TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

スニーカーを洗濯するおすすめの方法!キャンバスやレザーなど生地別の洗い方は?

スニーカーはキャンバス地で洗いやすいものもあれば、スエードやヌバックなど自宅で洗うと痛んでしまわないか心配な生地のものもありますよね。今回は生地別でおすすめの洗い方をご紹介します。お気に入りのスニーカーを長持ちさせる洗い方なのでぜひチェックしてください。

スニーカーの洗濯方法:キャンバスやレザーなど生地別の洗い方をご紹介!

スニーカーの洗濯

スニーカーの洗濯方法の生地別のポイントをご紹介します。スニーカーの生地はキャンバスやヌバック、スエード、レザーとさまざまな種類があります。生地ごとに洗い方は異なるため、素材表示を確認して間違った洗い方をしないように注意しましょう。

素材表示によっては、洗い方に注意しなければならない生地があります。必ず表示を確認して洗うようにしましょう。

スニーカーの生地別の洗濯方法:キャンバス地の手洗いの洗い方、脱水は洗濯機でもOK

スニーカーの洗濯

キャンバス地のスニーカーは洗い方がシンプルで、比較的洗剤を選ばない生地です。汚れに応じて洗い方は変わりますが、まず基本の洗い方をご紹介します。

①靴ひもと中敷きを外す
靴ひもや中敷きを外して、別に洗います。中敷きを外さないと、スニーカーの中をしっかり洗えないので、必ず別で洗いましょう。

②洗浄液を作る
40度くらいのお湯に洗剤を入れます。洗濯洗剤でも構いませんが、専用の洗剤ならより生地に優しく洗うことができます。

③こすり洗いする
スニーカーとひも、中敷きを洗浄液の中に入れ、ブラシやスポンジで洗います。細かいところは歯ブラシで洗うといいですよ。

④水を入れ替えてすすぐ
水を入れ替えて、よくすすぎます。洗剤が残ると黄ばんでしまうので、しっかりすすいでください。

⑤陰干しで乾かす
風通しのいいところで陰干しして乾かします。洗濯機で脱水してもOKです。

スニーカーの生地別の洗濯方法:キャンバス地は洗濯機もOK!ネットに入れるのがおすすめ

キャンバス地のスニーカーは洗濯機で洗ってもOKです。ただ、スニーカーを洗濯機で洗うことに抵抗がある方もいるかもしれません。スニーカーを洗濯機で洗うときには、いきなり洗うのではなくて、予洗いするのがおすすめです。

①スニーカーの底を予洗いしておく
スニーカーの底には、泥や小さな石が入り込んでいます。洗濯機にいきなり入れる前に、歯ブラシでこすって予洗いしておきましょう。

②靴ひもと中敷きを外す

③洗濯ネットに入れる
靴用の洗濯ネットが好ましいです。クッションがついていて、靴への衝撃を防いでくれるので、素材が痛むのを防げます。

④通常コースで洗う
通常コースで洗濯機にかけます。洗剤は専用のものでも洗濯洗剤でもOKです。洗濯洗剤は液体の方が、黄ばみの原因になるのを防げます。

⑤陰干しで乾かす

スニーカーの生地別の洗濯方法:コインランドリーのスニーカー専用の洗濯機を利用するのもあり

コインランドリー

コインランドリーにはスニーカー専用の洗濯機があります。洗濯槽の中にブラシがあって、スニーカーをブラッシングして洗ってくれる優れ者。洗剤も自動で入るので、準備する必要がありません。自宅で洗うのは面倒!という人におすすめです。

スニーカーの生地別の洗濯方法:キャンバス地のにおいを取る洗い方は重曹を使って

スニーカーのにおい取りに使う重曹

キャンバス地のスニーカーの嫌なにおいを取りたい時は、重曹を使って洗うのがおすすめです。重曹は雑菌を除菌してくれる効果があります。

■必要なもの
重曹、酸素系漂白剤、洗剤、ブラシ

■洗い方
洗い方は手洗いの洗い方と一緒です。
洗浄液はぬるま湯に重曹と酸素系漂白剤を1:1で入れます。量は約大さじ1程度。汚れに応じて加減してください。
こすり洗いをする前に、洗浄液の中に1時間くらいつけておきます。こすり洗いは洗剤で大丈夫です。後は手洗いの洗い方と同様です。

スニーカーの生地別の洗濯方法:キャンバス地を白くする洗い方はつけおき洗いがおすすめ

スニーカーのつけおき洗い

スニーカーのひどい汚れを落として白くするには、つけおき洗いがおすすめです。流行の酸素系漂白剤でつけておけば、驚くほど白くなります。

つけておく時間は汚れに応じて変わりますが、ひどい汚れには一晩つけこんでもOK。仕上げにブラシでこすって生地に残った汚れを取りましょう。

スニーカーの生地別の洗濯方法:レザーは柔らかい布で汚れを優しくこすって落とす

レザー生地のスニーカー

レザーのスニーカーは、乾いた柔らかい布で、汚れを優しくこすって落とすのがおすすめです。土などのこびりついた汚れは、ブラシで優しくこすってください。

革専用のクリームや、革のスニーカー専用の洗剤を使うのもOKです。お手入れによるしみや、色落ちを防いできれいになるのでおすすめです。

スニーカーの生地別の洗濯方法:スエードやヌバックにはスニーカー専用洗剤がおすすめ

 

Jason Markkさん(@jasonmarkk)がシェアした投稿 -

スエードやヌバック素材のスニーカーは、スニーカー専用の洗剤がおすすめです。JASON MARKK(ジェイソンマーク)の「シュークリーナーソリューション」は、簡単にお手入れできて、生地を傷めずにしっかり汚れを取ってくれるのでおすすめです。

水で濡らしたブラシに「シュークリーナーソリューション」をつけて、汚れた個所をブラッシング。ブラッシングした箇所を布でふき取って、あとは干して乾かすだけ。汚れが取れていない時はブラッシング→ふき取りを繰り返します。

「シュークリーナーソリューション」はキャンバス地やレザーにも使えるので、常備しておくと便利な洗剤です。

スニーカーの洗濯における注意点:洗う前に必ず素材表示や品質表示をチェック!

靴の品質表示

スニーカーの生地の素材がよくわからない時は、必ず素材表示や品質表示を確認しましょう。素材によっては水洗いがNGなものがあります。

専用洗剤を使うにしても、素材がわからないと、どの洗剤を使ったらいいのかわかりません。素材に応じた洗剤や洗い方がスニーカーの洗濯方法の失敗しないコツです。

スニーカーの洗濯における注意点:洗う頻度はどのくらい?

干してあるスニーカー

スニーカーを毎日履く人は、1週間に1度洗うことをおすすめします。それが難しいという方は、においが気になり始めたり、雨で濡れてしまった、汗をたくさんかいたといったタイミングに洗うといいのではないでしょうか。

そのまま放っておくと雑菌が繁殖してしまいます。水虫などの原因になりますから、気をつけましょう。


いかがでしたか?スニーカーを洗濯するおすすめの方法を生地別にご紹介しました。スニーカーはこまめにお手入れして、きれいに保つことで長持ちさせることができます。カジュアルからきれいめまで、あらゆるコーデに活躍するスニーカー。これを機会に、ぜひ洗い方をマスターしてください。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