FASHION
MAR.29.2020

パン屋アルバイトの服装を解説!面接マナーから着こなしまでチェック

パン屋アルバイトの服装を解説!面接マナーから着こなしまでチェック パン屋アルバイトの服装を解説!面接マナーから着こなしまでチェック

パン屋のアルバイト面接を前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。マナーのあるきちんとした装いを意識して、好感度アップを狙いたいところです。そこで今回は、パン屋バイトの面接マナーから当日におすすめのコーディネートまで一挙ご紹介します!

パン屋バイトの服装を一挙ご紹介!コーデからメイクまで丸ごと解説

 

おしゃれな印象のパン屋のアルバイトに、憧れを抱いている女性も多いはず。面接までしっかりと準備をした上で、かつマナーのある正しい服装で当日を迎えたいところです。ここで失敗のないよう着こなしのポイントをチェックして、アルバイト面接の合格を掴み取りませんか?

そこで今回は、パン屋のアルバイト面接におすすめのコーディネートを一挙ご紹介します!まずは仕事内容や志望動機の書き方、面接のマナーまで丸ごと解説した後に、当日にぴったりの服装を具体的にご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

パン屋やスーパーのベーカリーの仕事内容は?気になる疑問を解消

 

まずは、パン屋やスーパーなどのベーカリーの基本的な仕事内容についてご紹介します。そこでパン屋のアルバイトの業務内容は、大きく分けると「販売」と「製造」の二つに分けられます。一般的にアルバイトでは販売を担当し、内容としてはレジ打ちや接客、品出し、棚の整理、店内清掃など。パン屋の接客には、明るい笑顔と清潔感が求められます。

さらに製造に関しては、パン屋毎に業務内容が異なります。スーパーのベーカリーのように大手メーカーのお店であれば作業的な流れとなりますが、店内で手作りするパン屋なら、経験を積むと生地作りから携わることが可能です。

パン屋のレジって難しいの?リアルな声をご紹介

 

中には、「パン屋のレジが難しい」と耳にしたことがある方もいらっしゃるでしょう。そこでパン屋のレジの難易度に関してですが、慣れてしまえばどうってことはありません。特にパンの種類が多いと最初のうちはレジ打ちに苦戦するものの、初めからうまく出来る人なんていないのでご安心ください。

大手のパン屋さんなら、バーコードをかざしたり商品名を押したりと、簡単にレジを通すことが可能。しかし個人のパン屋さんでは、パンの種類を覚えた上で直接金額を打ち込む場合もあるため、心配ならば大手をチョイスしてみても良いかもしれません。

オープニングバイトの志望動機は?うまく書けずに悩んでいるあなたへ

 

「パン屋で働いてみたいけど、志望動機がうまく思い浮かばない……」とお悩みの方も多いはず。そこでここでは、上手な志望動機の書き方のコツを解説しますので、ぜひチェックしてみてください。まずしっかりと述べたいのが、次のポイントとなります。

「なぜパン屋を志望するのか」「なぜ数ある中からそのパン屋を選んだのか」「目標は何か」「あなたはどのようにお店に貢献することができるのか」。この4つのポイントを押さえることで、魅力的な志望動機を作り上げることが可能です。もしもオープニングバイトであれば、「一からお店づくりに携わりたい」「スタッフと協力することで達成感を感じたい」との旨を加えると良いでしょう。

パン屋アルバイトの面接のマナーは?落ちた人にはどんな問題がある?

 

さらにチェックしておきたいのが、パン屋のアルバイトの面接のマナーです。そこでまず心掛けたいのが、『笑顔で明るくハキハキと』受け答えをすること。接客のアルバイトでは特に、お客様との距離が近い分このポイントが重要となってくるため、しっかりと心掛けてください。

さらに服装のマナーとして大切なのが、『清潔感を意識する』ということです。食品を扱うアルバイトだからこそ、身だしなみの清潔感が非常に重要に。さらに清潔感がないと、ルーズでだらしない人、という風な印象を与えてしまう可能性があるので、十分に気を付けたいところです。

