FASHION
JAN.24.2020

最低気温3度の日におすすめの服装!おしゃれ見えが叶う防寒コーデ

最低気温3度の日におすすめの服装!おしゃれ見えが叶う防寒コーデ 最低気温3度の日におすすめの服装!おしゃれ見えが叶う防寒コーデ

最低気温が3度なのは12月から3月にかけての真冬の時期に多く見られます。朝晩は冷え込むのでしっかり防寒がマストですが、大人女子としてはおしゃれも忘れたくありません。そこで今回は、最低気温が3度の日におすすめの服装をご紹介します。

最低気温が3度の日の服装選びのポイント

 

最低気温が3度の日は12月から3月にかけての真冬の時期に見られます。最高気温は10度前後まで上がりますが、朝晩は冷え込んで昼間の空気も冷たいので、しっかり防寒することが最優先です。ただ、大人女子としてはおしゃれも忘れたくないので、いかに防寒しながらおしゃれに見えるコーディネートができるかがポイント。

そこでまずは、最低気温が3度の日に、防寒とおしゃれの2つを同時に叶えるような服装選びのポイントをご紹介します。

■最低気温が3度の日の服装選びのポイント

①コーデの主役のアウター選びが大切

真冬のコーデの主役はアウター。どんなにおしゃれなニットを着ていてもアウターがおしゃれでないと台無しになってしまいます。主役アウターにトレンド感のあるものを選ぶことで一気にコーデが垢抜けます。最低気温3度の日には、防寒力のあるダウンコートや厚手のウールコートが最適です。

②小物はコーデのアクセントになるものを

アウターはダークなトーンになりがちなので、マフラーやブーツなどの防寒小物はもちろん、バッグなどの小物はコーデのアクセントになるようなものを選べば、コーデのおしゃれ感がアップします。

③アウターからチラ見えするインナーにも気配りを

アウターを脱いで室内にいる時やアウターからチラ見えする時の、中に着ているインナーも重要です。インナーにも気配りをすることで、コーデがぐっと垢抜けます。

最低気温3度の日におすすめの服装【1】防寒力は抜群!ダウンコートが活躍

 

最低気温3度の日の朝晩はかなり冷え込みます。気温が上がる昼間も空気が冷たいので、アウターは防寒力があるものが最適。

ロング丈のダウンコートはアウターの中でも防寒力がトップクラス。スタンドカラーで首元を温めてくれるものはマフラー入らずで便利です。合わせる小物にはファーバッグなどを選んで、おしゃれ感をアップさせるのがポイントです。

最低気温3度の日におすすめの服装【2】ベーシックカラーコーデにはカラーコートをプラス

ダッフルコート

ダークなトーンで重くなりがちな真冬のコーデ。大人女子はコーデの主役のコートにきれい色のものを選んで、華やかな装いにするのがおすすめです。

黒のニットにベージュパンツを合わせたベーシックカラーコーデには、きれいな発色のイエローのダッフルコートを羽織って。ベーシックカラーで作るコーデは上品な印象ですが少し地味な印象も。イエローをプラスすることでお互いのカラーを引き立て合うカラーコーデになります。

最低気温3度の日におすすめの服装【3】防寒とおしゃれが同時に叶うアウターレイヤード

 

冬コーデの上級者テクといえばアウターレイヤード。最低気温が3度の日にもアウターレイヤードは使えるコーデです。最低気温が3度の日は最高気温が10度前後まで上がる日もあるので、暑くなったら外に着たアウターを脱いでちょうど良い体感に。

ブラウンのウールコートを脱いでも、中に着たGジャンが主役級のアイテムなのでコーデがさびしくなりません。

最低気温3度の日におすすめの服装【4】白のざっくりタートルニットを見せて大人可愛さを

 

真冬コーデはどうしても地味な印象になって大人可愛い雰囲気を演出することが難しくなります。そんな時に活躍するのが白のざっくりタートルニット。女性らしい柔らかなテイストを冬コーデにプラスしてくれます。

ベージュのダッフルコートの中からは、白のざっくりしたタートルニットを見せて。バッグもワントーンカラーで揃えれば、上品な大人可愛さが際立つ冬コーデに。

最低気温3度の日におすすめの服装【5】ジャカード柄ニットがダークコーデのアクセントに

 

アウターの中から見えるニットは、そのパターンを使ってコーデの雰囲気を変えることもできます。ジャカード柄ニットはコーデ全体の色のトーンがダークでも、コーデの雰囲気を変えてくれるアクセントになります。

ブラウンのオーバーサイズコートのインには、ブラウンに白の柄が入ったジャカードニットを。あえてパンツもダークな色みにすることで、ニットの柄が際立ちます。

最低気温3度の日におすすめの服装【6】ゼブラ柄バッグなどアクセントになる小物をON!

ムートンコートを使ったコーデ

ムートンコートは見た目も着心地も暖かいので、最低気温3度の日にぴったりなアウター。モコモコした素材感が真冬の季節感も演出してくれます。

ベージュのムートンコートのインナーやボトムはあえてブラックで揃えることで、コートを主役として際立たせたコーデ。ゼブラ柄バッグをアクセントとしてプラスすることで、さらにおしゃれ感がアップしています。

最低気温3度の日におすすめの服装【7】ブーツやニット帽は防寒だけでなく大人可愛さも演出

ムートンコートを使ったコーデ

最低気温が3度の日は靴や帽子といった小物にも防寒力があるものを選びましょう。ブーツやニット帽なら、防寒だけでなく大人可愛さも演出できます。

パンツの色に揃えたニット帽やベージュのスエード素材ブーツは、素材感が冬らしくてコーデに大人可愛い雰囲気もプラスしてくれます。

最低気温3度の日におすすめの服装【8】ニットの裾から覗く白シャツが冬コーデに抜け感を

 

重い印象になりがちな真冬コーデですが、ちょっとした着こなしテクで抜け感をプラスすることでコーデ全体がおしゃれな印象になります。

チェックコートやキャメルカラーのバッグがトラッドな印象のコーデは、インのニットやボトムのパンツをブラックで揃えて脇役に。ニットの裾から覗かせた白シャツが、コーデに抜け感やメリハリをつけてくれて効果抜群です。

最低気温3度の日におすすめの服装【9】アウターを羽織っても腰巻したチェックシャツが効く!

