BEAUTY
APR.26.2020

肌がゆらぐ春のスキンケア!季節の変わり目のスキンケアやアイテム

肌がゆらぐ春のスキンケア!季節の変わり目のスキンケアやアイテム 肌がゆらぐ春のスキンケア!季節の変わり目のスキンケアやアイテム

春は一年の中で最も肌がゆらぐ季節。日頃は肌トラブルのない方も、この時期には肌が荒れたり敏感になる方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、そんな春の時期のスキンケアに注目。春のスキンケアのやり方やおすすめアイテムなどをご紹介します。

【目次】

季節の変わり目の春は、一年で最も肌がゆらぐ時期

鏡を見ながら春のゆらぎ肌を気にしている女性

寒い冬から暖かい春へと移り変わる季節の変わり目は、それまでは調子の良かった肌も急に敏感になりやすい時期です。中には赤くなったりかゆみが出たりする方もいらっしゃるのではないでしょうか。

新しいシーズンが始める時期に肌の調子が悪いと、気持ちまで沈んでせっかくの春気分も台無しになってしまいますよね。

そこで今回は、肌の悩みが増える春の時期のスキンケアに注目。春の肌トラブルの原因やスキンケアのポイント、ステップ別やお悩み別のスキンケアのやり方をご紹介します。

おすすめのスキンケアアイテムでは、プチプラからデパコスなど幅広くご紹介するので、トライしてみたいスキンケアアイテムをぜひ見つけてください。

春の突然の肌トラブル、どうして?

鏡を見て肌トラブルを気にする女性

寒く乾燥する冬とは違って春は気温が上がり暖かいのに、どうして肌の調子が悪くなるの?と思われている方は多いと思います。

冬から春にかけての季節の変わり目は、肌環境にもさまざまな変化をもたらします。繊細な女性の肌はその環境の変化に敏感に反応して、乾燥や肌荒れといった肌トラブルを引き起こしてしまいます。

ここでは、春の時期になぜ肌トラブルが起こりやすくなるのか、その原因を5つご紹介します。まずは、肌トラブルを引き起こしている要因を知って、適切なスキンケアを見つける手がかりにしてください。

春の肌トラブルの原因①冬の乾燥ダメージ

春のゆらぎ肌は冬の間の蓄積した乾燥ダメージでターンオーバーが乱れ、バリア機能が低下している状態。肌の水分を保持する力もかなり低くなっています。

さらに、春は寒暖差が大きく朝晩は冬並みに気温が下がる日もあります。春でも肌が乾燥してしまうのは、この冬の乾燥ダメージや朝晩の冷えが要因として考えられます。

春の肌トラブルの原因②気温の変化

春は朝晩と昼間の気温差が大きく、湿度も変わりやすい時期。日によっても気温や湿度が変化して安定しない日が続きます。そんな気温や湿度の変化に肌はついていけず、皮脂がコントロールできなくなってバランスが崩れることに。

春の気温差は肌だけでなく身体にもストレスを与えます。美肌を保つために重要なポイントとなるホルモンバランスにも影響を与えるため、ますます肌が不安定な状態になってしまうのです。

春の肌トラブルの原因③紫外線量の増加

冬の乾燥ダメージや気温の変化に加えて、春の肌に大きく影響するのが紫外線量の増加。春の紫外線量は、3月に入ると急増して晩夏並みの量になります。

冬の間の弱い日差しに慣れてしまった肌は、紫外線に対する抵抗力も弱った状態。乾燥や気温差で肌のバリア機能も低下しているので、紫外線の刺激は肌トラブルを引き起こす直接的な要因になってしまいます。

春の肌トラブルの原因④花粉やほこり

春の肌は気温が上がることで皮脂量が増えて、表面はベタついた状態になる日もあります。そんな日は、空気中に舞っている花粉やほこりが肌に付着しやすく、肌のかゆみやニキビなどの原因になってしまうことも。

特に花粉症やアレルギー体質の方の肌荒れは、花粉が肌に付着することによって引き起こされている可能性が高いです。皮膚が薄い目まわりは、特に症状が出やすいので注意が必要です。

春の肌トラブルの原因⑤環境の変化

春は新しい年度が始まるタイミングで環境が変化する方が多く、心身ともにストレスの影響を受けます。ストレスを受けると、自律神経やホルモンバランスが乱れてさまざまな肌トラブルを引き起こすことに。

春の肌トラブルは、外的ダメージだけでなく精神面などの内面からのストレスも原因になっている可能性があります。

春のスキンケアはどんなことに気をつけたらいいの?

