FASHIONDEC.18.2018

広島旅行に最適な服装は?月別の天気やおすすめコーデをご紹介

最近では野球の広島東洋カープのリーグ優勝で盛り上がる広島。宮島や平和公園といった観光地は海外からの観光客も多く、修学旅行などで訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな広島の天気やおすすめの服装をご紹介します。
最近では野球の広島東洋カープのリーグ優勝で盛り上がる広島。宮島や平和公園といった観光地は海外からの観光客も多く、修学旅行などで訪れたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、そんな広島の天気やおすすめの服装をご紹介します。

広島の季節ごとの天気と服装選びのポイント

 
広島といえば野球の広島東洋カープやサッカーのサンフレッチェ広島など地元のプロスポーツで盛り上がりをみせる街。観光地も世界中から旅行者が絶えない平和公園や、宮島や尾道といった歴史を感じる観光地も人気です。

そんな広島に旅行に行かれる方が気になるのが、広島の季節ごとの天気やその時期に最適な服装ですよね。そこで今回は、広島旅行におすすめの服装を月別でご紹介します。まずは、服装選びで重要な季節ごとの天気や服装選びのポイントから。旅行に行かれる際にぜひ参考にしてください。

【広島の季節ごとの天気と服装選びのポイント】

■春(3・4・5月)
広島は比較的温暖な気候で、過ごしやすい日が多い街です。広島の3月は平均気温が8.8度。まだ冬の名残りの寒さが残る時期なので、ニットとライトアウターを組み合わせた防寒が必要です。

4月や5月は、日ごとに気温が上がって20度前後まで上昇します。長袖トップス1枚で過ごせる日が増えますが、春なので寒暖の差もあります。羽織りものは必ず準備してください。

■夏(6・7・8月)
広島の6月は5月よりも気温が上がって半袖トップス一枚で過ごせる日も多くなってきます。ただ、梅雨に入るので雨具は必要です。雨の日は体感が下がるので、カーディガンやライトな羽織りものを持参しましょう。

7月と8月は平均気温が30度近くまで上がり蒸し暑いので、半袖やノースリーブなどのトップスがおすすめです。ただし、建物の中の冷房対策の軽い羽織りものは一応持参しましょう。

■秋(9・10・11月)
広島の9月はまだ最高気温が30度近くまで上がる日が多いので、夏の服装でも過ごせる日が多いです。下旬になると気温が下がるので、長袖トップスや半袖トップスにカーディガンなどの羽織りものをプラスする服装が最適。

10月や11月はさらに気温が下がっていき、最高気温が20度を下回ります。長袖トップスに薄手のニットを組み合わせたり、ライトなアウターを羽織る服装が最適です。

■冬(12・1・2月)
広島の12月は平均気温が10度を下回ります。最低気温も氷点下近くまで下がるので、ニットやウールコートなどの防寒性の高いアイテムを着てください。

1月と2月はさらに気温が下がって、平均気温が4度前後。最低気温が氷点下まで下がる日もあります。厚手のコートやダウンコート、防寒小物が必要な時期です。雪はめったに降らないので、雪対策はマストではありません。

広島旅行におすすめの服装【1】春(3月):冬アイテムと春アイテムを組み合わせて

広島旅行の春のコーデ
広島の3月は冬並みに寒い日もあって、ライダースなどの防寒性の高いアウターがあると安心です。ストールを首元に巻いて保温性をアップさせると◎。

この時期は、風は冷たくても春の気配は感じるので、デニムにレーススカートを重ね着したりして、春の季節感を服装に取り入れるのもおすすめです。

広島旅行におすすめの服装【2】春(4・5月):4月はまだ肌寒い日も!ライトアウターはマスト

広島旅行の春のコーデ
4月からは日ごとに気温が上がっていきますが、10度前後の気温で推移して肌寒い日もあるので、ライトアウターを必ず持参しましょう。

長袖のシャツワンピは広島の4月の気温に最適なアイテム。暑い日は袖をまくったりして温度調節すると◎。朝晩は冷えるので、トレンチコートなどのライトなアウターはマスト。日によっての寒暖の差もあるので、重ね着で体温調節するのがおすすめです。

