BEAUTY
OCT.06.2020

冬のスキンケアはいつもより保湿重視!ケア方法や順番、おすすめは?

冬のスキンケアはいつもより保湿重視!ケア方法や順番、おすすめは? 冬のスキンケアはいつもより保湿重視!ケア方法や順番、おすすめは?

夏や秋が終われば、すぐに冬がやってきますよね。その冬といえば、いつも以上に肌の乾燥が気になるという方が多いのではないでしょうか。冬は冬に合ったスキンケアが必要になるため、今回はケア方法やおすすめアイテムについてご紹介します。

【目次】

冬のスキンケアにお肌は満足してる?

 

毎年やってくる冬は、寒くて嫌だという方も多いでしょう。
何よりも、いつも以上にお肌の乾燥を感じる女性が多くいるようです。

乾燥の悪化など感じる場合、もしかすると今のスキンケア方法が合っていないのかもしれません。

一年通して同じスキンケア方法を取り入れている方も多いでしょうが、冬には冬に合ったスキンケア方法があるんですよ。

そこで今回は、冬に取り入れたいスキンケア方法やワンポイントテク、おすすめアイテムをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

冬ならではの肌悩み

 

冬といえば、「乾燥する」というのが多くの方のお悩み。

ですが、実は冬に現れる肌トラブルはお肌の乾燥だけではないんです。
乾燥している間に、お肌の内側ではさまざまなトラブルに繋がっているかも!

冬になると毎年肌トラブルが繰り返されるという方も少なくありません。

ケア方法を見ていく前に、まずは冬ならではのお悩みとしてどんなことが挙げられるのか見ていきましょう。

乾燥する

冬のお悩みで一番多い乾燥は、肌の内側の水分量や皮脂が少ないことで感じやすくなるようです。

冬になると「カサカサする」「しっとり感がない」「化粧のりが悪い」といったことを感じやすいのであれば、乾燥しているかもしれません。

かゆみが気になる

かゆみが気になるという方も多くいます。

これは乾燥の悪化が関係しているかもしれません。
乾燥しているお肌は砂漠のようなもの。
その状態が続いたり悪化したりすれば、ひび割れてかゆみを感じてしまうのです。

皮がむけたようになることもあれば、粉吹きも原因になってしまうこともあるでしょう。

いつも以上に敏感になる

冬は敏感肌になりやすいというお悩みも挙げられます。

冬になると、洗顔をした後や化粧品をつけたときなどに、チクチクしたりヒリヒリしたり……ちょっとした刺激を感じたことがあるという方もいるのではないでしょうか。

それは肌が敏感になっている状態だと言えるでしょう。

今まで使っていたアイテムにも関わらず、ちょっとした刺激でも感じるようであれば、注意が必要です。
刺激を感じるスキンケアは一度おやすみすることがおすすめ。

ニキビや吹き出物ができる

冬にニキビや吹き出物に悩まされる女性も少なくありません。

ニキビの原因には、過剰な皮脂分泌であることが挙げられるので、冬とニキビは無縁のイメージがありますよね。

しかし、乾燥による影響で肌にうるおいを与えなければならないという指令から冬でも皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあるので、ニキビができてしまうんです。
夏とは違って、頬や口の周りといった乾燥しやすいUゾーンにできやすいのが特徴。

また、冬は風邪対策から長時間マスクをつけることが増えるかと思います。
そのマスクによってニキビができやすくなる可能性もあるんですよ。

肌の透明感がない

冬になると、肌の透明度がなくなり、顔色が悪くなったように感じるという女性もたくさんいるようですね。

冬は寒さから体の血行が悪くなりがちです。
そうすると肌にいい栄養を送ることができず、さまざまな肌トラブルを招く他、生き生きした血が廻らずにくすんでしまうようですよ。

元気がないと思われるのは嫌ですし、何となくメイクの仕上がりにも満足できないという女性が多くいます。

冬の肌トラブルの原因は?

