BEAUTYAUG.13.2018

お祭りの髪型はこれで決まり!不器用でもできる簡単セルフアレンジ9選

夏の一大イベントと言えば、「お祭り」!浴衣を着る方、私服で足を運ぶ方とそれぞれだと思いますが、悩みの種となるのは髪型ではないでしょうか。せっかくなら髪型までこだわって、普段とは一味違う雰囲気を楽しみたいところです。そこで今回は、オトナ女子におすすめのお祭りの髪型を9つ厳選してご紹介します。
夏の一大イベントと言えば、「お祭り」!浴衣を着る方、私服で足を運ぶ方とそれぞれだと思いますが、悩みの種となるのは髪型ではないでしょうか。せっかくなら髪型までこだわって、普段とは一味違う雰囲気を楽しみたいところです。そこで今回は、オトナ女子におすすめのお祭りの髪型を9つ厳選してご紹介します。

浴衣にも私服にも!オトナ女子におすすめのお祭りヘア9選

 
お祭りを心待ちにしている女性の皆さん、髪型はもう決まっていますか?浴衣を着るなら髪型までとことんこだわりたいですし、私服でも普段とは一味違ったおしゃれなヘアスタイルで特別感を演出したいところ。そこで、お祭り時の髪型に悩んでいるあなた必見です!

今回は、オトナ女子におすすめのお祭りの髪型を9つピックアップしてご紹介します。レングス別やなりたいイメージ別に簡単なアレンジ方法をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

お祭りの髪型【1】ショートヘアならピンを使って簡単アレンジ!

 

Ayumiさん(@ayumi1223t)がシェアした投稿 -

ショートヘア、ベリーショートなら、ピンを使った簡単アレンジがおすすめ。片側のみ髪の毛を耳にかけ、落ちてこないようにピンで留めてあげるだけで、簡単に大人の色気が漂うヘアスタイルが完成します。ヘアピンの色は、上品な印象を持つ「ゴールド」がおすすめ。数か所に、クロスになるようにピンを留めてください!

何本もピンを使ってアレンジしているため、ピアスやイヤリングなどのイヤーアクセサリーはつけない、もしくはとことんシンプルなものを選ぶのがベター。ピンで十分に存在感があるため、大ぶりなアクセサリーを合わせるとゴテゴテとしてしまいます。オトナ女子なら、シンプルに品よく仕上げましょう。

お祭りの髪型【2】ミディアムならくるりんぱ×ロープ編みでおしゃれに

 

ナリタリナさん(@_naritari)がシェアした投稿 -

ミディアムヘアにおすすめのアレンジは、「くるりんぱ」と「ロープ編み」を組み合わせたこちらのスタイル。髪の長さが中途半端でも、簡単に手の込んでいるようなおしゃれな髪型に仕上げることができます。

まずは、トップの髪をゆるく結んで結び目から上の部分を真ん中から分け、毛先をその中に入れ込んでくるりんぱを。結ぶ位置は、あえて中心からずらしてあげても良いでしょう。その後残りの髪の毛を両サイドから編み込んでいき、ピンで固定したら完成です!お花の髪飾りをつけると、一気に華やかなヘアスタイルに。

お祭りの髪型【3】ボブはロープ編みとシニヨンで和装に合うアレンジに

 

ヤギマリコさん(@air_yagimari)がシェアした投稿 -

ボブヘアはイマドキでおしゃれですが、ぱつんとした切り口の切りっぱなしボブだと、和装に合わせるのが難しいかと思います。そこで、ある程度の長さがあるボブヘアなら、まとめ髪にして毛先を入れ込み、無難に上品な印象に仕上げましょう。

まずは、両サイドで2つの毛束を反時計回りに交互に重ねるように編み、「ロープ編み」を。後ろで低い位置に一つにまとめたら、残った髪の毛を一つに結び、くるりんぱをしてください。その後毛先をくるりんぱの中に入れるように巻きつけていき、「ギブソンタック」にしたら、和装に合うおしゃれヘアの完成です!

