FASHION
JAN.23.2020

派遣登録の服装を徹底解説!好印象の髪型やメイクまで丸ごとチェック

派遣登録の服装を徹底解説!好印象の髪型やメイクまで丸ごとチェック 派遣登録の服装を徹底解説!好印象の髪型やメイクまで丸ごとチェック

派遣登録へ足を運ぶ際の服装に、お悩みの女性も多いはず。畏まったスーツ姿で足を運ぶべきか、それともカジュアルな普段着でも問題ないのか、気になるところです。そこで今回は、派遣登録の身だしなみのポイントからおすすめの服装まで一挙ご紹介します!

派遣登録の服装にお悩みのあなたへ!正しい身だしなみで好印象を与えよう

 

派遣社員として働くためには、まずは「派遣登録」という壁を乗り越えなければなりません。この派遣登録とは、会社との初顔合わせの場であり、面談やスキルチェックテストが行われる会。登録会で合格不合格が決まるということはないものの、マイナスイメージを与えてしまっては、派遣先を思うように紹介してもらえないというケースも考えられるので注意が必要です。

そこで今回は、派遣登録の際の身だしなみのポイントを解説した上で、おすすめの髪型からメイク、服装まで丸ごとご紹介します!年代別にぴったりのコーディネートを提案しつつ、それぞれの着こなしのポイントまで徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

派遣登録の服装のポイントって?清潔感が何より重要に

 

派遣登録では基本的に服装自由だからこそ、どのような着こなしが良いのか頭を抱えることでしょう。そこでまず、派遣登録は面接の場ではなく面談や説明を受ける場ですので、特段スーツスタイルでかしこまる必要はありません。もちろんスーツ姿だと間違いはないのですが、きれいめな普段着、もしくはややくだけたオフィスカジュアルくらいをイメージすると良いでしょう。

さらに、派遣登録の際の身だしなみで何よりも重要となるのが「清潔感」。例えば露出の多い服やダボダボでラフな服、シワやヨレが目立つ服ではだらしない印象を与えてしまい、その後の選考で不利になってしまう可能性もあります。清潔感があるだけで頼り甲斐があるように見えますし、『仕事がデキる人』だと印象付けることができるので、ぜひ清潔感のある身だしなみを意識してください!

派遣登録には何が必要?持ち物を一挙ご紹介

 

「派遣登録には何を持っていけばいいの?」とお悩みの女性も多いはず。忘れ物のないようしっかりと準備をして、不備なく当日を迎えたいところです。そこでここでは、派遣登録会に必要な持ち物からあったら便利なアイテムまでご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

■派遣登録会に必要な持ち物
・本人確認書類(免許証、パスポート、個人番号カード等)
・印鑑(シャチハタ不可の会社も)
・履歴書、職務経歴書(提出不要の会社もあるので要チェック)
・給与振込先の通帳
・メモ帳
・筆記用具

派遣登録にはどんな髪型がベスト?きちんと感を意識するとOK

 

派遣登録では、どのような髪型や髪色が好まれるのでしょうか。そこで基本的には、よほど奇抜でなければどのようなヘアスタイルでもOK。ただしボサボサで寝癖のついたような清潔感のない髪型ではだらしない印象を与えてしまうため、しっかりとヘアセットをして登録会へ足をお運び下さい。

最も好印象なのは、黒や茶色などの落ち着いた髪色。ロングヘアーの方は、髪が顔にかからないように束ねておくと良いでしょう。例えばサイドの髪をしっかりとまとめたハーフアップスタイルは、きちんと感がありつつも女性らしさを演出できるため、派遣登録会にもぴったりだと言えます。

派遣登録のメイクは?清潔感を心掛けると好印象

 

さらに気になるのが、「メイク」の問題。派手で奇抜な厚化粧は言うまでもなくNGですが、反対にノーメイクも登録会にはふさわしくないので注意しましょう。メイクは一種のビジネスマナー・エチケットとして捉えられており、最低限守るべき身だしなみですので、一切手をつけていない状態ではマイナスイメージを与えてしまう可能性があります。

ノーメイク=ナチュラルメイクと勘違いされている方もいらっしゃるかもしれませんが、これらは全くの別物。ナチュラルメイクは自然に見えるようにしっかりと作り込んだ化粧であって、ビジネスシーンにおいて好印象を与えることができます。したがって、派遣登録会ではやりすぎ感のない自然なナチュラルメイクを意識してください!

