BEAUTYJUL.02.2019

手の甲が美白できるアイテムとは?ハンドクリームの選び方や塗り方

顔や体の美白ケアがしっかりできているという人の中でも、見落としがちになっているのが手の甲です。手の甲もしっかり美白ケアを行わないと、老化の原因となってしまいます。手の甲の美白ケアアイテムの選び方や塗り方についてご紹介します。
顔や体の美白ケアがしっかりできているという人の中でも、見落としがちになっているのが手の甲です。手の甲もしっかり美白ケアを行わないと、老化の原因となってしまいます。手の甲の美白ケアアイテムの選び方や塗り方についてご紹介します。

手の甲を美白ケアした方がいい理由

手の甲を見せている人
ハンドクリームを塗る習慣がある人や、顔の美白アイテムが好きだという人の中にも、手の甲の美白だけは怠ってしまっているという人が少なくありません。なぜ手の甲を美白ケアした方が良いのか知っていますか?

手の甲は実はもっとも年齢が出やすい部分だといわれています。1度シワやシミができてしまった手の甲は、元に戻すことが難しい部分だといわれています。美容クリニックの技術を駆使しても、なかなか戻すことができない大変な部分だということです。

手の甲が老化してしまう原因は、紫外線が関係しています。ハンドクリームを塗っているという人も多いですが、手を洗う度にハンドクリームは落ちてしまいますよね。だからこそ手は乾燥しやすく、紫外線の影響が受けやすいのです。

手の甲の美白ケアは、自分が意識して行わないと、なかなか対策ができません。手の甲の美白ケアは毎日しっかり行うようにしましょう。

手の甲の美白クリームの選び方

両手を重ねている人
手の甲の美白クリームやハンドクリームの選び方についてご紹介します。

■美白有効成分が入っているか
美白のハンドクリームの選び方は、美白有効成分が入っているかどうかが重要になります。ハンドクリームの中でも薬用タイプのもので、メラニンの生成を抑える効果がある成分配合のものを使うようにしましょう。ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などがおすすめです。

■保湿力があるものを選ぶ
美白のハンドクリームを選ぶ時は、しっかり保湿してくれるアイテムを選ぶようにしましょう。手の甲や手のひらというのは、たくさん洗う部分でもあり、動かす部分でもあります。

そのため乾燥を感じやすい部分でもあるので、高保湿のハンドクリームを使うことがとても重要になってきます。しっかり保湿効果が長時間持続する物を使うようにしましょう。

■紫外線カット効果があるもの
手の甲の美白を意識するのであれば、紫外線カット効果があるものを選ぶようにしましょう。手の甲は水で洗い流すことが多い部分なので、石けんを使って洗うとすべてが落ちてしまいます。

その度に日焼け止めを塗るのも良いですが、できれば紫外線カット効果があるものを使った方が楽に済みます。美白効果や保湿効果を優先して使いたいという場合は、外出した時は手を洗う度に日焼け止めを塗り直すようにしましょう。

手の甲の美白クリームの使い方

クリームを手のひらに乗せている人
手の甲にハンドクリームや美白クリームを塗る時の、正しい塗り方についてご紹介します。

■手のひらに出して温める
手のひらにハンドクリームを出します。そして両手を使って温めます。こうすることで、クリームが肌になじみやすくなり、手の甲や手のひら全体に均一に伸ばしやすくなります。

■手の甲になじませる
手のひらで温めたクリームを、手の甲になじませていきます。こうすることで、両面にしっかりクリームを行き渡らせることができます。両方の手の甲にしっかりなじませましょう。

■手の甲から指先へなじませる
手の甲にクリームを乗せたら、指先に向かってなじませていきます。この時力は入れずにゆっくり丁寧に行いましょう。爪の間や指の間など、細かな部分までしっかりなじませましょう。

■最後に手の甲を包み込む
指先までしっかり塗りこませたら、手のひらで手の甲を包み込みながらなじませていきましょう。最後にまた手のひらで温めることで、よりしっかり浸透させていきます。

手の甲が焼けてしまった時の美白ケア

片方の手のひらの画像
手の甲の美白ケアというのは、心がけようと思っていてもうっかり忘れてしまうこともありますよね。手の甲がうっかり焼けてしまった時のケア方法についてご紹介します。

■まずは冷やす
手の甲が日焼けしてしまった時は、まず冷やすことが大切になります。冷やしてあげることで、肌の炎症を抑える効果があります。まずは火照った肌を冷やして、そこから美白ケアにうつるようにしましょう。

■美白クリームを使う
手の甲が日焼けしてしまった時は、顔と同様に美白ケアを行ってメラニンの生成を抑えることが大切です。ある程度炎症や火照りが落ち着いたら、美白クリームを使ってケアをするようにしましょう。ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、アルブチンなどの成分がおすすめです。

■紫外線対策や保湿ケアはしっかり行う
肌が日焼けしてしまった時は、肌の状態がとても敏感でダメージを受けやすいです。外出する時はなるべく手に紫外線が当たらないように心がけるようにしましょう。紫外線対策用のアームカバーや手袋がおすすめです。
手の甲の美白ケアについてご紹介しました。手の甲は意外と見落としがちな部分でもあります。手の甲は年齢が出やすい部分でもあるので、しっかりケアをして対策を行うようにしましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック