FASHIONFEB.02.2019

川下りの服装を解説!ラフティングの注意点や持ち物もチェック

座ってまったりと景色を堪能する「ライン下り」や、自ら漕ぎ進んでいくスリル満点の「ラフティング」。これらを総称した「川下り」を楽しむご予定の女性必見です!今回は、川下りにおすすめの服装をご紹介しつつ、注意点や持ち物まで徹底解説します。
座ってまったりと景色を堪能する「ライン下り」や、自ら漕ぎ進んでいくスリル満点の「ラフティング」。これらを総称した「川下り」を楽しむご予定の女性必見です!今回は、川下りにおすすめの服装をご紹介しつつ、注意点や持ち物まで徹底解説します。

川下りの服装をマスター!持ち物やアイテム選びの注意点まで一挙ご紹介

 
川下りとは、上流から下流へと水の流れとともに移動するアクティビティ。大きく分けて、座って景色を楽しむ「ライン下り」と、ゴムボートに乗って自分たちで漕ぎ進んでいく「ラフティング」が挙げられます。まったりと四季折々の景色を楽しみながらのライン下りも、スリリングに難所を乗り越えていくラフティングも、それぞれに趣があります。

そこで今回は、川下りにおすすめの服装について徹底解説します!必要な持ち物からアイテム選びの注意点まで丸ごとご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

川下りに必要な持ち物は?水上では?どのくらい濡れる?ネイルはOK?

 
そこでまずは、川下りに必要な持ち物についてご紹介します。まずライン下りなら、基本的には濡れる心配がないため普段通りの服装のままで問題ありませんし、必要な持ち物も特にありません。ただ乗り降りの際の足場は不安定なので、ヒール靴は避けた方が良いでしょう。

一方ラフティングは、急流を下るため濡れます。水しぶきで濡れますし、ボートから落ちてずぶ濡れになることもあるでしょう。したがって、水着や濡れてもいい洋服、靴が必要です。水上では特に必要なものはありませんが、ゴーグルがあると便利です。また、ネイルはしていても良いのですが、長さがあると折れる可能性もあるため十分に注意しましょう。

川下りの服装【1】春や秋は水が冷たい!ラフティングでも長袖を用意して

 
基本的にライン下りの服装は普段通りで問題ないため、ここからは「ラフティング」の服装について解説していきます。基本的に、春や秋の肌寒い季節のラフティングでは、ジャージ上下や長袖長ズボンなどの暖かい服装を用意しましょう。

その上から、ドライスーツを着用します。ドライスーツは水を通しにくい素材で、手や足部分はゴムになっているのですが、ラフティング中には隙間から水が入る可能性が高いです。したがって、ジーンズなどの濡れたら重くなるものは避けましょう。さらにヘルメットやライフジャケット、リバーシューズを装着するのが基本スタイルです。

川下りの服装【2】夏は半袖半ズボンでラフティング!濡れる覚悟を

 
夏場のラフティングは基本的に、水着の上からTシャツとハーフパンツのスタイルに、ヘルメット、ライフジャケット、リバーシューズ(サンダル)を装着します。水温が低い日はドライスーツを着用するのですが、夏場に着用するケースはごく稀。したがって、洋服が濡れる覚悟をしておいてください。

洋服の下は水着ではなく下着のまま楽しんでも良いのですが、濡れることは避けられませんしどうせ着替えることになるのですから、水着を用意しておいた方が良いです。もしも下着のまま楽しむ方は、替えを忘れないようにお気をつけください。

川下りの服装【3】水着はシンプルなデザインを選ぶべし

 
ラフティングは濡れるため、水着か濡れても良い下着が必要。下着に関しては、ドライスーツを着る場合には中は見えないため問題ないのですが、濡れた時に重くなるので水着をおすすめします。また、水着は基本的にレンタルできないので、必ず持ち寄りましょう。

そこで水着は、シンプルなデザインのものを選ぶのがポイント。寒い日にはドライスーツを着用するケースがあるのですが、ボリューミーなフリルがついていたりすると、かさばってしまうからです。したがって、できる限りベーシックなデザインの水着を持参してください!

