DEC.14.2019

顔合わせで着る母親の服装!年代別の服装やマナー、持ち物ご紹介

顔合わせで着る母親の服装!年代別の服装やマナー、持ち物ご紹介 顔合わせで着る母親の服装!年代別の服装やマナー、持ち物ご紹介

結婚前にある両家の顔合わせは、意外と親御さんも着て行く服装に悩みますよね。今回は顔合わせで着る母親の服装について、年代別におすすめの服装をご紹介します。服装以外にも気になるマナーや持ち物についてもご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

結婚が決まったら両家の顔合わせ。母親は何を着たらいい?

 

結婚が決まると両家の家族が集まる顔合わせの食事会が行われますが、お母様は着て行く服装で悩まれるのではないでしょうか。結納ほどフォーマルな服装は必要でなくても、普段着では相手のご家族に失礼になります。

そこで今回は、顔合わせで母親が着る服装のおすすめやマナー、持ち物をご紹介。服装はそれぞれの年代に相応しいおすすめをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

顔合わせで気をつけたいマナー:両家の服装は“格”を揃えて

 

顔合わせの食事会で気をつけたい服装マナーの一つは、両家の親同士で服装の“格”を揃えること。両家が洋装と和装で服装の格がバラバラなのは避けましょう。顔合わせの前に、服装についても打ち合わせておくのがおすすめ。当日お互いに不快な思いをせずに済みます。

お母様に限らず両家のご家族の服装は、主役の二人の服装より格が上にならないものを選びましょう。花嫁さんがワンピースの場合、お母様の服装が格上の和装なのは×。ワンピースやスーツなどの洋装を選ぶようにしてください。

顔合わせで母親が着る服装の選び方のポイント【1】選び方の基本ポイントはフォーマル過ぎないきちんと感

顔合わせにおすすめの母親の服装

顔合わせは結納ほどフォーマルな席ではないので、和装やドレスなどの正装を着る必要はありません。ただ、両家の家族の関係がスタートする大切な場なので、好印象になるようなきれいめできちんと感のある服装を選びましょう。

顔合わせで着るお母様の服装には、ワンピースやスーツなどの女性らしくて清潔感のある服装がベスト。ブラウスとスカートの場合はきれいめなものを選びましょう。

肌の露出や派手な色・柄、デザインのものは避けましょう。スカートやワンピースの丈感は短過ぎるものは避けて、ノースリーブのワンピースにはカーディガンやジャケットを羽織るようにしましょう。

顔合わせで母親が着る服装の選び方のポイント【2】顔合わせの場所に合わせた服装選びを

 

顔合わせで着るお母様の服装は、顔合わせが行われる場所の格式に合わせたものを選ぶのもポイント。顔合わせが高級料亭やホテルで行われる場合は、花嫁さんやお母様の服装は和装の方がベターです。洋装の場合も、スーツやワンピースにジャケットを羽織るなどきちんと感をプラスした服装を選びましょう。逆にカジュアルなレストランの場合は、格が高い和装より洋装の方が最適です。

顔合わせで母親が着る服装の選び方のポイント【3】それぞれの年代に合った服装選びを

顔合わせにおすすめの母親の服装

顔合わせで着るお母様の服装は、それぞれの年代に合った装いを選ぶのもポイント。30代のお母様はフレッシュなママコーデが似合いますが、50代のお母様は落ち着いた大人の女性の装いが似合います。それぞれの世代の魅力に合った服装を選ぶことが、好印象にもつながります。

顔合わせにおすすめの母親の服装【年代別:30代】淡色のワンピーススーツで優しい雰囲気のフェミニンコーデ

30代の母親におすすめの顔合わせの服装

顔合わせで着る服装で30代のお母様におすすめなのが、フレッシュな女性らしさを印象付けるような淡色のワンピーススーツ。

ベージュのワンピーススーツは、優しい雰囲気を演出してくれて好印象間違いなしのアイテム。スーツのジャケットは、フェミニンでフォーマル感のあるノーカラーを選ぶのがおすすめです。

顔合わせにおすすめの母親の服装【年代別:40代】夏のノースリーブワンピースにはジャケットなど羽織りものをプラス

40代の母親におすすめの顔合わせの服装

夏の暑い時期の顔合わせで着る服装には、ノースリーブのワンピースを選ぶ方も多いかもしれません。ただノースリーブのワンピースは、きちんと感のあるものでも二の腕の肌の露出が気になります。カーディガンやジャケットなどの羽織りものを持参しておいて、顔合わせの席では羽織って出席しましょう。

40代のお母様には、涼しげな女性らしさが印象的なネイビーワンピースがおすすめ。羽織りは大人っぽいセットアップのジャケットが◎。

顔合わせにおすすめの母親の服装【年代別:50代】カジュアルなレストランではパンツスタイルでもOK!

50代の母親におすすめの顔合わせの服装

顔合わせのお母様の服装は、カジュアルなレストランならパンツスタイルでもOK。パンツはセンタープレス、インナーにはきれいめなブラウスを選ぶなどきちんと感を意識して選びましょう。カラーコーデも白×ネイビーなど好印象の配色がベターです。

50代のお母様のパンツコーデには、ノーカラージャケットなど大人の女性らしさが添えられるジャケットを。ツイードの素材感が、年代に合った上質なおしゃれ感を演出してくれます。

顔合わせにおすすめの母親の服装【年代別:60代】大人のきちんと感はツイードのジャケットスーツで

60代の母親におすすめの顔合わせの服装

上質感のあるツイードのジャケット×スカートのスーツは、60代のお母様の顔合わせの服装におすすめ。素材感が際立つツイードのスーツは、大人の女性のきちんと感を印象付けてくれます。

スーツのツイード素材は黒×白など明るい印象になるものが◎。ブラウスも白で清潔感をプラスしましょう。

顔合わせにおすすめの母親の持ち物:バッグも服装に合ったカジュアル過ぎないものを

顔合わせにおすすめの母親の持ち物

顔合わせにお母様が持参する持ち物では、お財布やハンカチなどを入れるバッグに何を選ぶかも重要です。

普段使っているようなカジュアルなバッグは避けて、その日の服装に似合うきちんと感のあるバッグを持参しましょう。結婚式などで使う派手過ぎないフォーマルバッグでもOKです。

持ち物には、相手のご家族に手渡す手土産も忘れないように持参しましょう。事前に相手のご家族の好みを確認しておくと選ぶ際の参考になります。生ものや賞味期限が短過ぎるものは避けましょう。のしは付けた方が無難です。

顔合わせの席の支払いについては事前に誰が払うかを確認しておいて、必要ならクレジットカードや多めの現金を持参しておきましょう。

顔合わせの食事会は、結婚する両家の関係がスタートする大切な席です。相手のご家族の方に好印象が残るようなきちんと感のある服装を選びましょう。両家の服装の格を揃えたり、顔合わせの場所や年代に合った服装を選ぶのも大切です。顔合わせの場に相応しい服装を選んで、主役の二人の門出を祝ってあげましょう。