BEAUTY
AUG.27.2020

セルフヘッドスパで頭皮スッキリ!効果的なやり方やおすすめアイテム

セルフヘッドスパで頭皮スッキリ!効果的なやり方やおすすめアイテム セルフヘッドスパで頭皮スッキリ!効果的なやり方やおすすめアイテム

リラックス効果をはじめ、女性に嬉しい様々な効果が期待できるヘッドスパ。実はセルフでもできるのをご存知でしょうか?今回は、自宅で楽しむセルフヘッドスパのやり方やおすすめグッズをご紹介します。

ヘッドスパとは?

サロンでのヘッドスパ

美容院でヘッドスパを行ってもらった経験がある方もいるでしょう。

ヘッドスパとは、頭をマッサージしながらほぐし、血行を促進することで頭皮環境を良くするのが目的。頭皮を健康に保つことに加えて、髪の毛の美しさもキープできます。

また、ヘッドスパによって皮膚を引き上げることで、リフトアップ効果も。さらに、リフレッシュにもつながるので、頭皮や髪の毛の健康のみならず、心の健康にもつながります。

美容師さんやエステティシャンが行うイメージがあるヘッドスパですが、実は自宅でもセルフヘッドスパを行うことが可能。やり方をマスターすれば、自宅にいながらサロン気分が味わえます。

ヘッドスパの種類

■ドライヘッドスパ

水もオイルも使用せず、髪の毛が乾いた状態で行うのがドライヘッドスパ。洗い流す必要がないので、いつでもどこでも気軽に行えるのが特徴です。

ただし、汗をかいた後など、頭皮が汚れている状態ではおすすめできません。

■炭酸ヘッドスパ

髪の毛を流す水や泡に、炭酸ガスを活用するのが炭酸ヘッドスパ。二酸化炭素のパワーで、毛穴の汚れをすっきりと洗い流したり、血行促進効果も。

炭酸のおかげで、ヘッドスパの効果がアップし、終わった後のスッキリ感も格別です。

■オイルヘッドスパ

オイルを使用して行うことで、保湿力が高まるオイルヘッドスパ。天然オイルを使用するのが一般的。

頭皮の乾燥による様々なトラブルにお悩みの方は特におすすめです。

■アーユルヴェーダのシロダーラ

インドに伝わる伝統的な医学である「アーユルヴェーダ」の一種「頭部滴下療法(シロダーラ)」を用いたヘッドスパ。

体質やお悩みに合わせて調合されたオイルを、額に断続的に垂らし続けるという独特の方法で行われます。

セルフヘッドスパはいつ行うのがベスト?

ヘッドスパを行うタイミングは、血行が促進されやすい時がベスト。血液の流れがスムーズな時は、頭皮にも良い影響を与えることができます。

一番良いのは、血行が良くなる入浴時。さらに効果を高めたい場合は、入浴前にストレッチなどの軽い運動をするのがおすすめ。

また、運動をしなくても、シャンプー前にブラッシングをしておくだけでも○。血行も促進されるうえに、髪の毛が絡まりにくくなり、頭皮に残っている余分な皮脂を浮かせる効果もあります。

自宅でのセルフヘッドマッサージなら、好きなタイミングで行えるのがメリットと言えるでしょう。

ヘッドスパの魅力

美しい髪の毛の女性

■リラックス効果

ヘッドスパの一番の魅力は、なんといっても精神的にリラックスできること。

頭皮を優しくマッサージすることでコリをほぐしたり、心地良いオイルの香りに癒されるのが、ヘッドスパの醍醐味です。

■血行促進

ヘッドスパで頭皮のコリをほぐせば、血液の流れがスムーズに。

頭皮が凝る原因は、眼精疲労やストレス。無意識のうちに溜まってしまう疲れやストレスも、頭皮を優しくマッサージすることで解消できます。

■髪の毛の悩みを解消

ヘッドスパによって血行がスムーズになれば、頭皮環境も良くなり、同時に髪の毛のお悩みも改善。

年齢と共に発生する抜け毛や薄毛、白髪など、頭皮環境が悪くなることで起こりやすいお悩みも、ヘッドスパで解消することができます。

■やり過ぎには注意が必要!

