BEAUTYMAY.07.2019

美人に見える眉毛の間隔とは?美人眉に見せるアイブロウの描き方

眉毛の間隔はどれくらいの幅が美人に見えるのか知っていますか?自分に似合う眉毛の形や、モテる眉毛の形について知っておきたいものですよね。美人に見える眉毛の間隔やアイブロウの描き方についてご紹介します。
眉毛の間隔はどれくらいの幅が美人に見えるのか知っていますか?自分に似合う眉毛の形や、モテる眉毛の形について知っておきたいものですよね。美人に見える眉毛の間隔やアイブロウの描き方についてご紹介します。

美人に見える眉毛の間隔とは?

顔半分が映っている人
眉毛の形は顔の印象を大きく左右します。どれくらいの眉毛の間隔が美人に見えるのでしょうか?美人眉といわれるアイブロウは、目と眉毛の間隔が狭い人が多いです。

目と眉毛の間隔が狭いと、外国人のような彫りの深い印象になります。そのため美人に見える人が多いといわれています。目と眉毛の間隔が広いと、彫りの深さを演出することはできませんが、親しみやすさや優しい印象を与えることができます。

美人眉に限定せずに、どちらも長所があるので、自分の眉毛の雰囲気に合ったアイブロウメイクを楽しむ方法もおすすめです。

また、眉毛と眉毛の間隔も印象チェンジに大きくかかわっています。眉毛と眉毛の間隔が狭いと、彫りが深く大人っぽい印象に仕上がります。反対に眉毛と眉毛の間隔が広いと、幼い印象に仕上がります。

なりたい印象によって眉頭の位置を変えるだけでも、雰囲気を変えることができますよ。

基本の眉毛の整え方

眉毛を整えるための道具
美人な眉毛を作るための、眉毛の整え方についてご紹介します。

■眉毛を下書きした状態で整える
眉毛を整える時は、アイブロウペンシルで眉毛を描いてからカットした方が上手に仕上がります。何も描いていない状態で眉毛を整えると、失敗する確率が高くなるので、ある程度形を取ってからカットしていくようにしましょう。

■眉毛の黄金バランスに沿って描く
眉毛を整える時は、眉毛の黄金バランスに沿って描いていきましょう。眉毛の黄金バランスは、眉頭が小鼻のまっすぐ上、眉山が黒目の外側から目尻の間、眉尻が唇から目尻を通った延長線上になります。

この黄金バランスに従って、眉毛を描いていくようにしましょう。

■はみ出ている部分をカットする
眉毛の黄金バランスに従って描いたら、描いた眉毛からはみ出ている部分をカットしていきます。不要な部分の毛については、毛抜きで抜いてもいいですが、万が一生えてこなくなってしまう可能性もあるので、なるべくハサミかシェーバーを使うようにしましょう。

眉毛の間隔を変える方法【1】大人っぽく仕上げる

しっかり眉毛を描いている人
眉毛の間隔を変えることで、自然な印象チェンジを行うことができます。眉毛の間隔は、メイクで変えていくことが可能なので、大人っぽい雰囲気の眉毛に仕上げる場合の、アイブロウの描き方についてご紹介します。

■眉下に色を乗せる
眉毛の間隔を変えるためには、眉下に影を作る必要があります。アイブロウパウダーを使って、眉下に自然な影を入れていきましょう。ノーズシャドウに使うような、淡いブラウンがおすすめです。

眉の下にふんわり乗せることで、眉下の間隔を狭く見せることができます。

■眉頭を少し描き足す
大人っぽい雰囲気の眉毛に仕上げるためには、眉毛と眉毛の間隔を狭くする必要があります。そのためには、眉頭に少しだけ毛を描き足していきましょう。眉毛の毛を描き足す時は、アイブロウパウダーのようにふんわりと色が乗るものよりは、1本1本描き足せるようなリキッドタイプや細いペンシルタイプがおすすめです。

あまり内側に描きすぎると不自然になってしまうので、毛を2本程度描き足すイメージで仕上げていきましょう。

眉毛の間隔を変える方法【2】若々しく仕上げる

眉毛をブラシで整えている人
眉毛の間隔を変えて、若々しく優しい印象の眉毛に仕上げる方法についてご紹介します。

■眉頭の上部分に色を乗せる
目と眉毛の間隔を広く見せることで、優しい印象に仕上げることができます。そのためには、眉頭の上部分を中心に色を乗せて、眉頭の位置を高く見せていきましょう。眉頭の下部分にはあまり色を乗せずに、上の部分を強調させることで眉頭を高く見せることができますよ。

優しい印象の眉毛を作る場合は、あまり角度のない並行眉やアーチ型がおすすめです。

■眉頭をコンシーラーで隠す
若々しい印象の眉毛に仕上げるためには、眉毛と眉毛の間隔を広く見せる方法がおすすめです。眉毛と眉毛の間隔が狭いという人は、コンシーラーを使って、少しだけ眉頭を隠すようにすると、間隔を狭く見せることができます。

毛を2本程度隠すようなイメージで隠すと、自然に狭く見せることができます。また、若々しい印象の眉毛に仕上げるためには、眉毛の長さは短めに仕上げる方法もおすすめです。

あまりに短くなりすぎるのは不自然なので、いつも描く眉毛よりもほんの少しだけ短く描いてみたり、眉毛を整える時に眉尻を口角と目尻の延長ではなく、小鼻と目尻の延長で描いてみたりすると、自然な仕上がりになるのでおすすめです。
眉毛の間隔についてご紹介しました。美人といわれている眉毛の間隔は狭いようですが、間隔が広くても人気があります。眉毛の間隔を変えることで印象チェンジが叶うので、ぜひ眉毛の間隔を操るメイクを試してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック