FASHIONSEP.11.2019

フリーランスに適した服装は?好印象なレディースコーデをご紹介!

フリーランスはどんな服装を選ぶべきなのでしょうか。ここでは、フリーランスエージェントとの面談や案件面接、クライアントとの打ち合わせなどに適したレディースコーデをご紹介します。
フリーランスはどんな服装を選ぶべきなのでしょうか。ここでは、フリーランスエージェントとの面談や案件面接、クライアントとの打ち合わせなどに適したレディースコーデをご紹介します。

フリーランスは見た目を左右する服装選びが大切!

 
フリーランスは場所や時間だけでなく、服装も自由。ファッションを楽しめることをフリーランスのメリットだと考えている人もいるでしょう。

ところが、自由だからと言ってラフすぎる服装や派手すぎる服装ばかりを選んでいると、ビジネスチャンスを逃してしまうかもしれません。

服装は第一印象を大きく左右する要因なので、マナーを守れていない服や清楚感のない服を着ていると、仕事を任せられないと思われる可能性が高いです。フリーランスで成功したい人は適切な服装を選んでクライアントに好印象を与えましょう。

フリーランスに適した髪型は?

 
髪型も服装と同じく第一印象に影響を与えます。フリーランスの髪型に関して明確なルールはありませんが、服装と同じく清楚感を重視し、金髪や赤髪、奇抜な髪型などはやめた方が良いでしょう。

黒やダークブラウンの落ち着いた髪型にすると、「この人は信用できる」と思ってもらいやすいです。

フリーランスに適した服装【1】基本はジャケットスタイル

 
フリーランスの服装の基本はジャケットスタイル。クライアントとの打ち合わせやプレゼンではジャケットにブラウスやスカート、シンプルなパンツなどをコーディネートするのがおすすめです。

自分らしさを出したい人はジャケットの柄や配色で個性を出すと、ファッションを楽しめるでしょう。靴やバッグはビジネスシーンで使えるシンプルなデザインを選んでください。

フリーランスに適した服装【2】フリーランスエージェントとの面談はきれいめに

 
フリーランスエージェントとは、営業や契約までを代行してくれる業者。具体的には、案件を紹介してくれたり、クライアント企業との面接に同席してくれたりします。フリーランスエージェントを利用する場合は、初めに面談がありますが、その際の服装は基本的に自由です。

特に指定がない場合は、カーディガン×フレアスカートなどのリラックスしながら説明を聞けるきれいめな服装を選ぶと良いでしょう。ただし、金融系などのスーツを着る仕事をしたい場合は、スーツで面談をすると、印象が良くなります。

フリーランスに適した服装【3】案件面接は清楚感のあるジャケットコーデ

 
フリーランスが案件の契約を結ぶ場合は、企業による面接を受けるのが一般的です。フリーランスの面接は一般企業の採用試験のようにスーツを着る必要はありませんが、清楚感のある服装で信頼感を与えましょう。

具体的には、シンプルなジャケットを使ったコーデがおすすめです。ダークカラーのジャケットに白インナーやタイトスカートを組み合わせると、きちんと感がアップして案件の契約に近づけます。

フリーランスに適した服装【4】初回の顔合わせはスーツが無難

 
フリーランスの服装は自由ですが、初めてクライアントと打ち合わせをする時はスーツを着用するのがマナーです。女性はスカートスタイルでもパンツスタイルでも問題ありませんが、シンプルなデザインを選んできちんと感を出しましょう。

スーツを着る際は、バッグやパンプスもビジネス用を用意すると、さらに印象が良くなります。

なお、フリーランスで働く場合は、リクルートスーツはおすすめしません。「フリーランスなのに融通が利かない」などと思われることがあるので、ベージュやネイビー、グレーなどのスーツを着るのが良いでしょう。

フリーランスに適した服装【5】相手がカジュアルならオフィスカジュアルでOK

 
初回の打ち合わせで相手がカジュアルファッションだった場合やスーツ以外を指定された場合は、オフィスカジュアルを心がけましょう。ブラウスやベーシックなニットに膝丈のスカートを合わせた定番コーデはラフすぎず、ビジネスシーンで好印象を与えられます。

なお、ストッキングなしの生足や露出の多い服装はビジネスに適さないので、フリーランスでも避けた方が無難です。

フリーランスに適した服装【6】金融・官公庁相手の打ち合わせはスーツでかっちりと

 
フリーランスの服装はクライアントに合わせて臨機応変に対応するのが成功へのコツ。金融や官公庁が相手の場合は、かっちりとしたスーツで信頼感をアップさせましょう。ダークカラーのスーツ×ブルーのブラウスのコーデはさわやかで、第一印象が良いです。

フリーランスに適した服装【7】工場や小売店での打ち合わせは動きやすく

 
フリーランスの打ち合わせで足場の悪い工場や小売店を訪れる場合は、動きやすい服装が適しています。ブラウスにベージュパンツとバレエシューズを組み合わせたスタイリングは歩き回りやすく、クライアントに親近感も与えられます。

フリーランスに適した服装【8】自宅での作業はリラックスコーデ

 
フリーランスとして働く人が自宅で作業する場合は、どんな服装でもOKです。カジュアルなボーダー柄Tシャツやデニムを使ったコーデを選べば、リラックスして仕事をこなせるでしょう。
フリーランスが信頼を得たり、仕事を獲得したりするためには、見た目が大切です。シーンやクライアントに合った服装選びで好印象を与え、成功を目指しましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック