TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

クローゼット収納術を大公開!収納のコツやおすすめアイテムは?

案外整理が難しく、女性を悩ませる「クローゼット」。物が多くてなかなか片付かない、デッドスペースをうまく利用できない、限られたスペースをうまく使えないなど、思い思いの悩みを抱えていることでしょう。そこで今回は、クローゼット収納のコツや、おすすめの収納グッズを一挙ご紹介します!

クローゼット収納の悩みを抱えるあなたへ!スッキリ片付くアイデアをご紹介

クローゼットと女性

気を抜くと、すぐに散らかってしまう「クローゼット」。毎日洋服を出し入れするスペースだからこそ、乱雑になってしまうのは避けられないと言えるでしょう。

中には、クローゼットの空間の使い方が分からない、デッドスペースができてしまう、スッキリと収納できない、と悩んでいる方も多いはず。そもそもクローゼットを有効活用して収納力をアップするには、どうすれば良いのでしょうか。

そこで今回は、クローゼット収納がうまくいく「コツ」を解説した上で、おすすめの収納グッズを一挙ご紹介します。クローゼットの空間をうまく利用し、溢れかえっていた物もスッキリと片付ける方法をここで一気にチェックしましょう。

クローゼット収納のコツ①まずは断捨離を!いらない物は手放そう

断捨離をする女性

クローゼット収納をするにあたって、先立ってすべきは「断捨離」です。クローゼットから物が溢れ返って散らかっている方は、まずは大切なものを見つめ直し、不必要なものを手放すことから始めましょう!1

シーズン着ていない服、サイズが合わなくなった服、思い入れがない服は、断捨離すべき対象。不必要なものがクローゼットからなくなれば、それだけでも一気にスッキリと片付くのです。

断捨離をすればクローゼットが綺麗になるだけではなく、コーディネートしやすくなるところが嬉しいポイント。手持ちの服が多すぎると逆に組み合わせに困り、結局はマンネリ化したコーデに落ち着きやすいのですが、数を絞ることで着回しやすくなると言えます。

クローゼット収納のコツ②吊り収納を有効活用する

ポールを使った吊り収納

クローゼットを整理整頓するのに欠かせないのは、「吊り収納」。トップス、ボトムス、ワンピースと、アイテム別に分けてハンガーで吊るせば、それだけでも綺麗にまとまっているように見えます。もちろんアイテムがシワになりにくい、着たいものを探しやすい、アイテムを把握しやすいと、メリットも様々です。

ここで注意すべきは、「ハンガーを統一する」ということ。ハンガーがバラバラだと、どうしても見た目が悪くなりますし、余分なスペースを使ってしまう可能性もあります。

ただし「ジャケット」に関しては、交互に長さが違うハンガーで吊るすのがおすすめ!肩の位置をずらすことでかさばらず、空間を有効活用できます。

クローゼット収納のコツ③棚の奥行きに合わせたケースを選ぶ

奥行きの合ったボックス収納

クローゼット収納に大活躍する「ケース」は、棚の奥行きにあったものを選ぶと良いでしょう。奥行きが余ってしまうと、デッドスペースができてスペースを有効活用することができません。ケ

ースを購入する際には、きちんと奥行きや幅を確認した上で、クローゼットに合ったものを選びましょう。

また、ケースは多段タイプと一段タイプが存在しますが、使い勝手が良い「一段タイプ」がおすすめです。やはり一段だと融通が利きますし、臨機応変にデッドスペースを埋めることができるのです。

クローゼット収納のコツ④引き出しは取り出しやすくおしゃれに!DIYも

コンパクトな引き出し収納

クローゼットの引き出しの中は、見やすく、取り出しやすく、おしゃれな収納を。そこで「仕切り」を使って、引き出しの中を整理整頓しましょう!

小物はくるくると丸めて収納、シャツなどは畳んで立てて収納すると、見た目が美しく、かつアイテムを見分けやすいですし、取り出しにも便利でおすすめです。

また、引き出しの中はDIYするのもアリ!例えば突っ張り棒を使って仕切りをDIYしてもよし、本立てやクリアファイルを使って仕切ってもよし。DIYすれば自身のクローゼットにぴったりの仕切りとなるので、ぜひ試してみてください。

クローゼット収納のコツ⑤吊るした洋服下の隙間を有効活用!