春のスキンケアをする女性

さまざまストレスでダメージを受けた春の肌は、バリア機能が低下してとてもデリケートな状態。お手入れで悪化させないためにも、適切なスキンケアが必要です。

ここでは、春のスキンケアではどんなことに気をつけたらいいのかをご紹介していきます。

冬から春のスキンケアが大切

春を安定した肌状態で迎えるには、冬から春にかけてのスキンケアが大切になります。冬の間丁寧に保湿ケアなどのスキンケアを行っておけば、春に残る乾燥ダメージを最小限におさえることができます。

冬から春にかけての時期は、いつもにも増して肌の状態をしっかり観察しましょう。その日の肌の状態に合わせて、スキンケアのやり方やアイテムの使用量などをこまめに変えることが必要です。

スキンケアの見直し

これまでと同じお手入れをしているのに、春になって突然肌がゆらぎ始めた。そんな方は、敏感になった肌の状態をこれ以上悪化させないためにも、今のスキンケアを改めて見直してみることをおすすめします。

敏感になった肌は、バリア機能が低下して肌体力が弱まっている状態。そんな時はできるだけ過度なケアは控えて、必要最低限のシンプルなスキンケアを心がけましょう。冬の間に使っていた美容液やクリームは、春の肌には栄養過多の場合もあります。春のスキンケアアイテムは、負担の少ないシンプル処方のもので肌を整えるのがおすすめです。

春のスキンケアのポイント

新しいシーズンが始まる春は、しっかりスキンケアして美肌に磨きをかけたいもの。ただそういった攻めの美容は、春のスキンケアには刺激が強すぎる場合もあります。ここでは、春のスキンケアで気をつけたいポイントを見ていきましょう。

■肌に必要なケアをシンプルに
春は美白などの攻めのケアに力を入れたくなる季節ですが、肌体力が弱っている状態には栄養過多のアイテムは刺激が強すぎる場合も。肌が敏感なうちは、肌が欲する水分や油分を補うケアをシンプルに行うことがポイントです。

■洗顔はしっかり丁寧に
春の肌は皮脂に加えて花粉やほこりなどで見た目よりも汚れています。クレンジングや洗顔はしっかり丁寧に行って、肌を清潔な状態に保ちましょう。ただし、“取りすぎ”や“こすりすぎ”はNG。特に肌が敏感になっている時は、刺激を与えないように注意しましょう。

■紫外線対策を忘れずに
春の肌は強い紫外線にまだ慣れていないので、日焼け止めを塗らずに肌を露出するのは危険です。朝のスキンケアの最後は必ずUVアイテム使って、紫外線対策をして出かけましょう。

規則正しい生活で自律神経を整えて

肌の状態には、睡眠や食生活などの生活スタイルも大きく影響します。下にあげる項目の中に思い当たるものがある方は、それが吹き出物や肌荒れの原因になっている可能性があります。

<肌トラブルの原因になる生活スタイル>
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・不規則な生活

肌のゆらぎを感じ始めたら、スキンケアとともに生活スタイルも見直してみましょう。規則正しい生活で自律神経を整えれば免疫力もアップして、おのずと肌の状態も変わってきます。特に肌のダメージを修復してくれる睡眠は、しっかりと取るようにしましょう。

【ステップ別】春のスキンケアのやり方

春のスキンケアの洗顔をする女性

敏感になったり肌荒れした状態の春の肌は、スキンケアも優しく丁寧に行う必要があります。ここでは、スキンケアを以下の4つのステップに分けて、それぞれのやり方をご紹介していきます。

<スキンケアの4ステップ>
①洗顔
②保湿ケア
③紫外線対策
④クレンジング

また、それぞれのステップで気をつけたいスキンケアのポイントも一緒にご紹介します。

春のスキンケアのやり方【ステップ①】洗顔

春のゆらいだ肌を洗顔する際は、手が肌に触れないようにして、たっぷりの泡で優しく丁寧に洗うのがポイント。肌に必要な潤いまで奪わないようにぬるめのお湯ですすいで、洗顔料が肌に残らないように洗い流しましょう。

