JAN.20.2020

オーバーサイズコートのコーデ術!似合わないを解消する着こなし

オーバーサイズコートのコーデ術!似合わないを解消する着こなし オーバーサイズコートのコーデ術!似合わないを解消する着こなし

今季トレンドのアウター、オーバーサイズコート。2019年も人気継続中です。一方、「ビッグシルエットだし似合わない」「低身長でバランスが取りにくい」そんな感想も。そこで今回は、お悩みを解消するおすすめのコーデ術や着こなしをご紹介します。

トレンドのオーバーサイズコートが似合わない?

 

「コーデがなんとなく垢抜けない……」そんな時に一気にコーデを今っぽくしてくれるのがオーバーサイズコート。この冬もワードローブに外せないアイテムです。

ただ一方で、「試着してみたけど、なんとなく似合わない気がして購入しなかった」といった声が多く聞かれるアイテムでもあります。

そこで今回は、そんなお悩みを解消するためのオーバーサイズコートを使ったコーデをご紹介します。合わせるアイテムの工夫や着こなしテクが詰まった素敵なコーデばかりなので、あなたもオーバーサイズコートの攻略法を見つけてください。

オーバーサイズコートのコーデ術【1】攻略の第1歩。カラーを絞ってみる

ブラウンのオーバーサイズコートを使ったコーデ

「オーバーサイズコートが似合わない」を解消する攻略法の第1歩は、カラーを絞ることから始めましょう。最も挑戦しやすいのがツートーンコーデ。

オールブラックに白を差し色に使ったコーデに、ブラウンのオーバーサイズコートをプラス。身長がある方ならロング丈タイプを選べば、縦長のシルエットを作る事ですっきりと着こなせます。コートの素材が柔らかい落ち感があるものを選ぶのもおすすめです。

オーバーサイズコートのコーデ術【2】ワントーンでまとめる

ベージュのオーバーサイズコートを使ったコーデ

カラーをワントーンでまとめるのもおすすめです。ベージュのオーバーサイズコートのインを白系で揃えてまとまりよく。白とベージュのワントーンコーデは春夏はもちろん、重くなりがちな秋冬コーデにも軽やかさをプラスしてくれるので今っぽい雰囲気になります。

オーバーサイズコートのコーデ術【3】ノーカラータイプでシンプルに

ライトグレーのオーバーサイズコートを使ったコーデ

オーバーサイズコートのデザインやシルエットも「似合わない」を解消するための重要なポイント。ノーカラーコートは襟元がすっきり見えるので、特に身長が低い方におすすめです。

トップスとコートのカラーを揃えて、ボトムはブラックで存在感を消すことで、上半身を印象付けることに成功しています。コーデ全体をシンプルにまとめるのも、オーバーサイズコートを着こなすコツの一つです。

オーバーサイズコートのコーデ術【4】「肩掛け」スタイルでこなれ感を

ブラウンのオーバーサイズコートを使ったコーデ

オーバーサイズコートのコーデでよく見かける「肩掛け」の着こなしに挑戦してみるのもおすすめ。「似合わない」は着慣れていないことが原因の場合もあるので、まずはどんどん着てみることが大切です。

メンズっぽい「肩掛け」スタイルはコーデが一気にこなれるので、休日の女友達とのショッピングなどで挑戦してみるのもいいかもしれません。

オーバーサイズコートのコーデ術【5】ボトムはタイトに。逆三角形シルエットを作る

 

オーバーサイズコートの着こなしを成功させるコツの一つが、ボトムをタイトにして全身のシルエットで逆三角形を作ること。コートとボトムの色を揃えるのも効果的です。

マニッシュなパンツコーデですが、インのニットにフェミニンカラーを差し色に使うことで、おしゃれ度がぐっと上がります。

オーバーサイズコートのコーデ術【6】髪型はコンパクトにまとめて

 

オーバーサイズコートの着こなしで大切なポイントなのに意外と盲点なのが、髪型。ロングヘアの方は一つにまとめるなどでコンパクトにした方が垢抜けた印象になります。

特にボトムにワイドパンツを合わせたコーデだと重心が下に下がるので、髪型まで重くしてしまうともっさりした印象に。ボトムがワイドな場合はトップスはボトムにインしてすっきりと。

オーバーサイズコートのコーデ術【7】ストールを使って視線を上に集める

 

オーバーサイズコートを着たときの首元にストールやマフラーを巻くことで、着こなしのコツである逆三角形のシルエットを強調させることができます。もちろんボトムはタイトなものを選ぶのが鉄則です。

グリーンのオーバーコートの首元は、差し色にもなった白のストールで視線を上に持ってくる効果が抜群。防寒だけでなく着こなしのアシストもしてくれます。

オーバーサイズコートのコーデ術【8】パーカーのフードもマフラーと同様の効果が!

