BEAUTYOCT.26.2018

石鹸での洗顔のメリットは?正しい洗顔方法やおすすめ石鹸をご紹介

洗顔には石鹸や洗顔フォームなど様々なものがありますよね。その中で、石鹸で洗顔することにはどんなメリットがあるのでしょうか?石鹸のメリットや正しい洗顔方法、おすすめの洗顔石鹸の選び方についてご紹介します。
洗顔には石鹸や洗顔フォームなど様々なものがありますよね。その中で、石鹸で洗顔することにはどんなメリットがあるのでしょうか?石鹸のメリットや正しい洗顔方法、おすすめの洗顔石鹸の選び方についてご紹介します。

石鹸で洗顔することのメリット

石鹸置きに乗せられている石鹸
石鹸を使って洗顔することには、様々なメリットがあります。洗顔石鹸を使うメリットをご紹介します。

■コスパがいい
洗顔石鹸の1番の魅力ともいえるのが、コスパが良いということです。洗顔石鹸は1回の洗顔で使う量が少量で済みます。洗顔フォームと比べると、圧倒的に持ちがよくなります。値段が安く済むものも多いので、洗顔にかかるお金が圧倒的に少なくなります。

■洗浄力が穏やか
石鹸は洗浄力が穏やかだというメリットがあります。洗顔は汚れ以外にも、必要な皮脂まで取り除いてしまうことがあります。洗顔のし過ぎにより、肌が乾燥しやすくなってしまうこともあります。

石鹸はその点において洗浄力がとても穏やかです。そのため、必要な皮脂を肌に残しながら、ある程度の汚れを落とすことができます。

■肌に優しい
石鹸は敏感肌の人でも安心して使用できるアイテムが多いです。洗顔フォームには合成界面活性剤が配合されているものがほとんどで、肌に対して刺激になることがあります。石鹸は必要最低限の成分で作られているものが多く、敏感肌や荒れてしまった肌でも安心して使用することができます。

洗顔用石鹸の選び方

手のひらに乗っている石鹸
洗顔用に使う石鹸の選び方についてご紹介します。

■保湿力
石鹸を選ぶ時には、必ず保湿力をチェックするようにしましょう。乾燥肌や敏感肌の場合、肌の潤い成分が足りていないことがあります。潤い成分が配合されていて、洗顔後のつっぱりや刺激を感じにくいものを選ぶようにしましょう。

■低刺激
敏感で刺激を感じやすい肌や、荒れていて悪化させたくない肌の場合、低刺激な石鹸を選ぶようにしましょう。石鹸は洗浄成分が穏やかなので、荒れた肌でも使用できるアイテムがたくさんあります。しかし、中には美容成分が豊富に入っていて、刺激を感じてしまうものもあります。

肌が敏感な状態の場合は、低刺激のものにこだわり、安心して使用できるものを選びましょう。

■泡立ち
石鹸を選ぶ場合は、泡立ちの良さも重要になってきます。泡立てネットを使うにしても、泡がすぐになくなってしまうようなものを使えば、顔の汚れを落とすことは難しくなります。できるだけ濃密な泡を作ることができるものを選びましょう。

正しい石鹸洗顔の方法

泡を水で流している人
正しい石鹸での洗顔方法についてご紹介します。

■顔を先にすすいでおく
石鹸を肌に乗せる前に、必ず顔をすすいでおくようにしましょう。こうすることで、ある程度の汚れを先に落とすことができます。30度~35度くらいのぬるま湯で、顔を少しだけ流しておきましょう。

■石鹸をネットで泡立てる
石鹸をネットを使って泡立てます。ネットの中に石鹸を入れて、少しこすり合わせます。ネットに石鹸がある程度付いたら石鹸を外し、ネットの石鹸を泡立てていきます。濃密な泡に仕上げるコツは、水分の量です。あらかじめ洗顔ネットを水で濡らし、5回くらい振って水を切っておくと、少量の水がネットに残ることになります。

少量の水で泡立てることで、濃密な泡を作ることができます。

■Tゾーンに乗せる
まずはTゾーンに泡を乗せていきます。この部分は皮脂が多く汚れやすい部分です。泡で洗うイメージで、くるくると転がしながら優しく洗っていきましょう。泡がクッションになるように、指には力を入れずに転がすことが大切です。

■Uゾーンに乗せる
次にUゾーンです。頬からあごにかけてのUゾーンは、乾燥を感じやすい部分でもあるので、泡を乗せて少しなじませるくらいでOKです。Uゾーンに乗せたら、最後に最もデリケートな目周りに乗せます。泡が乗っている時間を少なくするためにも、なじませたらすぐにすすいでいきましょう。

■ぬるま湯ですすぐ
最後にぬるま湯ですすいでいきます。30度~35度くらいのぬるま湯で、優しく肌に触れないように流していきましょう。水を肌に触れさせるイメージで流すと、肌への負担が少なくなりますよ。

おすすめの洗顔石鹸【1】カウブランド 無添加洗顔せっけん

カウブランドの石鹸
カウブランドの無添加洗顔せっけんは、無添加処方の洗顔石鹸です。肌への刺激が少ない植物性のアミノ酸系洗浄成分が配合されています。皮脂や汚れをマイルドに落としながら潤いを守ります。
カウブランド 無添加洗顔せっけん / ¥528

おすすめの洗顔石鹸【2】HACCI(ハッチ) はちみつ洗顔石けん

ハッチの石鹸
HACCIのはちみつ洗顔石けんは、はちみつを配合した洗顔石鹸です。はちみつの潤い力でもっちりとした肌へと導きます。濃密な泡が汚れを優しく落とし、滑らかな肌へと洗い上げます。
HACCI はちみつ洗顔石けん / ¥5,184

おすすめの洗顔石鹸【3】水橋保寿堂製薬(みずはしほじゅどうせいやく) いつかの石けん

いつかの石けん
水橋保寿堂製薬のいつかの石けんは、酵素の力で毛穴汚れを吸着します。クリーミーでキメの細かい泡が特徴です。弱アルカリ性で肌に優しく、しっかりと汚れを落とします。
水橋保寿堂製薬 いつかの石けん / ¥1,728

おすすめの洗顔石鹸【4】長寿の里 然(しかり) よかせっけん ジャータイプ

よかせっけん
長寿の里の然(しかり)よかせっけんは、練り上げて作られた練り石鹸です。シリカパウダーで汚れを吸着し、透明感のある肌へ整えます。1つ1つ手作りで、天然由来成分のみを使用しています。
長寿の里 然(しかり) よかせっけん ジャータイプ / ¥1,944
石鹸での洗顔方法についてご紹介しました。石鹸を使うことで、肌の潤いを守りながら汚れを落とすことができます。肌が敏感に傾いている人や、乾燥肌に悩んでいるという人は、ぜひ1度石鹸での洗顔を試してみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。