5月は4月より暖かいですが、気温が不安定だったり、寒暖の差があるのは4月同様なので、半袖トップスにブルゾンを組み合わせたりして、重ね着でのコーディネートが最適です。

広島旅行におすすめの服装【3】夏(6月):半袖アイテム×ライトアウターで体温調節がおすすめ

広島旅行の夏のコーデ
平均気温は22.5度と半袖アイテムでもOKな気温ですが、気温が下がる日があったり、寒暖の差や梅雨に突入したりと、春の不安定な気温の余韻がまだある時期なので、半袖トップス×ライトアウターといった重ね着で体温調節をするのがおすすめ。梅雨時期なので雨具の持参はマストです。

黒の半袖マキシ丈ワンピにミリタリージャケットを羽織ったコーデ。広島の6月の時期に最適なコーデです。ミリタリージャケットといった、薄手でショート丈のアウターがこの時期活躍します。

広島旅行におすすめの服装【4】夏(7・8月):広島の夏も暑い!熱中症対策はしっかりと

広島旅行の夏のコーデ
広島の夏は最高気温が30度を越える日が多く湿気もあるので、熱中症対策で水分補給を心がけてください。

ブラウンカラーの半袖Tシャツにワイドなブラックデニムを合わせたコーデは、暑い時期のワンツーコーデをさびしくさせないデザインが効いた組み合わせ。ニュアンスカラーのTシャツやフロント部分のひねりの効いたデザインのデニムがおしゃれ見え効果抜群です。

広島旅行におすすめの服装【5】秋(9月):スポーツの秋!街中がカープ一色の広島

 
上旬はまだ夏の名残りで暑く、下旬になるにつれて涼しくなっていく広島の9月。この時期に広島にいかれる方は、半袖トップスと長袖トップスの両方を持っていかれることをおすすめします。朝晩は冷える日もあるので、カーディガンや軽めのアウターも持参しましょう。

広島の9月は秋らしく地元の野球チームのペナントの行方で盛り上がって、街中が赤色に染まります。チケットはなかなか手に入りませんが、その雰囲気を味わってみるのもおすすめです。

広島旅行におすすめの服装【6】秋(10月):5月と並ぶ観光のベストシーズン!長袖トップス×ライトアウターがベスト

 
平均気温が20度前後と、気温的に一年の中でも最も過ごしやすい時期。長袖トップスにライトアウターを組み合わせたコーデが最適です。10月下旬になると紅葉のシーズンになります。

日によっては昼間の気温が30度近くまで上がるので、Tシャツ一枚でも過ごせる日もあります。ただ、夏と違うのは朝晩の気温が下がること。必ず羽織るものは必要です。

白の半袖Tシャツとデニムの組み合わせにはチェックシャツをプラス。冷えてきたらシャツを羽織れば体感的にちょうど良い時期です。

広島旅行におすすめの服装【7】秋(11月):レザージャケットにマフラーを登場させて

 
広島の11月は最高気温が20度を下回り始めます。最低気温も一桁台まで下がるので、レザージャケットなどのアウターが必要になってきます。

インナーにニットなど季節感のあるトップスを着て、マフラーを首にくるっと巻けば寒くなる日暮れも安心です。

広島旅行におすすめの服装【8】冬(12月):厚手のアウターを投入する時期

 
広島の12月は最高気温が10度を下回る日が多く、最低気温も氷点下近くまで下がり始めます。ニットに厚手のアウターを羽織るコーデが最適です。

ムートンジャケットや厚手のニットアウターには、ニット帽をかぶって防寒性重視のコーデに。大人可愛い印象のアウターは、コーデが地味にならないので◎。

広島旅行におすすめの服装【9】冬(1・2月):マフラーを巻いてしっかり防寒を!

広島旅行の冬のコーデ
広島の1月と2月は、最低気温が氷点下まで下がる日も多いので、厚手のコートなどの防寒性の高いアウターや防寒小物がマストです。

ニットとデニムの組み合わせにトレンドのファージャケットを羽織ったコーデには、首元にマフラーをぐるぐる巻いて冷気の侵入をシャットダウンしましょう。
広島は比較的気候が穏やかなので、同じ時期の東京に準ずる服装でほぼ大丈夫です。夏は蒸すので熱中症対策はしっかり準備してください。今回ご紹介した服装も参考にしていただいて、広島旅行を楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style