川下りの服装【4】Tシャツは速乾性のあるものを選ぼう

UNIQLO ドライEXクルーネックT
先ほどご紹介したように、夏場のラフティングはTシャツ×ハーフパンツのスタイルが基本となります。そこで確実に水に濡れるラフティングでは、速乾性の高い素材のものを選びましょう。「UNIQLO(ユニクロ)」にはドライ機能に優れたアイテムがリーズナブルな価格で販売されているので、ぜひチェックしてみてください。

また、注意すべきは「綿素材」を選ばないこと。綿は吸水性に優れているため、濡れると乾きにくい素材です。そのためラフティングで水に濡れると重たくなってしまうので、ポリエステルのような速乾性の高いものを選んでください!
UNIQLO(ユニクロ) ドライEXクルーネックT / ¥1,620

川下りの服装【5】脚の露出が気になるなら!レギンスを履いてもOK

UNIQLO エアリズムソフトレギンス
夏場のラフティングは基本的に、半袖半ズボンで楽しむことになりますが、脚の露出に抵抗を抱いている方も多いはずです。そんな女性は、「レギンス」を履いてもOK!水着、レギンス、ショートパンツの順で重ねて、露出部分を減らしましょう。日焼け対策にもなりますし、大人の女性におすすめできる着こなし方だと言えます。

レギンスも、もちろん速乾性の高いものを選びましょう。先ほどと同様に「UNIQLO(ユニクロ)」で揃えても良いですし、ラッシュガードのレギンスがあればそちらを着用するのがベストです。
UNIQLO(ユニクロ) エアリズムソフトレギンス / ¥2,149

川下りの服装【6】靴はどうする?基本的にはレンタルが可能

 
ラフティングでは、激流を下っているとボートから落ちてしまって泳ぐことがありますし、岩場を歩くこともあります。そのため、ラフティングに適した靴を用意しなければなりません。

ラフティングをツアーで楽しむ場合には、基本的にレンタルが可能です。レンタル料の相場は200〜500円程度なので、適した靴を持っていないのならレンタルをおすすめします。ご自身でお持ちの靴を持ち寄るのも良いのですが、クロックスやビーチサンダルのように脱げやすいタイプはNG。何箇所にもバンドがついていてしっかりと固定されるような、スポーツサンダルなら問題ないでしょう。

川下りの服装【7】バリのラフティングも人気!ツアーに参加しよう

 
バリ島のラフティングは、大自然を堪能できると大人気!バリでラフティングが許可されているのは、アユン川とトゥラガ・ワジャ川の2箇所で、ラフティングを楽しむにはツアーに参加する形となります。アユン川は比較的緩やかなので初心者向け、トゥラガ・ワジャ川は急流になっている箇所もあるためスリルを楽しみたい方におすすめできます。

バリでラフティングを楽しむ場合にも、服装や必要な持ち物は特に変わりありません。靴やドライスーツはツアー料金に含まれていることがほとんどですので、水着やTシャツズボン、着替えを用意しておきましょう。

川下りの服装【8】生理の日はどうする?基本的には普段通り参加OK!

 
ラフティングは、生理の日でも参加することが可能です。その場合には、下着にナプキンをつけるか、タンポンを使用して参加しましょう。しかしナプキンだと水を含んで重くなりますし、不快感を感じる場合もあるため、タンポンのご使用をおすすめします。

量が多い日の漏れが気になるのなら、ウエットスーツを着用するか、目立ちにくい色の濃いショートパンツやレギンスを履くと安心です。また、ツアー途中で気分が悪くなった際には、無理せずにガイドに伝えましょう。コースによっては、途中リタイアができる場合もあります。
いかがでしたか?今回は、川下りの服装から必要な持ち物まで一挙ご紹介しました。ライン下りなら特に服装を気にかける必要ないものの、ラフティングは確実に濡れるため、色々と用意が必要です。快適にラフティングが楽しめるように、事前にしっかりとチェックして万全の体制で臨んでください!
SHARE:

RELATED ARTICLES

FASHION / PRAUG.30.2019

PROPORTION BODY DRESSING
大石絵理が着る
プロポの休日フェミニンルック