JAN.04.2019

福岡旅行におすすめの服装!月別・天気別のおすすめコーデご紹介

福岡旅行におすすめの服装!月別・天気別のおすすめコーデご紹介 福岡旅行におすすめの服装!月別・天気別のおすすめコーデご紹介

観光スポットや遊べるスポットが豊富にあって自然も豊かな観光地、福岡。大人女子にとってはグルメの街なのも魅力ですよね。今回はそんな福岡を観光する方のための、福岡の季節ごとの天気や月別でおすすめの服装をご紹介します。

福岡の季節ごとの天気と服装選びのポイント

福岡

住みやすい街として人気の高い福岡。アジアの玄関口でもあるので外国からの観光客も多く、一年中観光客で賑わう街でもあります。大人女子にとっては観光やショッピングはもちろん、美味しいグルメも魅力です。

そんな福岡へこれから初めて訪れるという方のために、今回は福岡の季節ごとの天気やその時期に合ったおすすめの服装をご紹介します。まずは、季節ごとの天気や服装選びのポイントをまとめたのでチェックしてください。

【福岡の季節ごとの天気と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)
福岡の3月はまだ春の装いには寒い時期。昼間の温度が20度近くまで上がる日もありますが、最低気温が2.2度まで下がる日もあります。

4月は平均気温が16.3度。30度近くまで気温が上がる日もありますが、朝晩はぐっと冷え込むので寒暖の差に対応できる服装が必要です。5月は最低気温が上がりますが、日によっては薄着だと寒い日も。念のために羽織りをバッグに入れておきましょう。

■夏(6・7・8月)
福岡の6月は5月とさほど気温の推移は変わらないのですが、梅雨に入るので体感が下がります。軽い羽織りを準備しておきましょう。7月や8月は平均気温が29度前後。毎日のように最高気温が30度を超えます。紫外線対策や熱中症対策をしっかり行いましょう。

■秋(9・10・11月)
福岡の9月は中旬頃まで残暑でまだ暑いので、昼間は半袖で過ごせる日も多いです。ただこの時期は台風の影響で雨が降るので、肌寒く感じる日もあるかもしれません。軽い羽織りは持参しましょう。

10月からは徐々に気温が下がっていきます。最低気温が10度を下回る日が増え、11月に入るとさらに寒くなります。長袖アイテムやニット、ライトなアウターなどを組み合わせたコーデがおすすめです。

■冬(12・1・2月)
福岡の12月は昼間は10度前後の気温ですが、朝晩の気温は5度を下回るのでニットやコートが必要になります。福岡の1月や2月は平均気温が5度台。最低気温が氷点下の日もちらほらあります。コートに加えてマフラーなどの防寒小物も準備して出掛けましょう。

福岡旅行におすすめの服装【1】春(3月):まだ肌寒い日が多い3月!スカートにはタイツを履いて

福岡旅行の春コーデ

福岡の3月はまだ寒い日が多く、最低気温が5度を下回る日が多いので、スカートコーデにする場合はタイツを履いたりして足元の防寒をしましょう。

最高気温は20度近くまで上がる日があるので、コートを着るほどではない日が多いです。

厚手で程良い質感のGジャンはこの時期に最適なアウター。肌寒い日はインのアイテムを重ね着したりして体温調節をしましょう。

福岡旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):寒暖の差に対応できるライトジャケットが最適

福岡旅行の春コーデ

福岡の4月や5月は過ごしやすくて観光日和。昼間は半袖トップスで過ごせる日もあります。ただ、そんな日でも寒暖の差があるので、ライトな質感のアウターがあると安心です。

半袖Tシャツ×デニムの定番コーデには、ニットブラをプラスしておしゃれ見え効果を。寒くなってきた時のためにミリタリージャケットを羽織って。ミリタリージャケットは、春や秋の旅行におすすめのアウターアイテムです。

福岡旅行におすすめの服装【3】夏(6月):梅雨時期なので薄手の羽織りを1枚プラスして

 

福岡の6月は5月同様過ごしやすい気温ですが、梅雨に入るので肌寒い日も多くあります。長袖トップス一枚より、半袖トップス+軽い羽織りものといった重ね着の方が気温の変化に対応できておすすめです。

リネン素材のガウンワンピースは、前を留めずに着ればこの時期の羽織りものにぴったり。インのアイテムをタンクトップにすれば、暑い日でも体感的にちょうど良いコーデです。

福岡旅行におすすめの服装【4】夏(7・8月):毎日30度超え!一枚で様になるトップスが使える

福岡旅行の夏コーデ

福岡の7月や8月は、毎日昼間の気温が30度を超えます。この時期に福岡に行かれる方は、紫外線対策や熱中症対策をしっかり準備してください。

この時期はワンツーコーデでシンプルなものが最適。一枚で様になるアイテムがあると便利です。ピンクのショート丈ブラウスのような、コーデがさびしくならず、福岡の夏の日差しに負けないアイテムがおすすめです。

福岡旅行におすすめの服装【5】秋(9月):残暑で暑い!昼間は半袖トップスで過ごせる

福岡旅行の秋コーデ

福岡の9月は残暑でまだ暑いので、昼間は半袖トップスで過ごせます。ただ、下旬になると少しずつ気温も下がっていくので、薄手の羽織りものを1枚準備しておきましょう。

白のVネックTシャツ×デニムのシンプルコーデには、薄手の花柄ジレをプラス。ジレは春や秋のコーデがさびしい時にあると便利なアイテムです。

福岡旅行におすすめの服装【6】秋(10月):長袖トップスはフランネル素材などの厚手のものを

福岡旅行の秋コーデ

福岡の10月は気温が徐々に下がってきますが、まだニットやコートを着るほどではない日が多いので、厚手の長袖トップスが体感的にちょうど良い時期。

フランネル素材のチェックシャツは、そんな時期の長袖トップスとして最適です。厚手で程良い防寒力があるので、インにTシャツを合わせて羽織りとして着ても◎。

福岡旅行におすすめの服装【7】秋(11月):スウェットやセーターにコートをプラス

福岡旅行の秋コーデ

福岡の11月は、最高気温が20度を下回る日が増えて、最低気温も5度を下回ってきます。厚手の長袖トップスやニット、コートなどを準備して出掛けましょう。

黒のスウェット×デニムのコーデには、グリーンのチェスターコートをプラス。昼間はコートを着ると暑くても、夜になると寒いのでコートを持参して観光しましょう。

福岡旅行におすすめの服装【8】冬(12月):アウターやブーツなどの冬アイテムがマスト

 

福岡の12月は、昼間の気温が10度を上回る日があっても、最低気温が5度を下回るので、ニットやコート、ブーツなどの冬アイテムを準備しましょう。

ブラック系アイテムをデニムに合わせたコーデには黒ブーツを合わせて。足元もブーツなどのアイテムでしっかり防寒をしましょう。

福岡旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):ウールコートなら厚手のものを

福岡旅行の冬コーデ

福岡の1月や2月は冬本番の気温。平均気温が5度を下回る日も多いので、コートも厚手のものを持参しましょう。

白のニットに白系チェックのショートパンツを合わせたコーデには、厚手のライトグレーのチェスターコートをプラス。足元もタイツとショートブーツでしっかり防寒がマストです。

観光はもちろんショッピングも楽しめて自然も満喫できる福岡は、一度訪れるとリピーターになる人が多い人気の観光地。そんな福岡にこれから初めて旅行に行かれる方は、今回ご紹介したコーデもぜひ参考にしてください。旅行する時期に最適な服装をしっかり準備して、福岡を思い切り楽しんでください!