NOV.15.2019

スマホケースの作り方をご紹介!レジンや革を使ったハンドメイド方法

スマホケースの作り方をご紹介!レジンや革を使ったハンドメイド方法 スマホケースの作り方をご紹介!レジンや革を使ったハンドメイド方法

さまざまなデザインが販売されているスマホケースですが、自分の気に入ったデザインが見つからずに困った経験がありますよね。今回は、レジンや100均アイテムを活用したスマホケースの作り方をご紹介します。

スマホケースの作り方や材料【1】スマホケースを手作りする人が増加中

スマホケース

スマホを汚れや衝撃から保護してくれるスマホケースは、毎日使うものですので、おしゃれでお気に入りのデザインのものを使いたいですよね。

しかし、市販されているスマホケースには、理想通りのものがなく、スマホケース選びに困った経験がある方も多いと思います。特に、Android(アンドロイド)を使用している方は、市販されているスマホケースの種類が少ないため、オリジナルのスマホカバーが作成できるアプリやサービスを利用している方もいると思います。

近年は、オリジナルのスマホケースを作成するアプリやサービスを利用するだけでなく、スマホケースを手作りする方も増えてきています。SNSや動画投稿サイトでもオリジナルのスマホケースの作り方を紹介した投稿は人気を集めていますよ。

「スマホケースを手作りする」というと、ハードルが高そうですが、そんなことはありません。100円均一やネット通販でリーズナブルにハンドメイドアイテムが購入できるようになった近年は、スマホケースも手作りしやすくなってきました。

プラスチック製のシンプルなスマホケースにデコレーションをするだけで、自分だけのおしゃれな手作りのスマホケースを作ることができますよ。手帳型のスマホケースのハンドメイドも、難しそうに感じる方もいると思いますが、実は手軽に作ることができます。

今回は、ハンドメイド初心者さんでも作りやすい、スマホケースの作り方をご紹介します。

スマホケースの作り方や材料【2】リメイク

リメイクしたスマホケース

ハンドメイドやDIY初心者さんにおすすめしたいのが、スマホケースのリメイクです。

市販されているシンプルなスマホケースに、パーツを接着剤で付けるだけでできる簡単なオリジナルスマホケースの作り方です。パーツは、ラインストーンやビジュー、金属のチャームやレース、リボンやネイル用のパーツなどがおすすめです。手芸店や100均で購入できますよ。

100均でも購入できるステンシルシール(転写シール)やマスキングテープを使用しても素敵ですね。

油性ペンでイラストを描いたり、マニキュアを塗ってアクセントにするのもいいですね。

スマホケースの作り方や材料【3】レジン

レジンでハンドメイドしたスマホケース

近年オリジナルのスマホケースの作り方の中でも注目を集めているのが、レジンを使った方法です。レジンは、ジェルネイルにも使用されている樹脂です。ネイルに使用されるUVレジンは、スマホケースにも使用でき、硬化時間が短いのがメリットです。エポキシレジンは、硬化するまでに3日程度かかりますが、厚みのある立体的なデザインを作りたい場合におすすめです。

ポリカーボネートの透明のスマホケースに、ドライフラワーや押し花を並べ、クリアタイプのレジンでコーティングしたスマホケースは、SNSでも人気を集めていますよね。

その他にも、スマホケースにパーツを並べてレジンでコーティングする方法もありますよ。

スマホケースの作り方や材料【4】デコパージュ

デコパージュしたスマホケース

手軽にオシャレな柄を付けたい場合には、デコパージュを利用したスマホケースがおすすめです。

デコパージュを使ったスマホケースの作り方は、簡単です。

①スマホケースに付けたいデザインの紙やペーパーナプキン、和紙や布などをスマホケースの形よりも少し大きくカットします。
②スマホケースにデコパージュ専用液を筆を使って塗り、カットしておいた①をシワができないように貼りましょう。
③しっかり乾燥させたら、余った紙をカットします。
④仕上げ液を上から塗って乾燥させたら完成です。

デコパージュ専用液やデコパージュ専用の仕上げ液は、100均でも購入できますよ。布を使用する場合はデコマージュ専用液を使用するのがおすすめです。

スマホケースの一部のみに紙や布を貼ったり、複数の紙や布を組み合わせてデコパージュするのもオリジナリティが出せますね。

手帳型スマホケースも、デコパージュを利用して作ることができます。

①あらかじめスマホケースに合わせて厚紙を2枚カットして、布や紙でデコパージュしておきましょう。表面と裏面を別々にデコパージュしておき、あとから2枚を背中合わせにして接着剤でくっつけて1枚にすることで、強度を高めることができます。
②①とあらかじめデコパージュしておいたスマホケースの連結部分は、厚手の布や布バンドを使用します。接着剤を塗ってドッキングさせましょう。

スマホケースの作り方や材料【5】革や布を貼る

フェイクレザーのスマホケース

スマホケースに革や布を貼る方法も、簡単にできるおすすめのオリジナルのスマホケースの作り方です。

布の場合は、あらかじめスマホケースのサイズに合わせて布をカットしておき、あとは接着剤を使ってスマホケースに貼るだけです。もちろん、フェイクレザーや着物、デニムなどを貼ってもおしゃれですね。

厚手の布やデニム、革などを貼るのが難しい場合は、粘着シートをクリアタイプのスマホケースに貼るだけでも、布やデニム、革を使ったスマホケースを作ることができますよ。

100円SHOPのダイソーの「貼れる布」は、粘着シートタイプで、簡単に布を貼ることができるので、ハンドメイド好きの方に人気を集めていますよ。

ハンドメイドのスマホケースは、市販されているケースを利用すれば、手軽に作ることができます。ぜひ、ご紹介したスマホケースの作り方を参考にして、世界に一つだけのスマホカバーを作ってみてくださいね。