DEC.01.2019

カヌーの服装を徹底解説!持ち物から季節別ファッションまでご紹介

カヌーの服装を徹底解説!持ち物から季節別ファッションまでご紹介 カヌーの服装を徹底解説!持ち物から季節別ファッションまでご紹介

川遊びの定番アクティビティ「カヌー」。老若男女、そして初心者でも気軽に楽しめる魅力的なアクティビティですが、どのような服装でトライすべきなのか気になるところです。そこで今回は、カヌー体験の持ち物からおすすめの服装をご紹介します!

カヌーをするときの服装はこれでOK!初心者へ向けてポイントを丸ごとご紹介

カヌーの写真

川遊びの定番として親しまれている「カヌー」。そもそもカヌーとは、小舟に乗ってパドルを使って漕ぐアクティビティであり、比較的難易度も低く、初心者でも気軽にチャレンジしやすいところが魅力だと言えます。カヤックと混同されやすいのですが、カヌーはブレードが片方だけのパドル、カヤックは両方にブレードのあるパドルを使用するところが明確な違いです。

そこで今回は、カヌー体験の注意点から必要な持ち物、そしておすすめの服装まで一挙ご紹介します!初めてのカヌー体験の満足度をグッと高めるためには、しっかりとした装備で正しい着こなしにまとめるのが重要なポイントに。ウォータースポーツの経験が初めての方は特に、ぜひ最後までご覧ください。

カヌーを楽しむ際の注意点って?まずは基本をチェックしよう

 

カヌーは、小さな子供からお年寄りまで誰もが楽しめるアクティビティ。とは言え、水辺のアクティビティということで絶対的に安全だというわけではありませんので、ここで注意点をチェックしておきましょう。そこでまず初心者は、はじめのうちは必ず上級者やプロと一緒に体験してください。いくら難易度が低いとは言え、初心者だけでは適切な判断をすることができません。

さらに、自分のスキルに合ったフィールドを選ぶことも、安全に楽しむためには大切になってきます。海や川は、岸まで戻ってくるのに漕ぐ力が必要ですし、意図せず流される可能性もあるので、実は初心者には難しいフィールド。初めて経験するのなら、比較的穏やかな湖や内海をチョイスすることをおすすめします。

カヌーに必要な持ち物って?事前にご用意を

 

さらに気になるのが、カヌー体験の際に必要な持ち物。何の問題もなくカヌーを楽しむためにも、必要なものをきちんと揃えておきたいところです。ここでは初心者に向けて、用意しておくべきアイテムや便利グッズをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■カヌーに必要な持ち物
・タオル
・帽子やサングラス
・着替え(下着までお忘れなく)
・防水ケース(携帯や貴重品などを入れるため)
・サンダル(ビーチサンダルはNG。寒い季節は厚手の靴下も)
・レインウェア(防寒にも便利)
・軍手や手袋(秋冬は特に)
・水着(夏場の下着替わりに)

カヌーの服装【1】春はまだ肌寒い!軽めのジャケットを用意しよう

ナイロンジャケットを使ったカヌーの服装

ここからは、カヌー体験におすすめのコーディネートを具体的にご紹介していきます。そこでまだまだ肌寒い日も続く春には、しっかりとしたアウターとは言わずにも、軽めのジャケットのご用意を。水上に吹く冷たい風を防ぐことができますし、体を冷やさないために持ち寄りください。

例えば華やかなナイロンジャケットを着用して、おしゃれにカヌーを楽しんでみて!ナイロン生地は撥水加工の代表ですので、濡れても安心なところが嬉しいポイントです。ボトムスはベージュのチノショートパンツで女性らしく、足元はレギンスにロングブーツで、ワンランク上のアウトドアコーデを叶えてください。

カヌーの服装【2】夏は帽子を被って!日焼け対策が必須に

Tシャツを使ったカヌーの服装

夏は、カヌーをはじめとした水上アクティビティのベストシーズン!水着を下着替わりにして、その上に化繊のTシャツと短パンを着用する、というスタイルが一般的だと言えます。ただこの季節には日差しが強いため、日焼け対策や熱中症対策に力を入れる必要があります。

グレーのTシャツに柄物のショートパンツを合わせて、リラックスムード漂う夏らしいコーディネートに。この季節は必ず帽子を被り、強い日差しから身を守りましょう。さらにサングラスも持っておくと、水面の照り返しから目を守ることができるのでおすすめです。

