MAR.04.2020

血液型ダイエットの効果は?A型やB型など血液型別のダイエット方法

血液型ダイエットの効果は?A型やB型など血液型別のダイエット方法 血液型ダイエットの効果は?A型やB型など血液型別のダイエット方法

血液型を利用したダイエット方法は世界中で注目を集めています。今回は、血液型ダイエットのメリットや、A型、B型、O型、AB型それぞれのおすすめダイエット方法をご紹介します。

血液型ダイエットとは

血液型ダイエットの実践

相手の性格を予想する際に使用することが多い血液型ですが、血液型を利用したダイエット方法の「血液型ダイエット」も世界中で注目を集めています。すでにメディアやSNS、ブログなどで目にしたことがある方やすでにダイエットをやってみた方も少なくないと思います。

アメリカの自然療法医ドクター、ピーター・J・ダダモ博士によって広められた血液型ダイエットは、海外セレブも活用しているダイエット方法ですよ。


■それぞれの血液型の性格や体質に合った方法で効果的にダイエット

血液型ダイエットは、血液型毎に違う体質を上手に利用したダイエット方法です。

そもそも血液型は、血液に含まれる抗体や抗原の種類が異なることから区別されています。生命を維持するために必要な血液の成分が異なるため、体の性質も異なります。したがって、血液型による体質の違いによって、それぞれダイエットに適しているとされている食べ物や相性の良くない食べ物も異なります。

自分の体質に合った食べ物を摂取すれば、消化しやすくなるので、脂肪として溜めこみにくくなり、効率よく減量を成功させることができるのが血液型ダイエットの効果です。

さらに、体質に合った食べ物を摂取することで、免疫力アップも期待できるというメリットもあります。

そこで今回は、血液型別のおすすめダイエット方法をご紹介します。

血液型別!おすすめダイエット方法【1】A型

血液型ダイエット

4種類の血液型の中でも、農耕民族由来といわれているA型は、ヘルシーな和食と相性がいい血液型です。例えば、農業で農作物として収穫できるような野菜類や果物、大豆食品や、お米や蕎麦などの穀類などがおすすめです。また、川や海で採れるような魚介類とも馴染みが深く、相性の良い食べ物です。したがって、基礎代謝アップを目的として筋肉量を増やしたい場合は、運動をした後に植物性のタンパク質や魚類を摂取すると効率よく筋力アップをすることができますよ。

一方、A型は真面目で繊細な性格ですし、胃酸の分泌も少ない傾向があるため、昔の農耕民族に馴染みのない鶏肉以外の肉類は合わない傾向があります。食べた物がしっかり消化されないと、脂肪として溜めこんでしまうので、ダイエットをする際には避けた方がいいですね。肉類の他、乳製品やエビやカニなどの甲殻類なども相性は良くありません。

血液型別!おすすめダイエット方法【2】B型

乳製品

4種類の血液型の中でも消化力の高いB型は、遊牧民族由来の血液型とされています。

したがって、肉類や卵、乳製品などの動物性タンパク質と相性が良いといわれています。運動した後には、筋力アップのために動物性タンパク質を摂取しましょう。

一方、B型は、納豆や豆腐のような植物性タンパク質や甲殻類とはあまり相性が良くありません。

また、B型は血糖値が下がりやすいので、小腹が空きやすく、つい間食をしてしまう方も少なくありません。したがって、ダイエット中は、おやつにチーズのような少量の乳製品を食べるのがおすすめです。

また、相性の良い緑黄色野菜の中でも、低糖質な野菜類を食事の最初に摂ると、血糖値の急上昇や急降下を予防することができますよ。

血液型別!おすすめダイエット方法【3】O型

ローストビーフ

4種類の血液型の中で最も歴史があるのがO型です。自然界で狩りをして採れるような、肉や魚と相性の良い血液型です。ただし、O型の方は、ハムやソーセージのような加工された肉類や、豚肉は、消化しにくいケースもあります。

したがって、ダイエット中には、食品添加物を含まないような新鮮な肉や魚を食べるのがおすすめです。肉や魚は糖質が低く、筋肉の材料になるタンパク質が豊富なので、基礎代謝アップをサポートしてくれますよ。

一方、O型の方は、農業を行って収穫できるような米や小麦類とはあまり相性が良くありませんので、ダイエット中の方は摂りすぎないように注意したいですね。また、家畜を飼育して採取する牛乳や乳製品もO型の方とは相性が良くない傾向があります。

血液型別!おすすめダイエット方法【4】AB型

血液型ダイエット

A型とB型の両方の血液型の性質を持つAB型は、色々な種類の食べ物と相性が良いと思われやすいですが、やや特殊な性質を持っています。

例えば、AB型は、ダイエット中に欠かせないタンパク質の補給源となる肉類や魚、卵や大豆食品と相性が良いですね。しかし、豚肉や鶏肉はやや苦手とする傾向があります。

また、乳製品についても、ヨーグルトやチーズなどの比較的脂質が低い食べ物とは相性が良いですが、脂質の高いチーズやバターは消化しにくい傾向があります。

AB型の方は、冷え性の傾向があるといわれていますので、体を冷やすような薄着や冷たい飲食物は避けるだけでも、冷え性の予防やダイエットに役立ちます。また、運動を取り入れて筋肉量を増やし、代謝アップを図るのもおすすめです。

民族のルーツによって成分が異なるのが血液型です。血液型によって相性の良い食べ物や苦手な食べ物がありますので、ぜひダイエットをする際の参考にしてみてくださいね。