ヘッドスパの効果は多岐に渡りますが、やり過ぎは逆効果に。頭皮の油を必要以上に取り除いてしまうと、余計乾燥が進みます。

また、頭は体全体を司るという重要な役割を果たす部位。ヘッドスパでマッサージをしすぎると、さらに不調を招く場合もあるでしょう。

ヘッドスパの効果

笑顔で鏡を見る女性

ヘッドスパには、美しい髪の毛をキープするなど外見の効果もあれば、体の内側から美しさを引き出す効果も。

また、ヘッドスパを行ってすぐに感じることができる効果から、継続することでじわじわと実感できる効果の両方が期待できます。

リフレッシュできる

日常生活においてストレスがたまるのは当然のこと。解消法は人それぞれですが、ヘッドスパもストレスを軽減して活力を与える方法としては効果的。

まずは、頭皮マッサージによって心身ともにリラックス。呼吸も深くなることで、自律神経の乱れが改善されて、体内のバランスが整います。

また、ヘッドスパ後の爽快感も、気持ちが前向きになりモチベーションをアップさせる効果あり。

1回でも十分に効果を感じることができますが、継続することでさらに効果が高まり、内側からにじみ出る美しさも手に入れることが可能。

セルフヘッドスパなら、サロンに通わなくても簡単に行えるので継続しやすいです。

目の疲れが取れる

スマホやパソコンが欠かせない現代社会において、眼精疲労は誰もが抱えている悩み。

そもそも、目の疲れは、目の筋肉につながる側頭筋が凝り固まってしまうのが原因。ヘッドスパで耳の上にある側頭筋をほぐすことで、血行が良くなり、目の周りに蓄積されている疲労物質の流れがスムーズに。

特に、目はヘッドスパの効果が表れやすい部位。終わった後に「視界がクリアになった」という声も多く聞かれます。

頭皮環境が良くなる

フケや臭い、痒みが気になるなど、頭皮のお悩みを抱えている人は多いです。そんな時にも、ヘッドスパが効果的。

頭皮をマッサージすることで血行がスムーズになれば、ターンオーバーが正常化。

さらに、毛穴を掃除したり、乾燥しがちな頭皮を保湿することで、様々な頭皮トラブルの解消につながります。

美容院でヘッドスパを行う機会があれば、前後の違いをマイクロスコープで確認できるので、一度体験してみると効果がよくわかるでしょう。

髪の毛のボリュームがアップする

ヘッドスパを行うと、ぺたんこだった髪の毛がボリュームアップ!

