MAY.02.2019

ハウステンボスの気温や天気、季節別の服装!持ち物の必需品も

ハウステンボスの気温や天気、季節別の服装!持ち物の必需品も ハウステンボスの気温や天気、季節別の服装!持ち物の必需品も

四季の花々が楽しめてイベントやアトラクションで遊ぶことができるハウステンボスは、大人女子から家族連れまで年代を問わず楽しめるテーマパーク。今回はそんなハウステンボスについて気温や天気、季節別の服装、必需品などをご紹介します。

ハウステンボスの季節ごとの気候や気温

 

お花畑に風車、まるでオランダにいるかのような気分になるハウステンボスは、大人女子のデート旅行や家族連れのレジャーに最適なロケーション。イベントやアトラクションもあるので一年中楽しめる人気のテーマパークです。

今回ご紹介するのは、そんなハウステンボスにおすすめの服装。季節ごとに大人女子の素敵なコーデを使ってご紹介します。さらに、ハウステンボスの必需品もご紹介するのであわせてチェックしておいてください。

まずは、ハウステンボスの季節ごとの気候や気温を見ていきましょう。ハウステンボスは長崎県の佐世保にあります。九州だと温暖な気候で暖かいイメージがありますが実際はどうなのでしょうか。

【ハウステンボスの季節ごとの気候や気温】

■春(3・4・5月)
佐世保の3月は春といってもまだ寒く、特にハウステンボスは海沿いにあり海風が吹くと体感温度がかなり下がるので冬並みに防寒するのがおすすめです。4月に入ると徐々に気温が上がり、5月の平均の最高気温は20度を超えます。ただ寒暖差がある季節なので羽織ものやストールをバッグに入れておくと安心です。

■夏(6・7・8月)
ハウステンボスのある佐世保は6月になると梅雨入りし雨の日が多くなります。この時期は事前に天気予報をチェックしてお出掛けください。7月から8月にかけては気温が上昇し最高気温は30度を超えます。日差しがかなり強いので帽子などの日よけになるものや日焼け対策はしっかり準備しておきましょう。

■秋(9・10・11月)
ハウステンボスの10月は昼間は半袖でも過ごせるほど暖かいですが、朝晩は冷えて秋らしい雰囲気に。11月以降は特に朝晩冷えるので防寒になるアウターが必要になります。

■冬(12・1・2月)
ハウステンボスの12月はぐっと気温が下がって寒くなります。特に海風が吹くと体感温度が下がるのでコートは厚手のものやダウンがおすすめ。1月末が一年で最も気温が下がるので、この時期にハウステンボスに行かれる方はコートはもちろん、手袋や帽子などの防寒小物もプラスしてお出掛けください。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【1】春①:3月はニットやコートなどの冬装備で

 

ハウステンボスのある長崎の佐世保の3月は春といってもまだ寒い時期。特にハウステンボスは海沿いにあり海風が強く吹く日があるので、この時期の服装は冬並みに防寒するのがおすすめです。

ニット×スカートのコーデには冬のコートを羽織って防寒を。ただパーク内は春の雰囲気なので、ラベンダーなどの季節に似合うきれい色を使ったカラーコーデが似合います。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【2】春②:晴れの日は半袖で過ごせる日も!春アウターはマスト

 

4月から5月にかけては気温が上昇し、服装も半袖トップスで過ごせる日もあります。ただ海風が吹いたり寒暖差で朝晩は肌寒い日もあるので、春アウターは必ず持参して行きましょう。

白のワンピース×デニムジャケットの春らしいコーデはこの時期のハウステンボスにぴったり。パーク内は広くかなり歩くことになるので、靴は履き慣れたスニーカーがベスト。日差しが強くなる時期なので、帽子もプラスして紫外線対策も。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【3】夏①:6月は梅雨に突入。晴れていても雨具を準備しておくと安心

6月のハウステンボスコーデ

ハウステンボスのある佐世保は6月に梅雨に突入。6月から7月にかけては降水量がかなり増えるので、この時期にハウステンボス旅行を予定されている方は、事前に天気予報をチェックしてお出掛けください。晴れの日もポケッタブルのレインウェアなどを準備しておくと安心です。