 

なぜ冬になるとさまざまな肌トラブルを招くのでしょうか。
冬の肌トラブルの原因について見ていきましょう。

原因が分かれば、どのような対策を取り入れればいいのか、どのようなことに気を付ければいいのか見えてくるので、正しいケア方法を取り入れていくことができますよ。

空気の乾燥

冬はやはり空気の乾燥が気になります。
加湿器をつけないと、喉が痛くなってしまうという方もいるのではないでしょうか。

空気の乾燥は喉だけでなく、肌にも悪影響を与えており、乾燥肌を招く原因になります。

寒い外の空気もそうですが、室内にいるときは暖房を使用しますよね。
この暖房によっても空気は乾燥しますので、皮膚中にある水分を奪って肌の乾燥を悪化させてしまいます。

紫外線によるダメージの蓄積

紫外線対策をするのは、春から夏にかけてだと思っていませんか?
実はその考えはお肌にとってとっても危険!

冬になっても紫外線は常に降り注いでいます。
夏と比べれば紫外線量は少なくなりますが、小さなダメージも蓄積されれば大きなダメージとなりますよね。

紫外線によって乾燥しやすくなることはもちろん、シワやシミ、くすみなど肌の老化を招くことにもなるので、冬になっても紫外線対策は必要不可欠だといえるでしょう。

食生活の乱れ

食生活は乱れていませんか?
冬はクリスマスやお正月、バレンタインなど、楽しいイベントがたくさんありますよね。

忘年会や新年会などで美味しい料理に囲まれることも増えるでしょう。

そのため、ついつい好きな物を好きなだけ食べてしまう……という方もいるのではないでしょうか。

食生活が乱れると、肌に必要な栄養を摂取できるだけでなく、ニキビや吹き出物、むくみ、たるみの原因になることがあります。

生活リズムの不規則さ

食生活の乱れでも挙げたように、冬はいろいろなイベントがぎゅっと詰まっていますよね。

そのため、つい就寝時間が遅くなったり、今まで通りの時間に起きれなかったりと生活リズムが乱れてしまう方も多いのではないでしょうか。

生活リズムが不規則になるとイライラしやすくなり、肌にもよくないので、しっかり睡眠をとって体を休ませることはお肌にとってもすごく大切なことになるでしょう。

冬のスキンケアのポイント

 

冬になるとさまざまな肌トラブルが気になるのですが、「どのようにケアをしていけばいいのか」という部分が一番知りたいですよね。

ここからは、冬に取り入れたいケア方法やスキンケアのポイントについてご紹介していきます。

今までのスキンケア方法で冬になると刺激を感じたり、乾燥の悪化を感じたりするのであれば、今こそ冬のケア方法を見直しておくべきです。

正しくケアして、冬にも負けないお肌を作っていくためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。

ぬるま湯で優しく洗顔

まずは毎日の洗顔で、必要な皮脂を洗い流さないことが大切です。

冬は寒いからといってつい熱めのお湯で洗顔をしている方も多いのではないでしょうか。
しかしそれだとお肌のうるおいを保つための皮脂まで流してしまうことになるので、乾燥しやすくなってしまいます。

洗顔をするときは、できるだけ35℃前後のぬるま湯にして、たっぷり泡立てた洗顔料で優しく洗うようにしてみてください。

メイクを落とすときもぬるま湯をキープしたまま、肌に優しいメイク落としやホットタイプの洗顔料を使うことがおすすめです。
敏感なときはできるだけ肌の負担を避けたいので、石鹸で落とせるようなメイクに切り替えることもおすすめですよ。

とにかく保湿

冬のスキンケアではとにかく保湿を重視しましょう。

おすすめは、保湿成分がしっかり配合された化粧水や、しっとりタイプの乳液・クリームに切り替えることです。
化粧水の前に使う導入美容液で肌の通り道を作ってから保湿する方法もおすすめ!

敏感なときは敏感肌専用のスキンケアアイテムを使うようにしましょう。

また、お肌のうるおいを補給するために欠かせないスキンケアですが、何度も手で触れることがかえってお肌に負担を与えている可能性があるため、ケアをシンプルにするという方法も人気です。

保湿力に優れた化粧水とクリームだけで仕上げる方が自分の肌に合っている……という方もいるので、自分のお肌と相談しながら決めてみてください。

紫外線対策も徹底する

冬も紫外線は降り注いでいるので、必ず紫外線対策をする必要があります。
UVカット効果のある乳液や化粧下地、ファンデーションを使えばOKです。

また、日焼け止めにもいろいろなものがありますよね。

数字の高いもので紫外線対策をする方もいるかと思いますが、UVカット効果の高いものはお肌への負担も高くなるということ。

ですので、冬の日常生活くらいであればSPF30/PA+++前後のもので大丈夫ですよ!
ただし、スキーやスノボーなどで雪山に行く場合は、雪が反射板となって紫外線を強く浴びてしまうので最高レベルの日焼け止めを使って対策をするようにしましょう。

化粧水ミストを持ち歩く

冬は外の寒い空気だけでなく、暖房によって乾燥しやすくなるので、外にいても室内にいても油断大敵!

