TOPLOG FREE FASHION MAGAZINE

ジーパンのコーデ集!季節感を取り入れた着こなしをご紹介

季節を問わず大活躍のジーパン!春夏秋冬、それぞれジーパンコーデを楽しんでいますか?
今回は明日のコーデに役立つ、ジーパンの着こなし術をご紹介します。

ジーンズには季節によって相思相愛のアイテムあり!

 

コーデに季節感をプラスするだけで、おしゃれ度がワンランクアップします。街中で見かけるジーパンコーデですが、季節を感じさせるアイテムと合わせることで、垢抜け感が頭ひとつ抜けますよ!

出番が多いジーパンだけに、季節によっていくつかのコーデパターンを知っておくと役立ちます。今回は、プラスするアイテムやコーデのポイントについてもご紹介します。

フリルブラウスと股上深めのジーパンで春らしく!

暖かくなってフットワークも軽くなる春のお出かけには、安定感があって履きやすい股上が深めのジーパンがおすすめです。

トップスは花柄やドット柄のフリルブラウスといったふんわりとした女性らしいブラウスでカジュアルアップしましょう。ジーンズにウエストインすれば、ボディーラインをきれいに見せる効果もアップしますよ。

春の定番トレンチコートとワイドレッグのジーパンで大人カジュアルコーデ

ワイドレッグのジーパンは太って見えるのでは?という意見も多いですが、実はシルエットに余裕を持たせることで着やせ効果があります。

春の定番アウターであるトレンチコートとのコーデは、カジュアルコーデをグンと大人っぽく仕上げてくれますよ。また、ロング丈のアウターはヒップラインを隠せるという嬉しい効果も期待できるので安心です。

暑い季節はガウチョタイプのジーパンと夏を感じる小物で涼し気に

風通しが良く涼しいガウチョタイプのジーパンは、暑い季節のお出かけに役立ちます。かごバッグや麦わら帽子など、夏らしい小物とのコーデはさらに涼し気な印象が強くなりますね。

ノースリーブトップスやオフショルダーなど、ガーリーなトップスとの相性も良いですが、シンプルなTシャツやリネンシャツでナチュラルな雰囲気にまとめてもおしゃれですよ。

大人ジーパン×スニーカーで春夏の楽チンコーデをカジュアルアップ!

ジーパンにスニーカーというカジュアルの定番コーデを大人っぽく仕上げるには、大人デニムが必要です。

カラーは濃い目のインディゴ、形はストレートかバギータイプのジーパンなら、他のアイテムが全てカジュアルテイストでもエレガントな雰囲気になります。

ノースリーブニットなど、タイトなシルエットのトップスでメリハリのあるコーデに仕上げましょう。

夏のお散歩には透け感ワンピースのインナーにジーパンを合わせて

ロングワンピースにジーパンを合わせるレイヤードコーデは、縦長のシルエットを作ってスタイルアップしてくれます。

夏にぴったりの透け感のあるワンピースは、フォーマルな印象が強いですが、ジーパンでカジュアルダウンすれば普段のお出かけにも着まわしできます。

すべてカジュアル色が強い小物で揃えても、フェミニンな雰囲気が崩れないので安心ですよ。

秋はスキニータイプのジーパンにロングカーディガンでエレガントに

肌寒くなれば、タイトなスキニーデニムでも汗ばんで不快な気分になることはありませんよね。秋は思いきりスキニーを活用しましょう。

細身のジーパンは、全体的なシルエットを逆三角形にするとバランス良くまとまります。ロングカーディガンやロングのネルシャツなど、オーバーサイズの羽織りものでトップにボリュームを持たせましょう。

変型ニット×ジーパンでこなれた秋冬コーデ

ニットとジーパンのみのコーデなら、中学生や高校生でもできます。大人の女性はちょっとしたテクニックで定番の秋冬コーデをこなれた雰囲気に仕上げます。

まずはニットですが、ボートネックやカッティングがきれいなVネックなど、コーデの主役になるようなものを選びます。ジーパンはダメージタイプをロールアップして、足首をチラ見せしましょう。

ファー小物やハット、ハイブランドのバッグなど、大人を感じさせる小物使いもポイントになりますよ。

冬はジーパンにライダースジャケットを羽織ってクールに

ライダースジャケットは甘めのボトムと合わせる女性が多いですが、ジーパンとのコーデもポイントさえ押さえればクールビューティーな仕上がりになります。

一番のポイントは、ハードになり過ぎないように気をつけることです。アウターを肩掛けにして肌を見せたり、髪型をダウンスタイルにしたり、チェーンバッグや存在感のあるアクセサリーも効果的ですよ。

冬のモノトーンコーデにジーパンをプラス!

寒い季節の防寒対策にはレイヤードコーデが便利ですが、スッキリまとめたいという理由でついついモノトーンコーデに走ってしまう方も多いのではないでしょうか?

モノトーンのモード系コーデも素敵ですが、マンネリを防ぐためには、ボトムをジーパンにしてみてください。逆にボトムではなくトップスにデニムシャツやGジャンをプラスしても、同じようなテイストのコーデになりますよ。


ジーパンは形によって印象も違いますが、それぞれに合うコーデにすれば何年も履き続けることができるコスパの良さも魅力です。クローゼットで眠っているジーパンがあれば、まずは活躍できる季節を選んでローテーションに入れてあげてください。

RECOMMEND

これを読んだあなたにオススメ