BEAUTY
JUN.12.2020

髪にボリュームないのが悩み!原因やボリュームアップ方法、予防策

髪にボリュームないのが悩み!原因やボリュームアップ方法、予防策 髪にボリュームないのが悩み!原因やボリュームアップ方法、予防策

髪のボリュームないとお悩みの方は男女問わず年齢とともに増加する傾向があります。今回は、髪のボリュームがダウンする原因やボリュームを増やす方法、髪のボリュームを減らさない予防策やおすすめアイテムをご紹介します。

【目次】

髪のボリュームないのが悩み!ぺたんこ髪の原因

 

■髪の毛の「ボリュームない」とお悩みの女性は多い

「髪は女の命」という言葉があるように、人の印象を大きく左右するのが髪の毛です。ヘアスタイルを変えただけでも、まるで別人のように見え、イメチェンできるものです。髪の毛は、女性だけでなく、男性の印象を変える大切なパーツですので、髪の毛についてのお悩みを抱えている方は男女問わず少なくありません。

そんな髪の毛のお悩みの中でも、多くの方が悩んでいるのが「髪の毛のボリュームが少ない」ということです。髪の毛のボリュームが少ないと、元気がないように見えてしまいます。場合によっては、薄毛に見えたり、老けた印象になることもあり、年齢とともに髪の毛のボリューム不足に悩む人は増える傾向があります。

■髪が細いとぺたんこ髪になりやすい

髪の毛のボリュームがなくなるのは、さまざまな原因が影響しています。

例えば、同じ髪の毛の本数であっても、髪の毛が太い人よりも細い人の方が髪の毛のボリュームが不足しやすくなります。

■髪の毛にハリやコシがないとボリュームダウンしやすい

また、髪の毛が柔らかい方や、髪の毛のハリやコシがない方は、髪の毛がふんわり立ち上がりにくくなりますので、髪のボリュームが不足しやすいですね。

■髪の毛の量も影響

 

その他にも、髪の毛の量が少ないと、自然と髪の毛のボリュームも出にくくなりますね。

■頭皮の皮脂が原因になっていることも

そして、髪のボリュームがないのは、髪の毛を作っている頭皮が原因になっているケースもあります。髪の毛は、毎日抜け続けていますが、一方では、毎日新しい髪の毛が生えてきています。しかし、何らかの原因で頭皮が不健康な状態になると、髪の発毛や育毛にも異常が出てしまいます。

例えば、頭皮の地肌に皮脂が溜まっていると、髪の毛が寝てしまいやすくなり、髪の毛のボリューム不足の原因になることがあります。毛穴が皮脂などで詰まってしまうと、新しい健康な髪の毛が生えにくくなることもあります。

■髪の毛や頭皮のダメージで

そして、髪の毛のボリュームがなくなるのは、カラーやパーマ、縮毛矯正などによって、髪の毛や頭皮にダメージを与えているのが原因になっていることがあります。

さらに、髪の毛や地肌に合わないシャンプーやコンディショナー、トリートメント、スタイリング剤などのアイテムを使用することで、髪や頭皮にダメージが与えられ、ぺたんこ髪になることもあります。

■シャンプー後の乾燥が不十分

その他にも、シャンプー後に髪の毛をしっかり乾燥させないと、髪の毛が寝たまま乾燥してしまうので、髪の毛のボリュームが失われやすくなります。また、髪の毛や地肌を濡れたままにすると、雑菌が繁殖し、髪の毛や地肌に悪影響を及ぼすこともあります。

■加齢が要因になることも

さらに、加齢によって、いつの間にか髪の毛のボリュームが失われることもあります。

例えば、髪の毛が元々太かった方が、加齢によって髪の毛が細くなったり、ハリやコシが少なくなると、ぺたんこ髪の原因になることもあります。

また、加齢に伴って薄毛になり、ぺたんこ髪になってしまうこともあります。

■生活習慣もチェック

 

そして、髪の毛がボリューム不足になるのは、髪の毛や頭皮だけでなく、生活習慣が影響していることも少なくありません。

例えば、ストレスや睡眠不足、日焼け、不規則な生活習慣などで、健康な髪の毛を作るヘアサイクルが乱れてしまい、髪の毛のボリュームがなくなることがあります。

また、ストレスや睡眠不足、運動不足や眼精疲労、血行不良などによって地肌が固くなると、髪の毛に栄養が行き届きにくくなるといわれており、ぺたんこ髪の原因になることがあります。地肌が固くなると、抜け毛や薄毛、頭痛や肩こり、たるみなどを引き起こす原因にもなります。

