FASHION
JAN.10.2020

気温5度の服装はこれで安心!おしゃれなあったかコーデ19選

気温5度の服装はこれで安心!おしゃれなあったかコーデ19選 気温5度の服装はこれで安心!おしゃれなあったかコーデ19選

本格的な冬を迎えると、気温5度の寒い日々が続きます。そんな寒い日には防寒対策をしつつ、冬のおしゃれを楽しみたいところです。そこで今回は、気温5度の日におすすめの服装をご紹介します!防寒もおしゃれも叶うコーデを、ここでチェックしましょう。

5度の服装はこれで解決!防寒もおしゃれも叶うコーディネート9選

もこもこアウターを使った5度の服装

1月〜2月には、気温5度くらいの寒い日々が続きます。防寒対策が必須の季節ですが、「暖かい服装でもおしゃれをしたい!」「着込んでも着膨れしたくない」とコーデにお悩みの方も多いはずです。防寒もおしゃれも叶う着こなしとは、どのようなものなのでしょうか。

そこで今回は、気温5度の日におすすめのレディースコーディネートを9つピックアップしてご紹介します!様々なシーンからおすすめの服装をご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

5度の服装【1】マフラーを巻いた首元まで暖かいコーデ

マフラーを使った5度の服装

気温5度の日には、コートを着用するのが絶対。気温よりも寒く感じる日には、首元はマフラーやショール、ストール、手元は手袋で防寒対策を行いましょう。特に首元は、身体のパーツの中でも最も寒さを感じやすいと言われているため、マフラーなどで寒さをしのぎましょう。

白ワンピースに白のジャケットで、大人可愛い冬のコーディネート。落ち着いた雰囲気のグレーのマフラーなら、どんなスタイルにも合わせやすいため重宝できます。さらに、マフラーを巻いて顔まわりにボリュームを出すと、小顔効果も期待できて一石二鳥!

5度の服装【2】チェスターコートでおしゃれに暖かく

チェスターコートを使った5度の服装

寒い日でもおしゃれをしたい方に、おすすめのアウターの一つが「チェスターコート」。スタイリッシュなデザインでおしゃれな上に、羽織るだけできちんと感を演出できるため、オトナ女子の皆さんにぴったりのコートです。

チェスターコートだけでは寒く感じるのなら、インナーを重ね着して暖かく。さらに首がすっぽりと覆われるタートルネックニットを着用すると、マフラーなしでも首元の防寒対策が叶うのでおすすめです。ボトムスはデニムスキニーパンツで、カジュアルでもスタイリッシュにまとめると、こなれ感のあるコーデに仕上がります。

5度の服装【3】ステンカラーコートで知的な雰囲気にまとめて

ステンカラーコートを使った5度の服装

ステンカラーコートとは、後ろ襟が高く折り返したようなデザインのアウター。チェスターコート同様シンプルかつスタイリッシュなデザインで、きれいめなスタイルとの相性が抜群のコートです。気温5度の日でも、ステンカラーコートをスマートに着こなしてはいかがでしょうか。

ロング丈のニットワンピに、ロング丈のステンカラーコートを羽織るだけで、簡単に大人の女性らしいスタイルの完成。ワンピースの方がやや長めの丈感だと、よりバランスよく見えるのでおすすめです。このように縦のラインを強調したスタイルは、スタイルアップ効果が期待できるところも嬉しいポイント。

5度の服装【4】ボアコートで見た目もあったかコーデに

ボアコートを使った5度の服装

近年流行している、真冬にぴったりのあったかアウターと言えば「ボアコート」!見た目も着心地も暖かいボアアウターは、気温5度の日にも活躍します。もこもこ感が可愛いボアアウターを大人っぽく着こなしたい方は、ロング丈のものを選ぶと良いでしょう。

ボーダートップスに黒のスキニーパンツで、シックな雰囲気のコーディネート。ロング丈のボアコートを羽織ると、柔らかな印象が加わり、大人っぽくも女性らしい優しげなスタイルにまとまります。

5度の服装【5】ムートンコートで大人カジュアルな雰囲気に

ムートンコートを使った5度の服装

冬に大人カジュアルなコーデを楽しみたい方におすすめなのが、「ムートンコート」。毛足の長いものはとても暖かく、薄手のインナーに羽織るだけで真冬でも過ごせるほどです。さらにふわふわとしていて肌触りも良いため、一度着用したら病みつきになること間違いありません!

