SEP.02.2019

トレンチコートはベルトで差をつける!結び方からコーデなどをご紹介

トレンチコートはベルトで差をつける!結び方からコーデなどをご紹介 トレンチコートはベルトで差をつける!結び方からコーデなどをご紹介

さらっと羽織るだけでこなれて見えるアウター、「トレンチコート」。ここではトレンチコートのベルトのワンポイントに注目し、おしゃれ度をランクアップさせませんか?そこで今回は、トレンチコートのベルトの結び方からコーデをご紹介します。

トレンチコートのベルトの結び方って?まずは基本をチェック

トレンチコートのベルトの前結びの写真

トレンチコートで周りと差をつけるには、「ベルト」の結び方に注目してみて!さりげないワンポイントとは言えど、結び方によって雰囲気がガラリと変わり、レディライクにも大人カジュアルにも、そしてフォーマルにも見せることができるのです。そこでまずは、トレンチコートの基本の「リボン結び」の方法についてご紹介します。

キュッとウエストを絞ってスタイルアップを実現しつつ、フェミニンで女性らしい印象を与えることができるリボン結び。まずは体の正面から少しずらして、ベルトを交差させてひと結びし、バックルがついた方を二つ折りに。もう一方のベルトを上から巻くように持ってきて、結び目の下から輪を作るように通しリボン結びにしたら完成です。

トレンチコートのベルトの後ろの結び方は?後ろ姿を可愛く見せたい時に

 

後ろ姿をレディライクに仕上げたい時には、「バックリボン結び」がおすすめ!前部分でキュッとウエストを絞るようにリボン結びをするのとは違い、程よくこなれ感を演出することができるため、甘すぎず大人っぽい印象を与えられます。

まずは紐の長さが左右均等になるように、後ろ側でベルトステイにベルトを通します。左側のベルトが上にくるように交差させたら、そのまま左側のベルトを後ろからくぐらせるように通し、ひと結びを。さらにくぐらせていない方のベルトをふたつ折りにし、もう一方のベルトを上から持ってきてリボン結びをしたら、バックリボン結びの完成です。

トレンチコートのベルトをワンテールに!こなれ感を演出

 

こなれ感を演出したい方におすすめなのが、「ワンテール結び」。こちらもトレンチコートのベルトの定番の結び方ですが、飾り気が控えめであることから、フォーマルシーンにもおすすめできるところがポイント。すっきりとした後ろ姿でもこなれて見せたい方は、ぜひワンテール結びにトライしてみてください!

ベルトは裏返した状態でベルトステイに通し、そのままバックルにベルトを通します。バックルに通したベルトで輪っかを作りつつ、下からベルトの後ろを通ってくぐらせ、そのまま輪っか部分にベルトを通しましょう。この片側ベルトを垂らした状態で、ワンテール結びの完成!また、垂らしているベルトの長さは、輪っかにベルトを2回通すことで自由に調節することができます。

トレンチコートのベルトはバックフロントできちんと感を演出

 

きちんと感を演出したい、フォーマルシーンに合わせたい、そんなあなたにおすすめするのが「バックフロント結び」!きっちりとベルトをまとめることができるシンプルな結び方ですので、お仕事でビシッと後ろ姿を決めたい方にもぴったりだと言えます。

ベルトは裏返した状態でベルトステイに通し、同じくベルトの先もベルトステイに通します。ベルトステイに通したベルトを持ち、そのまま中央のベルトステイにもくぐらせ、バックルの位置が中央にくるように調節したら完成!通したベルトは、表面から見えないようにすると綺麗にまとまります。

結ばないもしくは外すのもOK!抜け感をプラスしたいあなたへ

 

程よく力の抜けたような、こなれた雰囲気を演出したい方は、ベルトを結ばない、もしくは外しておくのもOKです。ベルトを結ばない方法は簡単で、ベルトステイにベルトを通した後、左右のリボンをそのまま前に持ってきて、ポケットにINするだけ。後ろを絞らないゆったりとしたシルエットで、リラックスムードを演出することが可能です。もしくは、後ろでベルトをそのまま垂らすのも良いでしょう。

さらにベルトを外すスタイルは、ガウン風にさらっと羽織りたい時におすすめ。フォーマルなシーンには控えた方が良いですが、トレンチコートをラフに着こなしたい方にぴったりだと言えます。ベルトを外した状態でもおかしくありませんので、この機会にトライしてみてはいかがでしょうか。