敏感になった肌には水も刺激になる場合があります。洗顔はできる限り手早く行うのもポイントです。

春のスキンケアのやり方【ステップ②】保湿ケア

敏感になった春の肌は、バリア機能が低下して水分を保持する力も弱まっている状態。保湿ケアを重点的に行って、肌が乾いた状態にならないように気をつけましょう。

化粧水で水分を補うことも大切ですが、肌に与えた水分が蒸発しないように油分でふたをするのも重要。クリームなどを塗る際は、手のひらであたためてハンドプレスするように押し付けるのがポイントです。

春のスキンケアのやり方【ステップ③】紫外線対策

バリア機能が低下した肌で紫外線を浴びると、さらに肌がダメージを受けてしまいます。朝のスキンケアの最後は必ずUVアイテムを使って、紫外線対策をしてからメイクしましょう。

ただし、敏感になった肌にはSPF値の高い日焼け止めは刺激が強すぎる場合があります。肌状態が整うまでは、刺激をできるだけおさえたオーガニックやドクターズコスメなどの日焼け止めを利用するのもおすすめです。

春のスキンケアのやり方【ステップ④】クレンジング

一日の終わりに行うクレンジングは、肌に付着したメイクや汚れをしっかり取り除くことが大切。ただし、肌を摩擦するのは厳禁なので“こすりすぎ”には注意しましょう。

クレンジング剤は手で軽くあたためてから顔にのせていきましょう。メイクとしっかりなじんだら手早くすすぎを。クレンジング剤が肌に残ると肌トラブルの原因になるので、肌が敏感になっている間は、落ちにくい日焼け止めを使うのは避けた方が無難です。

【肌のお悩み別】春のスキンケアのやり方

スキンケアアイテムを手に取る女性の手元

春の肌トラブルは、肌の赤みやヒリヒリ、吹き出物、くすみなど人によってその肌悩みの症状もさまざま。スキンケアのやり方も肌悩みに応じて変える必要があります。

ここでは、それぞれの肌悩みに応じた春のスキンケアのやり方をご紹介。ステップ別のスキンケアに肌悩み別のやり方をプラスして、自分に合ったスキンケアを見つけてください。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み①】敏感気味(赤み、ヒリヒリ)

肌がなんとなく赤みを帯びていたり、触るとヒリヒリした感じがある場合は、スキンケアで使うアイテムを刺激の少ないものにチェンジしましょう。日焼け止めもSPF値の低い低刺激のものを。

スキンケアの手順は、洗顔→化粧水→保湿のシンプルなステップに。美白などの与えるアイテムは一旦お休みして、しばらくは必要最低限のアイテムでのスキンケアを続けてみましょう。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み②】肌荒れ(吹き出物、ニキビ)

吹き出物やニキビは、何らかの理由で皮脂が過剰に分泌されていることから起こる肌荒れ。大人の吹き出物は、ストレスなどでホルモンバランスが崩れていることが考えられます。

まずは、生活スタイルを見直してみましょう。疲労や睡眠不足、偏った食事はストレスとなってホルモンバランスを崩してしまいます。春の環境の変化で精神的なストレスがある場合は、アロマや趣味の時間を増やしてリラックスタイムを作るように心がけてみてください。

スキンケアは保湿を中心に基本をしっかりと。ニキビは洗い残しがあると悪化するので、クレンジングや洗顔料、シャンプーなどのすすぎはしっかり行ってください。それでも良くならない場合は、皮膚科の専門医に相談しましょう。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み③】カサつき、かゆみ

肌にかゆみがある場合は、乾燥が原因の場合がほとんどです。肌のターンオーバーが乱れ肌体力が落ちている場合は、栄養過多なスキンケアはNG。冬に使用していた濃厚なクリームだと、かえってかゆみが出る場合があります。水分と油分を肌に与えることを目的とした低刺激のアイテムで保湿をしましょう。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み④】くすみ、透明感がない

春のゆらぎ肌でターンオーバーが乱れると、肌の水分保持力が落ちるので当然透明感がなくなってくすんだ肌になってしまいます。スキンケアでは、保湿重視の基本のステップを丁寧に行うことが大切です。

春は意外と冷えるので、血行の悪さが原因となっている場合もあります。お風呂で体をあたためたり、ウォーキングやストレッチをしたりして体をほぐしてあげると、全身の血流が良くなって自然と顔色も良くなります。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み⑤】花粉症、アレルギー

花粉症の方やアレルギー体質の方の春の肌トラブルは、ほとんどが花粉やPM2.5などのアレルゲンが原因。外出時はマスクなどを使って飛散している花粉などから肌を守りましょう。

スキンケアでは、やはり低刺激のもので洗顔と保湿をしっかり行うことが大切です。特に洗顔で肌に付着したアレルゲンをしっかり取り除くことがポイントです。ただ摩擦による刺激は厳禁なので、手が肌につかないように優しく洗って、すすぎ残しがないように洗い流しましょう。

春のスキンケアのやり方【肌のお悩み⑥】メイクのノリが悪い

春のゆらぎ肌で肌の水分保持力が落ちると、当然メイクのノリも悪くなってしまいます。まず朝のスキンケアで丁寧にしっかり肌を保湿してから、メイクを始めましょう。

保湿力の高い化粧下地を使って肌の土台を作っておくと、ファンデのノリも違ってきます。メイクをする前のスキンケアと下地がポイントです。

春におすすめのスキンケアアイテム(プチプラ、デパコスなど)

春のスキンケアアイテム

ここからは、春のスキンケアで使いたいおすすめのアイテムをご紹介します。今回ご紹介するのは、ゆらぎ肌の方におすすめの肌に優しいアイテムが中心。プチプラからデパコス、オーガニックやドクターズコスメまで、洗顔~日焼け止めのステップ別にご紹介していきます。

春におすすめのスキンケアアイテム【洗顔料①】「d プログラム」はクッション泡でやさしく落とす

春のスキンケアにおすすめのd プログラムの「エッセンスイン クレンジングフォーム」

dプログラム(ディープログラム)の「エッセンスイン クレンジングフォーム」は、たっぷりのクッション泡でやさしく汚れを落としてくれる敏感肌用の洗顔料。春のゆらぎ肌には、洗顔後に肌がつっぱるような洗浄力の高い洗顔料はNG。肌のうるおいを守りながら汚れを落としてくれるタイプがおすすめです。

d プログラム(ディープログラム) エッセンスイン クレンジングフォーム / ¥2,090

春におすすめのスキンケアアイテム【洗顔料②】「KANEBO」の新作は“糸引き美容液洗顔”で洗顔後もしっとり

春のスキンケアにおすすめのKANEBOの「コンフォート ストレッチィ ウォッシュ」

KANEBO(カネボウ)の「コンフォート ストレッチィ ウォッシュ」は、保湿成分を含んだ美容液が配合された洗顔料。糸を引くようなねっとりとしたテクスチャーの濃密泡で、洗顔後も上質なうるおいに満たされます。肌のカサつきがある方やメイクのノリが気になる方の朝の洗顔料におすすめです。

春におすすめのスキンケアアイテム【クレンジング①】バリア機能の低下した肌には“セラミド”を補う「キュレル」

春のスキンケアにおすすめのキュレルの「ジェルメイク落とし」

春のゆらぎでバリア機能の低下した肌は、肌の必須成分である“セラミド”が不足しがち。花王Curel(キュレル)のスキンケアアイテムは、その“セラミド”の働きを守って補ってくれるスキンケアシリーズです。

キュレルの「ジェルメイク落とし」は、肌馴染みの良いジェルタイプで使いやすいクレンジング。近くのドラッグストアで気軽に買えてプチプラなのが魅力です。

春におすすめのスキンケアアイテム【クレンジング②】ナチュラルメイク派の方は肌に優しい「チャントアチャーム」

春のスキンケアにおすすめのチャントアチャームの「クレンジングミルク」

クレンジングはオイルやジェル、クリームとさまざまなテクスチャーの種類がありますが、中でも肌に優しいのがクレンジングミルク。オイルなどに比べると洗浄力は落ちますが、肌へのダメージは最小限におさえることができます。

