JAN.05.2020

グレーノーカラーコートのコーデ9選!お手本スタイルをご紹介

グレーノーカラーコートのコーデ9選!お手本スタイルをご紹介 グレーノーカラーコートのコーデ9選!お手本スタイルをご紹介

上品ながらも程よく抜け感があり、コーデの洗練度を高めてくれる「グレーノーカラーコート」。あなたもきれいめな一着で、ワンランク上の大人スタイルを叶えませんか?そこで今回は、グレーノーカラーコートを使ったおすすめコーデを一挙ご紹介します!

グレーノーカラーコートって着こなしが難しい?似合う人って?まずは基本をチェック

黒パンツを使ったグレーノーカラーコートコーデ

グレーできれいめな雰囲気ながらも、襟なしによって程よい抜け感が加わった「グレーノーカラーコート」。シンプルなデザインで大人っぽく着こなせるノーカラーコートですが、中には「似合わない」「着こなしが難しい」と頭を抱える女性が多くいらっしゃるのも事実です。

そこでまずノーカラーコートが似合わないと感じやすいのは、ズバリ『上半身が華奢』な女性。スマートなシルエットが上半身の華奢な印象を引き立ててしまうため、お悩みの方はボリューミーな一着をチョイスするか、マフラーなどを加えて重心を上に持ってくると良いでしょう。

そこでここからは、グレーノーカラーコートを取り入れたおすすめコーディネートを9つピックアップしてご紹介します!季節や年代別にオトナ女子にぴったりのスタイルを提案しつつ、それぞれの着こなしのポイントまで徹底解説しますので、ぜひ最後までご覧ください。

グレーノーカラーコートコーデ【1】春は淡いカラーで季節感を演出

ジャンパースカートを使ったグレーノーカラーコートコーデ

ダークトーンでまとまりがちな秋冬のファッションとは一変し、華やかな装いが気分のこの季節。春には、グレーノーカラーコートを主役に淡いトーンで統一し、シーズンムードを高めましょう。さらにワントーンでまとめると、今っぽいこなれ感たっぷりのおしゃれな着こなしが叶います。

例えば、ベージュのジャンパースカートにくすみブルーのリブハイネックセーターを合わせた、淡い色合いのコーディネート。そこにグレーのロングノーカラーコートをさらっと羽織り、ワントーン風のきれいめな着こなしを完成させましょう。さらに足元はスニーカーでカジュアルダウンすると、こなれ感たっぷりの大人カジュアルスタイルが叶います。

グレーノーカラーコートコーデ【2】秋はシックできれいめにまとめよう

ベージュパンツを使ったグレーノーカラーコートコーデ

落ち着いた雰囲気のファッションがトレンドとなる秋には、シックな着こなしにまとめてみて。黒などの引き締め色をバランスよく取り入れ、ダークトーンでトレンドライクながらも重見えしない、垢抜けファッションを叶えましょう。さらに、ノーカラーコートは濃いめのグレーをチョイスして、コーデの深みを引き立てるとgood。

例えば、黒カットソーにグレーのタック入りパンツで、きれいめな雰囲気のコーディネート。そこに濃いめトーンのグレーのノーカラーコートを合わせ、シックな印象を引き立てましょう。さらに足元はフラットなバレエシューズで抜け感を、カバンはかっちりとした黒のハンドバッグで品の良さを格上げして。

グレーノーカラーコートコーデ【3】冬はマフラーを合わせて暖かく

マフラーを使ったグレーノーカラーコートコーデ

ノーカラーコートのメリットの一つは、襟がないためマフラーを巻いてももたつかないところ。寒い冬には、グレーノーカラーコートにマフラーを合わせ、首元の防寒を叶えると良いでしょう。さらにスッキリとした襟元だからこそ、インナーの合わせ方も様々で、コーデの幅が広がるところが魅力的だと言えます。

例えばベージュのスウェットトップスに、ベージュベースのチェック柄タイトスカートを合わせたコーディネート。グレーのロングノーカラーコートを合わせてコーデのIラインを強調し、スタイルアップを実現しましょう。さらに首元には、色物のマフラーを持ってきて、優しげな色合いのコーデの差し色に。カラーアイテムに抵抗をお持ちのオトナ女子も、ファッション小物なら気軽に取り入れることができるはずです。

グレーノーカラーコートコーデ【4】20代はカジュアルで今っぽくまとめて

スウェットを使ったグレーノーカラーコートコーデ

20代の女性は、グレーノーカラーコートをカジュアルに着こなしてみて。程よくカジュアルなエッセンスを加え、抜け感たっぷりのこなれスタイルを実現させましょう。肩の力が抜けたようなおしゃれな大人カジュアルコーデで、周りとグッと差をつけてください!

