FASHIONFEB.16.2019

モルディブ旅行におすすめの季節別の服装!必携の持ち物もご紹介

モルディブは美しい海や砂浜が楽しめるビーチリゾート。まだまだハワイやグアムに比べると観光客の数が少ないので穴場のリゾート地です。そこで今回は、モルディブ旅行におすすめの季節別の服装やおすすめの持ち物をご紹介します。
モルディブは美しい海や砂浜が楽しめるビーチリゾート。まだまだハワイやグアムに比べると観光客の数が少ないので穴場のリゾート地です。そこで今回は、モルディブ旅行におすすめの季節別の服装やおすすめの持ち物をご紹介します。

まずは、モルディブの季節ごとの気候をチェック!

 
透明度の高い海と珊瑚礁が美しいモルディブ。あの白い砂浜を歩いてみたい!とモルディブへの旅行を計画している方もいらっしゃるのではないでしょうか。モルディブはリゾートアイランドなので、一年中日本の夏のような気候です。四季はないものの、乾季と雨季の2つの季節があります。ここでは、モルディブのその2つの季節の気候をご紹介していきます。

【モルディブの季節ごとの気候】

■乾季(11月~4月)

モルディブの気温は一年を通して平均気温が26度から33度の間で推移します。乾季は天気が安定していて雨季に比べて降水量が減るので、旅行するのにベストシーズンになります。この時期のモルディブ旅行で一番気を付けたいのが日差しの強さ。サングラスや帽子などの日よけになるものや、日焼け対策はしっかり準備していきましょう。

■雨季(5~10月)

モルディブの雨季は降水量が多く、海が荒れることもあります。ただ、日本の梅雨のように長時間雨が降るのではなく一時的なスコールが降るだけなので、雨が止んで天気が安定すれば、乾季と変わらない海や砂浜を楽しむことができます。マリンスポーツを楽しむ場合は、現地ガイドの方にアドバイスを聞いて海に出るようにしましょう。乾季と同様に日差しは強いので、日よけや日焼け対策はマストです。

モルディブ旅行におすすめの服装【1】乾季(11~4月)①:南国を思わせる柄のリゾートワンピが最適

 
モルディブの乾季は天気が安定しているので、砂浜を歩いてのんびりしたり、マリンスポーツを楽しんだりと、美しい海を満喫することができます。砂浜を歩いてのんびりする際に最適な服装なのがリゾートワンピ。南国を思わせるようなプリント柄で明るい色みのものがおすすめです。

イエローのベースカラーにハイビスカスの花がプリントされたキャミワンピは、モルディブの空や海に映えて昼間の散策にぴったりです。

モルディブ旅行におすすめの服装【2】乾季(11~4月)②:日差しよけ&日焼け対策の帽子やストールはマスト

 
モルディブへ旅行する際にマストなのが、日差しよけや日焼け対策のアイテム。ストールやさっと羽織れる軽いものがあると、日差しが気になった時や建物内で肌寒い時に使えて、携帯するのにかさばらないのでおすすめです。帽子やサングラスなどの小物もマストアイテムです。

モルディブ旅行におすすめの服装【3】乾季(11~4月)③:ビーチ以外を散策する際のためにワンピ以外のアイテムも準備

 
モルディブではビーチ周辺で過ごすことが多いとは思いますが、ビーチ以外のエリアに足を延ばすこともあるかもしれません。リゾートワンピ以外にも、Tシャツやデニムなどのカジュアルなアイテムもスーツケースに入れておきましょう。

グリーンのサロペットはリラックス感があって、カラーも南国の雰囲気に馴染んで◎。散策する時のバッグは、荷物にならない小さめの巾着バッグのようなバッグがあると便利です。

モルディブ旅行におすすめの服装【4】雨季(5~10月)①:雨季でもマリンスポーツはOK!現地のガイドさんのアドバイスは必ず

 
モルディブの雨季は乾季に比べて降水量は増えますが、晴れた日もあるのでマリンスポーツは可能です。スコールが降ると海が荒れるので、海に出る場合は現地のガイドさんなどのアドバイスを聞くようにしましょう。

