FASHIONSEP.18.2018

2018年秋のトレンドスカートは?今年らしいおしゃれコーデも解説!

2018年の秋はどんなスカートがトレンド?旬のスカートをいち早く取り入れて、秋ファッションをおしゃれに楽しみましょう。フレアスカートやロングスカート、チュールスカートなど様々な種類のトレンドスカートをご紹介。さらに秋のスカートコーデも合わせてご紹介します。
2018年の秋はどんなスカートがトレンド?旬のスカートをいち早く取り入れて、秋ファッションをおしゃれに楽しみましょう。フレアスカートやロングスカート、チュールスカートなど様々な種類のトレンドスカートをご紹介。さらに秋のスカートコーデも合わせてご紹介します。

秋のスカートのトレンドは?

スカートコーデ
秋はおしゃれが楽しい季節。素敵に秋の着こなしを楽しむために、是非取り入れたいのがトレンドスカートです。

■2018年秋のトレンドスカートのポイント
・プリーツスカート
・チュールなど透け感のある素材を使ったスカート
・チェック柄
・花柄
・レトロな雰囲気の柄
・ボタンがついたスカート

などが注目されています。
秋はタイツやブーツを使ったスカートコーデを楽しむ事ができるので、よりおしゃれの幅が広がりますね。

秋のトレンドスカート①プリーツスカート

イエローのスカート
スラリと縦長に魅せるプリーツスカートの人気は2018年の秋も継続中!ひざ下のミモレ丈やロングスカートなどバリエーションも豊富です。

同じくトレンドの丈が短いアウターを合わせればバランスよく着こなす事ができます。
すきな丈プリーツスカート / ¥2,149

秋のトレンドスカート②チュールスカート

カーキのスカート
透け感のあるシースルーな素材を使ったアイテムが気になる2018年の秋。スカートではチュール素材がおすすめです。

ハリ感のあるチュールはふんわりとボリュームが出るのが特徴。女性らしい着こなしに活躍してくれそうです。
チュール×マットポリスカート / ¥4,315

秋のトレンドスカート③チェック柄

チェック柄スカート
2018年の秋はいろいろなチェック柄が登場する気配。細かいギンガムチェックやブリティッシュなタータンチェック、大胆なブロックチェックなど種類もたくさんあって迷ってしまいそう。

秋の着こなしのアクセントに是非取り入れたいアイテムの一つです。
CS ポリドビーチェック フレアスカート / ¥15,120

秋のトレンドスカート④花柄

花柄フレアスカート
2018年の秋の注目トレンドであるレトロ感を出すのにぴったりなのが花柄のスカートです。大胆な大きい花柄やシックな小花模様など、秋の着こなしのアクセントになってくれそうなアイテムがたくさん登場。

黒やブラウン、ボルドー、グリーンなど秋らしく落ち着いた色がベースのものが多く、「かわいらしすぎるのはNG」という大人女子が「着たみたい!」と思うような花柄スカートが目立ちます。
コーデュロイフレアスカート / ¥8,532

秋のトレンドスカート⑤レトロな柄

タイトミニスカート
パッチワーク風や幾何学模様など、レトロな雰囲気の柄のスカートは2018年の秋のマストアイテム!ストライプやチェック、ドット柄などもレトロっぽい雰囲気の色使いのものが多いです。

インパクトのある旬のレトロ柄スカートを主役にして旬のおしゃれを楽しみましょう。
カラーブロッキングスカート / ¥18,360

秋のトレンドスカート⑥ボタンがついたスカート

タイトロングスカート
ボタンがついたスカートが春のトレンチスカートに引き続き人気の様子。

真ん中にまっすぐボタンがついたものや斜め、さらにボタンを使ったスリットスカートのような大人っぽいデザインも登場しています。
ナナメ前ボタンリブタイトスカート / ¥7,452

秋のスカートコーデ【1】ざっくりニットでカジュアルに

プリーツスカート
ボリュームのあるざっくりニットと、すっきり着痩せ効果が期待できるプリーツスカートとは好相性。Vネックの肌見でモコモコにならず、秋らしさを感じます。

チェック柄のプリーツスカートはトレンド感満載なので、着るだけでおしゃれに見える事請け合いです。
UWSC チェック アコーディオンプリーツ スカート / ¥27,000

