BEAUTY
MAY.24.2020

紫外線による髪への影響とは?髪を守る方法やおすすめアイテムを紹介

紫外線による髪への影響とは?髪を守る方法やおすすめアイテムを紹介 紫外線による髪への影響とは?髪を守る方法やおすすめアイテムを紹介

暑くなってくると紫外線による肌への影響が気になってきますが、対策をしているのは肌だけですか?紫外線は肌だけでなく、髪へも影響を及ぼすと言われています。そこで今回は、紫外線による髪への影響や対策、おすすめアイテムをご紹介します。

【目次】

紫外線とは?

 

紫外線とは、太陽から降り注ぐ光のことで、UV-A、UV-B、UV-Cの3種の光線があります。

■紫外線量が多い季節
太陽から降り注ぐ紫外線量は、1年通して地上に降り注いでいると言われています。
ただ、1年通して同じではありません。

紫外線が強いと言われている季節は、特に5月から9月頃までだと言われています。
3月頃から徐々に上がり始め、5月になれば紫外線量の多い日が続くんです。

紫外線対策は1年中行う必要がありますが、特に紫外線量が多い時期は、しっかりと紫外線対策することが大切になります。

■紫外線量が多い天気
また、天気の変化によっても紫外線量は大きく変わります。
晴→薄雲→曇→雨と天気が変化するにつれ、紫外線量は減少していくため、快晴のときだけ紫外線対策をすればいいと思っていませんか?

しかし、雲があるからといって安心はできないんです。
薄曇でも90%近くの紫外線が地上に降り注いでいると言われていますので、薄曇の日や曇の日でも紫外線対策はしっかりしていきたいですね。

UV-A

最初に紫外線には、UV-A、UV-B、UV-Cの3種があるとお話しました。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

まずは、UV-Aです。
こちらの光線は、太陽から届く紫外線のうち95%以上を占めていると言われています。

後ほどご紹介するUV-Bほど有害ではないものの、長時間浴びた場合は健康に影響があると言われているそう。
髪の毛や肌の内部まで入り込み、ダメージを与えてシワやたるみの原因を作ります。

UV-Aの怖いところは、窓ガラスや雲でも透過して肌の奥まで届くということなので、室内にいても油断は禁物です。

UV-B

UV-Bは、ほとんどは大気層などで吸収されているようですが、約5%くらいは地表へ到達しているようです。

UV-Bは皮膚や目に影響を与えると言われており、窓ガラスである程度はカットできるものの日焼けの原因になります。

髪の毛や肌の表面を傷付ける紫外線と言えるでしょう。

日焼けの原因になることはもちろん、皮膚がんの原因にもなると言われている点が怖いですね。

地表に届くUV-Bはわずか5%程度ですが、人体に与える影響は大きいので、外にいるときは特にUV-Bに気を付ける必要がありそうです。

UV-C

UV-Cは、オゾン層などで吸収され地表には到達しません。

そのため、UV-Cを意識する必要はなく、UV-AとUV-Bの対策を行っておけばいいと言われています。

ただ、最近はUV-Cも地上に到達するのではないかという話もあるようです。
今のところ問題はなさそうですが、これからも紫外線情報から目が離せなくなりそうですね。

ちなみに、スキンケアではUV-BをカットするSPFと、UV-AをカットするPAが用いられています。

紫外線による影響

 

実際に紫外線を浴びるとどんな影響があるのでしょうか。

悪い影響としては、日焼け・免疫機能低下・シワ・シミ・良性腫瘍・前がん症・皮膚がん・白内障などが挙げられます。

■UV-Aによる影響
UV-Aは表皮の最下層から真皮と呼ばれる組織にまで達し、メラノサイトの活動を活性化させる作用を持っているため、肌老化の進行を早めると言われています。
皮膚の色を黒くする日焼けの原因にもなっているのがUV-Aです。

■UV-Bによる影響
皮膚に対する刺激がやや強く、長い時間UV‐Bを浴びた皮膚は、軽いやけどのような症状を生じることがあります。
海水浴やバーベキューなど行った際に、顔や体が赤くなってヒリヒリするのはUV-Bによる日焼けが原因でしょう。

その一方で、ビタミンD3を作ったり、殺菌効果を発揮したりといい影響もあるようですが、浴び続けるのは危険そうです。

紫外線による影響は肌だけじゃなかった!

