MAR.17.2020

足の裏のささくれが痛い!ガサガサになる原因や対処法をご紹介

足の裏のささくれが痛い!ガサガサになる原因や対処法をご紹介 足の裏のささくれが痛い!ガサガサになる原因や対処法をご紹介

足の裏に硬いささくれができていると、痛みを感じることがありますよね。なぜ足の裏はガサガサになってささくれができるのでしょうか?足の裏のささくれの原因や、正しい対処法、おすすめグッズをご紹介します。

足の裏のささくれの原因

 

足の裏にささくれができる原因は、乾燥です。乾燥が気になる時期になると、よりささくれが気になるようになります。足の裏は、体全体を支えている部分なので、角質がとても分厚く、硬くなりやすいです。

さらに足の裏には皮脂腺がありません。油分を生み出す場所がないため、乾燥が気になる季節には肌が乾燥しやすくなります。足の裏は自分でケアしてあげないと、乾燥が改善されません。

足の裏はもともと血の流れが悪く、冷えやすいため栄養もなかなか行き渡りません。そのせいで肌のターンオーバーが乱れてしまうことで、健康的な角質が作られにくくなります。

足の裏の乾燥に気づかず、そのまま放置し続けてしまうとさらに角質が硬くなり、より水分が足りなくなってしまい、足の裏に亀裂が入ったりひびが入ったりしてしまいます。そのせいで、ささくれのように硬い部分が出てくるのです。

足の裏のささくれの対処法

 

足の裏にささくれができた時の対処法をご紹介します。

■クリームを塗って保湿する
足の裏のささくれが気になる場合、クリームで保湿するのがおすすめです。この時使用するクリームは、ボディクリームのようなものではなく、軟化する効果があるクリームがおすすめです。足裏やかかと、ひじの硬さを和らげるようなアイテムを使うことで、肌の状態を整えることが大切です。

■しっかり温める
足の裏のささくれが気になる時は、お風呂に入って血行を良くしてあげるのも大切です。なかなか栄養が行き渡りにくい状況になっているので、しっかりと温めてあげることで、健康的なターンオーバーをサポートしましょう。

■角質ローラーで取り除く
足の裏が硬くなっている場合は、角質ローラーでのケアもおすすめです。全身に使う角質ケアグッズではなく、即効性があるような角質用リムーバーの方がおすすめです。硬いところにピンポイントに削り、本来の足の裏の柔らかさに戻してあげるようにしましょう。

足の裏のささくれの予防法

 

足の裏のささくれを予防する方法についてご紹介します。

■毎日しっかり保湿する
まずは保湿をすることが大切です。ボディケアは行っているのに、足の裏までは気が回っていないという人も中にはいます。保湿をしなければ角質が溜まっていく一方なので、できるだけ毎日保湿するようにしましょう。

■マッサージをする
足の裏の血行を良くするためには、マッサージをするのも効果的です。保湿をした時に一緒にマッサージしてあげるのもいいですが、どうしても時間がないという場合はお風呂の中でマッサージするのもいいでしょう。

身体を温めながら冷えてしまった部分をマッサージすることで、より高い効果が期待できますよ。

■週に1度は足の裏の角質ケアをする
ささくれを予防するためにも、週に1度は足の裏の角質ケアを行った方がいいでしょう。足の裏用の角質ケアアイテムでも良いですが、ボディスクラブなどを使うのもおすすめです。継続し続けることによって、角質がたまらずささくれもできない状態へと導きます。

■栄養バランスの整った食事
足の裏のささくれを予防するためには、食事も大切です。栄養に偏りのある食事を続けていくと、肌の乾燥を招いてしまう場合があります。肌が栄養不足にならないためにも、栄養バランスの整った食事を心がける必要があります。

体を作るたんぱく質やビタミン、ミネラルは特に肌の健康にかかわる成分です。ジャンクフードなどの爆食いはやめて、栄養価が高い食べ物を摂るようにしましょう。

栄養だけでなく、睡眠や生活習慣についても見直し、規則正しい生活を送ることも同時に気をつけるようにしましょう。

足の裏のささくれケアにおすすめ【1】資生堂 角質スムーザー 612

資生堂の角質ケア

資生堂の角質スムーザー612はひじやかかとなどの硬くなった角質をケアするスポンジです。ポリウレタンにナイロンを特殊加工し、両面の質感を変えています。手のひらの中にぴったりと納まりやすい形で、どの場所も手入れしやすいです。

資生堂 角質スムーザー 612 / ¥880

足の裏のささくれケアにおすすめ【2】エーザイ チョコラザーネプラス

エーザイのクリーム

エーザイのチョコラザーネプラスはガサガサな手指や硬くなった肌に効果的なクリームです。肌になじみやすく、さらっとしているのにしっとり感が持続します。皮膚を柔らかくしながら、適度な油分を補って荒れた皮膚を改善します。

足の裏のささくれについてご紹介しました。ストッキングなどに引っかかるととてもやっかいなささくれ。足の裏にできる場合も指先と同様に乾燥が原因となっています。足の裏の乾燥を防ぎながら、角質ケアをすることが大切です。しっかりとケアを行って、ささくれのないきれいな足の裏を手に入れましょう。