MAY.23.2019

ベッドマットレスの洗濯方法は?汚れたマットレスを清潔にする方法

ベッドマットレスの洗濯方法は?汚れたマットレスを清潔にする方法 ベッドマットレスの洗濯方法は?汚れたマットレスを清潔にする方法

ぐっすり眠るために欠かせない寝具は、定期的な洗濯が欠かせません。しかし、布団やシーツに比べると、ベッドマットレスの洗濯を後回しにしてしまう方も多いのでは?そこで今回は、ベッドマットレスの洗濯方法についてご紹介します。

ベッドマットレスの洗濯はできてる?

ベッドと女性の足

人は寝ている間にコップ一杯分の汗をかいていると言われています。
その寝汗や皮脂が染み込んだシーツや布団は、雑菌が繁殖しやすい環境になり、そのままにしておけばダニが繁殖する原因にもなるそうです。

そのため、シーツをこまめに取り換えたり、布団を干したりする方も多いですよね。
ですが、ベッドマットレスはどうでしょうか。

「布団を洗えば大丈夫」「ベッドマットレスは洗濯が大変そう」だと後回しにしていませんか?

ベッドマットレスにも汗は染み込んでいるので、布団を清潔にしていてもベッドマットレスが汚れていれば清潔さは保てません。
そしてベッドマットレスによるニオイから睡眠の妨げになることもあるので、定期的な洗濯を心がけましょう。

今使っているベッドマットレスは洗濯できるのか、マットレスの種類をチェックしよう

ベッドとベッドマットレス

ベッドマットレスを洗濯するためには、まず洗濯できるものなのか確認する必要があります。
ベッドマットレスと一口に言っても、さまざまな種類があり、特徴も変わってくるからです。

■スプリングマットレス
マットレス内部にスプリングが内蔵されているタイプのベッドマットレスで、通気性の良いことが特徴です。
掃除機で吸い取ったり、濡れタオルで拭いたりすることができますが、厚みが20cmを超えるスプリングマットレスは、乾かすのが大変なので注意が必要ですよ。

■高反発ウレタンマットレス
高反発ウレタンマットレスは水濡れに弱いものが多く、クリーニング店で取り扱っていないことも多いので、自分で洗濯する必要があります。

■低反発ウレタンマットレス、ラテックスマットレス
低反発ウレタンマットレス、ラテックスマットレスも水に濡れると一気に劣化してしまうので自分で掃除しなければなりません。

■高反発ファイバーマットレス
高反発ファイバー素材のベッドマットレスなら、側生地を取り外すことができるので、水洗いをして洗濯をすることができます。

このようにベッドマットレスによって対応が変わってくるので、何を使っているのか確認してみてくださいね。

ベッドマットレスの洗濯方法【1】水洗いをする

洗濯機と棚

ベッドマットレスの洗濯方法はいくつかあります。
まずは水洗いです。水洗いをする場合、ベッドマットレスの素材によって変える必要があるので、ぜひ参考にしてみてください。

■水洗い可能か分からないウレタン
劣化を避けるためにサッと表面を水で流すだけに留めると同時に、端の方を水で濡らしてみてどれくらい劣化するか確認してみてください。
膨張したりボロボロにならなければ、次の水洗いにシフトするのも◎。

■水洗いが可能なウレタン、高反発ファイバー
ぬるま湯を張った浴槽の中に中性洗剤を入れ、10倍に薄めましょう。
そこへベッドマットレスを入れるのですが、あまり力を入れすぎないように気をつけながら押し洗いをしてください。
ぬるま湯を抜いた後は、浴槽にベッドマットレスを立てかけて水気をとり、物干し竿などにかけてしっかり乾燥させるといいですよ。

ベッドマットレスの洗濯方法【2】濡れタオルで掃除する

マットレスに手を置く

ベッドマットレスの基本的な洗濯方法として挙げられるのが、濡れタオルで拭くことです。
食べたものや飲んだものがこぼれてしまったとき、汚れが気になったときは、濡れタオルで部分洗いをするといいですよ。

■濡れタオルで掃除するやり方
①洗面器にぬるま湯を入れ、中性洗剤を入れて10倍くらいに薄めます。
②ぬるま湯にタオルを入れて軽く絞ったら、気になるところをポンポンと軽くたたきながら汚れを取りましょう。
③汚れが落ちたら、今度は乾いたタオルをのせて水分を吸収させ、掃除が終わったらしっかり乾燥させてくださいね。

ちゃんと乾燥させないとカビやニオイの原因になることがあるので、天日干しなどができるように暖かい日に行うことがおすすめです。
布団乾燥機やドライヤーを使って乾燥させるのもいいでしょう。

ベッドマットレスの洗濯方法【3】業者に頼む

マットレスのカバーを外す手

ベッドマットレスの洗濯を自分で行うのが大変……ということであれば、業者に頼むのも一つの方法です。
とは言っても、ベッドマットレスのタイプによって取り扱いがない場合もあるので、対応可能な事業者候補をいくつかピックアップすることから始めましょう。

そして、見積もりをしてもらった上で、対応可能な日程を勘案して依頼先を選定するといいですよ。

シングルサイズなら0.8~1.5万円、ダブルサイズなら1.0~1.9万円くらいが相場になるそうです。
決して安くないですが、年に一度はベッドマットレスを洗濯した方がいいと言われているので、そのために貯めておくのもおすすめですよ。

洗濯だけじゃない!普段から心がけたいベッドマットレスのお手入れ方法

女性とベッド

ベッドマットレスはそのままにしておくと汚れが蓄積するだけでなく、弾力性もなくなってしまいます。

頻繁に洗濯することが難しくても、日ごろから簡単にできるお手入れ方法で清潔さや弾力性を保っていく必要があるでしょう。

年に一度は洗濯をすることが望ましいと言われており、最低でも3ヶ月に1回は天日干しを行うことがおすすめだと言われています。

さらに、汗のかく量は上半身と下半身で異なるそうなので、定期的にマットレスを上下ひっくり返しておくだけでも湿気が溜まりにくくなるそうですよ。
1ヶ月ごとにベッドマットレスをひっくり返すなど、決めてみてください。

そして表裏、側面にわたって掃除機をかけるようにして、ホコリやダニを吸い取るのもおすすめです。

ベッドマットレスの洗濯方法をご紹介しました。
意外と汚れが溜まっている寝具なので、シーツや布団だけでなく、ベッドマットレスのお手入れも徹底していきたいですね。
ベッドマットレスを清潔に保つことは、質の良い睡眠にも繋がり、自分自身の「美」にも繋がることなので、ぜひ心がけてみてください。