JUL.13.2019

セーターをインしてほっそり見え実現!太って見えるのを防ぐコーデ

セーターをインしてほっそり見え実現!太って見えるのを防ぐコーデ セーターをインしてほっそり見え実現!太って見えるのを防ぐコーデ

セーターはインすれば絶対に太って見えない!というのは大きな間違い。着こなし方によっては太って見えるセーターインコーデ。ポイントを押さえて、スッキリ細見えを叶えましょう。

セーターをインして着る方法は?NGコーデや太って見えるのを防ぐコツ

 

■ボトムとのバランス

セーターをインする場合は、スキニーやタイトスカートなど細身シルエットのボトムにすれば太って見える心配なし。

ケーブルニットや厚手のざっくりニットなど、ボリュームがあればあるほどメリハリがあって下半身が細く見えます。

ポイントはインしてからブラウジングさせること!ボディラインをきれいに見せるためにウエストがキュッと引き締まるシルエットを作りましょう。

ハイウエストのボトムの場合は、薄手のスムースなセーターでワンピースのように見えるシルエットにするのが正解。ボリューミーなセーターはバランスを整えるのが難しいのでNGです。

■アウターとのバランス

アウターが必要な冬コーデの場合は、インナーコーデでセーターインが活躍。

ボトムとコートの丈を長めにして縦長シルエットを作るか、ショート丈のアウターからセーターの裾を覗かせるのが細見えのポイントです。

■前だけインのポイント

前だけインするのは、もこもこ感があっても厚手でも良いですが、ほど良い丈感のセーターに限ります。

ショート丈やロング丈のニットはNG。お腹がポッコリ見えしたり、バランスを整えるのが難しいので控えましょう。

おすすめのセーターインコーデ【1】タイトスカートにインして細見えを狙うコーデに

 

ほど良いボリュームのオフタートルセーターをインするなら、ロング丈のタイトスカートがおすすめ。

スッキリと細長いシルエットになりますが、7分袖やスリットからチラッと肌見せすることでさらに華奢見え効果がアップします。

おすすめのセーターインコーデ【2】アウターから後ろの裾だけ覗かせてバランスを整えて

 

ボリューミーなセーターを、ふんわりスカートに前だけインしてゆるいコーデに。オールホワイトに黒いライダースのメリハリカラーが大人っぽさを表現。

ショート丈のアウターを羽織る時は、後ろから裾が出ることで全体的にちょうど良いバランスに仕上がります。

おすすめのセーターインコーデ【3】細いベルトでウエストマークしてお仕事コーデに

 

丸首のリブセーターにミモレ丈のフレアスカートの好感度高めコーデ。カラーによってはウエストインしてもぼんやり見えしますが、ベルトでウエストをマークすれば安心。

薄手のセーターの場合は、ブラウジングさせずにインした方が細見えします。

おすすめのセーターインコーデ【4】ボリューミーなアイテム同士はきっちりインで着太り回避

 

ざっくりセーターと暖色チェックのフレアスカートという、上下ともボリューミーなアイテムの時は、きっちりインするテクニックが効果的。

一番細いウエストの位置でインして、シルエットにメリハリを出すのがポイントです。足元はヒールで足の甲を見せて、細長い印象を与えましょう。

おすすめのセーターインコーデ【5】アランセーターは濃いめカラーをチョイスしてデニムにイン

 

秋冬のナチュラルコーデに役立つアランセーターは、インの仕方を間違えると着膨れ確定。デニムとラフに着こなしたい時は、前だけインが正解です。

自信がない方は、アランセーター自体のカラーを濃いめにすることでボリュームダウン効果あり。白やベージュの場合は、デニムを濃いめカラーにしましょう。

おすすめのセーターインコーデ【6】同色アイテムで縦長効果を発揮するコーデに

 

もこもこのオフタートル×プリーツスカートは、男性ウケが良くデートコーデにぴったり。セーターはインしないとだらしない印象を与えてしまうので要注意。

同カラーの場合は、ウエストをきちんとインすることでワンピースのような見た目を実現できます。

おすすめのセーターインコーデ【7】デザイン性の高いスカートにはシンプルな黒いセーターをインして

 

切り替えフリルや派手めの柄など、インパクト強めのスカートには極シンプルな黒のVネックセーターが正解。

裾をインすることでスカートの主役感が増してより華やかに。足元も黒で揃えてビシッと引き締めましょう。

おすすめのセーターインコーデ【8】メンズライクなコーデこそセーターインが効果的に

 

ざっくりセーターにテーパードパンツのマニッシュなコーデ。セーターをインしてブラウジングさせることで、女性らしいふんわり感を表現できます。

ブラウジングのやり方は、きっちりまっすぐラインにするよりもアバウトな方がナチュラルな雰囲気になります。

おすすめのセーターインコーデ【9】小物で上半身にアクセントをプラスしてほっそり見えをキープ

 

ひとつ間違えるとダサ見えする、タートルセーターをハイウエストデニムにインするコーデ。ポイントは上半身をボリューミーにすることです。

ロング丈のアウターを羽織るのも効果的ですが、アウターが必要ない季節はトレンドのボディーバッグが役立ちます。斜め掛けしてコーデのアクセントにしましょう。

セーターをボトムにインする着こなしは、バランスが肝心!何でもインすれば良いというわけではないので、ご紹介したコーデのポイントを参考にしてくださいね。