JUN.15.2019

事務におすすめの服装!マナーや基本コーデ、季節別の着こなし9選

事務におすすめの服装!マナーや基本コーデ、季節別の着こなし9選 事務におすすめの服装!マナーや基本コーデ、季節別の着こなし9選

一般事務や営業事務といった事務のお仕事で着る服装はオフィスで浮かないコーデが基本。事務のお仕事が初めての方は、マナーや最適な服装がわからなくて困りますよね。そこで今回は事務の服装マナーやおすすめの基本コーデ、季節別コーデをご紹介します。

事務の服装マナー:私服OKの場合の服装選びのポイント

 

オフィスワークになくてはならないお仕事の一つが一般事務や営業事務といった事務職。これから初めて事務のお仕事に就く方、オフィスワークが初めての方はどんな服装が最適なのか知りたいですよね。

オフィスワークのドレスコードといえばオフィスカジュアル。お客様と対面する営業職のようにスーツを着る必要はありませんが、ラフでカジュアル過ぎる服装はNGです。ここからは具体的にどんな服装マナーを守ればいいのかを、ポイントごとにご紹介していきます。

■清潔感はマスト
ブラウス×スカートといったきちんと感のある服装でも、しわしわだったり汚れていたりするものは周りの方に不快感を与えます。しわのない清潔な状態を保つようにしましょう。

■露出やラフ過ぎるアイテムは×
真夏でもタンクやキャミなど肌を露出し過ぎるものは避けましょう。ダメージ加工のあるものなどラフ過ぎるものも×です。

■作業しやすいシンプルなアイテムが◎
デザインが効き過ぎていたり、オーバーサイズ過ぎたりといったおしゃれアイテムは作業を妨げてしまいます。ジャストサイズでシンプルな動きやすいものを選びましょう。

■靴やバッグなど小物類にも気を配って
靴やバッグなどの小物類も重要です。靴は程良いヒールの高さのパンプスが基本。サンダルやブーツをオフィス内で履く場合は、周りの方に確認してから着用しましょう。バッグはレザー製のものがきちんと感があって最適です。

事務におすすめの服装【1】ブラウス×スカート:基本コーデ。パートのお仕事の面接もこのコーデがおすすめ

事務におすすめの服装

事務のお仕事で着る服装におすすめの基本コーデは、ブラウス×スカートの組み合わせ。白や淡色系のブラウスに膝下丈の黒のタイトスカートを合わせたコーデは、きちんと感があって好感度の高いスタイル。事務のパートの面接にもおすすめのコーデです。

事務におすすめの服装【2】カットソー×パンツ:デスクワーク以外の作業がある日は伸縮性のあるアイテムを使って

事務におすすめの服装

事務のオフィスワークはデスクワークに限らず、軽い作業が伴う仕事もあるので、そんな日には伸縮性のあるアイテムを使った動きやすい服装が最適です。

カットソーは伸縮性があるので動きやすいアイテムですが、カジュアルなデザインのものは×。きちんと見えするデザインのものを選びましょう。白のカットソーにネイビーのパンツを合わせたコーデは、動きやすいだけでなく夏に好感度の高いカラーコーデなのもおすすめポイントです。

事務におすすめの服装【3】シャツ×スカート:きちんと見えて、ハンサムと女っぽさが同時に叶う

事務におすすめの服装

シャツ×ミモレ丈のタイトスカートのコーデは、きちんと感があるので事務におすすめのコーデの一つ。シャツのハンサムな雰囲気とタイトスカートの女っぽさでおしゃれ感もあります。

爽やかな水色のシャツには辛口なオリーブカラーのタイトスカートを。カジュアルテイストなアースカラーのスカートも、好感度カラーのシャツでオフィスコーデに馴染みやすくなります。

事務におすすめの服装【4】ニット×スカート:甘口ニットやトレンチスカートなど旬なテイストも程良く投入

 

事務の服装にはトレンド感が強すぎるものはおすすめできませんが、程良くトレンド感を取り入れることで気分がリフレッシュされて業務もはかどります。

ラベンダーのニット×グレーのトレンチスカートのコーデは、トレンド感のある色やデザインでもきれいめのものなら事務のお仕事にも◎。甘過ぎないラベンダーはオフィスで着るきれい色におすすめのカラーです。

事務におすすめの服装【5】靴:程良い高さのヒールのあるパンプスが基本

事務におすすめの靴

事務のお仕事で履く靴は、オフィスカジュアルの定番靴のパンプスが最適。程良い高さのヒールのもので色はベーシックカラーが◎。

ベージュのスエードパンプスは色や素材感が上品なので、事務の服装に馴染みやすくておすすめ。黒のパンプスと一緒に常備しておきたい基本の靴です。

事務におすすめの季節別の服装【春】季節の変わり目の羽織ものにはカーディガンがマスト

事務におすすめの春の服装

春は長袖のブラウスでちょうど良い日もあれば、少し肌寒く感じる日もあります。そんな季節の変わり目の春に重宝する羽織ものがカーディガン。

ブラウスやカットソー、シャツにも合わせやすいのでコーデに困らないのもおすすめポイント。最初はグレーなどのベーシックカラーのものが便利です。

事務におすすめの季節別の服装【夏】頼れるのは一枚でさま見えするブラウス

事務におすすめの夏の服装

事務の夏の服装にあると便利なのが一枚でさま見えするブラウス。夏はワンツーコーデが多いので、トップスが一枚で成立するブラウスがあれば助かります。

ストライプ柄のノースリボウタイブラウスは、爽やかな雰囲気できちんと感があるので好感度も上々。夏のオフィスは冷房が効いているので、羽織るカーディガンも忘れずに持参しましょう。

事務におすすめの季節別の服装【秋】色や柄、素材感で季節を感じさせるアイテムを

 

秋はオフィスにもおしゃれ感を取り入れたくなる季節。事務のお仕事で着る服装も色や柄、素材感で秋らしさを感じさせるアイテムを投入しましょう。

爽やかなのに秋らしいグリーンのニットやダークカラーのチェック柄スカートは、季節感にマッチしつつきちんと感もキープ。季節に合ったコーデは上司や同僚の好感度もアップします。

事務におすすめの季節別の服装【冬】通勤時のアウターも油断は禁物。オフィスでブーツOKかは確認を

事務におすすめの冬の服装

冬は通勤時に着るアウターにも油断は禁物です。オフィスでは着用しないからといってカジュアル過ぎるアウターを着るのは避けましょう。

ウール素材のノーカラーコートは、きちんと感があるので事務におすすめのアウター。色はグレーなどベーシックカラーを選びましょう。足元は冬の定番ブーツが履きたくなりますが、オフィスでブーツを履いていいかは事前にOKかどうかを確認しましょう。

事務のお仕事で着る服装はオフィスカジュアルが基本ですが、大人女子としては程良くトレンド感も取り入れたいですよね。動きやすくシンプルなデザインのものでも色や素材感で程良く旬なテイストをプラスすることができます。オフィスカジュアルの服装マナーを守りながら、あなたらしい着こなしを見つけてください。