FASHIONJAN.11.2019

スラックスのおすすめ収納方法!たたみ方やシワがついたときの対処法

きちんとしたシーンで欠かせないスラックスですが、収納方法に困ることはありませんか?できるだけシワのないキレイな状態を維持したいものです。そこで今回は、スラックスを収納するときのおすすめ方法をいくつかご紹介します。
きちんとしたシーンで欠かせないスラックスですが、収納方法に困ることはありませんか?できるだけシワのないキレイな状態を維持したいものです。そこで今回は、スラックスを収納するときのおすすめ方法をいくつかご紹介します。

スラックスの収納方法に困ってない?

スーツ姿の女性
ジーンズなどのズボンはシンプルにたたんで収納できるものの、意外と困ってしまうのが「スラックスの収納方法」。

ビジネスシーンなどでも使えるきちんとしたズボンなだけあって、できるだけシワをつけたくないですよね。

普通にたたんでしまっていいのか、真ん中で折ってハンガーに吊るしていいのか……キレイに収納するためには、何が一番いいのか悩む方も多いのではないでしょうか。

今回は、スラックスの収納にお悩みを持つ女性のために、おすすめの収納方法やシワがついてしまったときの対処法をご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

スラックスの収納方法【1】スラックス用のハンガーにかける

スラックスとハンガー
スラックスを収納するときに役立ってくれるのが、ズボン用のハンガーです。

普通のハンガーではなく、ズボン用にできているので、シワになりにくいのが特徴です。
そしてトップスやワンピースと同じようにクローゼットの中に収納することができ、見た目もすっきりまとまってキレイですよ。

このズボン用ハンガーには、洗濯ばさみのような挟むものが付いているタイプと、そうでないタイプの2種類あります。

挟むものであれば、ズボンを折り目に沿うように半分に折ってウエスト部分を挟みましょう。

そうでないタイプは、同じように折り目に沿うように半分に折ったら、スラックスをハンガーにかけるように収納してみてください。
ただかけるだけだと、バランスの悪さによって落ちてしまうこともあるので気を付けてくださいね。

スラックスの収納方法【2】スラックス用のハンガーラックを使う

洗濯物とハンガーラック
最近ではスラックス用のハンガーラックという便利な家具があります。

つっぱり棒のようなものが何本もセットされていて、折り目に沿うように半分に折ったスラックスをさらに半分に折るようにかけて収納することができるタイプです。

一つ一つになったハンガーよりもかさばらないので、見た目のすっきりさも変わってきます。

このハンガーラックなら低くできているのも特徴ですので、クローゼットの中ならトップスの下に置いて収納することができますよ。上下できちんと分けることができるので、見た目も整頓されていてキレイです。

中にはキャスターがついているタイプもあるので出し入れもしやすく、スラックスが多い方におすすめ。

スラックスの収納方法【3】2枚板のハンガーで裾を挟んで吊るす

折ったスラックス
「少しのシワも気になる」という方であれば、2枚の板がついたようなハンガーを選んでみてください。そして2枚板のハンガーで挟むのは、ウエスト部分ではなく裾の方です。

裾をしっかり挟んで吊るすようにすることで、スラックスの重さが下に行くので、しっかり固定しながら小さなシワを伸ばすことができます。

裾を挟むことに慣れていないと、キレイに挟むまで少し時間が必要かもしれませんが、シワのないスラックスを維持するためには、このひと手間が欠かせません。スラックスを着こなして素敵に見せるためにも丁寧にかけてみてくださいね。

あとはいつも通り、クローゼットの中にかけて収納しておくだけ!
見た目がキレイになるよう、ズボン用の中でもスラックスはスラックスでまとめておきましょう。

スラックスの収納方法【4】キレイにたたんで収納する

たたんだ洗濯物
スラックスはたたみ方に気を付ければ、たたんで収納することもできます。

■スラックスのたたみ方
①まずはスラックスを折り目に沿うように半分に折って床に置きます。このときチャック部分は内側に折り込んでおきましょう。

②次にシワにならないように形を整えてください。ピンと生地は伸ばし、折り目を真っ直ぐにすることがポイントです。

③最後に裾側とウエスト側から中央に折れば完成です。

ただし、スラックスの場合は長時間たたんだままにしておいたり、上に重ねた服の重みによって簡単にシワがついてしまいます。
ですので、なるべく服の一番上に収納するなど工夫していくことがポイントです。

もしもシワが気になったときは?

アイロンをかける女性
もしもスラックスにシワがついてしまったときは「アイロンがけ」で対処してみましょう。

いきなり高温でアイロンがけをしてしまうと、テカリが出てしまう可能性があると言われているので、低温から徐々に温度を上げながらシワを伸ばしていくことがポイントですよ。

また、スチーム機能も活用していきましょう。

シワになりやすい膝周りは、生地を軽く引っ張りながらアイロンがけをしていきます。それでもシワが取れなければ、一度裏返してからアイロンがけをすることもおすすめです。
スラックスのおすすめの収納方法をご紹介しました。基本的にはハンガーを使って吊るすことがおすすめですが、他の収納グッズを使ったりたたんでしまうこともできます。ぜひ気になった収納術でスラックスをすっきり整頓してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。