JAN.18.2020

沢登りの服装を徹底解説!魅力から着こなしのポイントをご紹介

沢登りの服装を徹底解説!魅力から着こなしのポイントをご紹介 沢登りの服装を徹底解説!魅力から着こなしのポイントをご紹介

沢登りを前にして、服装にお悩みの女性も多いはず。どのような装備なら沢登りを安全に楽しむことができるのか、しっかりとチェックした上で当日を迎えたいところです。そこで今回は、沢登りの基本情報からおすすめの服装まで丸ごとご紹介します!

沢登りって何?まずは基本をチェックしよう

 

そもそも「沢登り」とは、登山において尾根筋や岩壁ではなく、傾斜の急な沢や滝を登ることを指します。一般的な山登りでは見ることのできない景色や、自然の深い部分を存分に堪能することができ、冒険心がくすぐられるところが沢登りの魅力。原始的な登山方法ですが、道無き道を自分の手で切り開く興奮に、どっぷりとハマってしまう人々が増えています。

そこで今回は、沢登りを始めるにあたって知っておきたいポイントから必要な装備、おすすめの服装まで一挙ご紹介します!初心者でも安心安全に、そして楽しく沢登りを達成するためにも、この機会に正しい知識をつけておきましょう。

沢登りの魅力って?幅広く楽しまれる理由とは

 

緑に囲まれた大自然の中で、自分の手で道を切り開き進んでいく「沢登り」。その大きな魅力といえば、ズバリ冒険的な要素が強く、達成の難易度が高いところにあると言えるでしょう。気象条件や季節によって日々変化する、傾斜の急な沢や滝を登るため、一筋縄では行かないところもチャレンジ心をくすぐるのです。

危険と隣り合わせですが、その先には美しい景色が待っているところも、沢山の人々が沢登りに魅了される所以の一つ。自然の力強さ、優しさ、そして景色を全身で感じることができ、沢登りを達成した末には、これまでに感じたことのないような幸福感に浸ることができるでしょう。

沢登りは危険と隣り合わせ!しっかりとした装備と服装を意識すべし

 

登山と違って、自然の中を自分の手で掻き分けながら進んでいく沢登り。近年注目を浴びているスポーツですが、常に危険と隣り合わせなので、決して軽い気持ちでトライしてはなりません。魅力的な要素の多いスポーツではあるものの、自然と直接触れ合うからこそ、危険はすぐそこまで迫っていると意識しておくべきです。

自然の中には、様々な危険が潜んでいます。過って足を滑らせて滝壺で流される可能性もありますし、危険な害虫や生き物に襲われる恐れも十分に考えられます。したがって沢登りの際には、しっかりとした装備と正しい服装で、安心安全に臨んでください。

沢登りに必要な持ち物って?用意すべきものをチェック

 

「沢登りには何が必要なの?」と疑問を抱いている初心者さんも多いはず。そこでここでは、沢登りで必要な持ち物からあったら便利なアイテムまでご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■沢登りで必要な持ち物
・ザック(25L程度)
・シューズ(沢登り用、登山用)
・ヘルメット、スリング、カラビナ、ヘッドランプ(ツアーではレンタル可多数)
・水筒
・行動食(手早く口にできるもの)
・ビニール袋
・タオル
・着替え
・ティッシュ
・健康保険証(万が一に備えて)

沢登りの装備一覧!まずは基本を押さえて正しいスタイルに

 

沢登りでは、どのような装備が必要となるのでしょうか。そこで沢登りの装備として初心者が必ず用意しなければならないのが、「沢靴」です。沢登りでは靴が濡れてしまうため、登山靴での代用は不可。濡れた岩でも滑りにくい、フェルトまたはラバーのソールをチョイスすると良いでしょう。

さらに転倒や落石から頭部を守るために、「ヘルメット」の着用が必須。安全を確保するためには「ハーネス」や「スリング」、「カラビナ」が、滝をクライミングする際には「ビレイデバイス」が必要となります。また、ツアーで沢登りを体験する場合には、これらはレンタルできる場合もあるため、事前にチェックしておいてください。

沢登りの服装【1】女性はカラーアイテムでおしゃれに決めて

 

ここからは、沢登りにおすすめの服装を具体的にご紹介していきます。そこで女性は、華やかなカラーアイテムを取り入れて、おしゃれに決めてみてはいかがでしょうか。大自然の緑の中で映えること間違いありませんし、何より明るく目立つ色なら、何かあった時に救助されやすいので安心です。