そのため、どこでも保湿ケアができるように化粧水ミストは持ち歩くことがおすすめですよ。
気になったときにシュッと吹きかけて保湿してあげましょう。

ただし、化粧水だけだとその水分が蒸発するときに、肌のうるおいも奪ってしまう可能性があるので、理想的なのはうるおいを与えてのがさないようにフタをすることです。

そのため化粧水とオイルの2層タイプになっているミストであれば、冬も上手に保湿ケアすることができますよ。

食生活を見直す

冬のスキンケアを見直すなら、食生活の見直しも大切です。

脂っこいものばかり食べるのは控え、栄養バランスのいい食生活をベースに、美肌にいいビタミン類などを積極的に取り入れていくことがおすすめ!

また、冷えたものばかり食べていると、体の内側から血行を悪くして、くすみやむくみの原因になることもあるので、温かい飲み物や食べ物を積極的に摂るのもいいですね。

白湯はもちろん、生姜湯やハーブティーなどホットな飲み物は、リラックス効果にも優れています。

良質な睡眠を取る

就寝中に分泌される成長ホルモンは、美肌にも嬉しいホルモンだといわれています。
しかししっかりと睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌量は少なくなってしまうそう。

就寝する1時間前からスマホやパソコンの使用を控え、ストレッチなどでリラックスタイムを作ることが、良質な睡眠へと繋がるといわれており、多くの女性が意識しているそうですよ。

冬は40度前後の湯船に浸かることでもリラックスできるといわれているので、湯船に浸かって血行を良くしながら眠りやすい状態へと導くのもおすすめです。

冬のスキンケアのワンポイントテク

 

冬は冬に合ったスキンケア方法を取り入れていくことが大切です。
そのため、夏に使っていたさっぱりタイプの化粧水や乳液を、こっくりタイプのものに変える女性が多くいます。

それで保湿対策を徹底するのもいいのですが、さらに寒い冬に負けない肌を作るためには、時々スペシャルなケアをするのもおすすめですよ。

毎日するのは大変だと思うので、「いつもより乾燥を感じる」「一週間仕事を頑張ったから肌を労わりたい」というときなどにおすすめのワンポイントテクニックをご紹介していきますね。

ホットタオルを使う

おすすめなのは、ホットタオルを使うことです。

肌は温めることで毛穴が開くので、スキンケア前に取り入れることで化粧水などの浸透力をアップすることが期待できるんですよ。

基本的に手のひらで軽く温めてから浸透させる……という方が多いかと思いますが、冬は手のひら自体がそんなに温かくないときもありますよね。

ホットタオルは、絞ったタオルを電子レンジで30秒ほど温めることで作ることができるので、ぜひ試してみてください。
浸透力が良くなるだけでなく、ホットタオルによってリラックス効果も上がりますよ。

フェイスオイルをプラスする

いつも以上に乾燥が気になるときは、化粧水にフェイスオイルを垂らして使うのもおすすめのテクニックです。

500円玉くらいの化粧水に1滴ほど垂らすだけでOKです。
さっぱりしていた化粧水も、しっとり使うことができるでしょう。

ホホバオイルやオリーブオイルなど、種類によって特徴が異なってくるので自分に合うものを見つけてみてください。

冬は化粧水ではなく、ファンデーションにオイルをプラスして使う方もいます。

フェイスパックで集中ケアする

週に1~2回は、フェイスパックで集中ケアするのもおすすめです。

フェイスパックには、保湿や美容成分がぎゅっと染み込んでいるので、短時間でお肌にうるおいを与えてくれる優れものなんですよ。

デイリー使いできるフェイスパックを使うのもいいですが、少しお高めのフェイスパックをスペシャルケアとして取り入れるのが特におすすめです。

ただし、フェイスパックは長時間置けばいいというものではありません。
シートが乾いてきてしまうと、かえってお肌のうるおいを吸収してしまうので、使用方法を守って取り入れるようにしてくださいね。

また、フェイスパックをしたままお風呂に入ったり、ドライヤーを使用したりすることも乾燥を加速させることになるので気を付けましょう。

冬のスキンケアアイテムの選び方は?