さらに、ヘルシーな髪の毛を作るためには、栄養も必要です。ダイエットや不規則な食生活で地肌や髪が栄養不足になると、髪の毛の元気がなくなってしまったり、健康な髪の毛が作られにくくなり、ぺたんこ髪になることもあります。

髪のボリュームない方におすすめ!髪をボリュームアップする方法

 

髪のボリュームが少ないとお悩みの方は、髪の毛のボリュームを増やすテクニックを活用するのがおすすめです。

■ブローやスタイリング、ヘアアレンジで

例えば、ブローの仕方やスタイリング次第で髪の毛をボリュームアップさせることはできます。


■ブローでふんわり

ドライヤーで濡れた髪の毛を乾かす際には、髪の根元を頭皮に対して直角になるように持ち上げてブローするだけでも、髪のボリュームがアップしたように見せることができます。具体的には、水やヘアミスト、ヘアウォーターなどで濡らした髪の毛を、重力や髪の毛のクセに逆らうようにしてブローしながら乾かしましょう。

ぺたんとなってしまいやすい後頭部や頭頂部は、ヘアブラシで髪の毛を持ち上げ、前に引っ張るようなイメージでドライヤーの風を当てましょう。

ヘアブラシで髪の毛が立たない場合は、顔を下に向けてドライヤーの風を当てるだけでも、髪の毛がふんわり仕上がりますよ。

分け目をずらすだけでも、髪の毛に分け目のクセが付いていないので、ふんわりさせることができますよ。

分け目を斜めにすると、髪の毛がボリュームアップしたように見せることもできます。


■スタイリング

ドライヤーだけを使ったブローは、キープ力が弱い傾向がありますので、仕上げにヘアスプレーやワックスのようなスタイリング剤を使用して、髪の毛の形状をキープするのがおすすめです。

ただし、スタイリング剤は、頭皮に付かないように使用しましょう。髪の毛の根元に使用するのがボリュームアップさせるコツです。また、スタイリング剤を付けすぎてしまうと髪の毛がスタイリング剤の重さでボリュームダウンしてしまいやすいので、注意したいですね。あらかじめヘアアイロンやカールドライヤーで髪の毛の根元を立ち上げるようにクセをつけてスタイリングをすると、ふんわり感が長持ちしやすいですね。

その他にも、髪の毛のボリュームを出したい場所にマジックカーラーを取りつけ、ふんわり感をアップさせるのもいいですね。マジックカーラーの使い方は、髪を濡らし、マジックカーラーに髪の毛先から根本にかけてクルクルと巻きつけていきます。前髪の場合は、前髪を持ち上げ、根元を立ち上げるようなイメージでマジックカーラーを取りつけましょう。あとはドライヤーの温風を当てて乾燥させ、冷風を当てて仕上げれば完了です。

忙しい朝は、カーラー自体が温まるホットカーラーを使用すると、クセがつきやすいのでおすすめです。

そして、前髪や髪の根元だけでなく、サイドやバックの髪の毛にもヘアアイロンで波ウェーブを付けると、髪の毛全体がふんわり感がアップしますので、ボリュームアップしたように見せることができます。


■ヘアアレンジ

また、ヘアアレンジでも、髪の毛をボリュームアップさせることができます。

例えば、ハーフアップやポニーテールなどで髪の毛を結ぶ場合は、一度カールアイロンで髪の毛に波ウェーブを付けてからまとめるだけでも、髪の毛がボリュームアップして見えます。また、髪の逆毛を少し立ててから髪の毛を結ぶと、髪をボリューミーに見せることができますね。

また、髪を結んだ後に、頭頂部やサイドの髪の毛を少量摘まみ、少しだけ引き出し、ふんわりさせるのも、ラフな抜け感を作れる今風のヘアアレンジですが、髪の毛のボリュームアップさせるテクニックの一つでもあります。

■ヘアカットでエアリーに

 