 

オーバーサイズコートの首元にストールを巻くのと同じ効果があるのが、パーカーをインしてフードを出す着こなし。視線が上に集まることで逆三角形の効果を際立たせることができます。

ボトムをタイトなブラックスキニーにすることで、バランスが取れてすっきり。ショート丈のオーバーサイズコートだと、より逆三角形が強調されます。

オーバーサイズコートのコーデ術【9】トレンドの着こなしはアウター同士のレイヤード

 

オーバーサイズコートの着こなしに慣れてきたら、ぜひ挑戦したいのがアウター同士のレイヤード。ゆとりのあるサイズ感のオーバーサイズコートならではのコーデです。おしゃれ上級者の雰囲気になってコーデの幅も広がります。

ライダースジャケットにブラウンのロングコートをレイヤード。肩掛けして羽織ることでぐっとこなれ感が増します。

身長が高い方はボトムをワイドパンツにして、難易度高めな着こなしにもぜひ挑戦して。

オーバーサイズコートのコーデ術【10】お馴染みのウルトラライトダウンを重ねたユニクロコーデ

ユニクロのオーバーサイズコートを使ったコーデ

重ね着しやすいオーバーサイズコートのメリットを生かして、真冬はインナーダウンを仕込む着こなしも挑戦しやすいのでおすすめです。UNIQLO(ユニクロ)の人気商品ウルトラライトダウンのベストをインに仕込んで、同じユニクロのテーラードコートを。

インナーダウンはベストタイプが着膨れしないので、シルエットをきれいに保てます。合わせるスカートはタイトシルエットを選ぶのが◎。

オーバーサイズコートのコーデ術【11】トレンチコートはベルト使いがポイント

トレンチコート

春の定番アウター、トレンチコートもオーバーサイズで旬なシルエットに。だぼっとした印象にならないよう、ベルトでしっかりウエストマークをしてメリハリを付けましょう。腕まくりをするのもこなれ感を出すコツです。

オーバーサイズコートのコーデ術【12】ロングコートは前を開けて縦のラインを強調

 

オーバーサイズコートの中でも特に重たい印象になりやすい、ロングコート。しかし、トレンド感のある丈感なので一枚で旬な印象になります。

そんなロングコートはボタンを留めずにインナーを少し見せて、縦のラインを作るのがポイント。ボタンを留めるよりもすっきりして見えるので、コートのボリューム感が軽減されて着こなしやすくなりますよ。

オーバーサイズコートのコーデ術【13】ストールを指し色にしてアクセントを

 

顔周りを明るく見せて、女性らしさを引き出してくれるピンクのストール。甘めのカラーですが、首から長く垂らせば大人っぽい印象になります。縦のラインを作ることもできるので、オーバーサイズコートにはぴったりの使い方です。

オーバーサイズコートのコーデ術【14】モノトーンでシックにまとめて

 

オーバーサイズながら、肩のラインがすっきりしているため着こなしやすいコート。オーバーサイズコートのもたつき感が気になる人は、トレンドのドロップショルダーは避けるのもおすすめです。

モノトーンでまとめればシックで洗練された印象に。大人っぽく着こなしたいときにマネしたいコーデです。

オーバーサイズコートのコーデ術【15】きれい色のダッフルコートで大人かわいく

 

コーデの主役になるきれいな水色のコート。オーバーサイズのダッフルコートなら、大人かわいい雰囲気に仕上がります。水色と相性のいい白のタートルネックニットで配色のきれいなコーデに。

高めの位置でお団子にしてすっきりまとめたヘアスタイルも、オーバーサイズコートを重たい印象にせずに着こなすポイント。

オーバーサイズコートのコーデ術【16】ソックスブーツで足元をすっきりと

 

足元をすっきり見せられる、トレンドアイテムのソックスブーツ。ボリューム感のあるオーバーサイズコートと合わせると、コーデをバランスよく見せてくれます。色は黒で全体の印象を引き締めて。

オーバーサイズコートのコーデ術【17】バイカラーのコートでメリハリを

バイカラーコート

表と裏で違うカラーが使われた、フード付きのオーバーサイズコート。裏の色をチラ見せすることで色味に変化が付いてメリハリのある印象に。インナーはボーダーカットソーにスキニーデニムを合わせて冬マリンな雰囲気に。デニムの裾をロールアップして足首見せすると、抜け感をプラスできますよ。

オーバーサイズコートのコーデ術【18】チェック柄コートでとことん旬なコーデに

 

今季人気のチェック柄。オーバーサイズコートで取り入れれば、トレンド要素が詰まった一枚に。やり過ぎにならないよう、インナーはベーシックなアイテムでバランスを取りましょう。胸元が開いたチェスターコートは、タートルネックニットと相性抜群です。