白のハイネックトップス×グレーのワイドパンツの品のあるコーデに、ムートンコートを羽織ると大人カジュアルな雰囲気に。上品なだけではない、こなれ感のあるスタイルに仕上がります。普段のコーデを一味違った雰囲気に仕上げたい方にも、おすすめのコートだと言えます。

5度の服装【6】アウターの重ね着でおしゃれと防寒の両立を

ライダースジャケットを使った5度の服装

気温5度の日でも、朝晩はグッと冷え込み氷点下を記録することもあるでしょう。そんな寒さが厳しい時には、アウターを重ね着してとことん暖かく!防寒できるのはもちろんのこと、旬のレイヤードスタイルはおしゃれに見せることもできるため、ぜひこれからの季節にチャレンジしてみてください。

例えば、ライダースジャケットにチェスターコートを重ねたコーディネート。ライダースジャケットは基本的にコンパクトなサイズ感ですので、ゴワゴワすることもなくスマートにレイヤードできるはずです。寒い日には、アウターの重ね着で快適に過ごしましょう!

5度の服装【7】北海道なら暖かいダウンジャケットが大活躍

ダウンジャケットを使った5度の服装

11月頃の北海道の札幌は、平均気温がおよそ5度。初冬でこれほど寒いのですから、真冬には厳しい寒さが見込まれます。そこで寒い北海道で過ごすのにおすすめのアウターは、何と言っても「ダウンジャケット」!軽いのに保温性抜群で、冬に重宝されるアウターです。

ダウンジャケットを今っぽく着こなしたい方は、オーバーサイズのものをチョイスして。黒色のダウンジャケットなら、どんなジャンルのファッションにも合わせやすいのでおすすめです。さらにコーデ全体をモノトーンでまとめると、大人っぽく見せることができます。

5度の服装【8】登山にも軽くて暖かいダウンジャケットがおすすめ

 

気温5度の日に登山をするなら、やはり軽くて暖かい「ダウンジャケット」が重宝されます。冬の山は寒いだけではなく風も強いので、頭や首を覆うことができるフード付きのダウンジャケットがおすすめです。

山を登っている時は体がぽかぽかと暖かくなるので、薄手のダウンジャケットでも良いでしょう。ただし冬の山でテント泊をする場合には、ダウン量が多い厚手のタイプでなければ寒さに耐えることができないので、注意しましょう。

5度の服装【9】ゴルフで防寒しつつ可愛く見せるならこのコーデ

ダウンジャケットを使った5度の服装

ゴルフでは、おしゃれなファッションを楽しみたい方も多いはずです。そこで可愛いコーデに仕上げたい方には、スカートスタイルがおすすめ。もちろん厚手のタイツを着用し、その上からレッグウォーマーを重ねたりなど、足が冷えないように工夫をするのが絶対条件です。

アウターは、軽くて暖かいダウンジャケットやブルゾンがおすすめ。寒さ対策には、ニット帽やネックウォーマー、ミトン、耳あてなどのアイテムがありますので、ぜひチェックしてみてください。寒さに負けず、冬にもゴルフを楽しみましょう!

最低気温5度の服装【1】長いシーズン活躍するのはトレンチコート

トレンチコート

最低気温が5度になるのは、春は3~4月上旬頃、秋は11~12月上旬頃です。日中は15度を超えることもあるので、アウターは冬物ではなくライトアウターを。

定番アイテムのトレンチコートなら、春にも秋にも使えます。ライナー付きのトレンチコートを選んだり、インナーダウンを活用したりすれば、冬でも活躍してくれますよ。3月や12月上旬頃に着るなら、インナーはニットをチョイスして暖かく。