髪型を変えるのも「髪の毛のボリュームない」とお悩みの方におすすめしたいボリュームアップ方法です。

特に、ロングヘアの方は、髪の毛の重さでどうしてもぺたんこ髪になってしまいやすいので、ヘアカットで髪を短くするだけでも、髪の毛がボリュームアップしますよ。

髪の毛を梳いたり、レイヤーを入れて軽さを出すのも、髪のボリュームを増やすテクニックです。

現在前髪がない方は、前髪を作り、前髪をスタイリングでふんわりさせるのも、髪の毛がボリュームアップして見える方法ですね。

■パーマでふんわり感アップ

その他にも、パーマをかけ、髪をふんわりさせるのも、髪の毛がボリュームアップして見える方法です。

特に、自分でスタイリングやヘアアレンジをしてボリュームを出すのが難しい場合は、簡単なスタイリングで髪型が決まるパーマはおすすめです。

■ヘアケアで髪の毛をボリューミーに

その他にも、髪の毛をボリューミーに見せたい場合は、ヘアケアアイテムを使用するのもおすすめです。

ボリュームアップ専用のミストタイプのトリートメントは、ドライヤーの前に髪に吹きかけるだけで、簡単に髪の毛をふんわりさせることができます。

髪の毛に栄養を与えることができるトリートメントは、髪のボリュームアップをサポートしてくれるだけでなく、髪のツヤやハリ、コシなどもアップしてくれるのが嬉しいですね。

髪のボリュームない原因かも?髪のボリュームをアップさせるために気をつけたいこと

髪のボリュームないとお悩みの女性のシャンプー

「髪のボリュームない」とお悩みの方は、髪の毛をボリュームアップさせるだけでなく、髪のボリュームを減らさないように気をつけることも大切です。

■シャンプーの選び方やシャンプーの仕方

例えば、シャンプーの選び方やシャンプーの仕方は、髪や頭皮の状態を左右するので重要です。

スタイリング剤を髪の毛に付けたまま寝ないようにしましょう。シャンプーは毎日行いましょう。

また、シャンプーは、自分の髪質や地肌に合ったものを選びたいですね。髪の毛のボリューム不足にお悩みの場合は、髪のハリやコシをアップさせるようなシャンプーや、髪のボリュームアップをサポートしてくれるようなシャンプーを選びたいですね。パンテノールやキトサンが含まれているシャンプーがおすすめです。しっとり系のシャンプーは髪がボリュームダウンする可能性がありますので避けた方がいいですね。


■ノンシリコンシャンプーがおすすめ

そして、頭皮の毛穴を塞いでしまうといわれているシリコン入りのシャンプーもぺたんこ髪の原因になりやすいので、ノンシリコンのシャンプーもおすすめです。


■アミノ酸系シャンプーも

その他にも、頭皮や髪がベタベタしやすい方の場合、強い洗浄成分のシャンプーを選ぶ傾向があります。しかし、頭皮の皮脂を洗浄しすぎてしまうと、頭皮が不足しているうるおいを補おうとしてしまい、過剰に皮脂が分泌され、かえって頭皮や髪がベタベタしやすくなることがあります。したがって、適度に洗浄力があり、頭皮や髪に優しいとされているアミノ酸系シャンプーもおすすめです。


■シャンプーの仕方も注意

そして、ヘルシーな髪や頭皮を維持するためには、シャンプーの選び方だけでなく、シャンプーの仕方も重要です。

シャンプーを付ける前に、あらかじめ38℃程度のぬるま湯で皮脂や汚れを落とします。

シャンプーをする際は、頭皮に直接シャンプーを付けるのはNGです。シャンプーを手で泡立ててから、泡で髪の毛や頭皮を洗いましょう。

頭皮を洗う際は、頭皮に爪を立てず、指の腹で優しくマッサージするように洗浄しましょう。髪の毛同士を擦りあわせるとダメージを与えてしまいますので、泡で髪の毛を包み込んで揉むように洗浄しましょう。

そして、シャンプーの後は、ぬるま湯でしっかりすすぎを行い、必ずトリートメントをして、髪をケアしてあげましょう。トリートメントは頭皮に付かないようにしましょう。

すすぎが終了したら、アウトバストリートメントを使用して、髪をドライヤーでしっかり乾燥させましょう。あらかじめタオルドライで髪の水気を取ると、ドライヤーの熱によって髪に与えられるダメージは軽減されますが、髪の毛を擦ると傷ついてしまいますので注意しましょう。また、ドライヤーは、髪との距離が近すぎたり、長時間温風を当てると、髪が乾燥し、ダメージの元になりますので、最低でも髪から20cm以上離して乾かすようにしましょう。髪の根元を立ち上げるように手ぐしで持ちあげながら乾かすのがおすすめです。

仕上げに冷風を当てると、髪のキューティクルが閉じて固定されますので、髪のふんわり感がアップしますよ。

■分け目を変える

そして、髪の分け目をいつも同じ場所にしていると、クセが付いてしまい、ボリュームダウンして見えてしまいます。

したがって、毎日分け目を変えるだけでも、髪にクセが付きにくくなるので、髪の毛のふんわり感をキープしやすくなりますよ。

■頭皮ケアも

ヘッドスパ

ハリやコシのある健康な髪を作るためには、頭皮も健康な状態をキープすることが大切です。

したがって、髪だけでなく頭皮のケアも行うことで、ボリュームのある髪の毛を作るサポートができますよ。

例えば、毎日ブラッシングをすることは、髪の毛を梳かすだけでなく、頭皮を刺激して血行改善にも役立ちます。頭皮の血行が良くなれば、髪の毛に栄養が行き届きやすくなります。

