LIFESTYLEOCT.27.2018

ワンルームってどういう部屋?間取りやおしゃれなインテリア配置とは

お部屋選びでは、部屋の間取りは重要なポイントですよね。そこで今回は、一人暮らしの定番、ワンルームの間取りや、おしゃれなインテリア実例をご紹介します。
お部屋選びでは、部屋の間取りは重要なポイントですよね。そこで今回は、一人暮らしの定番、ワンルームの間取りや、おしゃれなインテリア実例をご紹介します。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【1】1R(ワンルーム)の間取りって?

ワンルームに住んでいる女性
一般的な1R(ワンルーム)アパートやワンルームマンションとは、キッチンと部屋の間にドアがなく、1部屋になっているタイプのお部屋です。

一人暮らしの一般的な1部屋タイプの間取りの種類としては、その他に1K(ワンケー)や1DK(ワンディーケー)が定番です。

ワンルームと1Kのお部屋の違いは、キッチンがある廊下と部屋の間にドアがあるかどうかです。1Kの部屋の場合は、仕切りとして扉があり、記載されている6畳や8畳のお部屋の付属として4.5平米未満の廊下やキッチン、お風呂やトイレなどがついています。4.5平米を超える場合は1DKとなります。

一方、ワンルームのお部屋の場合は、6畳や8畳と記載されているお部屋でも、廊下の面積を含めている場合も多いので、キッチンを居住スペースと区切って使用しようと考えると、実際の部屋の面積は3畳ほどになる場合があるので注意が必要です。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【2】ワンルームのメリット

ワンルームに住んでいる女性
■家賃がお得

ワンルームは、1Kや1DKの間取りのお部屋と比べると、家賃が安いのが一般的です。お部屋を選ぶ際は、

・廊下の面積や実際の部屋の広さがどの位なのか
・ロフト付きか
・クローゼットの広さ

などもチェックしておきましょう。


■意外と便利

また、料理をしながらテレビを見れたり、料理を作ったらすぐに食卓へ運べる、お出かけ前の準備の移動時間が少ないなど、ワンルームでの暮らしは、コンパクトだからこそ使いやすいというメリットもあります。

また、部屋がコンパクトなので、お掃除も比較的楽にできるのも魅力ですね。


■風通しが良い

一人暮らしのアパートやマンションでは、平日はなかなか換気できず、キッチンや玄関に湿気が溜まりやすい場合もありますが、ワンルームの場合は一つのお部屋としてつながっているので、換気しやすく、風通しが良いのもメリットです。


■統一感のあるお部屋にできる

そして、ワンルームのお部屋は、キッチンが内包されているので、開放的なキッチンになります。

また、プチDIYで壁を取りつけたり、100均のリメイクシートで壁紙や扉などのデザインを変えて、キッチンもおしゃれにイメチェンするなど、統一感のある自分好みのお部屋にしやすいのもメリットです。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【3】ワンルームのデメリットと対策方法

ワンルームに住んでいる女性
■匂いが気になる

ワンルームのお部屋のデメリットは、きちんと対策をしないと、料理の匂いや油が、洋服やインテリアなどについてしまうことです。

自炊する方は、換気をしながら料理をするだけでなく、換気扇を利用したり、簡易的にカーテンでキッチンとお部屋を区切れるような間取りを選ぶと良いですね。


■外から部屋が見えやすい

また、廊下と部屋の間にドアがない一般的なワンルームは、玄関を開けると、部屋の中が丸見えになってしまうのもデメリットです。

女性一人暮らしとわかってしまうのは、防犯面では不安があります。他人が訪問してくる際に部屋の中が見えないよう、廊下とお部屋の間に突っ張り棒を利用したカーテンをつけるのがおすすめですよ。


■狭い

そして、廊下がほとんどないような間取りのワンルームのお部屋は、狭さを感じる事もあります。
キッチングッズの収納スペースや、冷蔵庫や電子レンジ、炊飯ジャーなどを部屋の中に置くと、お部屋が狭くなってしまいます。

ワンルームを選ぶ際は、部屋のレイアウトを考え、生活スペースが狭くなりすぎないか確認したり、ロフト付きのお部屋を選ぶのも一つの方法ですね。

また、ロフト式ベッドや布団、ソファベッドを使って、生活スペースを有効活用するのもおすすめです。

また、ワンルームのお部屋は、入り口が狭く、大きな家具が入らない場合もあります。部屋を決める際は、置きたいインテリアが入るかどうか、寸法もチェックしておきましょう。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【4】リラックスタイムが楽しくなるレイアウト

 
ワンルームの間取りは、ベッドとテレビの位置が重要です。

ベッドに横になりながら、テレビや映画を観たい方は、テレビ、テーブル、ソファ、ベッドの順で、平行になるようにインテリアを設置するのがおすすめです。

リラックスタイムも楽しく過ごしやすいですね。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【5】ベッドルームとダイニングを作ろう

 
ワンルームの解放感を残しながらも、生活スペースを分けたい方におすすめしたい間取りが、ベッドルームとキッチンをインテリアで区切る方法です。

こちらのように、棚を仕切りとして利用したり、パーテーションやカーテンを利用するのも良いですね。

一人暮らしの場合でも、お客さんが来た際はソファでゆったりとくつろぎやすいですね。

理想的なワンルームの間取りのインテリア実例です。

ワンルームの間取りやインテリア配置のアイディア【6】自炊派の方は

 
自炊派の方におすすめしたいワンルームの間取りは、キッチンカウンターをDIYして、カフェ風にしたお部屋です。

ワンルームのキッチンは、調理スペースが少なく、まな板や鍋、お皿を置く場所が不足してしまいがちです。

キッチンカウンターの横に椅子を置いて座れるようにすれば、バーカウンターのようになりますし、こちらのように、サイドにテーブルを置いてダイニングを作るのもおすすめの配置ですね。
一人暮らしの定番の間取りの「ワンルーム」は、開放的な空間が魅力です。ぜひ、自分に合った間取りやインテリア配置を選んで、毎日を楽しく快適に過ごしていきましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。