 

紫外線による影響と聞かれると、どうしても肌ばかりに気を取られてしまいがち。
そのため、顔や体に日焼け止めを塗るだけの対策をしていませんか?

しかし、紫外線による影響は私たちの髪にもあるようです。
毛髪は紫外線によって乾燥、強度の低下、表面の粗雑化、色素や光沢の消失などの影響を与えるそう。

UV-Aが肌の奥へと入り込むように髪の奥へも入り込み、UV-Bが肌の表面に強い刺激を与えるように髪の表面にも強い刺激を与えているんです。

髪を守るためには肌だけでなく、髪への紫外線対策も必要になってくることが分かりますね。

紫外線によって髪が日焼けするとどうなるの?

 

では髪が紫外線による影響を受けたとき、どのようになってしまうのでしょうか。

髪が紫外線によって日焼けした場合の影響について詳しく見ていきましょう。

キューティクルがはがれやすくなる

紫外線によって髪の毛のキューティクルがはがれやすくなるそうです。

キューティクルとは、髪の一番外側を覆っている膜のようなもの。
髪の毛のうるおいを守っていると言っても過言ではありません。

しかしそのキューティクルが紫外線の影響でめくれたり、はがれたりしてしまうそうです。
キューティクルがはがれることによって、髪の中のタンパク質や保湿する成分が流れ出てしまいます。

髪の水分や栄養がなくなり、元気がない髪の毛になってしまうのです。

抜け毛や枝毛ができる

強い紫外線を浴びてしまうと、髪内部のシステイン結合が壊れてしまいます。

すると、髪の毛の柔軟性がなくなってしまうんです。
それだけでなく、軽く引っ張っただけで髪の毛が切れたり、毛先に枝毛ができやすくなったりしてしまいます。

抜け毛や枝毛がひどくなると、髪にボリュームがでなくなってしまったり、ケアができていない女性に思われたりしてしまいますので、普段からしっかり紫外線対策をしていきたいですよね。

ツヤがなくなりパサつく

紫外線でキューティクルがはがれてしまうと、髪の中の水分や栄養が流れ出てしまうことをお話しましたよね。

このことが原因で髪はいつも以上に乾燥しやすくなってしまいます。
紫外線による影響で髪の乾燥が悪化すれば、パサつきの原因になってしまうんです。

夏に髪の表面だけパサパサした髪質を感じやすくなるのは、紫外線による影響が関係していることが考えられるでしょう。

ツヤがなく、パサついた髪質になると、髪もまとまりにくくなりますので、日々のヘアセットも大変になってしまいそうです。

髪や頭皮の老化現象が進む

紫外線によって肌の老化が進むように、髪や頭皮の老化現象も進んでしまうことをご存知でしたか?

肌が紫外線を受けるとシワやたるみの原因になるように、髪や頭皮も同じように老化現象が起こるなんて怖いですよね。

髪や頭皮の老化現象とは、紫外線により髪の毛の根元にある毛母細胞がダメージを受け、抜け毛や薄毛、白髪になりやすくなることを指します。

どれも実年齢よりも老けて見える原因ばかりです。
若々しさを保つためには、髪の紫外線対策が欠かせなくなってきそうですね。

髪の変色やカラーの色持ちが悪くなる

髪が紫外線による影響を受けると、髪の変色に繋がったり、ヘアカラーの色持ちが悪くなったりすると言われています。

なぜなら、紫外線には髪内部のメラニンを分解する力があるからです。
メラニンは髪の色を作る色素なのですが、そのメラニンが紫外線によって分解されてしまうと、髪の色が徐々に抜けて、赤みを帯びた色に変色してしまうそう。

また、カラーリングをしている髪の場合は、地毛よりもメラニン色素が少ないことからより紫外線の影響を受けやすい状態になるそうです。

これではおしゃれなヘアカラーも楽しめなくなってしまいますよね。
注意していきたいところです。

髪を守るために始めたい紫外線対策は?