派遣登録の服装【1】大学生はリクルートスーツがおすすめ

 

ここからは、具体的に派遣登録会におすすめの服装をご紹介していきます。そこで大学生ならば、「リクルートスーツ」の着用が無難。もちろん普段着でも良いのですが、学生の私服姿はどうしてもフレッシュで誠実さに欠ける場合もありますし、きちんとしたスーツ姿が安心だと言えるでしょう。

例えば、襟付きの白シャツに黒のスカートスーツで、フォーマルな装いに。このようにしっかりとした着こなしで足を運べば、「やる気がある子だな」と思わせることができ、周りから一歩リードできるかもしれません。また、スカート・パンツどちらでも構いませんが、アクティブに見せたい時にはパンツスーツ、女性らしく柔らかな雰囲気を演出したい時にはスカートスーツをおすすめします。

派遣登録の服装【2】主婦はオフィスカジュアル風のきちんとしたスタイルに

ブラウスを使った派遣登録の服装

「スーツなんてもう持っていないし……」とお悩みの主婦のあなたは、オフィスカジュアル風のきちんとした着こなしを意識するとOK!ラフでカジュアルすぎる普段着ではない限り、スーツ姿でなくても悪い印象を与えることはありません。

例えば、落ち感が綺麗な白ブラウスには、ベージュのクロップド丈スラックスを合わせてオフィスカジュアル風のコーディネートに。ベージュと白の組み合わせは、きちんと感や清楚な雰囲気を演出できるのでおすすめです。足元は軽くヒールのあるパンプスで品良く、カバンもかっちりとしたハンドバッグで、とことんきれいめにまとめましょう。

派遣登録の服装【3】40代もラフなスタイルはNG!清潔感を意識して

レーススカートを使った派遣登録の服装

40代の女性も、ラフな着こなしを避けてきれいめに。清潔感のある装いで、好印象を与えられるように心掛けましょう。例えばお顔がどんよりとくすんで見えることにお悩みであれば、カラーアイテムを程よく取り入れて、パッと華やかな印象へと導いてみてはいかがでしょうか。

くすみブルーのボウタイブラウスは、顔まわりを華やかに見せつつも、やりすぎ感なく落ち着いた雰囲気。さらにネイビーの総レーススカートを合わせて、レディライクにまとめましょう。足元は黒タイツに黒パンプスで、とことん品良く決めると好印象です。

派遣登録の服装【4】50代もきちんとした身だしなみで好印象をゲット

スラックスを使った派遣登録の服装

「50代でも派遣で働くことはできる?」「なかなか派遣先を紹介してもらえないんだけど……」と不安を抱える50代の女性も多いことでしょう。人気の企業であればあるほど、若い人材が優先されやすいのは紛れもない事実です。しかし派遣会社に信頼感を与えることができれば、年齢に関係なく派遣先を紹介されやすくなるため、まずは身だしなみから意識していきましょう。

例えば白ブラウスにグレーのスラックスを合わせて、スマートな装いに。足元は黒パンプス、カバンは黒のハンドバッグをチョイスして、きちんと感を引き立てましょう。このように、アクティブな印象を与えることができる『デキる女』風のパンツスタイルにまとめると、若々しさも演出できるのでおすすめです。

派遣登録の服装【5】インナーはどうする?顔色が明るく見える清楚なものを

 

派遣登録の際のインナー選びにお悩みならば、白でシンプルなデザインのシャツやブラウス、もしくはカットソーを合わせると安心です。柄物は派手な印象を与えてしまうため、無地でベーシックなデザインのものを選ぶのがベター。きちんと見せたいなら襟付きシャツ、柔らかい雰囲気にまとめたいならクルーネックブラウスと、なりたいイメージに合わせて選ぶと良いでしょう。

白のインナーは清楚感ときちんと感を演出できるので、フォーマルな場に最もおすすめできるのですが、もちろん色物をチョイスしてもOK。パキッとした派手な色合いはふさわしくありませんが、さりげなく顔まわりを華やかにする淡いピンクやブルー、イエローなどは、表情を明るく見せることができ、好印象へと繋がるでしょう。

いかがでしたか?今回は、派遣登録の身だしなみのポイントからおすすめのコーディネートまで一挙ご紹介しました。派遣登録では服装の規定はありませんが、きちんとした清潔感のあるスタイルにまとめるのが鉄則。スーツ姿が無難とは言えど、なければオフィスカジュアル風のきれいめな着こなしを意識すれば十分です。ぜひ参考にして、好印象を与えられるような服装で派遣登録会へと足を運んでください!