モルディブ旅行に水着はマスト。水着の上に着るTシャツは、海を思わせるようなプリントのものだと気分が盛り上がります。

モルディブ旅行におすすめの服装【5】雨季(5~10月)②:水着の上に着れるリラックス感のあるワンピが使える

 
モルディブの雨季に降る雨は、ほとんどがスコールのような雨なので、降った後は何事もなかったかのように元のような青い空と海に戻ります。

スコールが降る間、海岸沿いのプールで過ごす場合は、水着の上に着れるコットンワンピのようなリラックス感のあるものがあると便利です。

モルディブ旅行におすすめの服装【6】雨季(5~10月)③:明るい色や柄のキャミやマキシ丈スカートも◎

 
モルディブの雨季におすすめの服装は、乾季の時期と大きく違いはありません。基本アイテムはリゾートワンピのようなリラックス感のあるワンピですが、明るい色でリゾート感のある柄のキャミやマキシ丈のスカートなどもおすすめです。

モルディブ旅行におすすめの服装【7】アイテム①:日焼け対策や冷房対策、朝晩肌寒い日に使えるラッシュガードが便利

ラッシュガード
モルディブは基本暖かくリゾートワンピやTシャツ、キャミなどで過ごすことができますが、水着の時の日焼け対策や建物内の冷房対策、朝晩肌寒い日に使える羽織りものは必ず持参するようにしましょう。

おすすめの一つがラッシュガード。特にビーチで水着の上に羽織るのに、紫外線対策ができる羽織りものとして優秀。突然のスコールの時に使えるフーディータイプのものがおすすめです。

羽織りものは他にもカーディガンやスウェット素材のフーディー、大人っぽいリネン素材のシャツでもOKです。

モルディブ旅行におすすめの服装【8】アイテム②:大人っぽいシャツドレスはドレスコードがあるレストランにも使える

黒のシャツドレス
モルディブではドレスコードのあるレストランも中にはあるので、そのようなレストランでディナーする場合などは、それなりの服装を準備しないといけません。ですから、スーツケースには必ずきれいめなワンピも入れておいた方が無難です。

黒の薄手のシャツドレスはインに合わせるアイテムに応じて、きれいめにもカジュアルにも着れる一枚。スーツケースに入れておくと、いざという時助かるアイテムです。キャミ&デニムに羽織ってビーサンを合わせれば、デイタイムにも使えます。

モルディブ旅行におすすめの持ち物:濡れてもOKなビニールバッグが大活躍!

 
ここでは、モルディブ旅行に持っていく持ち物のおすすめをご紹介します。日本から持っていかないと、島にはないものもあるので、しっかり準備して旅行に出掛けましょう。

■モルディブ旅行におすすめの持ち物

・日差しよけ&日焼け対策グッズ
サングラスや帽子、日焼け止めなどのアイテムはモルディブ旅行にマストです。日焼け止めは塗り直し用に携帯するのがおすすめ。ビーチで使える可愛いタオルも地味ですがあると日差しよけにも使えます。

・バッグ類
バッグは歩き回る際に使える小さめのトートバッグなどが便利です。濡れてもOKなビニール素材のものが安心。ディナーに行く時用のワンピに合わせるバッグもマストです。

・ビーサン&サンダル
モルディブを散策する時の為のスニーカーやビーサンなどのカジュアルな靴の他にも、レストランにディナーに行く際に履くきれいめのサンダルも必要です。

・常備薬
島を移動する際は船に乗ります。船酔いがある方は酔い止めを常備薬にプラスしましょう。

・変圧器
日本とは電圧が異なるのでマストアイテム。ホテルでの貸し出しがある場合もあります。

・カメラ周辺グッズ
モルディブの海はとにかくきれいなので、インスタ映えする写真が撮りたくなります。水中カメラやスマホ用の防水ケースがあると、思う存分写真を撮ることができます。

・シュノーケルグッズ
ホテルでレンタルできる場合もありますが、自前のものがあればいちいち借りる必要がないので便利です。

・虫よけスプレー
モルディブの島内には蚊がいる場所もあるので、気になる方は必ず持参しておきましょう。
モルディブは年間を通して気温が安定しているので、服装は乾季も雨季もリゾートワンピやTシャツで過ごせます。日差しはとにかく強いので、羽織りものなどは必ずスーツケースに入れておきましょう。服装や持ち物をしっかり準備して、モルディブの海や島の自然を思い切り楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRMAR.07.2019

フェミニン×ラフな
“大人カジュアル”がテーマ♡
プロポの春新作LOOK6選

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。