秋のスカートコーデ【2】チュールスカートをアレンジ

チュールスカート
透け感を活かしたパンツとチュールスカートの重ね着で秋らしい着こなしを。

デニムを使ったシンプルコーデがグッとトレンド感高めのおしゃれコーデにレベルアップ!
チュールレイヤードチェックミモレスカート / ¥16,200

秋のスカートコーデ【3】チェック柄を大人っぽく

チェックロングスカート
チェック柄のタイトスカートはシンプルコーデで大人っぽく着こなしたい。同系色で揃えれば、大きなチェック柄も子供っぽくなりません。

ボリュームのあるスカートには足元はブーツがぴったり。バランスよくすっきり着こなす事ができます。
WPツイードチェックタイトスカート / ¥8,100

秋のスカートコーデ【4】レディな花柄Style

花柄タックスカート
秋らしいシックな雰囲気と、今季のトレンドであるレトロ感の両方を感じさせる花柄スカートは大人っぽくシャツ合わせで。

甘さ控えめな花柄スカートなら大人女子にも取り入れやすいですね。キリッとシャツを合わせた辛口Styleがおしゃれ。
アンティークフラワーフレアSK / ¥17,280

秋のスカートコーデ【5】スカーフ風プリント

スカーフ風プリントスカート
レトロな柄やヴィンテージ風の柄のスカートを大人っぽく着る時は黒のトップスがお役立ち。柄を引き立てて、ピリッと引き締めてくれます。

トップスだと着こなすのが難しそうな柄物もスカートなら気軽にチャレンジできるのでおすすめです。
ヴィンテージスカーフプリントスカート / ¥25,920

秋のスカートコーデ【6】ボタンがアクセント

カジュアルなタイトスカートコーデ
女っぽいタイトスカートだけれどボタンが施されているタイプはカジュアルコーデにマッチします。ロゴカットソーでボーイッシュさをプラスすれば、秋らしいテイストミックスコーデに。

秋のスカートコーデ【7】グレンチェックでよりトレンド感を

グレンチェックスカート
トレンドなのが、チェックの中でも特にグレンチェックです。マニッシュな印象のグレンチェックですが、タイトスカートで取り入れれば女性らしさを演出できます。

ギンガムチェックやタータンチェックのように少女っぽさが無いので、大人かわいく着こなしやすいですよ。ポインテッドトゥパンプスやパフスリーブブラウスなど、きれいめアイテムと好相性です。

秋のスカートコーデ【8】プリーツスカートなら鮮やかカラーも取り入れやすい

プリーツスカート
繊細で上品な印象のアコーディオンプリーツスカート。ピーコックグリーンなどの鮮やかなカラーでもきれいめにまとめやすいので、インパクトのある色味は苦手、という人でもチャレンジしやすいでしょう。

派手色を取り入れたときは、他のアイテムの色味は抑えるのがコーデをごちゃつかせないコツです。モノトーンやベージュ、グレーなどと合わせるのがおすすめです。

ブーツは今年もロング丈ではなくショート丈が引き続きトレンドとなっています。

秋のスカートコーデ【9】チュールスカートは甘さを抑えて

チュールスカート
透け感がロマンティックな印象のチュールスカート。レーストップスやフリルブラウスなどを合わせてしまうと、ちょっと甘さがくどくなってしまうので、例えばライダースジャケットを合わせるなど甘辛ミックスコーデをこころがけましょう。

ボーダーカットソーやざっくり感のあるケーブルニットなどカジュアル感のあるアイテムとの組み合わせもおすすめです。

秋のスカートコーデ【10】トレンチスカートはシンプルトップスと合わせて

トレンチスカート
他のスカートに比べると、存在感のあるトレンチスカート。トレンドのミディ丈やロング丈を選ぶと素材感のために重たい印象にもなりがちです。

そのため、トップスはシンプルにまとめるのがポイント。ボリューム感のあるニット等よりもコンパクトなシルエットのトップスの方がバランスが取りやすいでしょう。

秋のスカートコーデ【11】小花柄ならチャレンジしやすい

小花柄スカート
トレンドの花柄、「柄物は苦手」という場合は小花柄がおすすめです。大ぶりの花柄よりもアイテムの印象が強くないので、手持ちのトップスと合わせやすくなっています。

ただ、着こなしによっては「おばさんぽい」という印象にもなりかねないので、ウエストをインしてスタイルアップを図ったり、手首見せで女性らしさを演出したりしましょう。

秋のスカートコーデ【12】レトロ柄はスカートを主役に

レトロ柄スカート
くすんだ色味の配色がレトロ感漂うストライプ柄のスカート。大人かわいく履きこなしたいレトロ柄スカートは、合わせるアイテムをシンプルでベーシックなものにしましょう。スカートが主役のキュートなコーデが完成します。
女性らしい着こなしがしたい気分の秋。一枚で秋らしくなる、トレンドスカートを投入しましょう。秋物のスカートはタイツやブーツを合わせて秋〜冬〜春先と長く着る事ができるます。お気に入りのスカートを見つけて、いろいろなコーデで活躍させたいですね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRNOV.23.2018

PROPORTION BODY DRESSING
今着たい冬のマストアイテム6選︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。