 

ニットの裾からチラ見せする白シャツ以外にも、コーデに抜け感やおしゃれ感をプラスする着こなしテクがあります。

ベージュニットに白のニットパンツを合わせたコーデに、チェックシャツを腰巻きしてプラス。上からアウターを羽織っても、腰回りに見えるチェックシャツの効果は絶大。こなれ感も演出できてぐっとおしゃれ上級者の雰囲気のコーデになります。

アイテム別・最低気温3度の服装【1】ムートンコートできれいめカジュアルに

ムートンコート

軽くて温かいアウターとして人気が高まっているのがエコムートンコート。リアルムートンよりも取り扱いが簡単なのが魅力。ダウンコートよりもきれいめに着られるので、デートにもおすすめです。

ミントグリーンのプリーツスカートを合わせて春を先取りしたコーデに。足元もシルバーのバレエシューズで軽やかに仕上げています。厚手タイツを合わせれば、ブーツ合わせでなくても寒さを感じずに過ごせますよ。

アイテム別・最低気温3度の服装【2】エコファーコートでリッチな冬コーデに

エコファーコート

エコムートンコート同様、きれいめに着られるのに温かいエコファーコート。毛並みに光沢感があるので、黒でも重たい印象になりません。他のアイテムを白やグレーでまとめれば、色味が無いのに温かみを感じさせる冬のモノトーンコーデに。

アイテム別・最低気温3度の服装【3】ボアコートでふわもこかわいく

ボアコート

ふわもこ感がキュートなボアコート。オーバーサイズのものを選べば、羽織るだけで今っぽいシルエットを作れますよ。最低気温3度なら、首元にボリューミーなマフラーをプラス。ボトムスは黒スキニーですっきり見せて、上半身のボリューム感をメリハリを付けてバランスを取っています。

アイテム別・最低気温3度の服装【4】ニットセットアップはコーデいらずで洗練された雰囲気に

ニットセットアップ

ワンピース同様、コーデを考える必要が無くて忙しい朝に嬉しいセットアップ。ニットのものなら、こなれた雰囲気が簡単に作れて今っぽい印象に。トップスだけでなくボトムスもニットなので温かいのも最低気温3度の日にはぴったりです。

アイテム別・最低気温3度の服装【5】スカートでもニットなら寒さ知らずに

ニットフレアスカート

最低気温3度で寒い日にはパンツを選びがちですが、スカートでも温かく過ごせるのがニットスカート。ケーブルニットのものなら厚手で温かさも抜群。

ブルーグリーン×オフホワイトで、温もりがありつつ軽やかで春の気配を感じさせるような配色に。ベレー帽をプラスして、視線を上に上げてスタイルアップをしつつ頭の寒さ対策も。

アイテム別・最低気温3度の服装【6】バックボタンで後ろ姿も抜かりなく

アランニット

ざっくりした質感が旬な雰囲気のアランニット。バックボタンのものなら後ろ姿もおしゃれな印象に。ゴールドのボタンなら、カジュアルコーデの中にリッチ感をプラスできますよ。ボトムスはリブワイドパンツで寒さ対策も万全。

アイテム別・最低気温3度の服装【7】白ブーツで足元に抜け感を

白ブーツ

冬は配色でもシルエットでも重たい印象になりがち。しかし、足元に白を取り入れれば、全体の印象に軽やかさがプラスされます。特にトレンドとなっているのが白ブーツ。スニーカーよりも温かいので最低気温3度の日にもぴったりです。

足首くらいまであるロング丈コートにボリューミーなマフラーを合わせたコーデでも、足元が白ブーツなら重たさを感じさせずに着こなせますよ。

アイテム別・最低気温3度の服装【8】雪が降っていなくても履きたいスノーブーツ

スノーブーツ

人気が高まっているアイテムがスノーブーツ。カジュアル感・スポーティー感が今っぽい足元を作ってくれます。保温性が高く雪道でも滑りにくい、など機能性が優秀なスノーブーツですが、デザイン自体も魅力的。

最低気温3度なら雪が降ることはあまりありませんが、それでもコーデに取り入れたくなるかわいさです。足元の冷えを防止してくれる上に防水性も高いので、雨の日にもおすすめです。

アイテム別・最低気温3度の服装【9】ストールで冬コーデにアクセントを

ストール

冬の防寒アイテムとして役立つストール。赤のチェック柄など差し色になるものを選べば、コーデのアクセントとしても活躍してくれます。首元や肩に巻けば視線もアップして、バランスがよいコーデに見せられますよ。

最低気温が3度の日は防寒が最優先のコーデになります。ただ、大人女子ならそんな日のコーデもおしゃれ見えする着こなしをしたいですよね。今回ご紹介したコーデもぜひ参考にしていただいて、真冬コーデのおしゃれを楽しんでください。