BEAUTYOCT.15.2018

マスクにつかないメイクのやり方は?アイメイクやファンデをご紹介

マスクをしている時のメイクって、どうすればいいのか悩みますよね。マスクをしているとどうしてもメイクが落ちやすく、マスクにファンデーションがついてしまうこともあります。マスクメイクのやり方や落ちないメイクのポイントをご紹介します。
マスクをしている時のメイクって、どうすればいいのか悩みますよね。マスクをしているとどうしてもメイクが落ちやすく、マスクにファンデーションがついてしまうこともあります。マスクメイクのやり方や落ちないメイクのポイントをご紹介します。

マスクメイクのポイント

マスクを付けている女性
マスクをする時のメイクには、取り入れた方がいいポイントがいくつかあります。マスクメイクのポイントについて詳しくご紹介します。

■アイメイクでバランスを取る
マスクをした状態のメイクで、大きく印象を変える部分は、目元しかありません。マスクをしている時のメイクでは、アイメイクを使って印象付けしていくことになります。

唇や頬が見えないため、血色感を与えることができないので、アイメイクを使って顔全体に華やかさを出すことで、病弱や薄い印象を消し去ることができますよ。

■見えない部分は最低限
マスクをしていると、頬や口元など見えなくなる部分が出てきます。マスクで大半の部分は見えなくなるので、隠れている部分をわざわざカバーする必要はありません。ベースは必要最低限で十分です。

ファンデーションの色移りに悩んでいるという場合は、色移りしないようなトーンアップ系の下地を使うことをおすすめします。チークやリップに関しては、必要最低限にとどめていきましょう。

特にリップはマスクに付きやすいので、べたつきが少ないものを選ぶようにしましょう。

■ファンデーションをするならフィックス
マスクをしている時のメイクの悩みとして、誰もが感じていることがファンデーション落ちです。マスクにファンデーションがついてしまって、メイク崩れを起こしてしまうことがあります。

ファンデーションが落ちないようにするためには、ファンデーションを使わずにメイクすることが1番ですが、どうしてもファンデーションをしたいという場合は、しっかりとフィックスする必要があります。最後の仕上げに化粧崩れ防止スプレーやフィックスミストなど、必ず肌にフィットさせるようにしましょう。

マスクメイクのやり方【1】ベースメイク

置かれている1枚のマスク
マスクをした時のベースメイクのやり方についてご紹介します。

■化粧下地
マスクメイクでは、ベースは必要最低限でOKです。マスクからはみ出る目元から上や、耳横の部分が綺麗に仕上がるようにメイクをしていきましょう。できればファンデーションなしで仕上げる方が、メイク崩れを防止することができるので、化粧下地でトーンアップできるようなアイテムを使っていきましょう。

いくつものアイテムを重ねるというよりは、日焼け止め効果とトーンアップ効果が同じになっているようなタイプの化粧下地がおすすめです。パール感で顔の印象を変えるCCクリームや顔の色ムラを消すコントロールカラーなどもおすすめですよ。

■ファンデーション
基本的にファンデーションは使わない方が、綺麗に仕上がります。どうしてもファンデーションを使いたいという場合は、部分的に使っていくことをおすすめします。カバー力が欲しいところや、質感を変えたいところなど、気になる部分にだけポイントでファンデーションを乗せていきましょう。

■フェイスパウダー
最低限度のメイクでも、フェイスパウダーは最後に叩くようにしましょう。マスクの中は湿気が多く摩擦も起こります。化粧崩れの原因になるので、全体的にまんべんなくフェイスパウダーを乗せることで、化粧崩れを減らすことができます。

マスクメイクのやり方【2】アイメイク

アイシャドウなどのコスメ用品
マスクメイクでのアイメイクについてご紹介します。

■アイシャドウ
マスクをした状態で、色味を付けることができるのはアイシャドウだけです。マスクをしている時は思い切って、ブラウン系のアイシャドウをやめて、色味のわかるアイシャドウを使うことをおすすめします。

ラメ感やパール感が強いアイテムを使うことで、より印象付けることができます。ピンクやオレンジなどの単色塗りでも、ナチュラルでフレッシュなメイクを作ることができるのでおすすめです。

■アイライナー
マスクをしている時のアイラインは、目元の印象付けるために重要なアイテムです。アイラインはまつげの間を埋めるようにインラインとして引いていきましょう。丸目に見せたい場合は黒目の上、たれ目に見せたい場合は目尻側を少し太く引くことで、バランスをとることができます。

■マスカラ
マスカラは目元を大きく見せるために、欠かせないアイテムです。ビューラーでしっかりと根元からカールさせた状態で、マスカラを塗っていきましょう。カールキープ力の高いマスカラを使うか、マスカラ下地を使うことで長時間キープすることができます。

マスクメイクのやり方【3】ポイントメイク

アイシャドウや筆などのメイク道具
マスクメイクでのアイメイク以外のポイントメイクのやり方をご紹介します。

■アイブロウ
アイブロウはマスクをしていても見える部分になります。眉毛の形によって顔の印象が決まるといっても過言ではありません。柔らかい印象に見せたい場合は、アーチ型の眉毛がおすすめです。クールな印象に見せたい場合は、上がり気味のストレート型の眉毛がおすすめです。

■リップ&チーク
リップとチークは、必要最低限で仕上げていきましょう。見える部分ではないので、省いてもOKですが最低限度の保湿は必要になるので、リップはリップクリームだけでも付けておくようにしましょう。

■フィックスミスト
メイクが全て完了したら、フィックスミストを使って化粧をフィックスさせていきます。フィックスタイプのミストを使った方が化粧崩れを防ぐことができるのでおすすめです。フィックスミストがない場合は、普段使っている化粧水をスプレーボトルに入れて、最後に顔に吹きかけるようにしましょう。

フィックスミストを掛けた後30秒経っても水分が飛ばない場合は、ティッシュオフをするようにしましょう。
マスクをしている時のメイクについてご紹介しました。マスクをしていると、見える部分が限られてくるので、限られた部分を最大限に活かすことが必要になります。マスクメイクをマスターして、マスクをしていてもいつでも盛れる自分を手に入れてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。