劇、クラシックのコンサートやジャニーズなど様々な舞台があります。どの舞台観劇にしても特別なその空間を楽しむために、おめかしをして出かけるとより満喫できるでしょう。

日本の舞台観劇ではドレスコードが定められていることはほとんどありません。そのため、基本的にはどんな服装でも大丈夫ですが、他のお客様に迷惑をかけないようにするという意味でのマナーは守る必要があります。

<観劇の服装マナー>
・カジュアルすぎる服装よりはキレイな服装が良い
・アクセサリーやビジューなど、光るものをたくさんつけるのはNG
・動くたびに音がするような服やアクセサリーは避ける
・座りっぱなしでも楽な服装
・暑かったり寒かったりする時に対応できる服装

特に決まりはなくても、舞台上の演者の方々に失礼となるようなラフな服装よりは、華やかな劇場の雰囲気に合うキレイめな服装の方が気分が盛り上がりますよね。
それでは、ここからは観劇の服装マナーに合わせたおすすめのコーデをご紹介していきます。

観劇の服装①キレイめカラーを使って

ピンクトップスコーデ
椅子に座る時間が長い観劇では、座っても膝が見えないくらいの長さのあるスカートやワンピースだと快適に過ごすことができます。また、着飾る訳ではないけれど華やかさを感じる着こなしは観劇というスペシャルなお出かけにぴったり。

キレイな鮮やかカラーをトップスに持ってくるシンプルだけど特別な雰囲気のある着こなしは、ボトムとトップスの2アイテムで完成する春にぴったりなコーデですね。

観劇の服装②アクセサリーは控えめに

黒と赤のコーデ
舞台観劇では、ライトに反射してしまうようなキラキラゴージャスなアクセサリーはNG。でも観劇コーデが寂しくなるのは嫌ですよね。そんな時は、アクセサリーは控えめでも大胆で鮮やかな赤のように色で華やかさを出すという方法があります。

普段だとちょっと派手かな……と思うような服装も観劇ではちょうど良い華やかさになり、素敵な時間を過ごすことができそうです。

観劇の服装③演目に合わせた雰囲気の服装

黒の観劇コーデ
ミュージカルや演劇、バレエなどの演目によってはテーマカラーがあったり、象徴的なカラーやモチーフがあるという場合があります。
そんな舞台を観劇に行く時には、服装に取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

黒のイメージのある舞台ならば黒を、黄色のドレスが素敵なヒロインが登場する舞台なら黄色のスカートを……といったように合わせると素敵です。
ただし、多くの舞台では「コスプレ」はNGなので、やりすぎは厳禁です。

観劇の服装④コンパクトなアウターを合わせて

プリーツスカートコーデ
春先や秋冬にはアウターを着て劇場を訪れることもあると思います。クロークに預けられるところならば良いですが、そうではない場合には座席で持っている時に邪魔になるようなものだと不便です。

また、せっかくのドレスアップスタイルがモコモコのアウターで台無し……というのも残念なので、コンパクトなアウターですっきりとまとめましょう。
切替プリーツスカート / ¥16,200

観劇の服装⑤シワが目立ちにくい服で観劇後も安心

レオパードスカートコーデ
長い時間座席に座っている観劇では、休憩タイムや終演後に立ったら服がシワシワ……なんてこともよくあります。ポリエステルなどシワになりにくい素材のスカートだとそんなこともなくいつでもキレイ!

レオパード柄などの柄が入ったスカートだとより一層シワが目だたず、観劇の後にディナーに行くという時も安心です。
レオパードスカート / ¥10,584

観劇の服装⑥苦しい服装は避けて

チェック柄パンツコーデ
ピタッとした服装やゴワゴワと地厚な生地のパンツなど、座っていて苦しくなるような服装は観劇には向いていません。

苦しくなって座っている時に動いたり、前かがみになったりすると隣の人や後ろの席の人に迷惑をかけてしまうことに。座席に深く腰掛けても苦しくなったり疲れたりしにくい、着心地の楽なデザインやサイズの服を選ぶようにしましょう。

とはいえ、あまり大きめサイズだとだらしなくなるのでほどほどに。
フリルコルセットパンツ / ¥14,040

観劇の服装⑦デニムで観劇はOK?

デニムとジャケットのコーデ
カジュアルすぎる服装は避けたい観劇ですが、ジャケットやシャツなどを合わせたスタイリングならデニムでも違和感ありません。女性だけではなく男性も、スーツじゃないと劇場には入れない……なんてことはほとんどなく、デニムを使ったカジュアルな着こなしで気軽に訪れることができる場合も多いです。

とはいえ、「観劇」といっても内容や客層によってはデニムだと「あれ?」と思われることもあります。特に、演者の方々や主催が海外の方の場合ラフな服装での観劇は失礼にあたる場合があるので前もってリサーチをしておくといいですね。

日常を少しの間忘れて、夢のような時間や空間を楽しむことができる観劇。特別に着飾る必要はありませんが、普段よりも少しだけおめかしをして、観劇を思いっきり楽しみましょう!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。