LIFESTYLEFEB.02.2019

ナイロン素材の洗濯方法!洗濯表示の見方やしわや縮みを防ぐ洗い方

ウィンドブレーカーなどのアウターや下着などの素材によく使われているナイロン素材。軽くて丈夫なのに加え吸水性が低い特徴を生かして、レインウェアや傘などでもお馴染みの素材です。今回はそんなナイロン素材を失敗せずに洗濯する方法をご紹介します。
ウィンドブレーカーなどのアウターや下着などの素材によく使われているナイロン素材。軽くて丈夫なのに加え吸水性が低い特徴を生かして、レインウェアや傘などでもお馴染みの素材です。今回はそんなナイロン素材を失敗せずに洗濯する方法をご紹介します。

ナイロン素材の特徴を知ろう!しわになりにくく縮みにくい?

ナイロン製のウインドブレーカー
ナイロン素材といえばアウトドアシーンで着るアウターやレインウェア、傘などでお馴染みの素材。軽くて水をはじいてくれて丈夫なイメージがあります。そんなナイロン製のアイテムは、自宅で洗濯しても大丈夫なのでしょうか。

ナイロン素材の特徴は軽くて丈夫、吸水性が低いので、その特徴を生かしたレインウェアや傘などに使われています。さらにしわになりにくくて縮みにくいので、比較的自宅で洗濯するのに気を使わなくてもいい素材です。

とはいえ、雑に洗濯したり、洗濯したまま放置したりするとしわになってしまいます。縮みの原因になりそうなのは乾燥機の使用。ナイロンは高熱に弱い素材なので、乾燥機にかけると縮みや型崩れの原因になってしまうので注意しましょう。

ナイロン素材を洗濯する前には、必ず洗濯表示をチェック!

ナイロン製品の洗濯表示
ナイロン素材の製品の洗濯は、ナイロン100%の素材ならあまり気を使わずに洗濯することができます。気を付けたいのがナイロンと違う素材の混紡生地。ナイロン素材に特殊加工してあるものも中にはあるので、そういった場合は手洗いが必要だったり、自宅での水洗いができないものもあります。

まずは、ナイロン製品の裏側に付いているタグの洗濯表示をチェックしましょう。ここでは、その洗濯表示の表す意味をご紹介します。

【洗濯表示の意味】

■洗濯機で洗えるマーク

たらいの中に水が入った絵は、洗濯機で洗えることを意味するマーク。水の中の数字は、使用する水の温度の上限を意味しています。もし「30」とある場合は、必ず30度以下の水を使用してください。

■手洗いで洗えるマーク

水の張ったたらいの中に手が入っている絵は、手洗いで洗うことを指示するマーク。洗濯機で洗うことは避けて手で優しく洗ってください。

■水洗い不可のマーク

水の張ったたらいの上から×がある絵は、自宅で水洗い不可のマーク。自宅で洗濯するのはやめて、ドライクリーニングに出しましょう。

ナイロンの洗濯方法【1】洗濯機で洗濯する方法:雑に洗うとしわの原因に!洗濯ネットに入れよう

洗濯機を操作する女性の手元
洗濯機で洗えるナイロン素材の製品は、タオルなどを洗う弱アルカリ性の洗剤で洗濯しても大丈夫です。ただし、大切にしている服やお気に入りの下着などは、おしゃれ着用洗剤などの中性洗剤を使って、手洗いコースなどの弱水流で洗いましょう。

【ナイロン素材を洗濯機で洗濯する方法】

■用意するもの

・弱アルカリ性洗剤(柔軟剤を使ってもOK)
・洗濯ネット

■洗濯手順

①洗濯機に洗剤をセットして、ナイロン製品はたたんで洗濯ネットに入れます。これは余計な型崩れやしわを防ぐためです。

②洗濯コースは通常コースでOK。ただ生地へのダメージが気になる場合は、手洗いコースなどの弱水流コースに設定しましょう。

③脱水は通常より短めの10秒ほどで終わらせましょう。しわを防ぐコツの一つです。

ナイロンの洗濯方法【2】手洗いで洗濯する方法:おしゃれ着用洗剤を使って

衣類を手洗いする女性
洗濯表示で手洗いが指示してある場合は、洗濯機は使わずに手洗いで優しく洗いましょう。洗剤はおしゃれ着用洗剤などの中性洗剤がマストです。

【ナイロン素材を手洗いで洗濯する方法】

■用意するもの

・たらい(洗面器や洗面台でもOK)
・おしゃれ着用洗剤などの中性洗剤(柔軟剤を使ってもOK)
・洗濯ネット

■洗濯手順

①たらいに洗浄液を作ります。たらいに30度以下の水を入れて、おしゃれ着用洗剤のラベルにある適量を入れてよく溶かします。

②ナイロン素材の製品をたたんで水にしっかり沈め、丁寧に押し洗いをしていきます。汚れが気になる箇所は優しくもみ洗いで落とします。

③たたんだままで洗濯ネットに入れ、10秒間ほど脱水にかけます。

④たらいの中の水を入れ替えて、洗う時と同じ要領で優しくすすぎます。泡が無くなるまですすいでください。柔軟剤を入れる場合は、すすぎの最後に入れます。

⑤再度洗濯ネットに入れて、洗濯機で10秒ほど脱水にかけます。

ナイロンの洗濯方法【3】干し方:乾燥機の使用はNG!直射日光も避けて陰干しで

ランドリールーム
脱水が終わったら手早く干して乾かします。この時に、ナイロン素材の製品を手でたたいてしわを伸ばしたり、型崩れを直しましょう。ナイロン素材は高温に弱いので乾燥機の使用は厳禁です。

干し方は、直射日光を避けて陰干しで干します。ナイロン素材は直射日光を当てると色褪せや変色の原因になる可能性があるので注意してください。

ナイロンは綿やポリエステル、ポリウレタンとの混紡素材に注意

ナイロンの混紡素材
ナイロン素材は縮みにくく丈夫な素材だとご紹介しましたが、気を付けたいのが綿やポリエステル、ポリウレタンなどの生地との混紡素材。それぞれの素材で特徴があって、扱い方も異なります。ナイロン製品だからといって通常と同じ洗濯方法で洗わずに、必ず洗濯表示を確認し、指示に従って洗濯するようにしましょう。
ナイロン素材は軽くて丈夫なので、洗濯機でタオルなどと同じように洗濯してもいいと考えがちかもしれません。確かに丈夫な素材ですが、洗濯方法によってはしわになったり縮んだりしてしまいます。洗濯表示は必ず確認して、今回ご紹介した洗濯方法も参考にしていただいて、生地を傷めてしまわないように洗濯しましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

LIFESTYLEAUG.17.2019

マギーの気になる
撮影の裏側を大公開!