また、毎日シャンプーを行っていても、頭皮には皮脂汚れが蓄積しています。したがって、ヘッドスパやヘッドマッサージなどで、頭皮をクレンジングしたり、血行改善することで、ヘルシーな髪の毛が作られやすくなります。

さらに、抜け毛や薄毛でお悩みの方は、育毛剤を使用するのもおすすめです。育毛剤は、頭皮が健康な髪の毛を作れるような状態になるようサポートしてくれますので、今生えている髪の毛の髪質を改善する効果も期待できます。髪のボリューム不足にお悩みの方にもおすすめです。

■UV対策も

さらに、日焼け止めを使用したり、帽子を着用するなど、紫外線対策を行い、頭皮や髪の毛を守ることも大切ですね。

■パーマやカラーの頻度は見直し

そして、髪の毛のボリュームがないとお悩みの方には、手軽にボリュームアップできるパーマは有効です。

しかし、頻繁にパーマをかけると、その分髪や頭皮に負担がかかりますので注意したいですね。

パーマと同じように、髪や頭皮に負担がかかる縮毛矯正やカラーなどの頻度を減らすことも、髪や頭皮を労わることにつながりますので、髪のボリュームアップにつながるケースもあります。

■生活習慣を見直し

健康的な生活習慣

そして、髪の毛のボリュームダウンは、髪や頭皮の扱いだけでなく、生活習慣が影響していることもあります。


■栄養不足はNG

例えば、健康な髪の毛を作るためには、頭皮や髪の原料になる栄養が必要です。

緑黄色野菜や果物、ナッツ類などに含まれる「ビタミン類」や肉や魚介類、卵や大豆、乳製品などに含まれる「タンパク質」は、ヘルシーな髪や頭皮作りには欠かせません。カキやレバー、ナッツ類などに含まれる亜鉛のような「ミネラル類」も健康な髪の毛作りには必要です。


■睡眠不足は避ける

さらに、人は、睡眠中に日中に受けたダメージを修復し、成長ホルモンが分泌されますので、睡眠不足にならないようにすることも、髪の毛のボリュームアップには必要です。


■運動不足に注意

その他にも、運動不足になると、血行不良になり、必要な酸素や栄養が頭皮や髪に運ばれにくくなります。

運動することで成長ホルモンの分泌を促すこともできますので、適度な運動を取り入れることも大切ですね。

毎日のケアでふんわり髪に!髪のボリュームない方におすすめのシャンプーやヘアケアアイテム

ヘアケアアイテム

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのシャンプー【1】MILBON(ミルボン)の「ジェミールフラン シャンプー ハート」

MILBON ミルボン ジェミールフラン シャンプー ハート

サロン専売品のシャンプーで、「髪のボリュームない」とお悩みの多くの方から支持を得ているのがMILBON(ミルボン)の「ジェミールフラン シャンプー ハート」です。

髪のボリュームアップの土台となる頭皮を労わりながら優しく洗えるシャンプーです。ツヤのあるサラサラとした髪へと導いてくれると人気で、ピオニーの香りがシャンプータイムをリッチな気分にしてくれるのも魅力です。

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのシャンプー【2】アンファーの「スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム」

アンファー スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム

発毛剤でお馴染みのアンファーの「スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム」も、髪のボリュームがないとお悩みの方におすすめしたいシャンプーです。

頭皮環境を保護しながら汚れを落としてくれるアミノ酸系活性剤配合のシャンプーで、12種の頭皮ケア成分も配合されています。

美髪を促す成分も含まれていますので、ハリやコシのある健やかな髪作りをアシストしてくれるのが人気の秘密です。

アンファー スカルプD ボーテ 薬用スカルプシャンプー ボリューム / ¥3,973

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのシャンプー【3】HIMAWARI(ヒマワリ)の「ディアボーテ オイルインシャンプー」

HIMAWARI ヒマワリ ディアボーテ オイルインシャンプー

ドラッグストアでも購入できるシャンプーの中でも髪のボリューム不足にお悩みの方におすすめしたいのがHIMAWARI(ヒマワリ)の「ディアボーテ オイルインシャンプー」です。

ヒマワリの成分やハチミツなどが配合されたナチュラルなアイテムで、髪の油分と水分のバランスを整え、ダメージを補修しながらボリュームアップをサポートしてくれるノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。