理由は、頭皮が引き締まり、毛穴が上向きに戻ることで髪の毛が立ちあがるから。また、毛穴の汚れや髪の毛に付着した化学物質が取り除かれるのも、理由のひとつです。

髪の毛のボリュームがなくてお悩みの方は、継続してヘッドスパを行うことで、ナチュラルなボリュームをキープすることができるでしょう。

首や肩のコリを解消する

長時間のデスクワークなどが原因で、慢性的な肩こりや首のコリに悩まされている方にもヘッドスパがおすすめ。

眼精疲労と同じように、肩や首のコリも血流が悪いせいで老廃物が蓄積されてしまうのが原因。

肩や首につながっている頭の筋肉をほぐせば、血液や老廃物の流れがスムーズになり、コリも解消されます。

症状が重い方は、継続的にヘッドスパを行いましょう。

たるみを解消する

年齢と共にお肌のたるみが気になるものですが、実をいうと、おでこやフェイスラインのたるみの原因は、頭皮のたるみ。

顔の皮膚は頭皮と繋がっているので、頭皮がたるめば当然顔の皮膚にもたるみが発生します。

ヘッドスパによって頭皮を引き締めれば、リフトアップが可能。おでこのしわや頬のたるみにも効果を発揮します。

エイジングサインが出始めたら、定期的にヘッドスパを行うことでいつまでも若々しい肌をキープできるでしょう。

髪の毛のツヤ感アップ

ヘッドスパによって血行を促進したり頭皮環境を整えることは、髪の毛の健康にもつながります。

「若い頃に比べてツヤがなくなった」と感じる方も多いですが、そんな時にはぜひヘッドスパがおすすめ。

自宅でのセルフヘッドスパでも、正しいやり方で丁寧に行えば十分に効果があります。

抜け毛・薄毛・白髪を予防する

習慣的にヘッドスパを行うことで、頭皮環境が良くなり、髪の毛の強化にも役立ちます。おかげで、薄毛や抜け毛を予防することが可能。

抜け毛は、髪の毛が育つために十分な栄養が行き渡っていないことが原因の場合も。特に、抜けた毛が細くて弱々しい毛が多い場合は要注意。

ヘッドスパによって血行が促進されれば、髪の毛にしっかりと栄養が行き渡るように。

サロンによっては、通常のヘッドスパにヒト幹細胞エキスやEGF(成長因子)をプラスした「育毛ヘッドスパ」という種類も。高い育毛効果が期待できます。

また、年齢と共に白髪の存在が気になるのも大きな悩みのひとつ。意外なことに、白髪ができにくい状態にするにもヘッドスパが有効です。

髪の毛の根元には「メラノサイト」という色素を作る組織があります。このメラノサイトは、血液が足りないと働きが衰えるという特徴があり、それこそが白髪になる原因に。

ヘッドスパで血行を促進してメラノサイトが正常に働くようにすれば、白髪の原因を取り除くことができます。

継続的にヘッドスパを行って血流や頭皮環境が良い状態をキープすれば、抜け毛や薄毛、白髪の悩みからも解放されるでしょう。

セルフヘッドスパのやり方

 

家にある道具を使って、バスタイムに行うヘッドスパのやり方。

丁寧にマッサージしながら行うことで、ヘッドスパの効果を実感することができるでしょう。

セルフヘッドスパに必要な道具

自宅で行うセルフヘッドスパの道具は、すでに自宅にあるものや、コンビニで手に入る手軽なものばかり。しかも、用意するものはたったの3つ!

思い立った時にすぐできる手軽さも、セルフヘッドスパの魅力のひとつ。しかも、100円前後で購入できる道具で済ませることができるので、サロンで行うよりもはるかにお得です。

■セルフヘッドスパに必要な道具

・炭酸水(砂糖不使用で常温のもの)
・空のペットボトル
・シャンプー(普段使っているものでOK)

■なぜ炭酸水を使うのか?

ヘッドスパに、普通の水ではなく炭酸水を使うのは理由があります。

炭酸水に含まれている「炭酸ガス」には、血行を良くする効果あり。水に溶けた状態の炭酸は非常に細かい分子構造になるため、皮膚にちょっと触れただけでも簡単に浸透します。

頭皮から炭酸が吸収されて毛細血管にまで到達すれば、血液中の二酸化炭素の濃度が上昇。炭酸が吸収された頭皮は酸欠状態にあると判断され、脳は新鮮な血液を送り込まなくてはいけないと思い込みます。

その結果、血管が拡張されて血流が増えることで、血行が促進。炭酸の働きによって、ヘッドスパの目的である血行促進効果がさらにアップします。

お手軽ヘッドスパのやり方

3つの道具を用意したら、セルフヘッドスパに挑戦!まずは、簡単にできる基本のヘッドスパをマスターしましょう。

1.髪の毛を根元から丁寧にブラッシングして、頭皮の表面に付着している汚れやホコリを浮かせます。このひと手間がヘッドスパの効果を高めるポイントなので、しっかり行ってください。

2.空のペットボトルに、普段使っているシャンプーを1、2プッシュほど入れます。そこに炭酸水(50ml程度)を加え、よく振って混ぜます。これでヘッドスパ用の炭酸シャンプーのでき上がりです。

