BEAUTYOCT.06.2018

ブロッキングでおしゃれ髪は左右される!アレンジ別のコツとは?

“ブロッキング”は、髪を染めるときやカットするときに使われるイメージが多いテクニックですが、実はアレンジをするときも大活躍!そこで今回は、おしゃれ髪にするために覚えておきたいブロッキングのやり方をご紹介します。基本のやり方からアレンジ別でチェックして、仕上がりの良さで周りに差をつけましょう。
“ブロッキング”は、髪を染めるときやカットするときに使われるイメージが多いテクニックですが、実はアレンジをするときも大活躍!そこで今回は、おしゃれ髪にするために覚えておきたいブロッキングのやり方をご紹介します。基本のやり方からアレンジ別でチェックして、仕上がりの良さで周りに差をつけましょう。

ブロッキングとは?

 
ブロッキングとは、髪を前後や左右で区分けする作業のことで、それぞれフロントやバック、サイドというようにブロックに分割することからブロッキングと呼ばれているそうです。

カットするときやヘアカラーをするときに美容師さんが行っているもので、ブロッキングをすることによって均一な仕上がりを目指すことができます。

このブロッキングを活用すれば、ヘアアレンジも綺麗に仕上げることができるのをご存知でしたか?

決まりにくい前髪や均一な巻き髪はもちろん、ハーフアップなどのさまざまなアレンジで活躍してくれるので、ぜひチェックしてみてください。

基本的なブロッキングのやり方

 
基本的なブロッキングのやり方から見ていきましょう。
必要なものは、ブロッキングをするときに髪を留める「ダッカール」とアレンジで使うゴムだけです。指だとブロッキングが難しいようであれば、ヘアセット用のコームを用意してみてください。

■基本的なブロッキングのやり方
①最初にクシで髪の絡まりをほどき、ヘアオイルを毛先中心になじませます。
②耳前と耳後ろに大きく2つに分けます。
③耳前をダッカールで留めたら、今度はハーフアップを作るようにバックの髪を上下に分けて上の髪を留めます。
④最後に下の髪を半分で分け、前に流せば完成です。

5ブロックに分けることで、巻き髪がやりやすく、綺麗に仕上がります。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【1】前髪をブロッキングする場合

前髪のブロッキング
ブロッキングをする前髪を表面の毛と内側の毛に分けます。

■前髪ブロッキングのやり方
①前髪を表面と内側で2つに分け、表面の髪をブロッキングします。
②ストレートアイロンで軽く内巻きになるように巻きます。
③表面の髪は軽く丸みがつくようにセットし、ヘアワックスをつければ完成です。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【2】サイド編み込みをする場合

サイド編み込み
ショートからロングまで、長さ問わずできるアレンジの一つであるサイド編み込み。顔周りが華やかになるので、お呼ばれスタイルとしても人気ですよね。
このときもブロッキングが活躍してくれます。

■サイド編み込みをするときのブロッキングのやり方
①耳の後ろに指を差し入れたら、指先でざっくりと縦に線を引き、サイドの髪を取り分けます。
②サイドの髪を編むときに後ろの髪を巻き込まないよう、ダッカールで留めてサイドで三つ編みをしていきましょう。

後ろ髪との境をキレイに分けず、あえてガタガタにすることで自然な編み込みに見せることができますよ。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【3】ショートヘアがアップスタイルにする場合

ショートヘアのアップスタイル
ショートヘアだとブロッキングを使うシーンがないように思われがちですが、アップスタイルにしたいときに活用することができます。

■ショートヘアのブロッキングのやり方
①襟足の髪と上の髪に分けて、ブロッキングします。
②サイドの髪も、耳に掛かる部分の髪を左右で分けてブロッキングします。
③①で分けた上の部分の髪をさらに真ん中辺りで半分にしてブロッキングして5つに分けたら、それぞれのブロックでくるりんぱをしましょう。

サイドの髪は後ろへ流すようにくるりんぱをすることがポイントです。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【4】内巻きボブを作りたい場合

内巻きボブ
ボブヘアの場合は、ロングヘアよりもブロッキングが少なくて済みます。

■ふんわりした内巻きボブのやり方
①サイドの髪を、上・真ん中・下で3つに分けます。
②下から上へ内巻きを繰り返せば、内巻き部分が段々になってエアリー感のあるボブの完成です。

内巻きにするときに、サイドに引っ張った髪を一度上に上げながら巻いていくと、よりふんわりさせることができます。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【5】簡単にゆるウェーブを作りたい場合

ゆるウェーブ
ボブやミディアムヘアで簡単に巻き髪を作りたいときは、上下を半分に分けるだけでOK!