 

紫外線による髪への影響はさまざまあることが分かりましたね。

うるおいがなくなり、パサつきや枝毛、切れ毛のある髪は女性の魅力も半減させてしまいます。
だからこそ、肌と同じように髪も紫外線から守る必要があります。

しかし紫外線から髪を守るためにはどんなことをすればいいのか分からないという方もいるでしょう。

ここでは、髪の紫外線対策に欠かせない3つのことをご紹介します。

UVケアをする

まずは、肌と同じようにUVケアをしましょう。
紫外線による髪への影響が大きいことから、最近では髪にも使える日焼け止めが出ています。

基本的にスプレータイプのものが多く、髪全体に吹きかけることで紫外線対策を行うことができますよ。

日焼け止め専用のものもあれば、ヘアセットをしながらUV対策ができるものもありますので、自分の目的に合わせて選ぶといいでしょう。

髪もこまめに塗りなおすことが必要ですので、2~3時間おきに持ち歩き用のUVカットスプレーを吹きかけるようにしてみてください。

■日焼け止めの選び方
・PA+……UV-Aの防止効果がある
・PA++……UV-A防止効果がかなりある
・PA+++……UV-A防止効果が非常にある

SPF30に関しては、つけてから10時間日光に当たっていると翌日赤みが出ることを指しています。
20分×SPF30=600分(10時間)という計算になるようです。
SPF50以上になると効果の差はあまりないとも言われています。

直射日光を避ける

紫外線を直接浴びやすい髪を守るためには、直射日光を避けることも大切になってきます。

なるべく日陰を歩くようにしたり、日傘を持ち歩いたりすることがおすすめです。

日傘であれば、遮光100%のものを選ぶようにすることで紫外線による影響の心配がかなり軽減されますよ。
最近ではおしゃれな日傘などがたくさん出ていますので、アクセサリーのひとつとして持ってみるのもいいですね。

日傘を持ち歩くのが面倒であれば、帽子をかぶることも有効です。
できるだけツバが広い女優帽などにすれば、髪を守るだけでなく顔も守ることができますし、日射病の予防にもなるので暑い季節は必需品になりそうです。

ヘアアレンジを工夫する

日々のヘアアレンジを工夫することも、紫外線から髪を守るポイントになります。

髪の毛をきゅっと結んで小さくまとめていた方が、紫外線に当たる範囲が少なくなるため紫外線対策に繋がるそうです。

特にロングヘアの方は、シニヨンやお団子などにすることがおすすめですよ。

さらに帽子や日傘を合わせれば完璧!
夏コーデに合わせて髪の毛も素敵にアレンジすれば、おしゃれを楽しみながら紫外線対策ができそうですね。

うっかり日焼けによるリカバリーケアは?

 

紫外線対策をしっかり行っていたつもりでも、海やバーベキューなどのアウトドアを楽しんでいると忘れてしまうこともありますよね。

髪もこまめにUVケアを行う必要がありますので、外出する前だけやっておけばOKというのは禁物。

もしも日中のUVケアを忘れてしまい、髪が日焼けしてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

うっかり日焼けにはリカバリーケアが何よりも大切だと言われているので、その方法を見ていきましょう。

まずは頭皮のクールダウン

日焼け後の髪は、紫外線によるダメージを受けて弾力を失い、乾燥しやすくなっている状態ですので、普段よりも丁寧にケアをしていくことが大切になります。

まずはクールダウンがポイント!
日焼け後は髪や頭皮が軽く火傷している状態だと言われていますし、熱がこもった状態になっているので冷ましてあげる必要があります。

冷やしたタオルで頭皮を覆い、頭皮の熱を下げるといいですよ。

クールダウンしてからシャンプーなどで優しくお手入れをしていってください。

丁寧にシャンプーをする

日焼け後のヘアケアでは基本のシャンプーを見直しましょう。

洗髪前にブラッシングで髪の絡まりをとりながら、頭皮の血行を促進することから始めてください。
髪が長い方は、絡みやすい毛先から梳かし、中間→根元の順に少しずつサラサラにしていくことがポイントです。

無理なブラッシングはキューティクルをはがして、乾燥を加速させる原因になるので気を付けてくださいね。

そしてぬるま湯で髪全体を十分に流して頭皮の皮脂や髪の汚れを落としてから、たっぷり泡立てたシャンプーで指の腹を使いながら優しく洗いましょう。
コンディショナーは髪の水気を軽く切り、根本は避けて毛先など傷んだ箇所を中心になじませてください。