プチプラとは思えないコスパ抜群のシャンプーだと口コミで根強い支持を集めています。

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのシャンプー【4】Stephen Knoll(スティーブンノル)の「ドライ シャンプー」

Stephen Knoll スティーブンノル ドライ シャンプー 80g

日中に頭皮や髪のべたつきを感じる方や、べたつきによってボリュームダウンしてしまうとお悩みの方におすすめしたいのがStephen Knoll(スティーブンノル)の「ドライ シャンプー」です。

サッとスプレーをして地肌や髪に馴染ませれば、パウダーが余分な皮脂を吸着してくれますので、お出かけ前のふんわりヘアが戻ってきますよ。

清涼感のある使い心地ですので、気持ちもリフレッシュできるのが嬉しいですね。

Stephen Knoll スティーブンノル ドライ シャンプー 80g / ¥1,320

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【1】カネボウ化粧品の「リクイール ボリューマイザー」

カネボウ化粧品 リクイール ボリューマイザー

髪のボリューム不足にお悩みの方は、スタイリング剤を利用してボリュームアップさせるのもおすすめです。

カネボウ化粧品の「リクイール ボリューマイザー」は、ぺたんこ髪になってしまいやすいトップや後頭部に使用すれば、髪を保湿してトリートメントしながらふんわり感をキープしてくれます。

固まりすぎないナチュラルな仕上がりになると人気のスプレーで、髪のツヤ感もアップしてくれるのも嬉しいですね。

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【2】ETVOS(エトヴォス)の「ミネラルスタイリングパウダー」

ETVOS エトヴォス ミネラルスタイリングパウダー 5g

ETVOS(エトヴォス)の「ミネラルスタイリングパウダー」も、髪のボリュームがないとお悩みの方におすすめのスタイリング剤です。

こちらは、頭皮に使用するスタイリングパウダーで、頭皮や髪のべたつきも軽減し、ボリュームアップを叶えてくれるアイテムです。

ドライシャンプーとしても使用できますので、日中のヘアスタイルのお直しにもおすすめですよ。

ETVOS エトヴォス ミネラルスタイリングパウダー 5g / ¥2,750

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【3】THREE(スリー)の「スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー」

THREE スリー スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー 60mL

THREE(スリー)の「スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー」は、頭皮に蓄積した余分な皮脂をクレンジングし、頭皮や髪を整えてくれるオイルです。

シャンプー前に使用し、マッサージすることで、頭皮の血行改善にもアプローチでき、髪のボリュームアップに効果的ですよ。

THREE スリー スキャルプ&ヘア トリートメント リムーバー 60mL / ¥5,280

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【4】La CASTA(ラ・カスタ)の「ヘッドスパブラシ」

La CASTA ラ・カスタ ヘッドスパブラシ

La CASTA(ラ・カスタ)の「ヘッドスパブラシ」は、豚毛とナイロン毛を使用したヘアブラシです。

髪のボリュームアップは、頭皮の血行を促進することで、髪に栄養が行き届きやすくなりますので、髪を梳かしてツヤをアップしながら頭皮のマッサージもできるブラシは、ぜひ取り入れたいですね。

La CASTA ラ・カスタ ヘッドスパブラシ / ¥3,300

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【5】資生堂の「アデノバイタル アドバンスト スカルプエッセンス」

資生堂「アデノバイタル アドバンスト スカルプエッセンス」

資生堂の「アデノバイタル アドバンスト スカルプエッセンス」は、髪の育毛や発毛に注目した薬用育毛エッセンスで、髪のボリュームがないとお悩みの方におすすめです。

保湿成分や補修成分が抜け毛や薄毛を予防し、強い髪を育てるサポートをしてくれます。

■髪のボリュームないとお悩みの方におすすめのヘアケアアイテム【6】sisley(シスレー)の「ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ」

sisley シスレー ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ 60mL

sisley(シスレー)の「ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ」も髪のボリューム不足にお悩みの方から人気を集めている頭皮用美容液です。

アルギニンやビタミンペプチドなどの整肌成分や、エッセンシャルオイルが、ヘルシーでコシのある髪作りの土台となる頭皮ケアをしてくれます。

sisley シスレー ヘア リチュアル フォーティファイング セラム フォー ザ スカルプ 60mL / ¥21,780

髪のボリュームないとお悩みの方は、ブローやスタイリングでボリュームを増やしたり、ボリュームアップしやすいヘアスタイルを選ぶのがおすすめです。また、髪の毛のボリュームを減らさないよう、毎日のヘアケアに注意することも重要ですね。