LIFESTYLENOV.11.2018

マフラーの洗濯方法ご紹介!ウールやアクリル・素材別の洗い方とは?

寒い時期にマストな小物といえばマフラー。首元が暖かくなると体全体もぽかぽかしてきます。そんな大切なマフラーは丁寧にお手入れして長持ちさせたいですよね。そこで今回は、マフラーの自宅での洗濯方法や洗濯の際の注意点などをご紹介します。
寒い時期にマストな小物といえばマフラー。首元が暖かくなると体全体もぽかぽかしてきます。そんな大切なマフラーは丁寧にお手入れして長持ちさせたいですよね。そこで今回は、マフラーの自宅での洗濯方法や洗濯の際の注意点などをご紹介します。

マフラーは素材ごとで洗濯方法が変わる!

マフラー
マフラーはウールやカシミヤ、アクリルなどと素材がそれぞれに違うので、素材ごとで洗濯方法が変わります。ですから必ずラベルを確認して素材をチェックする必要があります。

素材の割合によっても洗濯方法は変わるので、洗濯表示のチェックはマスト。ここでは、その洗濯表示の見方を簡単にご説明します。

【洗濯表示の見方】

・洗濯機で洗えるマーク
たらいの中に水が張ってあるマーク。水の中の数字は水温の上限の温度を示しているので、必ず指示通りの温度で洗うようにしましょう。

・手洗いのマーク
たらいの水の中に手が入っているマーク。このマークの時には洗濯機での洗濯はできません。

・水洗い不可のマーク
水の入ったたらいの上から×がしてあるマーク。水洗いはできないので、自宅での洗濯はあきらめてクリーニングに出しましょう。

・洗濯表示がない場合
洗濯表示がないマフラーは、自宅で洗濯していいのかどうかの判断ができないので、必ずクリーニング店に相談しましょう。

素材別のマフラーの洗濯方法

グレーのマフラー
ここからは、素材別でそれぞれの洗濯方法をご紹介していきます。洗濯表示の指示内容を基本に、ご紹介する洗濯方法も参考にしてください。

■ウール素材のマフラーの洗濯方法

繊細なウール素材の洗濯は必ず洗濯表示を確認し、自宅で洗っていい場合もできる限り手洗いをおすすめします。

①たらいの中におしゃれ着洗いなどの中性洗剤を溶かして洗浄液を作ります。水温は30℃以内のぬるま湯にしてください。マフラーを汚れている箇所を外側にして折りたたみ、洗浄液に入れます。

②しばらくつけ置き洗いをした後、押し洗いを何回かしたら、水を入れ替えてすすぎます。泡がなくなるまですすいで、すすぎの最後の段階で柔軟剤を入れるとふんわり仕上がります。

③脱水は洗濯機を使わずにバスタオルで優しく水分を取ります。この時こすったりしないように注意してください。干し方は平干しで陰干ししてください。

■カシミヤ素材のマフラーの洗濯方法

カシミヤはウール以上に繊細な素材です。洗濯表示で自宅で洗える場合でも、必ず手洗いで優しく丁寧に洗ってください。

洗濯方法はウールと同様の洗い方でOKです。注意点は、ウール以上に優しく短時間で洗うこと。時間をかけるのが厳禁なので気を付けましょう。

■アクリル素材のマフラーの洗濯方法

アクリル素材のマフラーはカジュアルなものが多く、ほとんどが洗濯機でも洗えます。洗濯表示を確認し、洗濯機で洗えるものはこれからご紹介する洗い方で洗っていきましょう。

①マフラーを汚れが外側になるように折りたたみ、洗濯ネットに入れます。

②洗剤は必ずおしゃれ着用洗剤などの中性洗剤で「手洗いコース」などの弱水流で洗います。柔軟剤を入れるとふんわりと仕上がります。

③脱水は短めにして、風通しのいい場所で陰干しで干しましょう。

■手編みのマフラーの洗濯方法

手編みのマフラーの場合は、洗濯表示がないので自宅で洗えるかどうかわかりません。素材で判断できる場合は、今回ご紹介した洗濯方法で洗ってください。判断できない場合は、念のために優しく手洗いしましょう。乾いてからスチームアイロンをかけると、洗濯で寝てしまった毛が浮いてくるのでおすすめです。スチームアイロンをかけた後は風通しのいい場所で陰干しして、しっかり乾かしましょう。

マフラーの洗濯失敗例:対処方法は?

洗濯に失敗した女性
マフラーの洗濯では、さまざまな失敗例が考えられます。

例えば、
・マフラーを間違って他の洗濯ものと一緒に普通に洗ってしまった……
・カシミヤマフラーを手洗いコースで洗濯機で洗ったら、毛羽だって風合いがなくなってしまった……

アクリル素材のマフラーでも、念のために中性洗剤を使い、洗濯機で洗う場合は洗濯ネットに入れて、「手洗いコース」で洗わないと失敗するケースがあります。ウールやカシミヤ素材のマフラーは、洗濯機ではなく手洗いで洗わないと失敗してしまいます。

こういった場合は、クリーニング店に一度相談してみましょう。断られるお店もあるかもしれませんが、お店によっては優しく相談にのってくれます。もし自宅でマフラーを復活させたい場合は、以下の方法を試してみてください。

【洗濯に失敗したマフラーの復活方法】

①たらいの中に30℃以下のぬるま湯を入れてリンスやコンディショナーを入れて溶かします。その中にマフラーを入れて、しばらくつけ置きします。

②軽く水分をきって、バスタオルで包んで水分を取ります。平干しで風通しのいい場所で陰干しします。

この復活方法はダメ元の方法です。マフラーの洗濯は、必ず洗濯表示に従って、優しく丁寧に洗濯しましょう。
いかがでしたか?今回はマフラーの洗濯方法を素材別でご紹介しました。柔らかい肌当たりや風合いが大事なマフラーは、優しく丁寧なお手入れが必要です。洗濯表示を必ず確認して、洗濯に失敗しないように気をつけましょう。
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PROCT.17.2018

PROPORTION BODY DRESSING
愛甲千笑美が着る冬のフェミニンルック6︎

FASHIONOCT.19.2018

毎日着るから何枚でも欲しい!
「着映えニット」と「定番ニット」

1枚で着られるこの時期から本格的に寒くなる真冬まで、秋冬のワードローブに欠かせないのがニット。だからこそ、主役級の着映えニットから着回せる定番ニットまで、たくさん揃えたい! スタイリストおすすめのニット6選を、野崎智子さんがおしゃれに着こなします。