■簡単なブロッキングのやり方
①ハーフアップを作るように、こめかみからやや斜め下に向けて髪を分け、ダッカールで留めます。
②上と下でブロッキングができたら、下から巻き、続けて上を巻けば完成です。

髪の毛の量が多いようであれば、上の段をさらに半分に分けてみてください。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【6】ハーフアップにする場合

ハーフアップ
上品で可愛らしいアレンジ定番のハーフアップも、綺麗に決めるならブロッキング!

■ハーフアップを作るときのブロッキングのやり方
①ハーフアップにしたい部分の髪を取り分け、トップで留めます。
②耳の前と後ろで両サイドの髪も分けたら、前の毛束を留めておきます。
③トップの髪を下ろしてゴムで結んだら、サイドからねじりや三つ編みを加えてゴムを隠すように巻き付け、ピンで留めれば完成です。

分ける位置をしっかり決めることで仕上がりも綺麗になります。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【7】ポニーテール

ポニーテール
アレンジ定番のポニーテールも、ブロッキングを使っていつもよりおしゃれに決めてみましょう。

■おしゃれなポニーテールのやり方
①まずは基本のブロッキングのやり方で髪全体を巻きます。
②できたら、今度は耳の前と後ろで分けるように前の髪を留めておきます。
③後ろに残った髪を好みの位置で一つにまとめます。
④サイドに残しておいた髪で結び目を隠すように巻き付けてピンで留めれば完成です。

ヘアアレンジにも手を抜かないポニーテールができそうですね。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【8】編み込みアップにする場合

編み込みアップ
おしゃれな編み込みアップスタイルを作りたい女性は、こちらのやり方をチェック!

■編み込みアップをするときのやり方
①左右に分けて2つにブロッキングをするのですが、真ん中で分けるよりも左右どちらかを少し多くしてブロッキングすることがポイントです。
②それぞれの毛束でざっくりと編み込みをしたら、細い編み込みを太い編み込みに巻き付けてピンで留めます。
③太い編み込みを、②で巻き付けたところへさらに巻き付けて留めれば完成です。

華やかに決まるので、結婚式や二次会のときにもぴったりですよ。

アレンジ別!髪のブロッキングのやり方【9】編み下ろしをする場合

編み下ろし
ブロッキングを活用すれば、おしゃれな編み下ろしもマスターできます。

■編み下ろしのやり方
①まずはバックで3つに分けるのですが、このとき真ん中の毛束が太くなるように取り分けてサイドの髪を留めておきます。
②まずは真ん中の毛束から毛先まで三つ編みを繰り返し、両サイドの髪も三つ編みにします。
③できたら、サイドの三つ編みを、真ん中の三つ編みの編み目に通して1つの束にすれば完成です。

ボリュームのある編み下ろしになるので、華やかに決まりますよ。
ブロッキングの基本からアレンジ別でのやり方をご紹介しました。少し大変に思えてしまいますが、慣れてくればスムーズにできるようになり、ヘアスタイルの仕上がりも良くなります。ぜひアレンジ別にブロッキングを使い分けてみてくださいね。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHIONSEP.11.2018

愛甲千笑美が着こなす プロポの秋新作コーデ6♥︎

FASHIONSEP.03.2018

この秋まっ先に手に入れたいマストハブ小物6選

夏も終盤にさしかかり、そろそろ気になるのは秋のコーディネート。今までの雰囲気を手早く気軽にアップデートするなら、まずは小物からチェンジを! この秋ならではの絶対押さえておきたい旬な小物6選を、モデルのNikiとともにご紹介します。