chant a charm(チャントアチャーム)の「クレンジングミルク」は、メイクを落とした後も肌にうるおいを残してくれるオーガニックのクレンジング。ダブル洗顔が不要なのも、敏感肌にはうれしいポイント。肌が敏感になっている時は、メイクもナチュラルにしてクレンジングを肌に優しいタイプにチェンジするのがおすすめです。

chant a charm(チャント ア チャーム) クレンジングミルク / ¥2,750

春におすすめのスキンケアアイテム【化粧水①】プチプラで毎日たっぷり使える「ナチュリエ」

春のスキンケアにおすすめのナチュリエの「ハトムギ化粧水」

化粧水はつけた後肌にうるおいを感じるくらいしっかり入れ込むのがポイント。ナチュリエの「ハトムギ化粧水」は、500mlで715円とプチプライスなので毎日惜しみなくたっぷり使えます。しっとりするのに使用感はさらっとしているので、気温が高くなり始めた春にもぴったりな化粧水です。

ナチュリエ ハトムギ化粧水 / ¥715

春におすすめのスキンケアアイテム【化粧水②】「アルビオン」のロングセラー“スキコン”は春のゆらぎ肌にもおすすめ

春のスキンケアにおすすめのアルビオンの「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」

“スキコン”の愛称で愛されるアルビオンのロングセラー「薬用スキンコンディショナー エッセンシャル」は、春のゆらぎ肌にもおすすめの化粧水。そのみずみずしいテクスチャーは、乾燥して荒れた肌にしっとり馴染んですこやかに整えてくれます。慣れるとクセになるハーブっぽい独特の香りも◎。

春におすすめのスキンケアアイテム【乳液①】「ミノン」は低刺激なのに高保湿とコスパが叶って女子に大人気

 

MINON(ミノン)の「アミノモイスト モイストチャージ ミルク」は、春のゆらぎ肌にやさしい低刺激ながらも、しっかりうるおう保湿力の高い乳液。コクのあるテクスチャーなのにベタつかないのは、気温が上がる春にうれしいポイント。しかもプチプライスなのでコスパも抜群。女子に大人気なのも納得の乳液です。

春におすすめのスキンケアアイテム【乳液②】イプサの人気メタボライザーは敏感肌用タイプを

春のスキンケアにおすすめのイプサの「ME センシティブe 2」

イプサの人気商品メタボライザー「ME(エムイー)」シリーズは、化粧水と乳液のそれぞれの機能をあわせもった化粧液。その「ME」シリーズの中でも「ME センシティブe」は、無香料・無着色・無添加で敏感肌用のタイプ。

イプサの「ME」シリーズは、カウンターの肌診断で肌質や肌の状態に合ったものを選んでもらえるので、春のゆらぎ肌でスキンケアジプシーになってしまった方にもおすすめです。

IPSA(イプサ) ME センシティブe 1 / ¥6,050

春におすすめのスキンケアアイテム【美容液①】「d プログラム」のアレルバリアシリーズは花粉症の方の救世主

春のスキンケアにおすすめのd プログラムの「アレルバリア エッセンス」

d プログラム(ディープログラム)の「アレルバリア」は、花粉やほこりなどの空気中の微粒子汚れや紫外線から肌を守ってくれるシリーズ。まさに花粉症やアレルギーで肌が敏感になっている方にぴったりなスキンケアアイテムです。

その中でも「アレルバリア エッセンス」は、化粧下地効果もある日中用の保護美容液。日焼け止め(SPF40・PA+++)と兼用できて、ファンデーションのノリをよくする効果も。色ムラもカバーしてくれるBBタイプもあります。

d プログラム(ディープログラム) アレルバリア エッセンス / ¥3,300

春におすすめのスキンケアアイテム【美容液②】「エトヴォス」は“保湿成分ヒト型セラミド”で肌の保湿力をアップ

春のスキンケアにおすすめのエトヴォスの「モイスチャライジングセラム」

ETVOS(エトヴォス)のモイスチャーラインは、“ヒト型セラミド”など保湿力を重視したこだわりの成分を配合。春のゆらぎ肌でとにかく肌が乾燥する方におすすめのスキンケアシリーズです。