トレンチコートコーデ【1】前で結んでシルエットをスッキリと

デニムパンツを使ったトレンチコートコーデ

ここからは、トレンチコートを着用したおすすめコーディネートを一挙ご紹介します。トレンチコートのベルトを前できちっと結んだら、大人っぽく洗練された、ワンランク上のスタイルに!パンツスタイルに合わせる場合には、甘すぎない「片リボン結び」でスッキリと見せるのも良いでしょう。

無地のカットソーにデニムスキニーパンツを合わせた、シンプルかつカジュアルなコーディネート。そこに、ベージュのハリのある素材感のトレンチコートを羽織って、きちんと感を引き立てると大人の女性らしい着こなしが叶うのでおすすめです。また春や秋には、襟を軽く抜くように羽織ると、よりおしゃれな印象に!

トレンチコートコーデ【2】ゆるスタイルにはベルトなしがおすすめ

ワンピースを使ったトレンチコートコーデ

リラックスムード漂うゆるコーデには、ベルトなしでとことんこなれ感を意識しましょう。今トレンドと言っても過言ではない、ラフなシルエットのゆるコーデ。アンニュイな雰囲気で抜け感を演出できることから、ファッショニスタの間でも人気の着こなしです。

ロングワンピースにワイドパンツのレイヤードで、ゆるっとしたコーディネート。そこに落ち感たっぷりのロングトレンチコートを羽織って、とことんリラックスしたシルエットにまとめましょう。ただゆる過ぎると野暮ったく見える可能性があるため、例えばワンピースにベルトをONしたりと、どこか1点を引き締めてあげると良いでしょう。

トレンチコートコーデ【3】きちんと閉めずにベルトをONするのもおしゃれ

黒ニットを使ったトレンチコートコーデ

ベルトをフロントで結ぶ際には、きちっとトレンチコートの前を閉じた状態が定番。ただかっちりとした印象を避けたい、程よく抜け感を演出したい、そんな時には、軽く前を開けた状態でベルトを結んであげると良いでしょう。

黒のオールインワンをさらっと着こなし、クールな印象にまとめたコーディネート。そこにグレーのトレンチコートを羽織り、軽く前を開けるようにしてベルトを結びましょう。グレー×ブラックで重見えしがちなこちらの着こなしも、このようにさりげなくも抜け感を加えることにより、垢抜けたようなおしゃれ度の高いスタイルにまとまります。

トレンチコートコーデ【4】ワンピースのように着用してレディな雰囲気に

パンプスを使ったトレンチコートコーデ

レディライクな着こなしをお好みの方には、トレンチコートをワンピースのように着用するスタイルがおすすめ!落ち感のあるテロンとしたデザインではなく、しっかりと形が作られた綺麗なシルエットのトレンチコートを、ワンピースのように着こなしてみましょう。

ハリ感があってしっかりとしたシルエットの、ネイビーのトレンチコート。ウエスト部分の切り替えを高い位置に設けているトレンチコートなら、スタイルアップが叶い、より女性らしい印象を与えることが可能です。足元はパンプスでとことんレディにまとめ、クラシカルな女優風のスタイルを実現させてはいかが?

トレンチコートコーデ【5】アクセントにベルトを加えてワンランク上に

デニムパンツを使ったトレンチコートコーデ

さらに、元々トレンチコートに付属しているベルトを外して、お手持ちのものに付け替えるのもおしゃれ!トレンチスタイルで他人と差をつけたいのなら、ぜひお手持ちのベルトでアクセントを加えてみてください。

タートルネックニットにデニムパンツで、秋冬定番の大人カジュアルコーデ。そこにベージュのロングトレンチコートを羽織り、ウエストには赤の存在感のあるベルトをONして、差し色を加えるとワンランク上のおしゃれな着こなしが叶います。落ち着いたトーンにまとまりがちな秋冬コーデには、このようにさりげなく差し色をプラスして、おしゃれ度をランクアップさせましょう!

いかがでしたか?今回は、トレンチコートのリボンの基本の結び方からおすすめコーディネートまで一挙ご紹介しました。さらっと羽織るだけでもコーデが洗練された雰囲気にまとまるのが、トレンチコートの魅力。ベルトの結び方によってガラリと印象が変わるので、色々なパターンにトライしておしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。ぜひ参考にして、トレンチコートで大人のきれいめコーデを堪能してください!