LIFESTYLEFEB.14.2019

就活写真で自然な笑顔を作るコツは?好印象な証明写真の撮り方とは

就職活動や転職活動で重要な履歴書は、書いている内容だけでなく、添付する写真の印象も重要ですよね。そこで今回は、就活や転活で利用したい、証明写真で自然な笑顔を作るコツをご紹介します。
就職活動や転職活動で重要な履歴書は、書いている内容だけでなく、添付する写真の印象も重要ですよね。そこで今回は、就活や転活で利用したい、証明写真で自然な笑顔を作るコツをご紹介します。

就活写真は笑顔が好印象

就活をしている女性
就職活動や転職活動では、面接の前に書類審査でふるいにかけられることもありますので、履歴書の出来は、就職や転職の結果を大きく左右します。

履歴書については、書類上の学歴やスキルも大切ですが、字が綺麗かどうかや、丁寧に書かれているかどうか、内容に一貫性がありまとまっているかも見られています。履歴書に貼る証明写真についても同じで、入社してから活躍できるような活発そうな人かどうかや、コミュニケーション能力が高そうな人かどうかなどを判断する一つの材料になります。

必ずしも見た目が良ければいいというわけではありませんが、自然な笑顔の写真は、それだけで履歴書を見た相手に好印象を与えることができます。

一般的には、就活や転活で履歴書に貼る証明写真は、マスコミ関係や航空関係などの特殊な職業を除いては、歯を見せるような笑顔はふさわしくないとされています。

しかし、証明写真だからといって、必ずしも真顔で取らなくてはいけないということはありません。親しみやすさを感じさせるような自然な笑顔の写真でしたらOKです。

したがって、履歴書の印象を大きく左右する証明写真にも気を遣い、好感度をアップさせることも、大切なイメージ戦略になります。採用担当者の印象にも残りやすくなりますよ。

しかし、証明写真で自然な笑顔の証明写真を撮るのは難しいですよね。そこで今回は、自然な笑顔を作るコツや、好印象になる証明写真の撮り方をご紹介します。

就活写真での自然な笑顔の作り方

オフィスの女性
就活や転活で使用する証明写真で、自然な笑顔を作るためには、事前の練習が必要です。

写真を撮影する前に、ぜひ鏡を見ながら練習してみましょう。自撮りをして笑顔の撮り方の練習してみるのも一つの方法ですね。一度自然な笑顔の作り方のコツをマスターしてしまえば、パスポートや運転免許証などの写真を撮影する際にも役立ちますよ。


■目

笑顔作りに欠かせないのが、目ですよね。目は笑いすぎてしまうと軽い印象になってしまいます。笑うというよりは、目に力を入れて開き、しっかりカメラを見据えるようにします。そして、少しだけ目尻を下げるようなイメージで撮影しましょう。

ただし、あごの引きすぎや、上目遣いは、引っ込み思案に見えてしまったり、中には媚びたり睨んでいるような顔になることもありますので、注意しましょう。


■口角

口角は少し上げて、ほんのり微笑んでいる程度にしましょう。「へ」の字やキュッと真っすぐに引くとキツイ印象になってしまいますので、力の入れすぎには注意しましょう。また、口角の上がり具合が左右対称になっていると印象が良く見えますね。


■メガネはかけたままでOK?

証明写真の中でも、身分証明に使用するような場合は、メガネを外して撮影するのが一般的です。履歴書に貼る写真の場合は、必ずしもメガネを外す必要はありません。ただし、メガネが反射してしまったり、メガネが目を隠してしまっているような場合は、メガネを外したり、撮り直しをした方が良いですね。


■スピード写真と写真館どちらがいい?

手軽に自分のタイミングで撮りやすいのが魅力のスピード写真は、急に証明写真が必要になった際に便利で、多くの人が利用していますよね。

しかし、やはりスピード写真と比べると、写真館で撮影した生写真の方が、クオリティが高く、就職活動に使用する証明写真は写真館で撮影したものを使用している方が多いようですね。写真の撮り方もプロのカメラマンがアドバイスしてくれるのがメリットです。

また、最近では、スマホで自撮りした写真をコンビニで証明写真として印刷できるアプリも人気となっています。リーズナブルな値段で色々なサイズの写真を印刷できます。しかし、面接時に別人かと思われるような加工をするのはやめましょう。

就活の写真で笑顔以外に印象を良くするコツ【1】ヘアスタイル

就活中の女性
就活の写真で笑顔以外に印象を良くするためには、髪型も重要です。

肩にかかる位の髪の長さがある場合は、ハーフアップや、落ち着いた印象になる低い位置でのポニーテールにしましょう。

また、表情がしっかり見えるように、前髪は目にかからないようにして、長い場合はサイドにまとめるのがおすすめです。

顔を見せることで、すっきりと活発な印象に見せることができます。

就活の写真で笑顔以外に印象を良くするコツ【2】メイク

ナチュラルメイク
就活の写真で笑顔以外に印象を良くするためには、メイクも重要ですよね。

写真撮影をする際には、あまりにも薄いメイクですとすっぴんのような印象になってしまい、社会人としてはマナー違反となりますので注意しましょう。

しかし、濃いメイクも、派手な印象になってしまうので、あくまでも清楚見えする、ナチュラルメイクを意識するようにしましょう。


■眉毛

眉毛はふんわり緩やかなカーブを描くようにします。眉山を角ばらせたり、角度をつけたり、濃く描きすぎると、きつい印象になります。


■アイ

アイラインやアイシャドウも濃くなりすぎないようにします。囲み目メイクや派手なカラーはNGです。自然に見えるベージュ系やブラウン系、グレーやブラック系がおすすめです。ブラックを使用する場合は、濃くならないように控えめにしましょう。ラメは使用せず、パールもつけすぎには注意しましょう。カラコンやつけまつ毛は使用しないようにします。


■チークやリップ

血色感がないと暗い印象になりますので、チークやリップで血色感を加えることで明るい印象になります。

チークも目の下に丸く大きくのせるような塗り方はNGです。ほんのり血色感が出るようなピンク系のチークがおすすめです。

リップは、派手な印象になる赤リップはやめましょう。ピンクベージュや、コーラル系がおすすめです。ツヤツヤさせすぎないようにしましょう。

就活の写真で笑顔以外に印象を良くするコツ【3】姿勢や服装

リクルートスーツを着ている女性
就活の写真で笑顔以外に印象を良くするためには、実は姿勢や服装も重要です。

証明写真の場合、姿勢や服装はほとんど映りませんが、背筋を伸ばしたり、胸を張って肩の位置を少し上げることで、活発な印象に見せることができます。

また、リクルートスーツやシャツなど、服装にも気を使うことで、社会人として常識がある事を示すことができます。シワや汚れ、襟の乱れなどには注意しましょう。
就活や転活では、履歴書を提出して審査され、中には面接をしてもらえないまま不採用になることも珍しくありません。少しでも好印象な履歴書を作るためにも、ご紹介した証明写真で自然な笑顔を作るコツを意識してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style