オーバーサイズコートのコーデ術【19】黒のロングコートで引き締まった印象に

ロングコート

ビッグカラーで小顔効果が高いチェスターコート。ビッグシルエットでも黒などの引き締めカラーを選べば、着こなしやすくなります。インナーは明るいカラーを選んで、黒のロングコートでも重たい雰囲気にならないようにバランスよく。

オーバーサイズコートのコーデ術【20】ビタミンカラーでビビッドに

 

袖口の折り返しが鮮やかなグリーンのチェスターコート。インナーもビビッドなレモンイエローのタートルネックニットでビビッドに。上半身にアクセントを付けて視線を上げることで、バランスよく仕上がります。他のアイテムをグレーで統一すれば、ビビッドカラーも子供っぽくならずに着こなせますよ。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【1】通勤にはチェスターコートでキチンと感を

チェスターコート

カジュアルでラフな雰囲気になりやすいオーバサイズコート。通勤に使うのは難しく思えますが、襟付きできちんと感の高いチェスターコートなら通勤にも対応できます。

インナーはボトルネックのシンプルなニットを。コートと色のトーンを揃えて統一感のある雰囲気に。小物もかっちりとした印象のものを合わせてきれいめに仕上げるのが、通勤コーデにオーバーサイズコートを取り入れるためのポイント。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【2】デートには裏シャギーのコートでガーリーに

シャギーコート

ふわもこの質感が女の子らしさを高めてくれる、裏シャギーのコート。オーバーサイズなら、華奢見えして見えるのでデートにはぴったり。

フード付きのカジュアルなコートなら、デート気分を高めるためにボトムスはフェミニンなプリーツスカートを。トップスはあえてスウェットを合わせて甘過ぎないデートコーデに。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【3】女子会にはノーカラーコートでこなれた雰囲気に

ノーカラーコート

トレンドを意識しつつ、エフォートレスに仕上げたい女子会コーデ。ノーカラーのオーバーサイズコートなら、さらっと羽織るだけで女子会に欲しいこなれた雰囲気が手に入ります。ブラウンやベージュで作るラテ配色で、旬な印象にまとめて。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【4】ショッピングにはトレンドアイテムを投入

ノルディック柄ニット

ショッピングへ行くならトレンドライクな着こなしがマスト。オーバーサイズコートだけでも今っぽい印象になりますが、インナーもトレンドアイテムで抜かりなく。例えばノルディック柄ニットで旬な印象を作りましょう。コートの前を閉じても、V字になったコートの襟元からノルディック柄をチラ見せできます。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【5】カフェにはボアコートでリラックス感を

ボアコート

カフェでゆっくり過ごすなら、リラックス感のあるスタイルにしたいもの。旬アウターのボアコートは、トレンドライクな上もこもこした質感がほっこりとした雰囲気を作ってくれます。

パーカーにワイドイージーパンツを合わせて、着心地のいいカフェコーデに。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【6】クリスマスパーティーにはノーカラーコートを上品に仕上げて

ノーカラーコート

オーバーサイズでもエレガントに着られるノーカラーコート。ちょっとしたパーティーのアウターとしても活躍してくれます。インナーはプリーツがきれいなロング丈ワンピースで、大人っぽいクリスマスコーデに。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【7】忘年会にはシャイニーなダウンコートで防寒と華やかさを両立

ダウン

忘年会や新年会は、夜遅くなると帰りにはグッと冷え込むことも。ダウンでしっかり防寒しましょう。カジュアルなイメージのあるダウンですが、シャイニーな質感でベルト付きのダウンなら、大人の女性の着こなしが可能。オーバーサイズならではのビッグカラーがリッチ感を作ってくれます。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【8】初詣には並んでいる間も暖かいダウンジャケットを

ダウン

参拝のために長い列に並ぶこともある初詣。並んでいる間に寒さが辛くならないように、オーバーサイズのダウンジャケットで暖かく。色味を抑えたコーデなら、ダウンジャケットでもカジュアルになり過ぎずに着こなせますよ。

シーン別・オーバーサイズコートのコーデ術【9】旅行にはムートンコートでカジュアルかわいく

ムートンコート

旅行におすすめなのが、エコムートンコート。軽くて暖かいので、長時間外で着ていても疲れたり寒く感じたりしにくいのが魅力。オーバーサイズなら、中に着込みやすいのもポイントです。シンプルなデザインのものを選べば、どんなインナーにも合わせやすく旅行先での着回しも簡単です。

