JUL.25.2019

スロバキア旅行に適した服装は?観光スポットや治安・物価の情報も!

スロバキア旅行に適した服装は?観光スポットや治安・物価の情報も! スロバキア旅行に適した服装は?観光スポットや治安・物価の情報も!

中央ヨーロッパにあるスロバキアは街並みがきれいだと評判の国。ここでは、スロバキアの観光地や治安、物価、お土産などの情報と旅行におすすめの服装をご紹介します。

スロバキアってどんな国?首都や観光スポットをチェック!

 

スロバキアは中央ヨーロッパにある国。チェコ、ハンガリー、オーストリア、ウクライナと国境を接する内陸の国で、国土は北海道のおよそ5分の3程度です。

有名な観光スポットは首都・ブラチスラバの旧市街やドブシンスカの氷の洞窟など。街は昔のヨーロッパを感じられる雰囲気で、近隣諸国からの観光客も多いです。

スロバキアの治安

 

スロバキアは近くの国と比べて治安が良いです。犯罪の数も年々下がっていて、公共施設や交通機関ではテロ対策もされているので、安心して旅行を楽しめるでしょう。

ただし、観光客をターゲットにしたスリや置き引きはあるため、旅行中は荷物から目を離さないようにしてください。

スロバキアの物価

 

スロバキアの通貨はユーロ。物価は西欧諸国ほど高くなく、レストランのメイン料理が1,000円程度、生ビール1杯が150円~250円程度です。

なお、ブラチスラバのホテルはあまり高くありませんが、地方都市は宿泊施設が少ないので、ホテルのクオリティに対して宿泊費が高いと言われています。

スロバキアで人気のお土産は?

 

スロバキアはハチミツの名産地。お土産でもビン入りのハチミツやハチミツを発酵させて作ったハニーワインなどが定番です。また、伝統工芸品のモドラ焼きや「CEBO(セボ)」「NOVESTA(ノベスタ)」などのスニーカー、ウエハースのお菓子も人気を集めています。

スロバキアの天気と気温

 

スロバキアは四季がはっきりと分かれている国。南部の平原地帯や東部の低地帯は比較的過ごしやすい気候ですが、国土の大部分を占める山岳地帯は天気が荒れやすく、気温が氷点下になることも少なくありません。

■春(3~5月)
3月はまだ寒く、ブラチスラバの平均気温は3.5度程度。5月になると、どんどんと気温が上がり、平均気温が14度程度になって過ごしやすくなります。

■夏(6~8月)
夏のブラチスラバは観光のベストシーズン。平均気温は17度~18度程度で、暑い日には最高気温が30度を超すこともあります。気温は高いですが、湿度は低いので、空気はカラッとしていて日本よりも過ごしやすいでしょう。

日本のような梅雨はありませんが、6月のスロバキアでは夕立や雷雨があるので、雨対策をしておくと安心です。

■秋(9~11月)
スロバキアは8月半ばごろから秋のような天気になります。10月に入ると気温がぐっと下がり、平均気温が8度ほどになるので、寒さ対策が必要です。初雪が観測されるのは11月初旬ごろです。

■冬(12~2月)
スロバキアの冬は厳しい寒さです。平均気温が氷点下になり、強風も吹くので、寒さに慣れていない人は体調を崩さないように気を付けてください。

<季節別>スロバキア旅行の服装【1】春はスプリングコート×薄手ニット

 

春にスロバキアを訪れるなら、長袖のトップスと薄手のアウターのコーディネートがおすすめ。薄手のニット×スプリングコートは朝晩の冷え込みにも対応できるでしょう。明るい色のコートを着ると、季節感も演出できます。

<季節別>スロバキア旅行の服装【2】夏はTシャツ×ロングスカート

 

スロバキアは東京や大阪と比べて涼しいですが、夏に訪れるなら半袖トップスでOK。Tシャツ×ロングスカートは動きやすい服装で、観光のために歩き回っても疲れにくいです。

<季節別>スロバキア旅行の服装【3】秋はパーカー×ノーカラーコート

 

スロバキアでは、秋になると少しずつ気温が下がってきます。旅行で訪れるなら、パーカーやニットなどのトップスにコートを羽織って冷えから体を守りましょう。チェック柄を取り入れた服装は秋らしく、スロバキアのレトロな雰囲気にも合います。

<季節別>スロバキア旅行の服装【4】冬はロングダウンコート×ロングパンツ

 

冬のスロバキアは寒さが厳しいので、しっかりと防寒できる服装を選ぶのが大切です。お尻まですっぽりと隠れるロングダウンコートとロングパンツを組み合わせれば、冷たい空気が遮断されて体温を維持できるでしょう。保温効果のあるインナーを着るのもおすすめです。

<天気別>スロバキア旅行の服装【1】晴れの日は紫外線対策できる帽子

 

晴れの日のスロバキアは日差しがきついため、紫外線対策を行いましょう。スロバキア人は日傘を差さない人が多いため、街に溶け込みたいなら帽子やストール、日焼け止めなどを使ってください。

<天気別>スロバキア旅行の服装【2】雨の日は水をはじくマウンテンジャケット

 

雨の日のスロバキア観光には水をはじくマウンテンジャケットが便利。くるぶし丈のスカートを組み合わせると、裾が濡れず、快適に過ごせます。ペタンコシューズをコーディネートすると、抜け感のある旬の服装になるでしょう。

<天気別>スロバキア旅行の服装【3】雪の日は滑りにくいスノーブーツ

 

冬のスロバキアは雪が積もることも多いです。降雪したら、滑りにくいスノーブーツを履いて転倒を予防しましょう。スノーブーツは雪が染み込みにくく、ポカポカと温かいので、足先が冷えにくいです。

カジュアルなスノーブーツには、デニムやニット帽を合わせると可愛いでしょう。

<シーン別>スロバキア旅行の服装【1】教会見学は露出を控える

 

スロバキアにある教会を訪れる時は露出を控えた服装を選ぶのがマナー。ノースリーブやミニスカ、ショートパンツは避けて、きれいめの服装を心がけてください。ジャケット×タイトスカートはきちんと感があり、教会を訪れる地元の人にも好印象でしょう。

<シーン別>スロバキア旅行の服装【2】高級レストランやホテルは上品に

 

スロバキア旅行で高級レストランやホテルに行くなら、ジャケットやワンピースで上品に仕上げましょう。花柄ワンピース×ネイビージャケットはおしゃれなレストランやホテルにも馴染む華やかな服装です。

<シーン別>スロバキア旅行の服装【3】劇場ではドレスアップ

 

スロバキアには、国立オペラ劇場などオペラやバレエ、交響楽団のコンサートなどを楽しめる劇場がたくさんあります。旅行中にこれらの芸術を楽しむ場合は、おしゃれなドレスを着て特別な時間を楽しみましょう。

スロバキアは昔のヨーロッパを感じられる美しい街並みを楽しめると人気の国。旅行でスロバキアを訪れる際は、季節や天気、シーンに合った服装で快適に過ごしましょう。