例えば長袖のアンダーウェアには、ピンク色のウェアを合わせて女性らしいスタイルに。怪我や虫刺され予防のため、夏場でも肌の露出部分がないように十分にご注意ください。さらにヘアスタイルは、絡まってしまわないようにしっかりとまとめておくことをおすすめします。

沢登りの服装【2】衣服はコットンはNG!ポリエステルがおすすめ

ポケッタブルUVカットパーカの写真

そもそも沢登りでは、アンダーウェア、ベースレイヤー、アウターと、レイヤリングをするのが基本。そこでこれらのアイテムは、濡れてしまうことを前提に選ぶのが重要で、つまりは『素材』に注目する必要があるので、ぜひ頭に入れておいてください。例えば「コットン(綿)」素材は、乾きにくく体を冷やしてしまう上に、濡れると重たくなるのでNGです。

そこで沢登りの際の衣服は、速乾性に優れた化学繊維のものをチョイスしましょう。例えばこちらのパーカーは、ポリエステル100%で耐久撥水性に優れたアイテム。UVカット機能や持ち運びに便利なポケッタブル仕様も嬉しく、一着持っておくと重宝できること間違いありません。

UNIQLO(ユニクロ) ポケッタブルUVカットパーカ / ¥3,289

沢登りの服装【3】装備を安く済ませるならホームセンターへ足を運んでみて

NEWシルバースコールレインスーツの写真

「沢登りをやってみたいけど、全身装備を揃えるのはちょっと……」と、お悩みの女性も多いはず。装備を全て揃えるにはそれなりの金額になりますし、出来ることなら安く手に入れたいところです。そこで装備にお悩みの初心者さんは、ぜひホームセンターへ足を運んでみて下さい!

そこで沢登りの服装で必要なものの一つが、「レインウェア」。沢登りの服装は水に濡れることを想定しているため、多少の雨ではレインウェアを着用する必要はないのですが、風除けや寒さ対策に重宝されます。ホームセンターでは耐久性に優れたレインウェアがリーズナブルに販売されているため、この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

WORKMAN(ワークマン) NEWシルバースコールレインスーツ / ¥2,954

沢登りの服装【4】子どもの装備は?ヘルメットやライフジャケットは必須

 

子供が沢登りを楽しむ際には、どのような服装にまとめるべきなのでしょうか。そこで子供の服装に関しても、基本は大人と同じだとイメージしていただけるとOK。子供向けの沢登りでも全身ずぶ濡れになるため、シャツやズボンは必ず、ナイロンやポリエステルなどの化繊100%をチョイスしてください。

さらに下着の代わりには水着を、もしもウェットスーツがあれば遊べる幅がぐっと広がるため、積極的に着用させてください。寒さ対策には、ウィンドブレーカーやレインウェアが重宝されます。また、足元は沢登り専用の滑りにくい靴が望ましいのですが、もしもなければしっかりとホールドできるスニーカーやウォーターシューズを。爪先の保護ができないサンダルなどは、危険ですのでお控えください。

沢登りの服装【5】モンベルで本格装備をゲット!安心のクオリティが魅力

アクアボディ ロングスリーブシャツの写真

安心のクオリティの装備で沢登りを楽しみたいのなら、ぜひ「mont-bell(モンベル)」をチェックしてみてください!そもそもモンベルとは、登山用品をメインにアウトドア向けアイテムを販売する専門店。世界最高レベルの撥水加工が施されていたりと、沢登りにうってつけの商品も多く取り揃えています。

例えばこちらは、沢登りからシュノーケリングまで、様々なウォータースポーツで活躍できる万能なシャツ。快適な着心地に、従来の耐久撥水性を大きく上回るポルカテックス加工、さらにはアウトドアでも安心のUVカット率で、人気のアイテムです。この他にも沢登りにぴったりのウェアが勢揃いしているため、ぜひゲットしてみてください!

mont-bell(モンベル) アクアボディ ロングスリーブシャツ / ¥4,714

いかがでしたか?今回は、沢登りの基本からおすすめの服装まで一挙ご紹介しました。沢登りは魅力たっぷりの人気スポーツだとは言えど、常に危険と隣り合わせですので、正しい装備を意識しなければなりません。さらに着用する衣服自体は、本格的な登山専門店などで全身を揃える必要はありませんが、最低限素材選びには十分に注意しましょう。ぜひ参考にして、ふさわしい服装で安心安全に沢登りをご堪能ください!