最低気温5度の服装【2】春にマウンテンパーカーを着るなら白スカートで軽やかに

マウンテンパーカー

春・秋を問わず活躍するマウンテンパーカー。日中暑くなって脱いだときに、畳めばコンパクトになるのも便利。

春に着るなら、白スカートを合わせてベージュ×白の爽やかなコーデに。季節感を色で演出できますよ。小物もベージュや明るいブラウンを選んで統一感を出しています。

最低気温5度の服装【3】ニットカーディガンでほっこりリラックスコーデに

ニットカーディガン

最低気温5度の時期にちょうどいいニットカーディガン。今っぽいエフォートレスなコーデを簡単に作れます。ボトムスと小物を黒でまとめて落ち着いた雰囲気に仕上げつつ、足元はマルーンでさりげなくアクセントを。

最高気温5度の服装【1】ダウンコートでしっかり防寒!

ダウンコート

最高気温が5度なのは、1~2月でも特に寒い日。最低気温は0度以下になることもめずらしくありません。

上半身だけでなく下半身も防寒できるように、アウターはロング丈のものを選びましょう。軽くて暖かいダウンコートなら、最高気温5度のアウターとして最適。キルティングデザインのものなら、カジュアルになり過ぎませんよ。小物もソックスや帽子をプラスしたりして、おしゃれと防寒を両立しています。

最高気温5度の服装【2】タートルネックニットでインナーも暖かく

タートルネックニット

最高気温が5度なら、アウターだけでなくインナーも防寒対策が必要。ざっくりした厚手のタートルネックニットなら首元までばっちり温めてくれますよ。ゆるっとしたシルエットのニットにバングルをプラスして、コーデのポイントに。

晴れの5度の日の服装【1】汚れが気になる白いコートは晴れた日に

白いコート

冬に着ると一層かわいく見えるのが白いニットやコート。しかし、白いアウターは汚れが付くと目立ちやすい、という悩みも。晴れた日なら、白のロングコートでも雨に濡れたり泥ハネしたりする心配が無く、安心して楽しめます。

コートもインナーもシンプルなら、バッグはチェック柄を選んでアクセントに。

くもりの5度の日の服装【1】ノルディック柄ニットでトレンドライクに

ノルディック柄ニット

日中もあまり気温が上がらないくもりの日は、厚手のニットで暖かい服装を。トレンドアイテムのノルディック柄ニットなら、防寒しつつ旬なコーデに仕上がりますよ。ボトムスもあったか素材であるコーデュロイのロングスカートで下半身の冷えを防止。

くもりの5度の日の服装【2】ニットパンツなら下半身もあったか!

ニットパンツ

冷えやすい下半身も、旬アイテムとなっているニットパンツを取り入れればおしゃれに寒さ対策が可能。ゆるっとした雰囲気が魅力ですが、ラフにし過ぎたくない場合はコートやバッグはきれいめなアイテムを選びましょう。

雨の5度の日の服装【1】スノーブーツがあれば安心♪

スノーブーツ

人気が高まっているスノーブーツ。防水性や保温性に優れているので、雪の日だけでなく雨の日にも活躍してくれます。気温5度なら雨の後に路面が凍結することもありますが、そんな足元が滑りやすい場合でもソールに滑りにくい工夫がしてあるスノーブーツなら安心です。

雨の5度の日の服装【2】テーパードパンツなら裾が濡れにくい

テーパードパンツ

裾に向かって絞られたシルエットのテーパードパンツ。フレアシルエットのものより雨に濡れにくいので、雨の日にはぴったり。気温5度なら、トップスはふわもこのボアパーカーにカットソーをレイヤードして暖かく。雨に濡れるのが気になるアウターは、ダウンなら撥水加工のものを選んだり、防水スプレーをしたりすることで雨の日にも安心して着られますよ。

いかがでしたか?今回は、気温5度の日におすすめのコーディネートを19パターンピックアップしてご紹介しました。気温5度は一般的に1月〜2月の平均気温であり、本格的に強い冷え込みを感じるので、しっかりと防寒対策を行なってください。寒い日にもおしゃれを楽しみたいのなら、アウターやレイヤードのテクニックで周りと差をつけると良いでしょう!ぜひ参考にして、冬のおしゃれを楽しんでください。