パン屋の服装【1】スーツが無難!指定がないのなら着用しよう

スーツを使ったパン屋の服装

ここからは、パン屋アルバイトの面接におすすめの服装を具体的にご紹介していきます。そこでまず服装に特に指定がないようであれば、きちんとした「スーツスタイル」をチョイスするのが無難。どんな世代であれど、社会人としてビジネスシーンであることを意識するべきです。

例えばシンプルな黒のスカートスーツに、白のかっちりとしたシャツを合わせてフォーマルな雰囲気に。足元はベージュのストッキングに黒パンプスで、とことんきちんと決めてください。もしも黒色のスーツをお持ちでなければ、シンプルできちんと感のある装いにまとめるとOKです。

パン屋の服装【2】オフィスカジュアルも!きちんと感を意識して

スラックスを使ったパン屋の服装

もしもスーツをお持ちではないのであれば、オフィスカジュアル風のコーディネートにまとめると良いでしょう。スーツほどかっちりとはしていなくても、きちんと感を感じる装い。フォーマルな場にも引けを取らないスタイルで、お店側に好印象を抱かせましょう。

ベーシックな白のカットソーには、黒のタック入りテーパードパンツを合わせて、きれいめなコーディネートに。そこに、黒のコンパクトなサイズ感のカーディガンをさらっと羽織り、上品な雰囲気を演出しましょう。さらに足元はシンプルな黒パンプスで、とことんきれい見えを誘って。

パン屋の服装【3】私服はラフはNG!品良く決めて

トレンチコートを使ったパン屋の服装

パン屋さんによっては、「私服姿で面接にお越しください」と指定されるケースもあるでしょう。そこで私服を指定された場合には、ラフな普段着で足を運ぶのはもちろんNG。『TPOに合った着こなしができるかどうか』というポイントが見られるため、フォーマルな場にも合うきれいめな装いを意識してください。

白のカットソーには、黒のワイドパンツを合わせてシンプルなコーディネートに。そこにベージュのトレンチコートをさらっと羽織り、きちんと感を意識しつつ、おしゃれ感を演出するのも良いでしょう。さらに足元はパンプスなどが好ましいのですが、あえてスニーカーでこなれ感を意識するのもアリです。

【番外編】メイクはどうする?清潔感を意識すると好印象

 

ここからは番外編として、服装以外の身だしなみのポイントをご紹介します。そこでまずはメイクに関してですが、大前提としてノーメイクは控えましょう。今となっては、メイクをすることがビジネスマナーとされますし、接客を行うにあたって好印象を誘う重要な要素となるからです。

パン屋のアルバイト面接では、派手ではないシンプルなメイクがマスト。さりげなく目力や血色感を演出することができるような、やりすぎ感のない化粧を心掛けてください。あなたの印象を底上げするような、清潔感のあるメイクを意識しましょう!

【番外編】髪型は?野暮ったく見えないようしっかりとまとめて

 

さらに最後にご紹介するのが、パン屋のアルバイト面接の「髪型」についてです。そこでヘアスタイルに関しても、清潔感を意識するのが絶対条件。寝癖がついている状態や、ヘアカラーの落ちた状態では不潔な印象を与えてしまう可能性があるため、ぜひ今一度ご自身を見直してみてください。

スーツ姿であれば、きちんとまとめた一つ結びやハーフアップヘアがおすすめ。前髪が目にかかったり、サイドの髪が顔にかかったりしていると、野暮ったい印象を与えかねないので、しっかりと束ねておきましょう。これらを意識することで、グッとあなたの印象が良くなること間違いありません!

いかがでしたか?今回は、パン屋アルバイトの面接に向けて、知っておきたいマナーからおすすめの服装まで一挙ご紹介しました。スーツ姿以外で面接へ向かう場合には、カジュアルな私服を着用するのはNG。清潔感が漂うきちんとした装いで、第一印象から好感度アップを狙うと、面接がより一層有利に働くこと間違いありません。ぜひ参考にして、ふさわしい服装でパン屋のアルバイト面接へと足をお運び下さい!