体型のお悩み別・オーバーサイズコートのコーデ術【1】下半身太りの場合はタイトスカートでIラインを強調

タイトスカート

オーバーサイズコートはボリューム感があるため、着太りしてしまわないか心配な人もいるのでは?しかし、体型別にポイントを押さえてコーデすれば、オーバーサイズコートを楽しめますよ。

下半身太りが気になる場合は、ボトムスはIラインを強調できるすっきりしたシルエットのものを。細身パンツだと足のラインが出てしまいますが、ロングタイトスカートなら足のラインをカバーしつつ、縦長シルエットを作ることができて細見えします。

体型のお悩み別・オーバーサイズコートのコーデ術【2】上半身ががっしりしている場合はドロップショルダーで華奢見せ

チェスターコート

肩幅が広く上半身ががっしりして見える、という場合はドロップショルダーのコートを。肩のラインがなだらかに見えるので、華奢見せすることができます。抜き襟気味に着ると、肩にかかる布地の面積が小さくなってより肩幅が目立ちにくくなりますよ。

体型のお悩み別・オーバーサイズコートのコーデ術【3】全身ぽっちゃりならボトムスをすっきりと

黒スキニー

全体的にぽっちゃりしている場合は、コートから覗くボトムスをタイトに。例えば黒スキニーを合わせると、ボリューム感のあるコートに対して足がほっそりして見えます。ダークカラーのボトムスは視覚的な引き締め効果があるのもポイント。

体型のお悩み別・オーバーサイズコートのコーデ術【4】低身長ならショート丈でバランスよく

ショートダウン

ロング丈のアウターがトレンドになっていますが、低身長さんが着ると何だかコートが歩いているような、コートに着られているような印象になってしまいがち。それは横幅が出やすいオーバーサイズコートならなおさらです。

バランスよく着こなすならショート丈を選ぶのがおすすめ。オーバーサイズコートの中でも特にボリューム感が出やすいダウンも、ショート丈なら低身長でもかわいく着こなせますよ。

体型のお悩み別・オーバーサイズコートのコーデ術【5】顔の大きさが気になる場合はビッグカラーのチェスターコートを

チェスターコート

顔を小さく見せたい場合に効果的なのが、大きめ襟のアウター。オーバーサイズコートも襟が大きなものを選ぶと、襟の大きさに対して相対的に顔を小さく見せることができます。チェスターコートなら、顔回りにシャープなラインができるので、顔の丸さが気になる場合にも効果的です。

春のオーバーサイズコートのコーデ術【1】トレンチコートで作るパリジェンヌ風コーデ

トレンチコート

春ももちろんオーバーサイズコートは大活躍!定番アウターのトレンチコートも、オーバーサイズなら旬な印象に変わります。

ボーダーカットソーにデニム、フラットシューズを合わせてパリジェンヌのような春マリンコーデに。

春のオーバーサイズコートのコーデ術【2】明るめカラーで春らしい軽やかさを

トレンチコート

柔らかな生地感のオーバーサイズトレンチコートは、くたっとした質感がこなれた雰囲気を作ってくれるアイテム。ライトベージュやオフホワイトなどの明度の高いカラーでまとめると、軽快な印象が季節感を演出してくれます。

春のオーバーサイズコートのコーデ術【3】ガウンコートをさらっと羽織って大人カジュアルに

ガウンコート

カジュアルに着られるカーキのガウンコート。白Tシャツにロールアップデニム、というシンプルでベーシックなコーデも、オーバーサイズのガウンコートを羽織るだけで旬なコーデに。白の大ぶりピアスが春らしいアクセントになっています。

春のオーバーサイズコートのコーデ術【4】鮮やかカラーで印象的に

マスタードのコート

コーデの主役となる、鮮やかなイエローのシャツコート。くすんだ色味なら、今っぽいこなれ感を作りやすいですよ。他のアイテムは白やベージュなどでまとめて、春らしいナチュラル感をプラス。

春のオーバーサイズコートのコーデ術【5】シャツワンピースをコート代わりに

シャツワンピース

ライトアウター代わりに使えるのが、前開きにできるシャツワンピース。コートのようにさらっと羽織れば、「トレンチコートやデニムジャケットだと暑い、でも羽織りものがないとちょっと寒い」そんな時期のアウターとして活躍してくれます。

袖は腕まくりをしてラフな雰囲気に。バングルや指輪の重ね付けなど、小物使いにこだわることでカジュアルな中に女性らしさを演出できますよ。

トレンドのオーバーサイズコートは「似合わない」と敬遠されている方も多いかもしれません。でも、オーバーサイズコートはコーデが今一つ垢抜けない時などの救世主的なアイテム。サイズ感やデザインも似合うor似合わないを左右します。今回ご紹介したコーデも参考にしていただいて、ぜひたくさんのオーバーサイズコートを試着して、自分に「似合う」オーバーサイズコートを見つけてください。