 

冬は冬の肌トラブルに備えて、スキンケアアイテムを変える女性もいます。

しかし今まで気にしてこなかった女性にとっては、冬用のケアアイテムとしてどんなものを選べばいいのか分からないという方もいるのではないでしょうか。

冬のさまざまな環境からお肌を守るために、スキンケアアイテムの選び方についてご紹介していきますね。

導入美容液をプラスする

化粧水の浸透力を上げたい方は、導入美容液や導入化粧水、ブースターを取り入れることがおすすめです。

導入美容液やブースターといったアイテムは、洗顔後のまっさらなお肌に使うアイテムのこと!
化粧水の前に使って、その後に使うスキンケアアイテムの通り道を良くしてくれます。

導入美容液を使うだけで、びっくりするほど乾燥が気にならなくなったという方も多くいるほど。
手に取りやすい価格のものもあるので、チェックしてみてくださいね。

保湿重視の化粧水を選ぶ

冬のスキンケアでは保湿を重視したいところ!

保湿成分には、水分をサンドして挟み込んで水分の蒸発を防ぐ効果があります。

セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、スクワランなどが保湿力の高い成分として有名ですので、化粧水やクリームを選ぶときはぜひ成分に注目してみてくださいね。

また、寝ている間にケアできるスリーピングパックやスリーピングマスクを活用するのもおすすめです。

こっくりしたクリームを取り入れる

こっくりしたテクスチャーのスキンケアアイテムは、使用した後のべたつきが気になるという方が多くいます。

そのため、夏はさっぱりしたものを好むかもしれませんが、冬の乾燥からお肌を守るなら油分できちんとうるおいに蓋をできるこっくりしたクリームを取り入れることがおすすめです。

こっくりしている方が、しっとり感を長く感じることができますよ。

テカリや皮脂が気になる……という方は、せめて乾燥しやすい頬などのUゾーンだけでもこっくりクリームで保湿することがおすすめです。

ポイント用クリームも導入する

乾燥が気になる方は、クリームでしっかり保湿したいと考えているでしょう。
ですので、乾燥が気になる部分は重ね塗りをしてケアするのもおすすめの方法です。

クリームの重ね塗りもいいのですが、さらにおすすめしたいのがポイント用クリームを併用すること!

アイクリームやほうれい線用クリームなど、専用のクリームにはそのお悩みを予防・改善するための成分がしっかり含まれているので、重ね塗りをするよりも高い効果を期待できるかもしれません。

特に年齢を重ねるほど目元や口元のシワは気になりますよね。
専用のクリームでケアを徹底していきましょう。

【プチプラ編】冬のスキンケアにおすすめのアイテム

 

最後に、冬のスキンケアでおすすめのアイテムをプチプラとデパコスに分けてご紹介していきますよ!
まずは、プチプライスで手にとることができるおすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

冬のたびにコスメを変えるのは金銭的にも難しい……という方もいるのではないでしょうか。

ですが、気軽に購入できるスキンケアアイテムであれば、買い替えやすいですしケアするときも惜しみなく使えますよね。

プチプラにも保湿に優れて冬の肌に負けないアイテムがたくさんあります。

多くの女性が冬に愛用しているアイテムを見ていきましょう。

無印良品(むじるしりょうひん) 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ

無印良品 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ

プチプラでありながら、高い実力を発揮してくれるスキンケアアイテムとして人気なのが無印良品(むじるしりょうひん)です。

無印良品にもたくさんの種類があるのですが、冬のスキンケアにおすすめしたいのが「化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ」です。
岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズで、乾燥が気になる敏感肌にみずみずしいうるおいを与えてくれるんですよ。

デリケートな肌にもやさしい低刺激性なのは嬉しいですね!
「さっぱり」「しっとり」「高保湿」の3種類があるので、夏はさっぱり、乾燥が特に気になる冬は高保湿……というように使い分けるのもおすすめです。

無印良品(むじるしりょうひん) 化粧水・敏感肌用・しっとりタイプ 200ml / ¥580

無印良品(むじるしりょうひん) 導入化粧液

無印良品(むじるしりょうひん) 導入化粧液

無印良品(むじるしりょうひん)の「導入化粧液」も、化粧水の浸透力が良くなると定評のあるアイテムです。

こちらも岩手県釜石の天然水を使用したスキンケアシリーズで、化粧水の前に使用して美肌成分が浸透しやすい肌へと整えてくれるプレ化粧水になります。
冬の翌朝もしっとり感を得ることができるでしょう。

無印良品の化粧水とライン使いをすれば、高い効果を発揮できそうです。

無印良品(むじるしりょうひん) 導入化粧液 200ml / ¥1,290

肌ラボ 極潤プレミアムヒアルロンクリーム

肌ラボ 極潤プレミアムヒアルロンクリーム

肌ラボの「極潤プレミアムヒアルロンクリーム」は、美容液級のうるおいを追求したスキンケアクリームです。

保湿効果に優れたうるおい成分であるヒアルロン酸と、濃い使用感にこだわっていることが特徴で、長時間うるおいを密封してくれます。
角質層のうるおいを閉じ込めてくれるので、使うたびにしっとりした肌へと導いてくれるでしょう。

同じシリーズに化粧水や乳液もあり、プチプラで手に取ることができます。

【デパコス編】冬のスキンケアにおすすめのアイテム

 

続いてデパコスの中から、冬のスキンケアにおすすめのアイテムをいくつかご紹介していきますね。

デパコスはお値段がいい分、保湿力に優れた成分がぎゅっと使用されていることが多いんですよ。

何か一点でもデパコスのいいスキンケアアイテムに変えれば、翌朝の肌も変わると言われているほど!
年齢にあったケアをしたい方や、乾燥対策を徹底したい方はぜひチェックしてみてください。

IPSA(イプサ) ザ・タイムR アクア

IPSA(イプサ) ザ・タイムR アクア

IPSA(イプサ)の「ザ・タイムR アクア」は、うるおい成分を抱えた水の層を肌表面につくり、キメを整えながらぷるぷると水をまとったような感触を持続させてくれる薬用化粧水です。

SNSでも人気が高く、うるおった肌が続くという声が多く届けられています。

乾燥状態に応じて水分を与えるとともに逃さないようにするだけでもすごいのに、うるおいバランスの整ったテカリにくい肌に導いてくれる優れもの。
さらに、有効成分が肌荒れや大人の肌のニキビを予防もしてくれます。

IPSA(イプサ) ザ・タイムR アクア / ¥4,400

est(エスト) ザ ローション

est(エスト) ザ ローション

est(エスト)の「ザ ローション」は、過酷な乾燥環境でもうるおいが続く化粧水として注目されているため、冬になると愛用する女性がたくさんいるようです。

角層細胞のケラチン線維に、水分を閉じ込めるように抱え込ませ、肌の奥までうるおいで満たしてくれるので、明るくハリのある肌を叶えてくれます。

洗顔だけでなく、マッサージをした後に使うことで、より浸透しやすくなるそうですよ。

est(エスト) ザ ローション / ¥6,600

ONE BY KOSÉ(ワンバイコーセー) 薬用保湿美容液

ONE BY KOSÉ(ワンバイコーセー) 薬用保湿美容液

年齢を重ねると、美容液に投資をする女性が多くいます。
美容液にはお肌に嬉しい成分がぎゅっと詰まっているので、「その美容液はいいものを」という考えを持つ女性が多いようですね。

そこでおすすめしたいのが、ONE BY KOSÉ(ワンバイコーセー)の「薬用保湿美容液」です。
日本で唯一、肌の水分保持能を改善できる有効成分ライスパワー®No.11を配合していることが特徴で、肌自らの水分を保つ力を改善してくれます。

キメをふっくらと整えてくれるので、冬の化粧のりや化粧持ちも高めてくれるでしょう。

ONE BY KOSÉ(ワンバイコーセー) 薬用保湿美容液 / ¥5,500

冬のスキンケア方法やおすすめアイテムについてご紹介させていただきました。冬という環境によってさまざまな肌トラブルが起こるので、前もって対策を確認しておくことがおすすめです。冬に向けたスキンケア方法にシフトして、冬に負けない肌を作っていきましょう。