3.ぬるま湯で、髪の毛を予洗いします。30秒~1分間が目安ですが、指の腹を使って優しくマッサージしながら洗います。洗い終わったら、軽く水気を切っておきます。

4.2.の炭酸シャンプーをよく泡立てて、頭皮全体に広げて揉みこむように優しくマッサージ。爪を立てるのではなく、指の腹で頭皮をなでるように洗うのがコツです。

5.余った炭酸水を髪の毛にかけて、炭酸シャンプーを洗い流します。足りない場合はシャワーを使い、洗い残しがないように気をつけましょう。

ヘッドスパを行った後は、通常通りにシャンプーをしてもOK。ただし、せっかくヘッドスパでクリーンになった頭皮には、あまり刺激を与えない方が良いです。

できれば、アミノ酸系やアルコールフリーなど、低刺激のシャンプーを使いましょう。

オイルを使ったセルフヘッドスパのやり方

オイルを使ってヘッドスパを行うことで、頭皮の保湿効果が高まります。

使うオイルは、頭皮への悪影響が少ないヘッドスパ専用のオイルや、無駄な刺激を与えないオーガニックや植物由来のオイルが○。

クレンジング用のオイルは、頭皮に使うと必要な皮脂まで奪ってしまうのでおすすめできません。

オイルの質感は、サラッとしたタイプの方がヘッドスパ向き。重めの質感だと、洗い流すのが大変ですし、頭皮を傷める原因になることも。

ホホバオイルなどの軽めのオイルがぴったりです。

1.まずは基本のヘッドスパと同じく、ブラッシングで髪の毛や頭皮に付着した汚れやホコリを落とします。

ブラッシングすることで、汚れが浮かしやすくなったり、髪の毛のほつれを解消して摩擦が起きるのを防ぐことができます。

2.500円玉くらいの量のオイルを手にとり、少しずつ頭皮につけていきます。ムラなく頭皮全体になじませましょう。

3.おでこ→側頭部→襟足→頭頂部の順にマッサージ。指の腹で小さな円を描くように、心地良いと感じるくらいの力加減で頭皮をほぐしていきます。

指の位置を変えながら、まんべんなくマッサージ。毛穴に汚れが詰まっていても、オイルによって自然に浮き上がってくるので、特に力を入れる必要はありません。

4.頭皮にオイルをつけたまま長時間おくと、頭皮にダメージを与えることも。全体的にマッサージをしたら、10分以内に洗い流しましょう。

流す時は、40度くらいのお湯を使います。温度が熱すぎると、頭皮に残しておきたい油分まで落ちてしまうので、ぬるま湯を使用してください。

5.普段通りにシャンプーをします。トリートメントは、できれば頭皮を避けて毛先を中心につけるようにしてください。

マッサージのやり方

ヘッドスパは、髪の毛や頭皮をきれいにするだけでなく、マッサージも重要な要素。効果をアップさせるためにも、マッサージの仕方をマスターしておくと便利です。

ただ頭を揉むだけでなく、丁寧に手順を踏んで行うことでより本格的なヘッドスパが体験できます。

1.両手の親指をそれぞれ首の付け根において、残りの4本で後頭部を持ちます。指先を使って首筋や頭皮のコリをほぐしながら、徐々に頭頂部に向かってマッサージします。

2.頭頂部は、指の腹を使って円を描くようにマッサージしながら、後頭部に向かってほぐしていきます。

3.両手の指の腹で、頭皮をつかんでからパッと弾くように離します。痛みを感じない程度の力で、全体的にマッサージしましょう。

体温が高い時に行う方が効果的なので、入浴中のヘッドスパ時に最適。血行がスムーズになるので、老廃物が排出されやすくなるという効果も期待できます。

セルフヘッドスパの効果を高めるためにプロの技をプラス

ドライヤーで髪の毛を乾かす女性

自宅でのセルフヘッドスパに以下の行程をプラスすることで、サロン並みの効果を実現することができます。

トリートメント

トリートメントは、マストではありません。しかし、毛先をケアしたり、髪の毛のツヤ感をアップすることが可能。

ヘッドスパにプラスする場合は、シャンプーとマッサージの後にトリートメントをします。

1.適量のトリートメントを手にとり、毛先になじませます。量は、1回につき500円玉程度が目安。ただし、商品によって規定量に違いがあるので、パッケージに記載されている注意書きを確認してから使用しましょう。

2.トリートメントをつけたまま、優しくブラッシングします。このひと手間によって、毛先についたトリートメントが髪の毛全体になじみます。

3.シャワーでトリートメントが残らないように、丁寧に洗い流します。

乾かし方

ヘッドスパを行った後は、髪の毛をしっかりと乾かすことでツヤ感もアップ。トリートメント後は、自然乾燥ではなくドライヤーを使って丁寧に乾かしましょう。

1.ドライヤーで髪の毛を乾かす時は、温風機能を使ってまずは地肌から乾かすのがポイント。

ドライヤーと髪の毛の距離が近すぎると、髪の毛にダメージを与えたり、やけどの原因になることも。少なくても15cm~20cmは離すようにしましょう。

2.地肌が乾いたら、次は毛先。髪の毛の長さの中間くらいから毛先に向かって、丁寧に乾かします。

3.仕上げは、冷風機能を使って髪の毛全体を乾かします。

髪の毛は、温度が高くなると表面を保護しているキューティクルが開いた状態に。このままにしておくと髪の毛が傷みやすくなるので、冷風をあてて温度を下げる必要があります。

