FASHIONJUN.24.2017

Lala /ローレンサイが着る男女両方から好かれる「媚びないモテ」ファッションテク9パターン 甘めアイテム編

男性ウケを考えると、ついついガーリーな甘めアイテムを多用したくなるもの。しかし、かわいすぎる格好は「媚びてる感じがする…」と同性に不人気なだけでなく、全身ブリブリのスタイルとなると、男性からもあざといと思われてしまうので、「ほどよいバランス」を考える必要があるようです。そこで今回は、前回に続きファッション誌などで活躍中のモデル、ローレンサイさんの撮り下ろし最新ショットから、「男女両方から好かれる『媚びないモテ』ファッションテク」をご紹介。これまでに延べ8000以上の記事を配信している恋愛指南サイト『スゴレン』『オトメスゴレン』編集長の山場康弘が、世の男性の本音について解説します。
男性ウケを考えると、ついついガーリーな甘めアイテムを多用したくなるもの。しかし、かわいすぎる格好は「媚びてる感じがする…」と同性に不人気なだけでなく、全身ブリブリのスタイルとなると、男性からもあざといと思われてしまうので、「ほどよいバランス」を考える必要があるようです。そこで今回は、前回に続きファッション誌などで活躍中のモデル、ローレンサイさんの撮り下ろし最新ショットから、「男女両方から好かれる『媚びないモテ』ファッションテク」をご紹介。これまでに延べ8000以上の記事を配信している恋愛指南サイト『スゴレン』『オトメスゴレン』編集長の山場康弘が、世の男性の本音について解説します。

PATTERN01 女らしい「ワンピース」はモノトーンでシックな色合いに

「デートのときは、やっぱりワンピースだと嬉しい。でも、あまり華やかすぎるのは『気合い入れすぎ』な感じがするかも…」(20代男性)というように、男性からのワンピ人気は絶大ですが、花柄やパステルカラーなどガーリーなテイストとなると、「攻め」の印象が否めないようです。「キレイめ」の枠に収まるよう、白や黒のものを選び、スカート丈も短すぎないか確認したほうがいいでしょう。

キャミワンピース ¥22,000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) バッグ ¥11,000、サンダル ¥32,000/ともにステラ ハリウッド 青山店 ネックレス ¥7,000/Jouete

PATTERN02 「オフショルトップス」はアースカラーで色っぽさを調整

「露出度の高いセクシーな格好って、見てる分には好きだけど、自分の彼女だったら肉食っぽくてちょっと嫌かな」(10代男性)というように、オフショルトップスなど大胆なアイテムを着るときは、「誘ってる感」を消すためにも、色気を抑える必要がありそうです。全身をナチュラルなアースカラーでまとめたり、ボトムスをパンツにするなどして、バランスをとりましょう。

オフショルダートップス ¥16,000、パンツ ¥21,000/ともにANAYI ピアス ¥12,000/Jouete スカーフ付きバッグ ¥16,800/ル・ベルニ(キャセリーニ) サンダル ¥9,990/ZARA(ZARA JAPAN)

PATTERN03 光沢のある「サテンガウン」は無地T×デニムでラフに着る

「光る素材はそれ自体が派手なので、うまく着こなしてくれないと『目立ちすぎ!』と引いてしまう…」(20代男性)というように、ロング丈のガウンは今季の流行アイテムですが、ドレッシーな印象のものは、上手にカジュアルダウンする必要がありそうです。サテン地のガウンなら、無地Tやデニムのボトムと組み合わせると、ほどよくおしゃれなデートスタイルにまとまるのではないでしょうか。

花刺繍入りサテンガウン ¥46,000/ダブルスタンダードクロージング(フィルム) VネックTシャツ ¥6,000、サングラス ¥4,500/ともにTONAL デニムパンツ ¥6,490/ZARA(ZARA JAPAN) フラットシューズ ¥11,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

PATTERN04 ガーリーの象徴「フリル」は黒を選んでクールに取り入れる

「フリルがいっぱいついた服は、さすがに…」(20代男性)というように、残念ながら、男性でさえ敬遠する甘めアイテムも存在するようです。フリル付きのノースリトップスは、肌見せもあり、女っぽさが強いので、あえて黒などシックな色合いを選び、カッコよく着こなす方向性を探りましょう。

フリルノースリニットトップス ¥2,499、ミュール ¥2,499/ともにH&M(H&M カスタマーサービス) サテンスカート ¥8,900/ROYAL PARTY バッグ ¥6,000/TONAL