例えば、白シャツにホワイトのカジュアルなロゴスウェットをレイヤードし、トレンドライクなスタイルに。ボトムスはグレーのグレンチェックパンツで、ハンサムライクにまとめるのもOKです。足元はスニーカーでこなれた雰囲気に、さらにグレーノーカラーコートでカジュアル感を程よく抑えつつ、バランスの良い大人カジュアルスタイルを叶えましょう。

グレーノーカラーコートコーデ【5】30代は品良くも程よくカジュアルダウン

スキニーパンツを使ったグレーノーカラーコートコーデ

30代は、大人の女性らしくグレーノーカラーコートできれいめな着こなしにまとめてみて。ただし「気合を入れている感」のないよう、程よくカジュアルダウンしてあげると良いでしょう。大人のこなれスタイルで、洗練度をグッと高めてみてはいかがでしょうか。

シックな雰囲気の黒タートルネックニットには、デニムスキニーパンツを合わせてカジュアルダウン。そこにライトグレーのノーカラーコートを羽織り、きれいめな印象を引き立てると大人っぽくまとまります。さらに足元は黒パンプス、カバンは黒のクラッチバッグで、品の良さをプラスして。

グレーノーカラーコートコーデ【6】40代はダークトーンで大人っぽく

スキニーパンツを使ったグレーノーカラーコートコーデ

40代の女性は、コーデ全体を落ち着いたトーンでまとめ、とことん大人っぽい雰囲気を演出しましょう。濃いグレーのノーカラーコートを主役に、黒のアクセントを効かせて上品に。着こなし自体はシンプルにまとめ、スマートな大人の装いを意識してください。

ライトグレーのリブニットトップスに、濃い色のデニムスキニーパンツを合わせたコーディネート。そこに、ノンシェイプシルエットが上品なダークグレーのノーカラーコートを合わせ、ワントーンでもメリハリのあるスタイルに仕上げましょう。さらに黒のブーティーやベレー帽を加え、おしゃれ度を高めるとgood!

グレーノーカラーコートコーデ【7】パーカーでこなれ感を!カジュアルが今っぽい

黒スキニーを使ったグレーノーカラーコートコーデ

ノーカラーコートの魅力は、インナーの合わせ方次第でコーデの幅がグッと広がるところにあります。例えばおしゃれ女子の間で人気があるのが、ノーカラーコートにフーディーを合わせたスタイル。コートに襟がないため、フードがもたつくことなく、スマートに見せることができるのです。

例えば、ライトグレーのフード付きパーカーに、ややトーンの異なるグレーノーカラーコートを羽織り、スタイリッシュに決めて。ボトムスは黒スキニーパンツ、足元はローカットスニーカーで、今っぽい大人カジュアルスタイルにまとめましょう。さらにカバンはサコッシュをチョイスし、トレンドライクに仕上げて。

グレーノーカラーコートコーデ【8】きれいめスタイルに!オンオフ問わずOK

ベージュスカートを使ったグレーノーカラーコートコーデ

グレーノーカラーコートはきれいめな印象が強いため、フォーマルシーンにも使えるところが嬉しいポイント。オンオフ問わず着こなすことができるため、一着持っておくと重宝できること間違いありません!例えば、品の良さが問われるオフィスカジュアルスタイルにもぴったりです。

ホワイトのブラウスに、ベージュのスカートを合わせたレディライクなコーディネート。パンプスやバッグもベージュで統一しつつ、シルエットの綺麗なグレーノーカラーコートをさらっと羽織り、優しげな色合いのオフィスカジュアルスタイルにまとめてみてください。グレー×ベージュは相性が良く、上品な印象へと導いてくれます。

グレーノーカラーコートコーデ【9】GU(ジーユー)でプチプラでゲットしよう

タートルネックニットを使ったグレーノーカラーコートコーデ

プチプラでグレーノーカラーコートをゲットするなら、断然「GU(ジーユー)」がおすすめ!例えばこちらは、軽くて暖かいウール素材を使用した「ウールブレンドノーカラーコート」。スマートなシルエットや比翼仕立てによりエレガントな雰囲気ながらも、袖ベルトによりトレンド感も漂い、おしゃれなアイテムです。

例えばボルドーのタートルネックニットに黒のミディタイトスカート、グレーのウールブレンドノーカラーコートで、冬らしいコーディネートに。やや襟元は詰まっていますが、ノーカラーでスッキリとしているため、どんなインナーにも合わせやすい優秀な一着です。

GU(ジーユー) ウールブレンドノーカラーコート / ¥6,589

いかがでしたか?今回は、グレーノーカラーコートを使ったおすすめコーディネートを一挙ご紹介しました。グレーノーカラーコートのきれいめな印象を生かしてところん品良くまとめるのもよし、カジュアルダウンしてこなれ感を演出するのもよし。スタイリングを工夫すればコーデの幅がグッと広がるため、一着持っておくと重宝できること間違いありません。ぜひ参考にして、あなたもグレーノーカラーコートでワンランク上の大人スタイルを完成させてください!