お祭りの髪型【4】ロングヘアはかんざしを使って大人っぽアレンジに

 
ロングヘアなら、アレンジは自由自在。ポニーテールにしてもよし、おだんごにしてもよし、浴衣に合うヘアアレンジはどんなものでもお手の物です。そこでロングヘアのアレンジのアクセントとして相性抜群のアイテムと言えば、「かんざし」!つけるだけで一気に華やかな印象に仕上がり、簡単アレンジもおしゃれに見えるところが嬉しいポイントです。

かんざしは、浴衣の色に合ったものを選ぶと統一感が出るため、失敗する心配はありません。しかしダークカラーの浴衣に合わせるのであれば、明るいカラーのかんざしで差し色を加えると、地味な印象にならないのでおすすめです。

お祭りの髪型【5】大きめのおだんごで小顔効果を狙って

 
まとめ髪の定番と言えば「おだんご」ヘアですが、もちろん浴衣姿との相性も抜群。うなじを見せることで色っぽさも感じられるため、男ウケも抜群の髪型だと言えます。そこでおだんごを作るなら「大きめ」に仕上げるのがおすすめ。おしゃれですし、何より小顔効果を期待できるところが嬉しいポイントです。

ロングヘアならボリューミーなおだんごを作ることができますが、そうでなければ小さなおだんごになってしまいがち。そこで、大きなおだんごを作るなら100円ショップで手に入る「おだんごベース」を使ってみてください!使い方は簡単で、一つ結びをした後にドーナツ状のおだんごベースを通し、髪の毛を巻きつけて上からゴムで固定するだけ。髪のボリュームが少ない方でも、簡単に大きく綺麗なおだんごを作ることができます。

お祭りの髪型【6】ポニーテールはくしゅっと感を出してイマドキに

 

Nakao ♠︎ Chikaさん(@tiicham)がシェアした投稿 -

浴衣でも私服でも、お祭りにおすすめの髪型は「ポニーテール」。女性らしい印象に仕上がるため、彼とのお祭りデートにもピッタリだと言えます。そこでイマドキのポニーテールに仕上げるなら、あえて「くしゅっと感」を出すのがポイント。何と工夫もないポニーテールだとおしゃれだとは言えませんし、子どもっぽくみられる可能性もあるのです。

まずは髪全体をコテで巻き、ふわふわのシルエットに仕上げましょう。さらにサイドの髪を少量残して耳と顎の延長線上でポニーテールを作ったら、残していた毛束をくるくるとねじってゴムに巻きつけ、結び目を隠してください。トップは表面の髪を少しずつ引き出し、立体感のある綺麗なシルエットに仕上げたら完成です!

お祭りの髪型【7】編み込み風の簡単セルフアレンジ方法をご紹介

 
おしゃれでこなれ感のあるヘアアレンジと言えば「編み込み」ですが、アレンジが難しいと感じている方も多いはずです。そこでぶきっちょさんでも簡単にできるのが、編み込み「風」のアレンジ。ここで、浴衣にも私服にもおすすめの、一見凝っているように見えるおしゃれヘアのアレンジ方法をご紹介します。

1.片サイドに全ての髪を全て持ってきて、トップから3回くるりんぱする
2.くるりんぱした部分の髪を少しずつ引き出し、ボリュームを出す
3.残りの髪を三つ編みにする

編み込みが難しくても、くるりんぱと三つ編みなら簡単にできるはず。編み込み風でも十分におしゃれな髪型に仕上がるため、ぜひチャレンジしてみてください!

お祭りの髪型【8】派手に仕上げるなら!髪飾りに頼るべし

 
お祭りだからこそ、派手な髪型に仕上げたいと思っている方も多いはず。そんなあなたは、華やかな髪飾りで派手に仕上げてみてはいかがでしょうか。若々しい派手なヘアアレンジではオトナ女子の皆さんには不釣り合いですので、髪飾りでさりげなく華やかさをプラスするのが得策だと言えます。

やり過ぎ感を出さないように、小ぶりでも存在感のある髪飾りを3~4個つけると良いでしょう。けばけばしくならないように、ビビッドカラーのものは避けてください。ちなみに、ベースとなる髪型は極力シンプルにまとめると、派手でも大人っぽく仕上がるのでおすすめです。

お祭りの髪型【9】おしゃれさんならベレー帽を被るのもアリ!

 
浴衣姿でもトレンド感を意識したい、そんなおしゃれ好きなあなたにおすすめのアイテムは「ベレー帽」です!浴衣に帽子は合わないように感じられますが、案外この2つは相性の良い組み合わせ。レトロでおしゃれな印象に仕上るのです。

髪の毛は、低めの位置でおだんごにしてまとめておきましょう。後れ毛を残しておくと、こなれ感が出ておしゃれ度がアップするのでおすすめです。ちなみにベレー帽は、ファーやフェルトだと暑苦しいため、メッシュタイプやサマーニットのような夏らしい素材を選んでください。
いかがでしたか?今回は、お祭りにおすすめの髪型を9つ厳選してご紹介しました。お祭りに一緒に足を運ぶ相手が友人にしろ、彼氏にしろ、髪型にはこだわりたいところ。ファッションだけに力を入れずに、ヘアスタイルまでしっかりとこだわりましょう!ぜひ参考にして、おしゃれな髪型でお祭りを楽しんでください。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。