DEC.10.2019

アパレル面接に適した服装は?ポイントやおすすめコーデをご紹介!

アパレル面接に適した服装は?ポイントやおすすめコーデをご紹介! アパレル面接に適した服装は?ポイントやおすすめコーデをご紹介!

就活ではリクルートスーツを着るのが一般的ですが、アパレル面接では私服が基本。ここでは、アパレル面接に適した服装やNGな服装、おすすめのレディースコーデなどをご紹介します。

アパレル面接の服装はどうする?

 

面接ではスーツを着るのが一般的ですが、アパレル業界では正社員でもバイトでも私服で選考を受けることが多いです。まずは、アパレル面接に適した服装について確認してみましょう。

■清楚感を出す
どの業界でも清楚感は大切ですが、接客業務の多いアパレル業界では特に清楚感が重視されます。シミやシワのある服やヨレヨレの服は避け、面接担当者に好感を与えられる服装を選びましょう。

■面接先のブランドのアイテムを取り入れる
アパレル面接を受ける時は、そのブランドのアイテムを取り入れると、好印象を与えられます。全身を面接先のブランドで固める必要はありませんが、上手に新作アイテムなどを使うと、「ブランドの商品を着こなせそう」「愛を感じる」などと思ってもらえるでしょう。

■トレンドの服装
アパレル面接では、トレンド感のある服装もおすすめです。トレンドのファッションを身にまとうと「どんな服でも着こなせそう」「流行に敏感そう」などと思ってもらえるので、内定に近づけます。

■小物を上手に使う
アパレル面接を受ける際はカバンや靴、アクセサリーなどの小物もおしゃれに使いましょう。基本的に、ブランドイメージに合っているものなら、どんな小物を使っても問題ありません。

アパレル面接でNGな服装

 

アパレル面接では、次のような服装は避けた方が無難です。

■リクルートスーツ
指定なしの場合や「スーツ・私服どちらでも可」と言われた場合は、私服を着用しましょう。服が好きな人が集まるアパレル面接でリクルートスーツを着ると「アパレル業界に興味がない」「ファッションセンスに自信がない」などとマイナスイメージを持たれます。

■他のブランドのロゴが大きく入ったもの
アパレル面接では他のブランドのロゴが大きく入ったアイテムを使うのはNG。「このブランドには興味がない」「常識がない」などと思われて落とされてしまう可能性があります。

また、ハイブランドのバッグもどこのブランドかわかりやすいので、避けた方が良いでしょう。

■ブランドイメージに合わない服装
アパレル面接に受かる人はブランドイメージに合う人です。ガーリーなブランドの面接でライダースジャケットを着たり、ラグジュアリーブランドの面接でスニーカーを履いたりするのは避けましょう。

■清楚感のない服装
アパレル面接は基本的に私服で大丈夫ですが、清楚感は出しましょう。部屋着のようなスウェットやハードなダメージが入ったデニムなどはマナー違反と思われることがあります。

アパレル面接でチェックされる服装のポイント

 

アパレル面接では、面接官は服装を見て次のポイントをチェックしています。

■似合っているか
ブランドイメージに合った服装をしようと普段と全く違う服を着ても似合っていなければ逆効果。面接官に「売りたいアイテムを着こなせない」「ファッションセンスがない」などという印象を持たれます。

アパレル面接では、ブランドイメージに合う服装に似合う色やシルエットが綺麗に見えるアイテムを上手に取り入れてファッションセンスをアピールしましょう。

■ブランドイメージを表現できているか
アパレル面接では、採用担当者はブランドを理解できている人を採用しようとします。自分が持っているブランドイメージを表現できる服装を選んで「絶対にそのブランドで働きたい」という意思を伝えましょう。

アパレル面接で服装以外にチェックされる外見のポイント

 

アパレル面接では、服装以外にも髪型やメイク、ネイルなどをチェックされます。

■メイクは自由
基本的に、ブランドのコンセプトと合っていればメイクは自由です。ただし、派手なメイクやノーメイクは清楚感がないと思われるので、避けましょう。メイクが不安な人は店舗に足を運び、店員さんのメイクをチェックして真似すると、失敗が少ないです。

■髪型はアレンジすると好印象
髪型も清楚感が大切。アパレル面接を受ける時は寝癖が付いたり、ボサボサになったりしていないかしっかりとチェックしましょう。服装に合わせて髪を巻いたり、ヘアアレンジをしたりするとおしゃれな印象を与えられます。

■ネイルはシンプルに
ネイルはシンプルに仕上げるのがおすすめ。長い爪や派手なネイルは「清楚感がない」と思われることもあるので、ベージュや薄いピンクなどの肌に馴染む色でワンカラーネイルにしてください。

アパレル面接におすすめの服装【1】白トップス×チェック柄スカートでガーリーに

 

ガーリーなアパレルブランドの面接を受けるなら、白トップス×チェック柄スカートで可愛いイメージの服装に仕上げましょう。コンパクトなトップスにフレアスカートを合わせると、スタイルアップ効果も期待できます。

アパレル面接におすすめの服装【2】ボアトップス×白パンツでカジュアルに

 

カジュアルなアパレルブランドの面接はボアトップスでこなれた印象の服装に。シンプルな白のパンツやグレーのパンプスをコーディネートすると、ラフすぎない面接に適したコーデになります。

アパレル面接におすすめの服装【3】赤ニット×花柄スカートでフェミニンに

 

フェミニンなアパレルブランドの面接では、赤ニットと花柄スカートで女性らしさを出すのが良いでしょう。かっちりとしたベージュのカバンを持つと、派手さを抑えられて面接官に好感を持ってもらえます。

アパレル面接におすすめの服装【4】デニム×スニーカーでスポーティーに

 

スポーティーなアパレルブランドの面接はブランドイメージを表現しながらも、ラフすぎない服装に仕上げるのがポイント。スウェットやキャップは「TPOに合わない」と判断されることもあるので、デニムやスニーカーで適度にスポーティーなコーデを作るのが良いでしょう。

アパレル面接におすすめの服装【5】ニットワンピースできれいめに

 

きれいめなアパレルブランドの面接は肌馴染みの良いベージュのニットワンピースで上品な雰囲気に仕上げましょう。服装がシンプルになりそうな場合は、スカーフなどの小物をプラスすると、ファッションセンスをアピールできます。

アパレル面接におすすめの服装【6】花柄ワンピースでナチュラルに

 

ナチュラルテイストのブランドのアパレル面接には、花柄ワンピースがぴったり。ベージュなどの落ち着いたカラーを選べば、男女問わず好印象を与えられるでしょう。ストッキングやタイツも良いですが、靴下を見せると、適度に個性も表現できます。

アパレル面接におすすめの服装【7】ラグジュアリーブランドなどではスーツが無難

 

採用後に制服が支給されるラグジュアリーブランドやスーツブランド、デパートの販売員、本社職員などのアパレル面接では、スーツを着るのが無難です。ただし、リクルートスーツはファッションに興味がないと思われるので、ブランドイメージに合うスーツを着用しましょう。

面接先のブランドのスカーフなどを使うのもおすすめです。

アパレル面接では、服装選びが大切。ブランドイメージに合った清楚感のある服装を選び、内定をゲットしましょう。服装選びに迷ったら、ブランドの店舗に行ってスタッフの服装をチェックしてみてください。