トリートメントやヘアマスクをする際は、蒸しタオルで5分ほど髪を包むとしっとりしますよ。

乾かし方に気を付ける

シャンプーやトリートメント後に濡れたまま髪を放置するのは禁物。
きちんと乾かす必要があるのですが、その乾かし方次第で髪や頭皮への負担が変わってきます。

紫外線によるダメージを受けた後はいつもよりデリケートな状態になっていますので、まずはしっかりとタオルドライを。

ドライヤーを使う時間を短くすることで、髪へのダメージを少なくすることができます。
ごしごし拭くのではなく、髪を挟みながら水分を吸収しましょう。

ドライヤーをする際は髪から約30cmほど離し、全体にまんべんなく風を送りながら乾かしてくださいね。
ある程度乾いてきたら冷風に切り替えるといいですよ。

アウトバストリートメントで保湿する

タオルドライをした後に取り入れてほしいのが、アウトバストリートメントです。

髪を保湿するだけでなく、その後に使うドライヤーによる熱からも守ってくれます。
アウトバストリートメントを使った方がしっとりするので、ダメージヘアを労わるようになじませてみてください。

頭皮につくと毛穴を埋めてしまうので、毛先を中心になじませることがポイントです。

髪の分け目を変える

紫外線によるダメージを受けている場合、髪型にも気を付けてみてください。

いつも同じヘアスタイルだと、分け目の部分だけにダメージが集中してしまうからです。
この状態を放っておくと、抜け毛などの原因になりますから、日によって分け目を変えることがおすすめですよ。

それだけでもダメージを分散でき、頭皮を守ることができると言われています。

紫外線から髪を守るUVケアアイテム

 

ここからは紫外線対策におすすめのアイテムをご紹介させていただきます。

髪を紫外線から守るなら、UVカット効果のあるスプレーを使うことがおすすめです。
スプレータイプのものであれば、髪全体にムラなく吹きかけることができ、手が届きにくい後頭部のケアも簡単にできるというメリットがあります。

また、UVカットスプレーであれば、髪はもちろん顔や体と全身に使えるものが多いので、外出時に鞄に入れておけばこまめに全身のUVケアを行うことができてとても便利ですよ。

■スプレータイプの日焼け止めの使い方
①髪から15cm以上離してふきかけます。
②ふきかけた後は、より効果を高めるために髪全体に手ぐしでなじませましょう。
③そして外出先でも2~3時間おきの塗り直しをしてくださいね。

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUVスプレーアクアブースター

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUVスプレーアクアブースター

日焼け止めアイテムとして人気のANESSA(アネッサ)シリーズには、髪にも使えるパーフェクトUVスプレーアクアブースターというアイテムがあります。

スキンケア成分が50%も配合されているので、髪をはじめ、顔、体にも使えて、化粧直しのときにも活躍してくれます。
せっけんで落とせる優しさなのに、汗や水でUV膜が強くなるのも嬉しいポイントです。

ANESSA(アネッサ) パーフェクトUVスプレーアクアブースター / ¥1,628

AQUASAVON(アクアシャボン) スポーツ UVスプレー No.1

AQUASAVON(アクアシャボン) スポーツ UVスプレー No.1

AQUASAVON(アクアシャボン)のスポーツ UVスプレー No.1は、汗・水・皮脂に強い炎天下で動いても落ちにくい日焼け止めになっていますので、髪も強く守ってくれるアイテムです。

外で運動をする方にもぴったり!
紫外線はもちろん、より肌の奥に届いてしまうと言われている赤外線の影響からも肌を守ってくれますよ。

AQUASAVON(アクアシャボン) スポーツ UVスプレー No.1 / ¥1,320

いち髪 さらツヤつづく和草UVカットスプレー

いち髪 さらツヤつづく和草UVカットスプレー

いち髪のさらツヤつづく和草UVカットスプレーは、日本初のノンシリコン&SPF50+/PA++++のUVカットスプレーとして誕生したアイテムです。

髪と地肌を強力な紫外線から守りながら、髪色の褪色を防いでくれます。
自然なツヤのある髪もキープしてくれますので、日常的に使いやすいと好評でした!

