FEB.19.2020

背中の洗い方の正解は?背中ニキビに悩む人の原因やケア方法をご紹介

背中の洗い方の正解は?背中ニキビに悩む人の原因やケア方法をご紹介 背中の洗い方の正解は?背中ニキビに悩む人の原因やケア方法をご紹介

顔のスキンケアには凝っているのに、背中にはニキビや肌荒れがいっぱいあって、見せられない!という人もいるのでは?背中の肌トラブルの原因は何なのでしょうか?正しい肌の洗い方や、荒れがちな肌にやってはいけないNGケアをご紹介します。

背中の肌トラブルの原因

 

背中トラブルの原因についてご紹介します。

■皮脂が過剰分泌している
背中ニキビは、皮脂が過剰に分泌している場合があります。特にホルモンバランスが乱れてしまうと、背中にも皮脂が過剰に分泌してしまいます。また、ボディーソープやシャンプーなどが背中に付着しているままだと、皮脂と混ざり合いやすく、肌が荒れやすい状態になります。

■肌の乾燥
背中のトラブルは、肌の乾燥が原因で起こることも。特に乾燥肌に悩んでいるという人は、背中が乾燥しやすいです。さらに、洗浄力が高すぎるボディソープを使用することで、より乾燥を招くことになります。

■洋服の繊維
背中のトラブルの中には、洋服の繊維が影響していることもあります。肌に優しい素材ではなく、化学繊維を使っている洋服を着ることで、肌がかぶれを起こしている可能性があります。ただの肌の乾燥だと思っていても、素材自体に負けてしまっている場合もあるので、注意が必要です。

背中のトラブルができるNGな洗い方

 

背中トラブルが起こりやすくなる、NGな背中の洗い方についてご紹介します。

■スポンジでゴシゴシ洗う
背中トラブルは、スポンジを使ってゴシゴシ洗っている人に起こりやすいです。背中の皮膚が強いと思っている人もいますが、顔の皮膚と同様ゴシゴシこすれば余分な皮脂や角質まで取り除いてしまいます。

目が粗い作りのスポンジを使って体を洗うことは、あかすり感覚でたまにやる分にはいいかもしれませんが、毎日やっていると、背中の皮膚を傷つけています。

■シャンプー前に洗う
背中をシャンプーの前に洗うのも、実はNGです。ボディソープを使ったから、汚れをしっかり落とせていると思ったら大きな間違いです。シャンプーをした時に背中についた泡が残っていて、そのまま流さなければ肌に残ったままになります。それにより、肌が荒れてしまっている場合があります。

■洗浄力の高いボディソープを使う
もしかしたら、ボディソープの洗浄力が自分の肌に合っていないケースもあります。普段から何気なく使っているボディソープが、本当に自分の肌に合っているかをしっかりチェックしましょう。ニキビに悩んでいるならニキビに効果的なもの、肌が弱ければ潤いを守りながら洗うものなど、人それぞれ自分に合っているものは違うので、明確にする必要があります。

背中の正しい洗い方

 

背中の正しい洗い方についてご紹介します。

■ボディソープを選びなおす
まずは、自分が使うボディソープが本当に肌に合っているのか、見直すところから始めましょう。ニキビ用・敏感肌用・乾燥肌用など、さまざまなタイプのボディソープが売っています。自分の肌に合ったものを選んで使うようにしましょう。

■背中は手で優しく洗う
背中の洗い方は、手を使って優しく洗うのがおすすめです。ボディ用スポンジなどは使用せず、しっかり泡立てたボディソープを、手で滑らせるように洗っていきます。ボディソープを泡立てる時にボディ用スポンジを使用するのはいいですが、肌に乗せる時は手のひらを使って、ソフトタッチで行うことが大切ですよ。

■洗い流すお湯は熱すぎないようにする
背中を洗い流す時の洗い方は、熱すぎないお湯を使うようにしましょう。できるだけ38度~40度くらいの温度にすると、余分な皮脂まで取り除かずに済みます。熱すぎるお湯は避けて、洗い残しのないように、しっかり流すようにしましょう。

洗い方以外の背中をきれいにする方法

 

背中の洗い方以外にも、背中をきれいに保つために必要なことがあります。背中をきれいに保つ方法についてご紹介します。

■肌着の素材にこだわる
背中をきれいに保つためには、肌着の選び方が重要になります。特に注意が必要なものが、ヒートテックです。温かく保ててとても便利なアイテムですが、肌の水分を必要以上に持っていってしまうため、肌が乾燥しやすいです。また、かぶれの原因になることもあるので、万が一背中トラブルに悩んでいる場合は、1度使用を中止しましょう。

肌着を選ぶのであれば、シルクやコットンなど肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

■保湿を忘れない
背中をきれいに保つためには、保湿がとても重要です。毎日しっかりクリームやジェルなどで保湿を行うようにしましょう。毛穴が詰まりやすい人でも、保湿は大切です。毎日のスキンケアの一環として取り入れるようにしましょう。

背中の洗い方についてご紹介しました。背中のトラブルは洗い方が原因で起こっていることもあります。とてもデリケートな部分なので、肌トラブルがある場合は、自分の洗い方を見直して、肌トラブルのないきれいな背中を手に入れましょう。