NOV.10.2019

涙袋のおすすめの作り方は?自然に作るコツやおすすめのコスメとは

涙袋のおすすめの作り方は?自然に作るコツやおすすめのコスメとは 涙袋のおすすめの作り方は?自然に作るコツやおすすめのコスメとは

涙袋のある目元って憧れますよね。目が小さくてももともと大きいかのような錯覚メイクを作ることができます。全くない状態の涙袋をメイクで作るにはどうしたらいいのでしょうか?涙袋を作る方法やおすすめのアイテムをご紹介します。

不自然に見えるNGな涙袋の作り方

 

不自然に見えてしまうNGな涙袋の作り方についてご紹介します。

■真っ白なアイシャドウを乗せる
涙袋を作りたいからと言って、真っ白のアイシャドウを使うのはNGです。目の下が白すぎるのは少し前のメイクに見えてしまい、古臭い印象になってしまいます。目の下ばかりが強調されて自然な印象には見えないので、できるだけ白のアイシャドウを使うのはやめるようにしましょう。

■影を目の下全体に引く
涙袋の影となる部分は、涙袋を作る上でとても重要になります。しかし、この部分を長く引きすぎるととても不自然になります。涙袋を作るためには、しっかり引くというよりは自然になじませることが重要なので、目の下全体に影を入れるのはやめるようにしましょう。

■影の線が太い
涙袋の影となる部分は、太さも重要です。長さが太くなってしまうと、涙袋を描いているのがバレバレになります。できるだけバレないように細く描くことが大切です。

涙袋の作り方のコツ

 

涙袋を自然に見せるための作り方のコツについてご紹介します。

■自分の涙袋の位置に合わせる
自然な涙袋を作るためには、自然な場所に作るのが大切になります。自分が笑った時にぷくっと盛り上がる部分が、自分の涙袋の場所です。特に一重の方は目を大きく見せたいからといって涙袋を大きくしてしまうと、バランスが取りにくくなります。自分の目の形に合った涙袋を作るようにしましょう。

■肌なじみのいい色を使う
涙袋のふくらみを持たせる部分に使うアイシャドウの色は、肌なじみのいいカラーがおすすめです。白を使ってしまうと不自然に目立ってしまうので、ピンクやベージュ系がおすすめです。この時パール感のあるものを使うと、より立体感が強くなります。

■影は細く薄く引く
涙袋の影を自然に見せるためには、細く薄く引くことが大切です。パウダーなどを使って描くと、どうしても太くなってしまいます。光が当たっている場所ではそこまで気になりませんが、光のない場所に行くと目の下の線が変に目立ってしまいます。

また、色も濃すぎると不自然に目立ってしまうので、細いペンシルや影用ライナーを使うのがおすすめです。

自然な涙袋の作り方

 

自然な涙袋の作り方について詳しくご紹介します。

■明るいアイシャドウで目の下のくすみを消す
まずは明るいアイシャドウを下まぶた全体に色味を乗せていきます。この時のカラーは明るいものであれば何でもOKです。まぶた全体のくすみを飛ばしてから涙袋を作った方が、うまくいきますよ。

■影になる部分にラインを引く
次に涙袋の影になる部分にラインを引いていきます。この時おすすめなのが、影用ライナーです。細く薄く簡単に引くことができるので涙袋の陰にぴったりです。引く場所は黒目の下部分のみです。これ以上広げてしまうと、不自然な印象になってしまうので、この部分のみに入れるようにしましょう。

■影をぼかす
影用ライナーで引いた部分を、同じような薄いブラウンを使いぼかしていきます。中央の線の部分は線がはっきりしていてもいいので、ぼかさなくてもOKです。両端部分にアイシャドウでぼかすことによって、ナチュラルになじみますよ。

■ハイライトカラーを乗せる
影がしっかり描けたら、最後にハイライトカラーを乗せていきます。目頭の部分からまぶた中央にかけてハイライトカラーを乗せていきましょう。パール感があればあるほどぷっくりとした印象になりますよ。

■必要であればラメを足す
まだぷっくり感が足りないという場合は、最後にラメを足していきましょう。よりふくらみを持たせたい部分にだけ少量ラメを乗せていきます。全体に乗せてしまうと不自然なので、もっともふくらませたい部分にだけ乗せるようにしましょう。

涙袋の作り方におすすめ【1】CEZANNE(セザンヌ) 描くふたえアイライナー

セザンヌのアイライナー

CEZANNEの描くふたえアイライナーは皮脂やこすれに強い薄いブラウンのアイライナーです。涙袋や二重のライン、リキッドアイブロウとしても使うことができます。立体感のある大きな目元へと導く影用ライナーです。

CEZANNE 描くふたえアイライナー / ¥660

涙袋の作り方におすすめ【2】ETUDEHOUSE(エチュードハウス) キラキラアイシャドウ

エチュードハウスのアイシャドウ

ETUDEHOUSEのキラキラアイシャドウは、柔らかく密着するパール入りのアイシャドウです。キラキラした目元を演出することができます。塗りやすいスティックタイプで、細かい部分にも塗りやすいです。

ETUDEHOUSE キラキラアイシャドウ / ¥510

涙袋の作り方についてご紹介しました。涙袋はメイクを使うことで簡単に作ることができます。自分の目に合った涙袋を作れば、自然な印象になりますよ。自分にぴったりな涙袋メイクを見つけてみてくださいね。