いち髪 さらツヤつづく和草UVカットスプレー / ¥1,100

MILBON(ミルボン) エルジューダ サントリートメントセラム

MILBON(ミルボン) エルジューダ サントリートメントセラム

MILBON(ミルボン)のエルジューダ サントリートメントセラムは、洗い流さないトリートメントオイルですので、ドライヤー前や朝のセット時に使うことがおすすめのアイテムです。

毎日の頭皮と髪の紫外線対策に効果的で、うるおいやツヤのある髪を守ってくれる心強いトリートメントですよ。
上品な甘さと優しさ、そして爽やかさのあるいい香りにも癒されます。

MILBON(ミルボン) エルジューダ サントリートメントセラム / ¥2,464

KOSE(コーセー) サンカット 日やけ止め透明スプレー スーパーウォータープルーフ

KOSE(コーセー) サンカット 日やけ止め透明スプレー スーパーウォータープルーフ

KOSE(コーセー)のサンカット 日やけ止め透明スプレー スーパーウォータープルーフは、国内最高レベルのUVカット効果を発揮するアイテムで、汗・水・皮脂に抜群に強いのが魅力。

汗や水に触れると紫外線防御膜が強化されるアクアリィセンサー成分を配合しているので、暑い季節も心強いですね。
髪や頭皮にも使えて、メイク下地やメイクの上からも使える優れものです。

KOSE(コーセー) サンカット 日やけ止め透明スプレー スーパーウォータープルーフ / ¥790

Koh Gen Do(江原道) クリアUVヴェール

Koh Gen Do(江原道) クリアUVヴェール

Koh Gen Do(江原道)のクリアUVヴェールは、紫外線吸収剤不使用で国内最高 SPF基準値を実現してくれたUVケアアイテムです。
温泉水と天然ハーブのブレンドをベースにしており、紫外線によるダメージから守ってくれます。

乾燥・光老化・炎症・肌熱対策ができるエイジングケア機能が採用されているのは嬉しいですね。
ウォータープルーフ処方でUVカット効果も長持ちしますし、白浮きしないサラサラな使用感も使いやすいです。

Koh Gen Do(江原道) クリアUVヴェール / ¥2,530

MIEUFA(ミーファ) フレグランスUVスプレー

MIEUFA(ミーファ) フレグランスUVスプレー マグノリア

MIEUFA(ミーファ)のフレグランスUVスプレーは、香りとケアにこだわったUVケアミストです。
SPF50+/PA++++で、強力な紫外線から髪と肌を守ってくれます。

外部の嫌な臭いからも守ってくれますので、香りに癒されながら毎日の紫外線対策を楽しむことができるでしょう。
6種類の香りと、無香料の全7種類から選べます。

MIEUFA(ミーファ) フレグランスUVスプレー マグノリア / ¥1,002

ALBION(アルビオン) Renasair アクアグロウ UVプロテクト

ALBION(アルビオン) Renasair アクアグロウ UVプロテクト

ALBION(アルビオン)のヘアケアラインから登場したRenasair(ルネセア)のアクアグロウ UVプロテクトは、髪と頭皮の紫外線ダメージを防ぎながら、つややかな髪に整えてくれるヘアトリートメントです。

さらりとしたツヤ髪を演出したい女性にぴったりですよ。
頭皮の日やけ防止のためには、髪の分け目に十分量スプレーすると良いそうです。

ALBION(アルビオン) Renasair アクアグロウ UVプロテクト / ¥2,999

CEFINE ビューティープロ ハーブUVカットシャワー

Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) UVプロテクトスプレー100

Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ)のUVプロテクトスプレー100は、国内基準最高レベルのSPF50+/PA++++へバージョンアップして帰ってきたUVスプレーです。

最高レベルの紫外線防御力でどんなシーンでもUV-AとUV-Bを徹底ブロックしてくれます。
コラーゲン、ヒアルロン酸、セラミド配合で乾燥からも守ってくれますし、ひんやりするタイプなので汗や皮脂でベタつきがちな肌もサラサラにキープしてくれますよ。

Dr.Ci:Labo(ドクターシーラボ) UVプロテクトスプレー100 / ¥1,980

AMPLEUR(アンプルール) VCサンプロテクトスプレー

AMPLEUR(アンプルール) VCサンプロテクトスプレー

AMPLEUR(アンプルール)のVCサンプロテクトスプレーは、3種のビタミンCを配合している日焼け止めなので、日中の乾燥から守りながら透明感のある肌へ導いてくれます。

髪や頭皮まで全身をしっかりUVケアでき、べたつきや白浮きなど、日焼け止め特有の不快感を感じさせないことにこだわって作られているのが嬉しいです。

AMPLEUR(アンプルール) VCサンプロテクトスプレー / ¥2,200

紫外線による髪への影響や対策方法、おすすめアイテムをご紹介させていただきました。肌だけでなく髪の紫外線対策も重要なことが分かりましたね。美しい髪を守れるように、できる対策から取り入れて紫外線に勝ちましょう!