さらに、温度が高い状態から急激に冷やすことで、乾きが早くなるでしょう。

セルフヘッドスパの注意点

頭皮をチェックする女性

■頭皮の状態が悪い時は行わないように

頭皮に傷があったり吹き出物ができている時にヘッドスパを行うのは×。頭皮に直接アプローチするので、肌を傷めてしまう可能性があります。

せっかく頭皮に良い効果をもたらすヘッドスパが逆効果になってしまうので、完治するまでは我慢しましょう。

■やり過ぎは禁物

ヘッドスパは、短時間でテンポ良く済ますのがコツ。あまり長時間行うと、頭皮がダメージを受けることも。

ヘッドスパの所要時間は、5分~10分が目安。また、頻度が多すぎると頭皮に必要な油分まで取り除いてしまうので、やり過ぎには注意してください。

・最適な頻度とは?

頭皮の血行促進や、髪の毛の健康のために行うセルフヘッドスパは、3日に1度のペースが目安。

ただし、機械を使って行う場合は、自分の手で行うより頭皮にかかる負荷が大きいので、1週間に1度で十分。

ちなみに、美容院で行う場合は1ヶ月に1度のペースが理想的です。

セルフヘッドスパにおすすめのアイテム【1】Cosme College(コスメカレッジ) Le ment(ルメント) スパークリングオイル クレンジング&シャンプー

 

ヘッドスパを行う時に便利な炭酸シャンプー。高濃度の細かい泡が、毛穴の汚れをごっそり取り除いて、洗い上がりの爽快感も抜群。

刺激が少ないアミノ系洗浄成分やオイルが配合されていることで、髪の毛のケア効果もばっちり。高品質のオイルが髪の毛1本1本をコーティングしてくれるので、洗った後に髪の毛がきしむ心配もありません。

超微細の泡が、頭皮の嫌な臭いの元となる過酸化脂質や脂質をすっきり落として頭皮環境を健康に。継続して使うことで、頭皮と髪の毛を健やかに保つことができます。

Cosme College(コスメカレッジ) Le ment(ルメント) スパークリングオイル クレンジング&シャンプー / ¥2,640

セルフヘッドスパにおすすめのアイテム【2】髪質改善研究所 ボタニカルヘッドスパ スパイシーハーブの香り

髪質改善研究所 ボタニカルヘッドスパ スパイシーハーブの香り

自宅でセルフヘッドスパを行うためのクリーム。使い方はいたって簡単で、シャンプー後に、地肌と髪の毛になじませて洗い流すだけ。トリートメントの代わりにもなります。

「ツバキ油」「ホホバ油」などの油分も配合されているので、保湿効果もお墨付き。毛先までしっとりまとまる美髪を実現してくれます。

爽やかなスパイシーハーブの香りも、リピーターが多い理由。凝り固まった頭皮がほぐれて、心身ともにリラックスできるでしょう。

髪質改善研究所 ボタニカルヘッドスパ スパイシーハーブの香り / ¥2,420

セルフヘッドスパにおすすめのアイテム【3】MUJI(無印良品) ホホバオイル

MUJI(無印良品) ホホバオイル

スキンケア商品にも定評がある「MUJI(無印良品) 」ですが、こちらのホホバオイルは幅広い世代から人気のアイテム。ベタつきのないサラッとした使い心地なので、ヘッドスパにもぴったりです。

伸びが良いテクスチャーで、頭皮にまんべんなく広がりやすいのが特徴。無香料、無着色なので、刺激に弱い頭皮にも安心して使用できます。

さらに、大容量で低価格なのも大きなメリット。ヘッドスパだけでなく様々な使い道があるので、容量が多いタイプを購入するのがおすすめです。

MUJI(無印良品) ホホバオイル 200ml / ¥2,490

セルフヘッドスパにおすすめのアイテム【4】Panasonic(パナソニック) 頭皮エステ サロンタッチタイプ

 

本格的なヘッドスパを楽しみたい方におすすめのヘッドスパ家電。コードレスタイプでお風呂でも使えて便利です。

通常の「ノーマルブラシ」と、硬めの「かっさブラシ」の2種類が付属しており、使い分けが可能。プロのハンドテクニックに学んだ「フォーフィンガースパイラル」を採用することで、よりリアルな心地良さを追求。

まるでサロンでヘッドスパの施術を受けているような感覚を味わえます。

リラックス効果があるヘッドスパをセルフで行うことができれば、家にいながら贅沢な気分に。頭皮や髪の毛の健康にもつながるので、ぜひご紹介したやり方を参考にしてみてください。