半袖の白Tシャツ×黒のサロペットは、おしゃれ見えして着ていて楽ちんなのがテーマパークコーデに◎。バッグは身軽なショルダータイプが最適です。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【4】夏②:暑い日は夏色のニットキャミで大人のテーマパークコーデ

 

真夏のハウステンボスは最高気温が30度を超えてかなり暑くなります。日差しも強いので日よけ・日焼け対策をしっかり準備して出掛けましょう。

大人女子の真夏のハウステンボスコーデは、グリーンのニットキャミ×デニムのような旬度の高い大人カジュアルコーデで。日焼け止めはしっかり塗ってUV対策は忘れずに。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【5】秋①:9月は残暑でまだ暑い!晴れの日は半袖TシャツでOK

9月のハウステンボスコーデ

ハウステンボスの9月は残暑で気温が30度近くまで上がって暑い日があります。晴れの日ならトップスは半袖TシャツでOK。

グレーの半袖Tシャツ×黒のガウチョは、歩き回るハウステンボスに最適な足さばきが楽ちんなパンツコーデ。カジュアルなコーデもモノトーンだと大人っぽくまとまります。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【6】秋②:ライトアウターを使った秋色コーデで季節感を

10月のハウステンボスコーデ

ハウステンボスも10月になると秋の気配。ハロウィンなどの秋イベントで盛り上がるので、服装も季節感を取り入れた秋コーデを楽しみたい時期です。

パープルの長袖トップス×ブラウンパンツのコーデには、アイボリーのミリタリーシャツを羽織ってメンズライクな秋色コーデに。アイボリーのミリタリーシャツはダークトーンのコーデに程良い抜け感をプラスしてくれます。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【7】冬①:初冬はもこもこアウターで大人可愛く防寒

12月のハウステンボスコーデ

ハウステンボスの冬はイルミネーションなどのイベントが始まって他の季節にはない魅力が楽しめる時期。ただ海の側にある立地もあって風が吹くと寒いので、初冬からしっかり防寒をしてお出掛けしましょう。

メンズライクなパンツコーデには、もこもこ素材のボアコートを羽織って大人可愛く。軽いのに暖かいボア素材のアウターはテーマパークコーデにおすすめの冬アウターです。

ハウステンボスにおすすめの季節別の服装【8】冬②:真冬はオーバーサイズコートにチェックマフラーで防寒力と華やぎを

 

ハウステンボスの真冬は海風の影響もあって佐世保市内より寒く感じます。厚手のコートに防寒小物もプラスして暖かくして出掛けましょう。特にイルミネーションなどの夜間のイベントに出掛ける場合は、機能性インナーやカイロも使って万全な冬装備を。

オーバーサイズの厚手のウールコートには、チェックマフラーやニット帽をプラスして防寒力や華やぎをプラスしましょう。

ハウステンボスの必需品:履き慣れて疲れにくい靴はマスト!

 

ハウステンボスにお出掛けする際の必需品は、屋外のテーマパークならではのマストアイテムばかりです。お出掛け前の持ち物の準備の際にぜひ参考にしてください。

■ハウステンボスの必需品

・履き慣れた靴
ハウステンボスのパーク内は広くかなりの距離を歩くことになります。さらに石畳の道が多いのでヒールのある靴はおすすめできません。靴は長時間歩いても疲れにくいものが最適。履き慣れたスニーカーがおすすめです。

・羽織ものやストール
季節の変わり目の春や秋は一日の中の寒暖差があるので、羽織ものやストールなどさっと羽織れるものを持参しておきましょう。

・携帯電話のモバイルバッテリー
ハウステンボスはインスタ映えするスポットが多いので、ついついスマホを使い過ぎてしまいます。モバイルバッテリーを持参しておくと安心です。

・ハンカチやティッシュ
屋外で楽しむアトラクションでは水に濡れたり手が汚れたりすることが多いので、タオルハンカチやウェットティッシュなどがマストアイテムです。

・絆創膏
歩き過ぎて靴擦れができたりアトラクションで指を怪我したりした時に、あると便利なのが絆創膏。特にデートでハウステンボスに行かれる方は常備しておくと女子力がアップします。

季節の花々が楽しめたりイベントやアトラクションが盛りだくさんのハウステンボスは、大人女子にとっても魅力的なテーマパーク。出掛ける時期に合った最適な服装を選んで、ハウステンボスを思い切り楽しんでください。