吊るした洋服の下の有効活用

洋服をハンガーで吊るした場合、クローゼット下部にスペースができます。この下段が注目ポイントで、空間をうまく利用すればより収納力がアップ!吊るした洋服の下がデットスペースになっている場合、収納ケースを置くなどして有効活用しましょう。

この時心掛けるべきは、「吊るした洋服とケースの間に隙間を作る」ということ。洋服がケースに触れてしまったら、シワになってしまう可能性があります。

したがって、ワンピース→ボトムス→トップスのようにアイテムを長さ別に分け、クローゼット下部にバラバラに隙間ができないように空間を作り、効率的に物を置きましょう。

クローゼット収納のおすすめアイテム①無印良品のポリプロピレンケース

おすすめの収納グッズの一つ目はこちら!無印良品の「ポリプロピレンケース」です。無駄のないシンプルなデザインで、使い勝手が良いところがポイント。どんなインテリアにも馴染みやすい上品な色合いで、クローゼットに清潔感を与える優秀アイテムだと言えます。

さらにこちらは高さがあるので、厚手のトップスやセーターなどをしまうのにも最適。もちろん他にも種類豊富にサイズを用意しているため、靴下やハンカチなどの小物をしまったり、ボトムスをしまったりも可能です。

無印良品 ポリプロピレンケース・引出式・深型・ホワイトグレー
¥990

販売サイトをチェック

クローゼット収納のおすすめアイテム②ニトリの吊り収納6段

二つ目にご紹介するのが、ニトリの「吊り収納6段」です。クローゼットのポールに取り付ければ、一気に6段の収納スペースが完成!収納に悩む帽子やバッグ、スカーフなど、使用頻度の高い小物類を効率よく収納できる、便利アイテムだと言えます。

さらにこちらは種類が豊富で、3段、5段、6段から選べるだけではなく、ポケットタイプのものも用意しています。さらに専用のボックスと組み合わせることも可能ですので、ちょっとした衣類を収納するのにもぴったりです。

ニーズに合わせて、ご自分に合った吊り収納でクローゼットのデッドスペースを有効活用してください!

ニトリ 吊り収納6段(ピコット)
¥1,190

販売サイトをチェック

クローゼット収納のおすすめアイテム③IKEAのマルチユースハンガー

三つ目にご紹介するのが、IKEAの「マルチユースハンガー」です。こちらはハンガーに18個の丸が付いているもので、小物の収納に便利なアイテム。かさばりがちなストールやベルト、ネクタイ、メガネ、アクセサリーなど、ハンガー1本分に18点も一気に収納することが可能です。場所を取らずにこれだけのアイテムを収納できるとは、優秀なアイテムだと言えるでしょう。

こちらのマルチユースハンガーですが、収納以外にも使えるとネット上で評判!写真を飾ってインテリアにしたり、ぬいぐるみを飾って「見せる収納」にしたりと、使い勝手が良いと人気を誇っています。一つは絶対に持っておきたい、必須アイテムです。

IKEA マルチユースハンガー
¥399

販売サイトをチェック

クローゼット収納のおすすめアイテム④100均のS字フック

S時フックの画像

四つ目にご紹介するのが、100均の「S字フック」です!こちらはただ吊るすだけで、手軽に様々なアイテムを収納できる万能アイテム。

見た目がスタイリッシュなので、インテリアの美観を損なう心配がありません。このS字フックでは、帽子やバッグなどの小物だけではなく、なんとシャツやデニムまで吊るすことが可能です。スニーカーも、靴紐を結んでおしゃれに吊るすことができます。

さらに、長さの異なるS字フックを利用すれば、アイテムの厚みに関係なく収納できるところが魅力的!高さが少しずつ異なれば、アイテムがかさばらないため、よりスペースを有効活用することが可能です。

ダイソー S字フック


いかがでしたか?今回は、クローゼット収納のコツを徹底解説した上で、収納におすすめのアイテムを4つピックアップしてご紹介しまいした。収納の基本とコツが頭に入っていれば、あなたの悩みは改善したも同然。これらのアイデアを実践すれば、今までのようにクローゼットが散らかる心配はありません!クローゼットが綺麗になるだけで、暮らしが豊かになったことを実感できるはず。ぜひ参考にして、あなたのクローゼットに合った収納方法を取り入れてくださいね。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