特に「モイスチャライジングセラム」は、セラミドに加えヒアルロン酸やアミノ酸など保湿に欠かせない成分がたっぷり入った美容液。エトヴォスの商品は肌にやさしい低刺激処方なので、敏感肌の方にも人気のブランドです。

ETVOS(エトヴォス) モイスチャライジングセラム / ¥4,400

春におすすめのスキンケアアイテム【クリーム①】「IHADA」の白色ワセリンはガード力はあるのにベタつかない

春のスキンケアにおすすめのIHADAの「薬用バーム」

さまざまな肌トラブルに対応した商品ラインナップの資生堂IHADA(イハダ)は、春のゆらぎ肌で悩む方におすすめのブランド。中でも「薬用バーム」は、高精製ワセリン配合でうるおいのバリアを作って、乾燥などから肌を守ってくれます。

ワセリンやバームというとベタついたり広げにくいイメージがありますが、IHADAの「薬用バーム」は、ベタつかずにすっと広がるソフトなテクスチャー。肌荒れや乾燥で化粧水さえしみる……という方にもおすすめです。

IHADA(イハダ) 薬用バーム / ¥1,485

春におすすめのスキンケアアイテム【クリーム②】「アルジタル」のグリーンクレイ入りクリームはポーチの中のお守りに

春のスキンケアにおすすめのアルジタルの「インテンシブ エキナセアクリーム」

シチリア生まれのARGITAL(アルジタル)は、ナチュラル派女子に人気の高いオーガニックブランド。ミネラルがたっぷり含まれたグリーンクレイを使ったスキンケアアイテムは、春のさまざまなダメージで疲れた肌をやさしく癒してくれます。

アルジタルの「インテンシブ エキナセアクリーム」は、繰り返す肌荒れや突然の肌トラブルにも対応してくれるSOS的なクリーム。お守り的な存在としてポーチの中に常備しておきたいクリームです。「インテンシブ エキナセアクリーム」はミニサイズもあるので、携帯用だけでなくトライアルとして使ってみるのはいかがでしょうか。

ARGITAL(アルジタル) インテンシブ エキナセアクリーム / ¥3,850

春におすすめのスキンケアアイテム【日焼け止め①】ドクターズコスメの「ラロッシュポゼ」はUV機能にトーンアップ効果をプラス

春のスキンケアにおすすめのラ ロッシュ ポゼの「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」

ドクターズコスメのLA ROCHE-POSAY(ラロッシュポゼ)は、世界で25,000人以上の皮膚科医も採用する敏感肌用のスキンケアブランド。商品ラインナップの中でも人気なのが、日焼け止めやBBクリームなどのベースアイテム。

「UVイデア XL プロテクショントーンアップ」は、UV機能にトーンアップ効果もプラスした今どきの日焼け止め。くすみや色ムラをカバーしてツヤ感もプラスしてくれるので美肌効果も期待できます。UV機能はSPF50+・PA++++、真夏まで使えます。

LA ROCHE-POSAY(ラ ロッシュ ポゼ) UVイデア XL プロテクショントーンアップ / ¥3,740

春におすすめのスキンケアアイテム【日焼け止め②】オーガニックの「ナチュラグラッセ」は石けんで落とせてブルーライトもカット

春のスキンケアにおすすめのナチュラグラッセの「スキンバランシング ベース」

原料は100%天然由来のオーガニックブランドnaturaglace(ナチュラグラッセ)は、化粧下地やファンデなどのベースアイテムが特に人気。「スキンバランシング ベース」もその一つで、UV機能はSPF31・PA++と春の日焼け止めとしては◎。

おすすめポイントは、肌表面の油分と水分のバランスを整えてくれるスキンケア発想の機能性。石けんで落とせたり、気になるブルーライトをカットしてくれるなど、ゆらぎ肌にうれしい機能もあります。

naturaglace(ナチュラグラッセ) スキンバランシング ベース / ¥3,520

季節の変わり目の春は、日頃は肌悩みのない方でも突然肌の調子が悪くなったりして肌トラブルが増える時期です。そんな春のゆらぎ肌では、基本的なスキンケアをやさしく丁寧に行うことが大切。美白や美肌を目的とした攻めの美容は少しお休みして、バランスを崩した肌を整えるスキンケアを心がけてみてください。