カヌーの服装【3】秋はレイヤードで暖かくまとめて

ベストを使ったカヌーの服装

秋はまだまだ夏の暑さが残ると言えど、急に冷え込む日もあるので注意が必要。夏の着こなしでは心もとないため、寒い季節の装いにシフトチェンジしてください。例えば「レイヤード(重ね着)」を意識して、急な気温の変化に対応できるスタイルにまとめると安心です。

長袖トップスにベストを羽織り、アウトドアらしいスタイルに。さらにハーフパンツに濡れてもOKのレギンスをレイヤードして、秋らしい装いを完成させましょう。また、肌寒くなってきたとは言えまだまだ日差しが強い日もありますので、キャップやサングラスを持っておくとgood。

カヌーの服装【4】冬はしっかりと防寒対策を!カッパがあると便利

レインコートを使ったカヌーの服装

実は寒い冬でも、カヌーを楽しむことができます。基本的には他の季節と同様に、濡れても良い化繊生地の服装に着替えるのがマスト。ジーパンやチノパン、セーターや綿素材の衣服では、乗船を断られる場合もありますので、お控えください。ハイキングウェアやジムウェアのような、運動着を意識すると良いでしょう。

さらに寒い季節に必要なのが、ズバリ「レインウェア」!レインウェアは濡れ対策だけではなく、風を防ぐため寒さ対策にもぴったりなので、必ず着用してください。一般的には、11月中旬頃から4月上旬頃までは、レインウェアが必要だとされているので、体験する時期に合わせて用意しましょう。

カヌーの服装【5】ラッシュガードで紫外線を防ごう

ラッシュガードを使ったカヌーの服装

さらにカヌーの体験時に重宝できるアイテムの一つが、「ラッシュガード」です。そもそもラッシュガードとは、本来サーフィンなどのマリンスポーツ用のアンダーウェアであり、肌を保護したり、体温の低下を防ぐために着用するもの。水着の上にさらっと羽織るスタイルも定番で、日焼け対策が叶うところも魅力的です。

夏のカヌー体験なら、水着の上にラッシュガードを羽織ったスタイルに。ラッシュガードなら濡れても安心ですし、何より紫外線から肌を守ることができるので、日差しの強い時期には用意しておきたいところです。おしゃれなデザインのものも多いので、あなた好みの一着を見つけてみてはいかがでしょうか。

カヌーの服装【6】スパッツも!速乾タイプが重宝される

スパッツを使ったカヌーの服装

さらにカヌーの際には、「スパッツ」を履くのもおすすめ!スポーツ用のスパッツなら、速乾性に優れていたり蒸れにくかったりと高機能のものが多く、マリンアクティビティに重宝できるところがポイント。さらに何より、脚の日焼けを防ぐことができるため、紫外線対策にもうってつけだと言えるでしょう。

例えばパープルのTシャツには白のアンダーシャツを仕込み、さりげなく紫外線対策を。さらにゆったりとした黒ショートパンツに黒スパッツを合わせ、シンプルなアウトドアスタイルにまとめましょう。帽子はつばの広いアウトドアハットで、顔の紫外線対策も抜かりなく。

カヌーの服装【7】UNIQLO(ユニクロ)でOK!プチプラで揃えよう

ポケッタブルUVカットパーカの写真

「カヌーの服装ってどこで揃えたらいいの?」「頻繁に体験するわけではないし、本格的に揃えるのはちょっと……」そんなあなたは、ぜひ「UNIQLO(ユニクロ)」をチェックしてみて!コスパよくカヌーにぴったりの衣服を全身揃えることができますし、シンプルで使いやすいデザインが多いため、大人の女性におすすめです。

例えばこちらのアイテムは、UVカット機能により紫外線対策に便利な「ポケッタブルUVカットパーカ」。撥水加工が施されているため、水を弾いてくれるところも嬉しいポイントです。さらに、小さく折りたたんで収納できるポケッタブル仕様により、コンパクトに持ち運びができるところもgood。

UNIQLO(ユニクロ) ポケッタブルUVカットパーカ / ¥3,289

いかがでしたか?今回は、カヌー体験時の注意点から必須アイテム、そしておすすめの服装まで一挙ご紹介しました。カヌーを体験する際には、濡れても良い着こなしにまとめるのが基本。もしも寒い季節にトライするのなら、しっかりと防寒対策を行った上で、風を遮れるレインコートなどを着用すると、快適に楽しむことができるでしょう。ぜひ参考にして、事前の準備と正しい服装で存分にカヌー体験をお楽しみください!