BEAUTYAPR.25.2019

春の化粧直しはどうやる?乾燥や紫外線から守るメイク直し術

冬から春に移り変わると、メイクの悩みにも少しずつ違いが出てきますよね。春におすすめの化粧直しとは、どのような方法なのでしょうか?乾燥や紫外線から肌を守る化粧直しのポイントややり方についてご紹介します。
冬から春に移り変わると、メイクの悩みにも少しずつ違いが出てきますよね。春におすすめの化粧直しとは、どのような方法なのでしょうか?乾燥や紫外線から肌を守る化粧直しのポイントややり方についてご紹介します。

春の化粧崩れの原因

アイメイクをしている人
春に起こる化粧崩れには、どんなことが関係しているのでしょうか?春に気をつけたい化粧崩れの原因についてご紹介します。

■汗
春になるとだんだん暖かい日も増えてきますよね。その中で、少し汗ばむような日も出てきます。体が暑いと感じてるときは、顔も汗をかいていることがほとんどです。気温が上がっている時には、汗による化粧崩れが発生してしまうこともあります。

■乾燥
汗ばむ日々も少しずつある春ですが、まだまだ肌は乾燥を感じてしまうようなこともあります。気温が上がったから大丈夫だと思っている人も多いですが、気温関係なく肌が乾燥してしまっている場合もあります。

さらに冬に受けた肌ダメージが表面上に出てきてしまっている場合もあるので、乾燥が原因で化粧崩れが起こってしまっていることもあります。

■花粉
春になると摩擦が原因で化粧崩れが起こってしまうことがあります。その1番の原因は花粉症です。花粉症になると、目や鼻周りをこすってしまうことが増えます。

しっかり崩れにくいメイクをしているつもりでも、何度となく摩擦を加えてしまうと落ちてしまいます。花粉症に悩んでいるという人の中には、花粉症が原因の化粧崩れが起こってしまうこともあります。

春に行う化粧直しのポイント

顔半分だけ見えている人
春の化粧直しのポイントについてご紹介します。

■紫外線対策をしっかり行う
春になると紫外線量がだんだん多くなってきますよね。年中紫外線は降り注いでいますが、寒い冬の時期はどうしてもさぼりがちになっているという人も多いです。春になると、目に見えて日差しが強くなってくるのがわかるので、紫外線対策に力を入れ始める人も多いです。

春になったら化粧直しのアイテムにも、紫外線対策ができるようなものを取り入れていきましょう。万が一汗や皮脂などでメイクが落ちてしまっている場合でも、しっかり紫外線をカットできるようにすることをおすすめします。

■花粉対策も行う
花粉症になると目が痒くなってしまったり、鼻をたくさんかんでしまったりすることで、化粧崩れがしやすくなってしまいます。

目元や鼻周りを中心に、崩れてしまっている部分をフラットな状態に戻すような化粧直しを心がけていきましょう。

■保湿もしっかり行う
冬から春にかけて、気温もだんだん暖かくなってきますよね。冬にしっかり保湿ができていたという人でも、春になると気を抜いてしまうという人も中にはいます。春でも乾燥はまだ続くことも多く、冬のダメージが春先に一気に出てしまうこともあります。

化粧直しをする場合は、しっかり保湿をしながら行うことができるようなアイテムを使うようにしましょう。

春の化粧直しのやり方

頬にチークを乗せている人
春の化粧直しの基本のやり方についてご紹介します。

■皮脂を取り除く
化粧直しをする前に、顔についている皮脂を取り除いていく必要があります。まずは化粧崩れが気になる部分に、あぶら取り紙やティッシュやスポンジなどを使って皮脂を優しく取り除いていきましょう。

■フラットな状態に整える
皮脂を取り除いたら、次に化粧崩れを起こしている部分をフラットな状態に整えていきます。化粧崩れとは皮脂と化粧品の油分が混ざり合った状態になります。ある程度の皮脂を取り除いたら、化粧が剥がれている部分と密着している部分の差をなくす必要があります。

おすすめのアイテムは乳液や化粧下地です。乳液は肌を保湿しながら化粧直しをすることができます。化粧下地は肌のくすみなども取り払うことができます。化粧下地は油分が多いものだと相性が悪いので、オイルフリーのものを使うことをおすすめします。

乳液や化粧下地を使って、肌のムラをなくしフラットな状態に整えていきます。

■パウダーを乗せる
最後にパウダーを乗せていきます。ここで大切なことは、日焼け止め効果のあるものを選ぶということです。前もって紫外線カット効果のある化粧下地を使っている場合は良いですが、化粧直しをすることで崩れてしまう可能性が高いです。パウダーに日焼け止め効果のあるものをプラスすることで、化粧直しの後の日焼け対策にも繋がりますよ。

春の化粧直しの時短テク

化粧直しをしている人
春の化粧直しテクニックについてご紹介してきましたが、丁寧に化粧直しをする時間がないという人も中に入ると思います。そういったひとにおすすめの時短でできる化粧直しテクニックについてご紹介します。

■クッションファンデーションを使う
春の化粧直しの時短には、クッションファンデーションが便利です。クッションファンデーションはしっかり保湿を行いながら、しっかり紫外線策をすることができるものが多いです。

化粧崩れが気になる部分にクッションファンデーションを叩くだけで、化粧したてのような美しい肌が手に入りますよ。

■クレンジング綿棒を使う
春の化粧直しで時短をしたい場合は、クレンジング液が最初から含まれているタイプの綿棒を使うのがおすすめです。もともとクレンジング液がついているので、簡単に化粧を落とすことができます。

目元や皮脂崩れが気になる部分に使うことで、メイクをフラットな状態に整える時間が短縮されるのでおすすめです。
春の化粧直しテクニックについてご紹介しました。春になるとメイクの悩みが変わってくるように、化粧直しに使うアイテムを変えた方がいい場合があります。自分の化粧崩れの悩みに合わせて、自分にぴったりの化粧直しテクを見つけてみてください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAPR.12.2019

佐野ひなこが着る♡
初夏を先取る「プロポ」の
フェミニンコーデ6style