PATTERN05 レディな「フレアスカート」はアニマル柄でスパイスを投入

「お嬢さんっぽいコーディネートは上品で好きです」(20代男性)というように、ふんわりしたフレアスカートなどレディなテイストは、やはり男性人気が高いようです。しかし面白みのないコーデになる可能性も高いので、パイソン柄のパンプスなど、さりげなく辛口アイテムを取り入れて、「上品なだけじゃない」ハンサムな仕上がりを目指しましょう。

バックテールスカート ¥21,000/ジャスグリッティー Vネックブラウス ¥16,000/Sov.(フィルム) バッグ ¥19,000、パイソンサンダル ¥14,000/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

PATTERN06「ウエストマーク」をするならクラッシュデニムで着崩して

「体のラインを強調されるとドキッとします(笑)」(20代男性)というように、くびれや胸元のラインなど「女らしい体つき」を強調するウエストマークは、男性の視線を釘付けにする効果がありそうです。とはいえ、スカートと合わせるとセクシーになりすぎてしまうので、あえてボトムスにハードなクラッシュデニムを合わせるなどして、あざとさを払拭したいところです。

ウエストベルト付きブラウス ¥14,000/ジャスグリッティー デニムパンツ ¥33,000/DIESEL(DIESEL JAPAN) サングラス ¥25,000/BYMITY バッグ ¥13,800/コントロールフリーク(キャセリーニ) サンダル ¥5,990/ZARA(ZARA JAPAN)

PATTERN07 清楚な印象の「白×白コーデ」はポイントで黒を効かせる

「せっかく夏なんだから、女子には白い服を着てほしい」(10代男性)というように、爽やかな白×白コーデは、夏の王道モテスタイルといえそうです。バッグやサンダル、スカートの柄などで黒を差し色にすると、爽やかさはキープしつつ、「大人の女の落ち着き」も演出できるのではないでしょうか。

Vネックブラウス ¥12,000/The Virgnia(The Virgnia アトレ恵比寿店) 花柄スカート ¥28,000/マイストラーダ バッグ ¥14,000、サンダル ¥13,500/ともにダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

PATTERN08「ピンク」を取り入れるならマニッシュなパンツスタイルに

「ピンクってかわいい色だけど、ぶりっ子の象徴でもある(苦笑)」(20代男性)というように、甘めカラーの代表格である「ピンク」は、着こなしに注意が必要な色かもしれません。スカートやワンピースでピンクを取り入れると、「男ウケを狙いすぎ」に見えてしまうおそれがあるので、オールインワンやパンツなど、マニッシュなアイテムをチョイスするのがよさそうです。

オールインワン ¥39,000/グレースクラス(グレースコンチネンタル ショールーム) ネックレス ¥6,000、バングル ¥10,000/ともにJouete サンダル ¥15,000/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)

PATTERN09「オールブラック」にするなら色気のある透けトップスを

「花柄のワンピで合コンに来られたら、若干やり過ぎな気がします(苦笑)」(20代男性)というように、ガーリーな花柄アイテムを大人がキレイに着こなすには、いささか工夫が必要かもしれません。黒などクールな地色のものや、ワイドパンツなど女っぽすぎないデザインのアイテムを選べば、「甘すぎ感」を打ち消せるのではないでしょうか。

花柄ワイドパンツ ¥49,000/AULA(DraSTic) ノースリニットトップス ¥11,000/The Virgnia(The Virgnia アトレ恵比寿店) ネックレス ¥9,000/Jouete バッグ ¥5,900/キャセリーニ サンダル ¥13,500/ダイアナ(ダイアナ 銀座本店)


かわいらしい甘めアイテムを「モテ」の範疇に収め、「媚びないモテファッション」を完成させるには、相当なバランス感覚が必要だといえそうです。スパイスの効いたアイテムと組み合わせたり、マニッシュなフォルムを選ぶなどして、甘さ控えめのコーデを目指していきましょう。(『スゴレン』『オトメスゴレン』編集長/山場康弘)

PROFILE

山場康弘

1978年、千葉県生まれ。東京理科大学理工学部卒業。衆議院議員秘書、株式会社リクルート、ヤフー株式会社を経て、スゴレン株式会社を設立。恋愛指南サイト『スゴレン』『オトメスゴレン』にて、延べ8000記事以上の恋愛コラムをデイリー配信中。

Model:Lala/Lauren Tsai
Commentator:Yasuhiro Yamaba(Sugoren,inc)
Photographer:Kenichi Mui
Stylist:Asana Hosokawa
Hair:EIJI KADOTA(SIGNO)
Make-up:Chifumi(SIGNO)
Writer:Shiho Otaka
Editor:Sayaka Seko
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。